egamiday (@egamiday)

投稿一覧(最新100件)

RT @dellganov: CiNii 論文 - 公共図書館とマンガ : ありふれた図書館資料として収集・提供するために (特集 マンガという体験、図書館という環境) -- (実践の現場から) https://t.co/EVsuK14rLp #CiNii
“CiNii 論文 -  IPR(太平洋問題調査会)とアメリカの日本研究” https://t.co/PQ3K92Z9in #JLA短信
RT @nijlkokubunken: 【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https:/…

4 1 0 0 OA エラータ

RT @nijlkokubunken: 【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https:/…

60 60 0 0 OA 東京市土地宝典

RT @tsysoba: NDLのデジタル化品質の話から転じて、マイクロからのデジタル化批判まで話が広がっているが、話題となった資料 https://t.co/7bR1bbhZRp のデジタル化日は2006-03-31 とあるので2005年度だろう。この時期にマイクロからデジタ…
レポート出題準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/ZsbHNePVev
レポート出題準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/ZsbHNePVev
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
“CiNii 論文 -  座談会 ジャパンサーチの未来の話をしよう” https://t.co/uNdn6FfcDN #ジャパンサーチ #デジタルアーカイブ
RT @tsysoba: どれのことだろうと続くスレッドを拝見したら、JAIRO cloudかな? 確かに、機関リポジトリ系のインターフェースは、DSpaceが主流だった頃から進展がないかも。次期のWEKO3はどうなんだろう。(参考)次期JAIRO Cloud(WEKO3)移行…
なんか適当に読んでよう。 #図書館総合展 #ジャパンサーチ / “[52] ジャパンサーチを活用したハイブリッド型キュレーション授業:遠隔教育の課題を解決するデジタルアーカイブの活用” https://t.co/fu8Rt87yNg
RT @NICHIBUNKENkoho: 『日文研』65号は、「パンデミックに思うこと」をテーマとしたエッセイ小特集です。100年に一度ともいわれる未曾有の体験をどのように記憶し生かしていくか。国籍も生活環境も異なる6名の研究者が各々の視点から、発想を前向きに転換させるヒントを…
RT @ariga_prdgmmkr: デジタルアーカイブ学会にて、公開準備中の電子展示システムについて報告しました。歴博の橋本さん @yuta1984 との共著で、予稿がこちらで読めます。|IIIFを利用した科学者資料の電子展示システムの試験開発:「矢田部良吉デジタルアーカ…
なんか、図書館の構造をがっつり組み換えちまえないか、と勝手妄想してました。 #デジタルアーカイブ学会 / “[32] デフレーミング戦略による展覧会デザインの提案” https://t.co/3pOvZ3zDad #o #デジタルアーカイブ #exhibit https://t.co/qaZJZnU06H
なんか気になる #デジタルアーカイブ学会 / “[32] デフレーミング戦略による展覧会デザインの提案” https://t.co/3pOvZ3zDad #o #デジタルアーカイブ #exhibit
なんか気になる #デジタルアーカイブ学会 / “[32] デフレーミング戦略による展覧会デザインの提案” https://t.co/3pOvZ3zDad
RT @BungakuReport: 戦間期東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論 : 新聞広告を中心に (『大正イマジュリィ』別冊) - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ https://t.co/1cNOo4oQ4J
RT @nijlkokubunken: 【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https:/…

