著者
高瀬 克範
出版者
北海道大学
雑誌
若手研究(A)
巻号頁・発行日
2010-04-01

放射性炭素年代測定により,オホーツク海北岸ではトカレフ文化の土器が後3~9世紀,古コリャーク文化の土器が9~13世紀に位置づけられる。カムチャツカ半島西海岸では8世紀に土器が出現しはじめ,少なくとも13世紀まで製作が継続する。東海岸では11~13世紀に縄の圧痕をもつ土器が出現し,13~17世紀前半には貝殻文や刺突文をもつ土器が使用される。千島アイヌの成立とも関係の深いカムチャツカ南部の内耳土器は,15世紀後半~17世紀前半の古い段階と,17世紀後半~19世紀の新しい段階に大きく区分することができる。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

出典:KAKEN科学研究費助成事業データベース 「カムチャツカ半島出土土器の年代学的研究」 研究代表者:高瀬 克範 https://t.co/49QXiyhbSp 千島アイヌの祖先集団である『クリル』は15世紀後半~17世紀前半の… https://t.co/6axxO5Z8d1
KAKEN - カムチャツカ半島出土土器の年代学的研究(22682008) - FY2013 Final Research Report https://t.co/MTz4R2aj8z

収集済み URL リスト