著者
森田 健 津村 有紀 若村 智子 福田 裕美
出版者
福岡女子大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011-04-01

本研究は、健康で快適な生活を確立する上で重要な食事内容と受光履歴の関係を、メラトニン分泌リズムを代表とするサーカディアンリズム及び睡眠への影響の観点から明らかにすることを目的とした。33名の男子大学生被験者を、高・低トリプトファン朝食と日中の高・低照度光環境を組み合わせた4グループに分け、それぞれの条件下で5日間過ごした場合の、メラトニン挙動と睡眠評価を比較した。高トリプトファン食の朝食と高照度光環境は、夜間のメラトニン分泌挙動に大きく影響し、分泌量の増加又は分泌位相の前進が示唆された。この事は、サーカディアンリズムを是正し、睡眠障害を始めとする健康問題の解決につながる可能性を示すものである。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

トリプトファン〜〜〜〜〜〜〜〜?ただのアミノ酸で眠れるってマジ?????いつもの胡散臭健康食品シリーズか????と思って調べたら科研費出てきてへ〜〜〜〜〜〜〜〜ってなった https://t.co/5lpWD3Gm0y
日常生活における受光履歴とトリプトファンの食事摂取が睡眠に及ぼす影響https://t.co/C0z7LXOouN
↑のような単純な話ではない ・脳関門を通過して実際に脳内に取り込まれるトリプトファン量は、同時に存在する他のアミノ酸の量や活動性に依存しており、特にチロシンの抑制作用が大きい(チロシンが多いと取り込まれない) ・チロシンの活動はインシュリンが抑制している https://t.co/H3HKrgAPNW

収集済み URL リスト