著者
辻 和成 辻 勢都
出版者
武庫川女子大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

本調査では、グローバル経営を進める製造会社の英語事情について総合的な分析を行った。1,000名以上の従業員を雇用する企業を幅広い業種から選び、オンラインでのアンケート調査を実施した。その結果、ものづくり系企業での英語使用と英語教育の現状を明らかにし、産業界のニーズに適合するため、英語教育での企業と大学の接合の必要性を示すことができた。本調査の特徴の一つは、日本経済の中核を担う製造業に着目し、主たる部門をディスコース・コミュニティとみなしニーズ分析を行った点である。幅広い業種から機能分担がより鮮明である大手の企業を調査対象として選択し、ニーズ分析と研究成果の有用性と汎用性を確保することに努めた。

言及状況

Twitter (4 users, 8 posts, 4 favorites)

Assessing the Need for English at Manufacturing Companies in Japan 科研の研究で日本語の簡約版がネットで読めるようです。… https://t.co/9sNuqKdmF0
Assessing the Need for English at Manufacturing Companies in Japan 科研の研究で日本語の簡約版がネットで読めるようです。… https://t.co/9sNuqKdmF0

収集済み URL リスト