著者
今谷 明
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究
巻号頁・発行日
vol.35, pp.201-214, 2007-05-21

アメリカ、フランス、オランダ、ドイツ各国に於ける日本史研究の現状と特色をスケッチしたもの。研究者数、研究機関(大学など)とも圧倒的にアメリカが多い。ここ十年余の期間の顕著な特色は、各国の研究水準が大幅にアップし、殆どの研究者が、翻訳資料でなく、日本語のナマの資料を用いて研究を行い、論文を作成していることで、日本人の研究者と比して遜色ないのみか、医史学など一部の分野では日本の研究レベルを凌駕しているところもある。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (30 users, 32 posts, 30 favorites)

International Research Center for Japanese Studies Repository: 欧米に於ける日本史研究の現状と動向 http://t.co/4ofVO2TzGh
“International Research Center for Japanese Studies Repository: 欧米に於ける日本史研究の現状と動向” http://t.co/kjDTEoyIt2 #JLA短信
“欧米に於ける日本史研究の現状と動向” / “International Research Center for Japanese Studies Repository: 欧米に於ける日本史研究の現状と…” http://t.co/HIYbNBwtSE #日本史 #論文 #史学史
#rekisinews RT @fujimoto_d: 今谷明「欧米に於ける日本史研究の現状と動向」(2007)※無料閲覧可 http://t.co/nv3RDQGAFf 米・仏・蘭・独における現在の日本史研究の動向を紹介。アメリカの日本史研究で日本のものより優れているのは…
今谷明「欧米に於ける日本史研究の現状と動向」(2007)※無料閲覧可 http://t.co/EifKXi1TGp 米・仏・蘭・独における現在の日本史研究の動向を紹介。アメリカの日本史研究で日本のものより優れているのは、日本医学史研究だ!(栗山茂久氏談)という記述もあります!w

収集済み URL リスト

http://shikon.nichibun.ac.jp/dspace/handle/123456789/859 (32)