著者
石井 信之 伊藤 寿樹 武藤 徳子 室町 幸一郎
出版者
神奈川歯科大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2016-04-01

本研究目的は、MG使用によるSAR症状改善効果を分析し、SAR症状発症における唾液の役割を明らかにすることであった。MG装着前およびMG装着後の唾液流速を分析し、唾液中のIgAおよびIgG4の量を測定した。 MG装着によるアレルギー性鼻炎症状と唾液各因子の相関関係を評価した。唾液中IgA濃度はSAR患者で有意に減少。 SAR症状はMG装着により有意に改善された。唾液流量および単位時間当たりのIgA総量は、MGの使用と共に有意に増加したが、IgG4総量は変化しなかった。MG装着は、単位時間当たりのIgA総量を増加させることによってSARのアレルギー性鼻炎症状を改善することが明らかにされた。

言及状況

Twitter (28 users, 28 posts, 94 favorites)

面白い研究 https://t.co/b9Q5vqQWSv
https://t.co/jPX81gmXll 唾液と花粉症に関する話はいろいろあって、例えば花粉で目が強烈にかゆい時は、目を閉じてまつ毛に唾液を塗っておくとかなり軽減される 現代人のアレルギーの急増はもしかしたら、食事の軟化による唾液量の減少が関与しているかも知れないな

収集済み URL リスト