著者
溝口 俊弥
出版者
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

非コンパクト剰余類に基づく N=2 超対称共形場理論によって特異的なカラビヤウ多様体を記述し、それをヘテロティック弦に応用した。一般の極小共形場理論が結合した系での局在場のスペクトラムを導き、特に3世代模型を構成した。一方、孤立特異点をもつ非コンパクトカラビヤウが、NS5-ブレーンと双対である事実に基づいて、交差する 5-ブレーンを表す超重力解中のゲージーノのディラック方程式を解き、 E6 の 27 および 27* に属するゼロモードがそれぞれ2および1世代存在することを示した。さらに、それが超対称シグマモデルの結果と一致することを示し、準南部・ゴールドストンフェルミオンによる世代統一の可能性を指摘した。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@katsuo_zikkyou ちなみにブチンスキーは空想上の人物なんですねぇ https://t.co/lDcTqbQMTo ここの論文がベースらしい
第15話「期間限界点」での真田さんと百合亜(ユリーシャ)の会話の元ネタはこれかな。 http://t.co/660t3iNxcX

収集済み URL リスト