著者
木村 草太
出版者
首都大学東京
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-31)

アメリカ法とドイツ法の研究から、平等権と平等原則の内容を整理した。また、アメリカの最高裁判所、ドイツの憲法裁判所の判例研究からこの分野の訴訟における道具立てを整理した。これらを前提に、非嫡出子の法定相続分、ムスリム情報収集事件、公務員の政治活動、憲法における外国人の地位、アメリカ憲法第14修正の最新判例、自治体間の平等、一票の格差、同性婚、夫婦別姓について研究し、その成果を論文まとめた。

言及状況

Twitter (8 users, 10 posts, 15 favorites)

@SotaKimura 殺人犯を刑務所から出す際も、安全かつ安心な状況を確保しろよな。 窃盗犯がコンビニに行く際は、安全かつ安心な状況を確保しろよな。 木村草太が科研費でお勉強したのは「平等権と平等原則」 https://t.co/3i5NO2laPw
憲法学者 #木村草太 くんの科研費報告書。 「思う」だけですか? 法学部はこんなレベルの低い報告書なのですね。 裁判官、弁護士がアホだらけになるわなぁ。 (抜粋) 4.研究成果 …、十分な成果の上がった研究であったと思われる。 https://t.co/SNfNiaz7aP
憲法の #木村草太 が科研費で研究した課題『平等権と平等原則』。   成果物は「雑誌論文20件(講演録含む)」。 大学教員は税金貰って、雑誌記事書いて儲けるのね。 https://t.co/0qg1kb6mnW
以下コメントを引用します (前略) https://t.co/RGXJvGXqci 全体の印象 *日本語の文章作成力は低い(中略) *英作文の能力は絶望的(中略) *「研究成果」の報告になっていない(中略) →優秀な人物という印象… https://t.co/pZZBcukQeN

収集済み URL リスト