4 1 0 0 OA エラータ

RT @nijlkokubunken: 【歴史的典籍NW事業】 東京学芸大の司書である瀨川 結美さんが昨年度ポーランドにおける発表で新日本古典籍総合DBについても紹介してくださいました。 ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 https:/…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 佐藤麻衣 - 戦前期のニューヨークの日本人社会とメディア研究 https://t.co/O5tBAd6G89
↓これは要確認。 国立国会図書館図書館協力課. 地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能. 国立国会図書館. 2020, 163p., (図書館調査研究リポート, 18). https://t.co/ExGcbNbvi1 / “E2269 - 地域の拠点としての図書館施設:国立国会図書館の調査研究 | カレントア…” https://t.co/Qap6jn3ivn
RT @BungakuReportRS: 京樂 真帆子 - 映画『祇園祭』と歴史学研究 -「祇園会じゃない祇園祭」の創出-【…林屋辰三郎の町衆研究を映像化するものであった。この映画は, 中世社会の実像から乖離した歴史像を創り出し, 現在の祇園祭イメージにも影響を残している。……
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @tzhaya: 検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
RT @saki_hag_noe: 和書のさまざま 国文学研究資料館通常展示図録 2018年版 : 図録のダウンロードが国文学研究資料館学術情報リポジトリから可能 https://t.co/5DOotkU8eV
“[C22] 多面的・多角的な視座を育むデジタルアーカイブ活用授業の提案:ジャパンサーチの教育活用” https://t.co/FYaaULtiyh #ritz #デジタルアーカイブ
RT @ku_nakag: @sapokachi @yokogawa12 @UNI_Yoshikazu ちなみに図書館業界には職員の団体はないのですね。作ったら良さそうですが、いろいろあったのかもしれません。 https://t.co/nndoFCHKSP https://t.…
“CiNii 論文 -  「統計不信問題」を考える―歴史的視点からの試論” https://t.co/GX5INjO1oL
RT @jpsearch_go: 119年前の今日、1901年5月29日に、警視庁は「跣足歩行禁止令」で裸足の歩行を禁じました。ペスト予防が目的でしたが、風俗取締の意味もあったとか。 「警視庁令全書」(画像はPDM)https://t.co/8h2a7UzU7E https:/…
定期ツイート。遠隔講義準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/P5KIugbWMG
RT @shima_mossa: 中山愛理先生『図書館を届ける : アメリカ公共図書館における館外サービスの発展』 https://t.co/B2mgQrDRny は手元にないけど、博士学位授与論文『アメリカ公共図書館における館外サービスの歴史 : 1880年代から1920年代…
RT @shima_mossa: 中山愛理先生『図書館を届ける : アメリカ公共図書館における館外サービスの発展』 https://t.co/B2mgQrDRny は手元にないけど、博士学位授与論文『アメリカ公共図書館における館外サービスの歴史 : 1880年代から1920年代…
定期的にツイート。遠隔講義準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/P5KIugbWMG
RT @wonox: 学術コミュニケーションとオープンアクセスのための図書館員の能力要件 - https://t.co/yD2JoOrEKi オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR) https://t.co/yczbeEPfoy
RT @santoka_bot: 「海外」よりもデジタルヒュマニティーズの進展が遅かったことがモロに響いているように思います。これを機に機関リポジトリをさらに充実させ、紙媒体発行の学会誌をデジタルに切り替える、またはこういう時にデジタル配信可能にする試みを進めても良いと思います…
RT @taktwi: 2019年7月10日、国立西洋美術館とウィルデンスタイン研究所が共同で実施した国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」の報告書(デジタル版)が完成。https://t.co/W69nQNLJh5 無料で公開さ…
オンライン授業準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材として好きにどうなりと使ってください。 / “CiNii 図書 - 本棚の中のニッポン : 海外の日本図書館と日本…” https://t.co/6sI6kDiGWu
RT @iikurayoichi: オンライン講義の時節、せっかくですから、WEBで入手できる私の論文をひとつ挙げておきます。「近世文学の一領域としての「奇談」」。わりと引用していただくことの多い論文です。江戸文学に興味のある方は是非(^_^)。よかったらご感想・ご批正をお願い…
RT @NIHUofficial: #人文知コミュニケーター 光平有希さん(#日文研)のエッセイ「ジャポニズム楽曲探訪記」が広報誌『日文研』に掲載されました。19世紀ヨーロッパの作曲家の手によって生みだされた「日本」とは?イタリア調査のほっこりエピソードも!(2020年3月31…
RT @knagasaki: 文化資料のデジタル化と将来を見据えた効果的な共有の仕方に取り組んでおり、『日本の文化をデジタル世界に伝える』を2019年秋に刊行しました。その方面にご関心がおありの方はぜひご覧ください。 https://t.co/0XcaRVYjML 本書の概要…
RT @BungakuReport: 西岡 千文, 亀田 尭宙, 佐藤 翔 - 日本の学術出版物におけるオープン・サイテーションの分析【引用データに関しては,機械可読なアクセスのオープン化が遅れている】 https://t.co/lqRzNY7Sak
RT @wonox: オープンサイエンスの効果と課題―新型コロナウイルスおよびCOVID-19に関する学術界の動向 / 池内 有為https://t.co/wqe9c8mAoG
RT @NICHIBUNKENkoho: 【#日文研蔵書】"図書館展示:日文研と桜" https://t.co/wgK3h0aYfx で桜に関する資料を紹介しています。写真は西川祐信『正徳雛形』72番「さくらばなつなぎもやう」です。小袖の色彩に関する説明もあります。 #Nich…

