著者
金 小海
出版者
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
雑誌
若手研究
巻号頁・発行日
2018-04-01

2019年においては、動物実験で得られた甲状腺の標本の病理診断を終わらせた。標本は大きく2種類に分け、一回照射と連続照射された動物の病理標本からなる。 いずれも胎仔期、1週齢あるいは7週齢の標本に分けており、「過形成」から「腺腫」、「腺癌」までいろんな病理像が観察された。この診断結果に基づいて統計解析を行い、主に線量依存や照射時年齢依存性について有意差があるかどうかを調べた。結果、1週齢のマウスにおいて、放射線照射(一回照射)による甲状腺の腫瘍性病変の増加がコントロール群と比べて有意差があるのを認めた。また、甲状腺腫瘍の発生頻度は線量に依存して増加する傾向であるのも認められた(高線量4Gyでは、胸腺腫とリンパ腫など病変が発 生するため逆に低下)。上記の年齢と線量に依存しての変化は同じ低線量率の動物実験でも行ったが、病理診断結果と統計解析ともにコントロール群と比べ有意差を認められなかった。また、病理診断により病変が観察された一部標本に関しては、放射線による甲状腺がん発がん段階で関与すると推測される遺伝子CLIP2の免疫染色を行った。CLIP2は、人では放射線誘発の甲状腺癌に関与するという報告はあるが、マウスなど動物実験での報告はまだである。今回の免疫染色の結果などは、今後症例を増やし、統計解析まで行う必要性を得られ、グループごとの遺伝子変異解析により放射線誘発甲状腺がんのバイオマーカーの探索は、発がん機構解明のための基礎的情報を得るのに一歩踏み出したことになる。

言及状況

Twitter (4 users, 8 posts, 5 favorites)

環境省のサイトなのですが、 2-7 不溶性セシウム粒子による生物影響の解明に向けた分野横断的共同研究 鈴木 正敏 これも気になるところです。 それと最初の 放射線誘発小児甲状腺がんの特異性に関する実証研究 これは金 小海氏 この方CLIP2で思い出した。 これ https://t.co/eWYdThRLCj
例の科研費のCLIP2動物実験 https://t.co/eWYdThRLCj 甲状腺腫瘍の発生頻度は線量に依存して増加する傾向であるのも認められた(高線量4Gyでは、胸腺腫とリンパ腫など病変が発 生するため逆に低下)。 アポトーシス研究のお二人の本では胸腺のみで実験しておりましたが、何グレイだったかな
甲状腺腫瘍の発生頻度は線量に依存して増加する傾向であるのも認められた(高線量4Gyでは、胸腺腫とリンパ腫など病変が発 生するため逆に低下)。 https://t.co/eWYdThRLCj 高線量だと甲状腺腫瘍は減って、胸腺腫が発生するから白血病も増えてくると
おお よろしくお願いします。 #7q11 CLIP2はじわじわではありますが、日本でも研究されだしています。 https://t.co/eWYdThRLCj こちらも 31㌻ 胸腺リンパ腫の Ikaros 遺伝子、甲状腺がんの CLIP2 遺伝子などが発見された https://t.co/szASvSCtK7 https://t.co/ggObYrGcME
あれ ほとんどないとか言ったが科研費で出てきてますねえ https://t.co/eWYdThRLCj また、病理診断により病変が観察された一部標本に関しては、放射線による甲状腺がん発がん段階で関与すると推測される遺伝子CLIP2の免疫染色を行った。

収集済み URL リスト