著者
長谷川 裕峰 寺井 良宣 藤平 寛田
出版者
大阪大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2017-08-25

本研究課題の調査対象とした未翻刻史料群『阿弥陀房抄』は各研究機関に散在しており、その存在は知られていたが、本格的な研究は僅少であった。そこでまず、叡山文庫円覚蔵19冊、叡山文庫真如蔵13冊、叡山文庫天海蔵『義科抄』の内4冊、西教寺文庫正教蔵27冊、早稲田大学図書館教林文庫所蔵19冊を史料収集し、考察対象とした。また、その撰述者である阿弥陀房宗厳の来歴等に関して、同時代史料から検討を進めた結果、本史料群は当時の天台学における最高水準であった探題職が残した論文集としての性格を読み取ることに成功した(「『阿弥陀房抄』覚書」、『坂本廣博博士喜寿記念論文集 佛教の心と文化』、2019年)。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

同氏は、「『阿弥陀房抄』および延暦寺論義書の基礎研究:学僧ネットワークの系譜」(研究活動スタート支援、2017年~2019年)で同史料を分析していたので、その成果報告のひとつだと思われる。簡にして要を得たものが「KAKEN」にあるので、そちらも参照のこと。https://t.co/qidTCYsNRj

収集済み URL リスト