著者
岡田 克彦 羽室 行信 加藤 直樹
出版者
関西学院大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2013-05-21)

本研究では、ニュースデータ、ブログデータ、SNSなどのソーシャルデータを大規模に収集し、それらがどの銘柄について語っているものなのかを自然言語処理の諸技術を用いてデータベース化した。この結果、全上場企業約3600社それぞれについて、ニュースおよびソーシャルメディアの情報を紐付けていることになる。次に、市場に流れるコメントやニュースについて、ポジティブな文脈で語られているのか、あるいはネガティブなのかについて、評価表現辞書を作成することでスコアリングした。こうして作成した指標をセンチメント指数として時系列で捉え、金融市場における様々なアノマリー現象と、センチメント指数との関連性を明らかにした。

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 13 favorites)

「俺たちは雰囲気で株をやっている」という名言があるが、岡田先生が雰囲気=市場センチメント指数として数値化して検証してた↓ https://t.co/KLh7NCppag https://t.co/54fqvlmnjj >siN… https://t.co/VUqGLrIKIs

収集済み URL リスト