著者
森 博世
出版者
徳島大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01

本研究では、骨格筋萎縮性疾患に対するmyostatin siRNA(Mstn-siRNA)およびmyostatinの受容体であるactivin type IIB受容体の細胞外領域Fc融合タンパク (ActRIIB-Fc)の共投与による効果を検討した。共投与を行ったマウスは、それぞれの単独投与と比較して骨格筋重量と筋線維断面積の有意な増加とともに、myogeninの遺伝子発現の亢進および筋萎縮関連遺伝子であるMuRF-1 およびAtrogin-1 の発現低下を認めた。これらの結果より、Mstn-siRNAとActRIIB-Fcの共投与は骨格筋萎縮疾患の有効な治療法となる可能性が示唆された。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 6 favorites)

成功しないから、何度も動物実験させていたのではないか? 動物が浮かばれない。 そして「B元大学院生」は捏造論文と同じテーマで 、2016年から2018年にかけて科研費を得ている。捏造論文がなければ手にできなかったであろう研究費だ。 https://t.co/U4BXBJazjF

収集済み URL リスト