著者
北口 公司
出版者
岐阜大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01

近年,食物アレルギーの患者数は増加しており,その症状を緩和する食品成分が切望されている。水溶性食物繊維であるペクチンはアレルギー応答を調節する食品成分であることが示唆されている。しかしながら,その効果や機序など不明な点が多い。本研究では,ペクチンを食物アレルギーモデルマウスに摂取させ,予防および治療効果を調査した。その結果,ペクチン摂取により血中IgG1濃度とアレルゲン特異的抗体価の上昇が抑制され,アレルギー性の下痢症状が緩和されることが判明した。ペクチンは抗原提示細胞に作用することでアレルギー性の炎症を抑制している可能性が示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@taiwata https://t.co/Xs2lslM59w
https://t.co/l38xzifNCk ペクチンと食物アレルギー https://t.co/ZJutqo1Owd

収集済み URL リスト