著者
堀部 ますみ
出版者
徳島大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2008

徳島大学病院・歯周病科および福本歯科医院において被験者70名、合計358本の診査を行った。その結果、被験者1名あたりの冷刺激指数(y)は平均歯肉退縮量(x)に対し、y=0.188x+0.194の係数をもって正の相関を示すことが明らかとなった。また苗種別に分析すると、歯肉退縮を認める歯は認めない歯と比較して有意に冷刺激を感じる割合が高く、また歯肉退縮量が多いほど冷刺激の強度も増加した。上記結果から冷刺激による象牙質知覚過敏の発現と強度は歯肉退縮量に関連していることが示された。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

@1tPypybqJmO1wdj 私も悩んでます
歯科通院丼。 ステロイドを大量服用し始め、知覚過敏になってから、歯のメンテは丁寧に行うようになりました。 ステロイドの服用と知覚過敏との関係は、専門家の間でも見解が分かれていますが、私のTLにいるステロイド服用者の少なくない方が知… https://t.co/5am3Wl6BjQ
@pira_jk サッとググった範囲で私が見つけられたのはこのくらいでした https://t.co/lRbZ9AVWpj

収集済み URL リスト