著者
荻原 理 神崎 繁 納富 信留 FERRARI Giovanni BRISSON Luc
出版者
東北大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010-04-01

G. Ferrari, S. Obdrzalekを招き、東北大学にてシンポジウム「プラトンの神話」を開催した。『国家』第10巻の「エルの神話」における<あの世での、これから生きる生の選択>についての英語論文を国際プラトン学会大会(慶應義塾)で発表し(審査有)、改訂版を電子ジャーナル誌PLATOに掲載した(査読有)。『法律』第10巻の、死後の魂の再配置の話についての日本語論文をギリシャ哲学セミナー大会(専修大学)で発表し、同セミナー『論集』に掲載した。『法律』のこの話が置かれた文脈(宗教法)についての英語論文をシンポジウム「自由と国家―プラトンと古典的伝統」(オクスフォード大学)で発表した。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:プラトンにおける「死後の神話」の哲学的意義の国際的研究(荻原 理) http://t.co/LmXs3aErEo
こんな研究ありました:プラトンにおける「死後の神話」の哲学的意義の国際的研究(荻原 理) http://t.co/nYiorMAKWG

収集済み URL リスト