著者
谷口 良一 辻本 忠 宮丸 広幸 伊藤 憲男 小嶋 崇夫
出版者
大阪府立大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2016-04-01

半減期が1000億年の超長寿命の天然ベータ崩壊核種La-138の放射線照射を行った。長寿命ベータ崩壊核種は核を励起すれば、寿命が劇的に短縮されるという可能性が指摘されており、Cs-137の除染を念頭に、短寿命化の可能性を検討した。実験ではLa試料をガンマ線とX線で数百kGy程度照射した。その結果、照射線量に対応した数%程度の減少が観測された。ただし減少が観測されたものはLa金属に限られ、酸化ランタンでは確認されていない。

言及状況

Twitter (2 users, 9 posts, 2 favorites)

Q値同様ベータ崩壊の重要な数値にft値なるものがあって私なんかに説明できるしろものではないのだが、 これまた科研費ですが https://t.co/gn4R6L0rDo セシウム137の短命化というのは現実に考えられていたんですねえ。 あれ こんな制約があるとは知らなかった。 https://t.co/uGSpCMzAvT

収集済み URL リスト