著者
今井 勝喜
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010

数保存的な性質を持つセル・オートマトンは物理シミュレーションなどに広く使われているにも関わらず、その性質を計算能力と規則のプログラミングの見地から研究する試みはあまり多くなかった。本研究では、1次元2近傍の保存的セル・オートマトンの万能性を示し、1次元3近傍の場合に可逆性と保存性の両方を持つセル・オートマトンの規則の設計手法を提案した。さらに、不均一な近傍における保存的セル・オートマトンの実装を可能にするため、ある種の保存的セル・オートマトンを容易に設計することができる分割セル・オートマトンを準周期タイル上のセル・オートマトンに実装する方法を示した。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな研究ありました:保存的なセル・オートマトンのプログラミングに関する研究(今井 勝喜) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22500015
こんな研究ありました:保存的なセル・オートマトンのプログラミングに関する研究(今井 勝喜) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/22500015

収集済み URL リスト