著者
堀田 哲也
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

シェーグレン症候群(SS)は乾燥症状を主症状とする自己免疫疾患であり、関節リウマチ(RA)や全身性エリテマトーデス(SLE)など他の自己免疫疾患を合併することも多い。本研究ではSS患者よりゲノムDNAを抽出し、SLEなどの自己免疫疾患との遺伝的背景をおもに一塩基多型(SNP)解析を行い比較検討した。STAT-4、IRF-5などSLEで関連が認められた遺伝子多型はSSでも関連があることがわかり、自己免疫疾患共通の遺伝的背景の存在が示唆された。

言及状況

Twitter (6 users, 7 posts, 8 favorites)

@NannaMama_Ree #シェーグレン症候群 現在、世界中の研究者によって遺伝子レベルで研究されており、将来的には根治治療(完治)も可能となることが期待されている 引用元 https://t.co/QrMaPpOCYQ 研… https://t.co/D6Uus9TTM0
#シェーグレン症候群 の #疾患感受性遺伝子 に関する研究 堀田 哲也先生 STAT-4 IRF-5 等、#SLE で関連が認められた #遺伝子多型 はSSでも関連があることがわかり #自己免疫疾患 共通の遺伝的背景の存在が示唆さ… https://t.co/oZx95H7vnY

収集済み URL リスト