著者
金子 明 皆川 昇 城戸 康年 加賀谷 渉 上坂 侑子
出版者
大阪市立大学
雑誌
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
巻号頁・発行日
2018-10-09

本研究計画は、ケニア・ヴィクトリア湖内島嶼におけるイベルメクチンとアルテミシニン併用療法の集団投薬による介入試験によって、マラリア伝播へのインパクトを検証し、新規媒介蚊対策としてのイベルメクチンによるマラリア制圧の概念実証を目指すものである。現在、イベルメクチンの対照として、新規媒介蚊対策法である天井式蚊帳の検証を進めている。本年度は、新型コロナウイルス感染症拡大のため、現地への渡航、研究推進が制限されたが、現地共同研究者ならびに現地NGOへの業務委託により、遠隔での研究推進の体制が整備された。この体制により、天井式蚊帳の大規模なクラスター無作為化群間比較対照試験(CRCT)をムファンガノ島において実施する準備が進められた。2000家族、10,000人の情報と家屋構造の情報を収集し、CRCTに必要なクラスター設計を行った。来年度中には介入を開始し、その評価を行う予定である。また並行して、媒介化対策法の検証において、交絡因子となりうる他の介入試験(室内残留型殺虫剤噴霧(IRS))の効果を、内陸部において検証した。ホマベイ郡とUSAIDのプログラムによりIRSが4年間実施された内陸部ではRDTによるマラリア感染率が50%から10%まで減少、低度流行が維持されているが、IRSが1年目で中断されたムファンガノ島では、同様の減少後の伝播再興が確認され、介入の中断により即時的な再興が起こりうるリスクが示唆された。こうした最高の危険性にイベルメクチンによる集団投薬、あるいは天井式蚊帳がどのように対処できるかを、来年度の検証事項とする予定である。

言及状況

Twitter (15 users, 16 posts, 16 favorites)

アルテミシニンとイベルメクチンの併用でマラリアを撲滅する研究は順調な様子 アルテミシニンはよもぎから抽出 https://t.co/U7YMMhsHcV
イベルメクチンの研究 熱帯アフリカのマラリア撲滅に向けたアルテミシニンとイベルメクチンによる集団投薬https://t.co/FVNtTdn1sH
@ogodei1229 @noseeknofind イベルメクチンを マラリアに使ったのは この研究ぐらいですかね。 アルテミシニンも使ってますけど・・・ https://t.co/1uwGkjgeIi
熱帯アフリカのマラリア撲滅に向けたアルテミシニンとイベルメクチンによる集団投薬 https://t.co/SPqfz4cWE7
Mass Medication with Artemisinin and Ivermectin for Malaria Elimination in Tropical Africa https://t.co/SPqfz4cWE7
KAKEN — 研究課題をさがす | 熱帯アフリカのマラリア撲滅に向けたアルテミシニンとイベルメクチンによる集団投薬 (KAKENHI-PROJECT-18KK0248) https://t.co/ynIb95azPZ
ケニアはイベルメクチンで説明できると思うんだよな。 https://t.co/7ZIZcZLl71 https://t.co/sOqqEVH1cr

収集済み URL リスト