26 0 0 0 OA SNS の進展

RT @i2k: 「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧くだ…

26 0 0 0 OA SNSの歴史

RT @i2k: 「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧くだ…
“CiNii 論文 -  交流の広場 アーキビスト/文化関係職員という仕事” https://t.co/5VM3H8naRD
“落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
“月刊染織α : 染めと織りを楽しむ人の生活情報誌 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/UuJXSpZ9Wz
"非正規化は自らの専門性を向上させる職場の働きかけを失わせ、彼女たちの「やる気をスポイル」させてきた。現在の図書館は、それを乗り越えた非正規で働く司書(多くは女性)の個人的な対処(努力)によって" / “非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか” https://t.co/7fGB1veoYy #専門性 …
RT @BungakuReportEN: CiNii 論文 -  IPR(太平洋問題調査会)とアメリカの日本研究 The Role of the IPR in the Development of Japanese Studies 南直子著 https://t.co/np7W…
RT @shosira: なお、"アーカイブを開く"ためのデザインプロセスの話は、まだ端緒でしかないけれども @zerobase_inc の五十嵐さんと昨年のDA学会でポスターにしています。よろしければそちらもご参照を(これもJ-STAGEというアーカイブの恩恵)。他の専門家の…
“しらす加工品に混入したフグ稚魚の種判別と毒性” https://t.co/pVa8qn7N6m
“『思想としてのミュージアム:ものと空間のメディア論』” https://t.co/dovp3FrsK9
RT @genmaysan: い、い、い、いた!! 美川秀信さん!! 昭和13年の時点で美川秀信さん、朝鮮は仁川のある、京畿道の職員でした。 産業部産業課産業技師、だそうです。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録. 昭和13年8月1日現在 - 国立国会図書館デジタル…
RT @genmaysan: そして享年49歳、没年が1940年:昭和15年とするなら、恐らくはここが終点でしょう。 美川秀信さん。 朝鮮総督府・京畿道・産業部産業課・産業技師。 これが正しい最後の肩書きになるかと。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録.昭和14年 -国…

13 0 0 0 OA [乳癌図譜]

