著者
森 文秋 丹治 邦和 若林 孝一 三木 康生
出版者
弘前大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

ストレス顆粒は、ストレス状況下で、RNAとRNA結合タンパク質によって細胞質に形成される。神経変性疾患においてRNAからタンパク質への翻訳過程を制御することで、異常たんぱくの産生ならびにタンパク質の異常凝集を防ぐとされる。本研究では、多系統萎縮症患者ならびに正常対照の剖検脳組織、αシヌクレイノパチーの細胞モデル、さらに、シヌクレイントランスジエニックマウスを用いて、ストレス顆粒ならびに細胞内分解系に関連するタンパク質の動態を検討した。多系統萎縮症のαシヌクレイン封入体の形成過程、神経細胞死との関連を明らかにすることで、多系統萎縮症の予防治療戦略の可能性を示した。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 3 favorites)

研究代表者 弘前大学・医学研究科・准教授 森 文秋先生 #多系統萎縮症 の #αシヌクレイン 封入体の形成過程、 #神経細胞死 との関連を明らかにすることで、多系統萎縮症の予防治療戦略の可能性を示した 引用元 https://t.co/9JMsjd4f0L 2018年記事
森 文秋先生 研究では #多系統萎縮症 患者ならびに正常対照の剖検脳組織、#αシヌクレイノパチー の細胞モデル、さらに シヌクレイントランスジエニックマウスを用いて、 #ストレス顆粒 ならびに #細胞内分解系に関連するタンパク質… https://t.co/s9aDmufAfg
多系統萎縮症においてストレス顆粒形成機構が果たす役割 森 文秋先生 弘前大学・医学研究科・准教授 #神経変性疾患 #RNAからタンパク質への翻訳過程を制御 することで #異常たんぱくの産生 ならび に #タンパク質の異常凝集 を… https://t.co/eWnzOLZZDr

収集済み URL リスト