著者
鮎京 正訓 宇田川 幸則 姜 東局
出版者
名古屋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

「郷約(きょうやく。村のおきて)」とは、中国に起源をもち、朝鮮半島、ベトナムに伝播した、村落共同体における冠婚葬祭、近隣紛争、軽微な犯罪の処罰などに関する成文化された規範を指します。本研究は、1980年代末以降のベトナムにおける郷約(きょうやく。村のおきて)の復活という現象に注目し、それを、東アジア、特に中国と韓国との比較によって、法治と村のおきて(郷約)という二元化状況を視野の中心に据え、アジアにおける伝統法の再生のプロセスを明らかにすることを目標としました。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:「郷約」の比較法的研究~中国、韓国、ベトナム~(鮎京 正訓) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20402008
こんな研究ありました:「郷約」の比較法的研究~中国、韓国、ベトナム~(鮎京 正訓) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20402008

収集済み URL リスト