RT @NICHIBUNKENkoho: 【#蔵書紹介】『乳癌図譜』。華岡青洲の門人であった赤石希範が、華岡青洲の乳癌手術を図譜として出版しようと計画したときに作成した草稿の写本。宗田文庫。全文画像は日文研オープンアクセスで公開中ですhttps://t.co/Cv2GcpbtB…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑覧いただければ幸いです。 https://t.co/XyRGqzkPq4
“<エッセイ>史料を読むということ ” / “WEKO - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JIMS6HS2LN
RT @kaerusan: 「いだてん」見てなかったら、嘉納治五郎が永田秀次郎に宛てた書簡を国会図書館資料で見つけたり、その封筒に五輪のマークが入ってるのに気づいてぐっときたり、ということはなかっただろうなあ。https://t.co/SHVF7LVtiC
RT @hwtnv: デジタルアーカイブ学会誌「記憶の解凍」:カラー化写真をもとにした“フロー”の生成と記憶の継承(渡邉英徳・庭田杏珠)オープンアクセスになりました。 https://t.co/NoR2TF2Na1
RT @tsysoba: 今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心に(2011~2018…
#大正イマジュリィ研究とデジタル・アーカイブ / “Europeanaのメタデータ:デジタルアーカイブの連携の基盤” https://t.co/HtGk9pzS8h
RT @BungakuReport: Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」(佐藤 翔, 石橋 柚香, 南谷 涼香, 奥田 麻友, 保志 育世, 吉田 光男) https://t.co/6uw666VQ8Q
RT @quiriu_pino: 2018年の史学雑誌の本文データが粛々と公開されているんですね。 村井 章介「明代「冊封」の古文書学的検討:日中関係史の画期はいつか」 史学雑誌 127(2), 1-41, 2018 https://t.co/ZyZ3IWwWxO
“日文研図書館所蔵資料紹介 古地図と絵はがきでみる 3.富士山 ” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/nEmwsH6sOZ
RT @NICHIBUNKENkoho: 【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる富士山" https://t.co/B2RGuMsXsO で富士山の資料を紹介しています。写真は「横浜写真アルバム」の中のひとつ、富士山と湖を写したもの。(※センター外の方の利用案内 https://…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
#JADS 吉見先生「デジタルアーカイブの登場によって、結果だけでなくプロセス全体が記憶可能」←いや、はなっからそうでなきゃいけないんだ、と。 / “なぜ、デジタルアーカイブなのか? ―知識循環型社会の歴史意識” https://t.co/VH30Rd2Fmr
“<書評>トーマス・ハーパー、ハルオ・シラネ編『『源氏物語』を読む――十世紀からの文献群』” https://t.co/KiKQ8oXFwX #JLA短信
“<書評>トーマス・ハーパー、ハルオ・シラネ編『『源氏物語』を読む――十世紀からの文献群』 ” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/KiKQ8oXFwX #JLA短信
RT @sasaki_kyosuke: デジタル化していく写真世界で、文化財写真はどう向き合っていくべきかという私の考えは過去に奈良博たよりにも掲載しています。当時はSTAP細胞がニュースになっていた時で、創造と捏造の違いってなんだろうってずっと考えていました。短いから読んでみ…
RT @egamiday: <エッセイ : 小特集「元号を考える」>僕が元号を使わない理由 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JkEZF3HYaM
「資料の取り扱いに関する信頼性の問題について」 / “深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁)” https://t.co/qrYaqoYqCb #学術 #セキュリティ
RT @BungakuReportRS: 美術品のデジタル画像とIIIF Curation Platform(鈴木 親彦) - 人文学研究データリポジトリ https://t.co/QeGZti3l9j
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2019年5月号 特集:進化する情報検索技術…高久 雅生 https://t.co/J2hZUFRYRL
RT @shima_mossa: “平成30年度国立大学図書館協会シンポジウム「大学図書館デジタルアーカイブの活用に向けて」” https://t.co/RGQjWvy2WC
RT @aoigasane_06: 先日から気になっていた清水寺のビール工場について。 興味深い内容を見付けました。京都のビールの歴史も面白いです。 http://t.co/Tl8JEkXSVK http://t.co/o0ohTZuGJp
RT @khcoder: @kankimura おっしゃる通り、分析結果をどう使えば、意味のある結論を導けるのかということが、非常に重要なポイントです。上手くお使いいただいた研究事例をレビューしつつ、この点について考えた論文がこちらです。 https://t.co/u7u1ib…
RT @BungakuReportRS: 橋本 正俊 -  〈翻刻〉中院文庫蔵『古今序抄』と東山御文庫蔵『古今和歌集聞書』序注(上) https://t.co/OjANwFPvaV
<エッセイ : 小特集「元号を考える」>僕が元号を使わない理由 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JkEZF3HYaM
“<エッセイ>小特集「元号を考える」” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/IF1y18qNnU
RT @Frintarou: 典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU
RT @BungakuReport: 中村 征樹 - シチズンサイエンスは学術をどう変えるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号) https://t.co/C1uFY1hXzV
RT @BungakuReport: 河野 銀子 - 女性研究者はどこにいるのか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/ijFLWyCbe5
RT @BungakuReport: 廣森 直子 - 非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/DMftYLqBev
“JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/Z4ZSFKpCKj
RT @KitamotoAsanobu: @Goyama_Rintaro 似たような目的の研究を進めております。以下をご覧ください。 時系列史料の人機分担構造化:古典籍『武鑑』を参照する江戸情報基盤の構築に向けて https://t.co/g2E13fbZh7 関連する話は発行…
“人文学系ライブラリアンのキャリアパス 人文学の危機の時代に働く” / “人文学系ライブラリアンのキャリアパス 人文学の危機の時代に働く” https://t.co/vcVarxl5dm
RT @wonox: 安藤百福と即席めんの開発 #まんぷく 関西学院大学リポジトリ https://t.co/c0rXsigNUf
恋慕まいり・きょうのはずれ / “CiNii 図書 - 恋墓まいり・きょうのはずれ : 京都の"エッジ"を巡る二つの旅” https://t.co/CMfE65J5Lj
RT @ke_1sato: 拙文がオンライン公開されました。ご笑覧・ご批正頂ければ幸いです 佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について 」『電気通信大学紀要』31巻1号(2019) https://t.co/V4BPFhaSnU
RT @BungakuReport: NDL レファレンス・アメリカが見た明治憲法体制の進化と後退―政党内閣期から2.26事件まで― (PDF: 990KB)【日本が次第にファシズムに傾斜していく背景には、軍に対する国民の支持があるものとアメリカの論者は見ていた】 https…
RT @wonox: 福内 千絵,<研究ノート>社会調査データのアーカイブ化をめぐる現状と課題について 『関西学院大学先端社会研究所紀要』15号(2018年) https://t.co/6r7qf7yW1I
「批判力を持たずに例えば現在の 流行に乗った瞬間に、その方の研究はおそらく 10 年後には終わってしまう」「隣の部屋の人とも会話しない閉鎖的な人文学を変える」 / “人文・社会科学の発展のために” https://t.co/RRjAkgTtJr #学術 #マネジメント

