著者
高柳 敏幸
出版者
埼玉大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

放射線照射によって生成する低いエネルギーを有する2次電子が生体損傷を引き起こすことが指摘されているが、その動力学機構はほとんどわかっていない。本研究課題では、低エネルギー電子による生体分子損傷の反応動力学について、理論的な立場から研究を行った。塩基ペア等への余剰電子の束縛機構を量子化学計算によって明らかにし、さらに分子系の全自由度を量子力学的に取扱う動力学シミュレーションも行った。これにより、損傷ダイナミクスを実時間で追跡できるようになった

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

PHITSも13000ほど払えば試せるらしいですが https://t.co/wMXIvVTrw0 そこまでしないで批判するのはけしからん、といいますかね。 それはいいとして 分子動力学 トラジェクトリー 放射線影響 でググるとあ… https://t.co/jZGsyr5JHN

収集済み URL リスト