著者
高柳 敏幸
出版者
埼玉大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

放射線照射によって生成する2次電子のエネルギーがイオン化エネルギーより低い場合でも生体損傷を起こすことが最近指摘されている。本研究課題では、低エネルギー電子による生体分子の損傷過程を分子レベルで解明するために、理論的な立場から研究を行った。水や極性分子による余剰電子の束縛機構を理論的に明らかにし、軽い原子の核量子効果の重要性を指摘した。また、低エネルギー電子による多原子分子の解離性電子付着過程の断面積を計算する計算コードを開発した。

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

あれ エレクトロンボルトで出てきませんね 分子動力学でやってのですが。 ここに科研費のがありますね。 https://t.co/paJDEm2bzC ありゃコピペさせてくれんな。 たったの10eV https://t.co/nm31QGvwcD

収集済み URL リスト