10 0 0 0 OA 口絵

RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にエンゲルベルト・ケンペル『日本史』フランス語初版所収(1729年)を追加しました。解説文と併せて是非ご覧ください。 図:https://t.co/4iVv…

18 0 0 0 OA 口絵

RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にアブラハム・オルテリウス『日本諸島図』(1595年刊)を追加しました。本図は西洋における日本地図の基本形として、17世紀半ばまで強い影響力を及ぼしました…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】講書始の儀におけるご進講の内容(平成31年1月11日)の原稿を日文研オープンアクセスにて公開しました。日文研の小松和彦所長のご進講原稿を読むことができます。 こちらhttps://t.co/zU3M96IPGf

お気に入り一覧(最新100件)

山形 知実, 非常時における出版社によるコンテンツの無償公開とオープンアクセス, 情報の科学と技術(特集:災害に備える)70 巻 (2020) 9 号 p. 464-469 https://t.co/SYjmWnRwwf
インパクトファクターやh-index(とその派生)の概要や問題点はこのあたりにまとまっています - 清水毅志. 研究活動に対する客観的かつ定量的な評価指標. 情報管理, 52(8) 2009, https://t.co/iFMyjjkuhj
RT > 「周知」のことも押さえていない。 「しかし、SCOPUSのデータは、周知の通り、評価の検討を行うにあたっての日本の人文社会学に関するデータは極めて少ないのである」 J-STAGE Articles - 研究の量的評価は人文学に対して可能なのか https://t.co/zKCamQf9n5
地域の話をするときに「生産的相互作用」に関して標葉論文(https://t.co/raufzKCbsP)と書籍(https://t.co/IzwBpaUZ93)に触れようと思って急いでしまって抜けが…誠に申し訳ありませんでした。ここで触れておきます。
『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。 https://t.co/mBb552CD4X
NDLらしい仕事。 / “国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― No. 1099(2020. 6.15)新型コロナウイルス感染症の状況 ―感染拡大防止に向けた経緯と課題―” https://t.co/u8OgeenWEj #Beyond_COVID19
4年生ゼミでは川谷先生の「〈人生〉がゲームであるという可能性について」を読んでるんだけどこれは相当面白いな。 https://t.co/icQZEPpfNr
学術コミュニケーションとオープンアクセスのための図書館員の能力要件 - https://t.co/yD2JoOrEKi オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR) https://t.co/yczbeEPfoy
2019年7月10日、国立西洋美術館とウィルデンスタイン研究所が共同で実施した国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」の報告書(デジタル版)が完成。https://t.co/W69nQNLJh5 無料で公開されています。 https://t.co/kqhteFxXzw

