著者
川嶋 ひろ子
出版者
尚美学園大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

世界的ピアニストであり、作曲家としても数多くの作品を残しているクララ・シューマンのピアノ作品について、彼女の音楽的環境や性格、音楽的傾向に基づいて分析することにより演奏表現方法を見出し、楽譜上に校訂として表した。また日本語による演奏法の解説を付すことにより、日本でも彼女の作品を理解し、音楽的に演奏出来る人達が増えることを目指し、世界初となる「クララ・シューマンピアノ作品全集」を出版する。

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 0 favorites)

@takasciello クオリティーも様々と書いたのは、例えば校訂報告書があまりにも貧弱な楽譜も目にしたりしますし、全くクリティカルエディションでなくてもそれを名乗る譜面があったりするからです。 https://t.co/bbyVQZJxQl
こんなくだらない報告書でもとりあえず書けば「科研費」がもらえるらしい。https://t.co/bbyVQZJxQl
@Stonecircle123 https://t.co/bbyVQZJxQl これです。これで科研費。。。
https://t.co/6KVgBF3XW4
リンク忘れた https://t.co/hdmvoDpg6Q
@moonmaton 最近の科研費バッシングは本当に嫌だけど、こんなひどい研究もある。。。 https://t.co/bbyVQZJxQl
このような、そもそも研究目標がおかしく、査読論文もないような当てにならない研究はおそらく少数派であろう。https://t.co/bbyVQZJxQl 多くの研究者は、本格的な査読論文をしっかりとした媒体に発表しているはずで、そ… https://t.co/RmUT8pbVFX
こんな研究ありました:クララ・シューマンピアノ作品の演奏法研究と楽譜校訂(川嶋 ひろ子) http://t.co/yp3kufWzNp

収集済み URL リスト