著者
臼井 洋輔 馬場 俊介 三好 教夫
出版者
吉備国際大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2007

わが国では山城から平城への移行という中世末期の社会的要請の中で、新しい大型矢穴による石切技法が劇的に全国に普及した。この大型矢穴技法の導入時期とルート解明を目指したのが本研究である。

言及状況

教えて!goo (1 users, 1 posts)

昔も、木のくさびを水で膨張させて石を切ったとは限らないのではないでしょうか。 動画で、石を切る場面があります。(大きな石ではないけれども) 大きな石も、一列にくさびを打ち込むことで割る(切る)ことが出来るようです。 http://www.youtube.com/watch?v=pQTGhTXomhY&NR=1& … http://www.youtube.co ...

OKWave (1 users, 1 posts)

昔も、木のくさびを水で膨張させて石を切ったとは限らないのではないでしょうか。 動画で、石を切る場面があります。(大きな石ではないけれども) http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=IE1Pts7W1yI 大きな石も、一列にくさびを打ち込むことで割る(切る)ことが出来るようです。 http://www. ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

中世の石切新技法登場時期の研究 http://t.co/Ge6vMy4B

収集済み URL リスト