著者
宝達 勉 高野 友美
出版者
北里大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01

猫伝染性腹膜炎(FIP)はイエネコおよびネコ科動物の致死性ウイルス感染症である。これまで、FIPを治療するために国内外で様々な研究が試みられてきたが、未だにFIPに対する有効な治療方法は報告されていない。FIPは飼い猫の死亡原因の第3位であり、1歳以下の幼猫では第1位の死亡原因である。従って、獣医臨床の現場では、FIP治療法の確立が望まれている。FIPはウイルス感染症であるとともに免疫介在性疾患でもある。即ち、FIPの治療には抗ウイルス薬とともに過剰な免疫応答(炎症反応)を特異的に抑える薬剤を特定する必要がある。平成29年度は平成28年度の研究に引き続き、抗FIPV薬の検討と共に、新たに同定した抗FIPV薬を猫に投与して、安全性試験を実施しつつ、FIPVの感染に対する影響を調べた。その結果、細胞内コレステロールの輸送阻害薬であるU18666Aが野外に多く存在するI型FIPVの増殖を強力に抑制することを発見した。また、実際にU18666Aを投与した猫においてFIP発症が抑制または遅延する可能性を確認した。これらの内容はFIP治療の研究において大きな進展であると考えられる。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

@umichunnyan3 こう言った話も。直接的に FIPV の増殖を阻害するわけではないので、強い効果は期待できないと思いますが、初期であれば抑えられている子もいるらしいと聞きます。薬自体はよくどこの病院にもあるようなもので、… https://t.co/9IdefokIUQ
“KAKEN — 研究課題をさがす | 猫伝染性腹膜炎の治療法・予防法の確立-基礎的開発から臨床試験の実施まで- (KAKENHI-PROJECT-16H05039)” https://t.co/9EekhboFWv

収集済み URL リスト