著者
鳥本 一匡 國安 弘基 藤本 清秀 三宅 牧人
出版者
奈良県立医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2017-04-01

【実験Ⅰ】目標は「膀胱における尿再吸収を制御する生理的条件の検討」であった。①「尿組成の影響」:生理的浸透圧を大きく超える塩化ナトリウム溶液やブドウ糖液は、再吸収を促進しなかった、②膀胱壁伸展の影響:機能的容量以上で再吸収が始まり、約200%までは容量依存的に吸収量が増加した、③体水分の影響:検討できなかった。結果は予想通りであり、Na+イオン吸収量に依存して膀胱腔内の液量は減少した。【実験Ⅱ】目標は「膀胱に発現するclaudinサブタイプの確認」であった。生理食塩液による膀胱伸展により、claudin-3, -6, -11の発現が増加することを確認した。また、追加実験において同様の刺激により、aquaporin-2の発現が増加することを確認した。さらに、RNA干渉によりaquaporin-2の発現を抑制することで、膀胱での再吸収が抑制されることを突き止めた。【Neurourology and Urodynamics受理済み論文の詳細】ラット膀胱を生理食塩液 1.0mLで3時間伸展すると、aquaporin-2の発現が大きく促進されてNaイオンとともに水が膀胱壁より吸収される。aquaporin-2の発現を抑制すると、水およびNaイオンの吸収量が大きく減少する。aquaporin-2は主に尿路上皮に発現しており、組織学的にも再吸収に関与していると考えて矛盾しない。わずか3時間の過程で再吸収に関わる遺伝子および蛋白の発現変化は予想していなかったことであり、再吸収機構を検証する上で非常に興味深い知見である。

言及状況

Twitter (9 users, 9 posts, 10 favorites)

膀胱の上皮にも再吸収機能があるみたいですよ。 https://t.co/dlWQTWpjT8 https://t.co/0040yEbrxw
@yukkele5530 こんな話は聞いたことある 脱水というよりもれない様に的な https://t.co/CrX3FLEuJ3 https://t.co/hEOThu3xdq
@dafukin https://t.co/VKtVgEbQ9j
膀胱での水分の再吸収は物理的な膨張刺激とナトリウムイオンの濃度に依存。『おしっこを我慢していたら引っ込んだ』っていうのは、あり得るってことか… https://t.co/YP9ZDQyOv9
ラットでは実証済みと。 https://t.co/3MU8qPJ8Mo
@Kojiro_y 膀胱からの再吸収を活用して、回避しましょう! https://t.co/3BPmLJoCQI

収集済み URL リスト