著者
高山 佳奈子 山本 雅昭 神例 康博 松原 英世 品田 智史 張 小寧 松宮 孝明 斉藤 豊治 平山 幹子 佐川 友佳子 嘉門 優 永井 善之 大下 英希 中島 洋樹 井上 宜裕 前嶋 匠
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

日本・中国・台湾・韓国などの東アジア諸国では、従来、それぞれソビエト連邦法、ドイツ法、日本法などの影響下に独自の刑事制度を発展させてきた。経済刑法もその一部であり、個別に発生する問題に対処するための立法が多かった。しかし、経済活動の国際化に伴い、各国に共通する問題が見出されるとともに、その対策においても、相互の方法を参照する意義が高まっていることが、本研究によって明らかになった。その意義は、個別具体的な立法のみでなく、刑法総論や制裁制度論全般に及んでおり、今後研究を継続する必要性もまた示された。

言及状況

Twitter (66 users, 69 posts, 104 favorites)

① https://t.co/AXk0qvc4BO ② https://t.co/nNOoiKpFBL ③ https://t.co/xSxd24uzcY 高山佳奈子氏と松宮孝明氏の共同研究なんだけど3件とも中国の大学絡みなんだよね。武漢大学と華東政法大学・山東大学・武漢大学法学院・華東政法大学法律学院でシンポジウムや研究者の招聘をしているみたいだ。

収集済み URL リスト