著者
大澤 匡弘
出版者
名古屋市立大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2011

慢性疼痛の中でも神経の損傷に伴う痛みである神経障害性疼痛は、既存の鎮痛薬では緩和することが難しい疼痛の一つである。本研究では神経障害性疼痛モデルを作製し、大脳における神経系機能の亢進について検討を行い、その調節による疼痛緩和の可能性について検討を行った。神経障害性疼痛モデルマウスにみられた痛覚過敏は、神経伝達物質の放出を抑制するガバペンチンにより改善した。このガバペンチンの効果は、神経障害後 3 日間の処置でみられたが、神経障害による痛覚過敏が出現してからの処置では改善しなかった。このことから、ガバペンチンは大脳へ作用して神経障害による痛覚過敏の形成を抑制することが明らかになった。次に大脳における神経系細胞の機能変化について検討を行った。大脳の帯状回皮質においてミクログリアならびにアストロサイトの活性化が認められた。また、ミクログリアの活性化を調節する薬物であるミノサイクリンを帯状回皮質へ処置すると神経障害による痛覚閾値の低下が抑制された。このことから帯状回皮質におけるミクログリアの活性化は神経障害による痛覚過敏の発現に関与することが明らかになった。また、ミクログリアの抑制は、アストロサイトの活性化も抑えた。さらに、興奮性の神経伝達に関わるグルタミン酸神経の受容体機能の神経障害による亢進も、ミノサイクリンにより改善した。これらのことから、神経障害により帯状回皮質においてミクログリアが活性化し、この脳領域での興奮性神経伝達を亢進させるため、痛覚過敏が生じていることがわかった。

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 2 favorites)

#遠隔活性化 に着目した #慢性疼痛 発現メカニズムの解明とその治療法の確立 名古屋市大 大澤 匡弘 先生 https://t.co/xQHVAgr7aJ #慢性疼痛 #帯状回皮質 #ミクログリア #神経障害 #ミノサイクリン #アストロサイト #視床 #グリア細胞 #神経伝達 #グルタミン酸 #gabapentin
#神経障害痛 モデルにおける #ミノサイクリン の #抗アロディニア作用 https://t.co/jac2PkIEHm #グリア細胞 の遠隔活性化に着目した #慢性疼痛 発現メカニズムの解明とその治療法の確立 https://t.co/xQHVAgr7aJ #ミノサイクリン

収集済み URL リスト