26 0 0 0 OA SNS の進展

「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧ください。

26 0 0 0 OA SNSの歴史

「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧ください。
「デジタルアーカイブ学会誌」 2020年第1号 [書評・新刊紹介] 『ネット文化資源の読み方・作り方 図書館・自治体・研究者必携ガイド』. 淺野 隆夫 https://t.co/1q9XwawL4g
検証記事があった。小ネタだな https://t.co/g7zmvM50R2
「情報の科学と技術」に寄稿した「東京五輪アーカイブ1964-2020: 1964年大会資料の“フロー”化と記憶の継承」がJ-STAGEにて公開されています。 https://t.co/QPUAyHxrLb
(質疑)大学図書館、ドイツ法の質問を受けるがどのような情報源があるか? →JURIS Online https://t.co/vx2b7wRQSJ →宍戸伴久「研究・実務に役立つ!リーガル・リサーチ入門 第15回 ドイツ・フランス・ヨーロッパ連合(EU)法情報」も参考に。 https://t.co/LdOBNjFzlb #図書館総合展
そこで「メディア史とメディアの歴史社会学」ですよ。https://t.co/mKBYhzB1Fv
デジタルアーカイブ学会誌「記憶の解凍」:カラー化写真をもとにした“フロー”の生成と記憶の継承(渡邉英徳・庭田杏珠)オープンアクセスになりました。 https://t.co/NoR2TF2Na1
今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心に(2011~2018年)(資料) https://t.co/Sa5NFTOCA6
いやいや、今日の研究会は面白かったでござる。仏教学の方法論について、こんなに議論したのは久しぶりな気がする。 https://t.co/qrmQbb7uoO
いかにもツイッターでウケればいいという狙いのタイトルの論文↓ CiNii 論文 -  そうだツイッタランド行こう : 日本史研究とSNS (新年特集 ICT時代の歴史学) -- (ICTと向き合う) https://t.co/poqTOPxndO
Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」(佐藤 翔, 石橋 柚香, 南谷 涼香, 奥田 麻友, 保志 育世, 吉田 光男) https://t.co/6uw666VQ8Q
2018年の史学雑誌の本文データが粛々と公開されているんですね。 村井 章介「明代「冊封」の古文書学的検討:日中関係史の画期はいつか」 史学雑誌 127(2), 1-41, 2018 https://t.co/ZyZ3IWwWxO
【会議発表用資料】見える人文・見えない人文?オープンな人文学情報基盤が作る未来(後藤 真)・人文学研究データリポジトリ https://t.co/mt8JtVHh2z
鈴木 広光 -  複製時代の書物のアイデンティティ:末広鉄腸『二十三年未来記』の場合(中) https://t.co/AwoQfd84MD
TLで学問や学会への導線づくりの話題を興味深く拝読。博物館が役割を担える部分でもあると思う。自然史系の議論の例→ https://t.co/skc95mqljV
“平成30年度国立大学図書館協会シンポジウム「大学図書館デジタルアーカイブの活用に向けて」” https://t.co/RGQjWvy2WC
@kankimura おっしゃる通り、分析結果をどう使えば、意味のある結論を導けるのかということが、非常に重要なポイントです。上手くお使いいただいた研究事例をレビューしつつ、この点について考えた論文がこちらです。 https://t.co/u7u1ib7VJD
『世界の図書館から―アジア研究のための図書館・公文書館ガイド』(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門/U-PARL編・勉誠出版・2019刊・ISBN 978-4-585-20069-7 https://t.co/4o0Db34aDp) コラム「世界の図書館から」と内容は一致しません。最新情報は書籍をご覧ください! https://t.co/fPHdbcm7Ja
竹内 比呂也 - 図書紹介 『ビッグデータ・リトルデータ・ノーデータ:研究データと知識インフラ』 https://t.co/cnnsNUOIPE
このように発表から60年以上経過してから脚光を浴びる論考もある。だからコストを掛けて保存し、管理していく。学術的営為とはその積み重ねだ。 / “大伴旅人について : 特に讃酒歌と梅花歌との関係について” https://t.co/Hqe4DGJTf2
今年度から本連載は最初からフリー公開になりましたよ!/それでいきなりハゲタカOAネタかよってのはまあ色々あってな / 1件のコメント https://t.co/yY8IbYlMpe “ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている” https://t.co/z8yMwfn0bg #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
今年度から本連載は最初からフリー公開になりましたよ!/それでいきなりハゲタカOAネタかよってのはまあ色々あってな / 1件のコメント https://t.co/yY8IbYlMpe “ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている” https://t.co/z8yMwfn0bg #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
廣森 直子 - 非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/DMftYLqBev
研究の量的評価は人文学に対して可能なのか─人間文化研究機構の試み(後藤 真)【人文学の引用を見る意味とは】【論文の世界を見る可能性「人文系サイエンスマップ(仮称)」】 https://t.co/4iMyo77Tsq
小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレンス』https://t.co/DOOK5eK7hn
本誌の方のURL。なおこのあと、GORに対する自身の考えはちょっと変化したのですが、それについては近々の『月刊化学』にて紹介予定 / “Gates…” https://t.co/N985EG5RXX #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
シンポジウムのための参考文献6 将基面貴巳「人文学としての日本研究をめぐる断想」(2017) 「学問のプライベート化」を批判、「国内外の社会に対して、学問が果たしうる固有の仕方で貢献すること(経済的貢献だけではない!)」(p67)を求める。 #古典は本当に必要なのか https://t.co/dUbkLiu1mP

26 0 0 0 OA 逐条憲法精義

回収や発売禁止になったものも図書館に残しておくことで、後の時代に生きる者はそこから学ぶことができる、という文章を最近書いたのですがやっぱり決定的に大事で、その意味では美濃部達吉の著書もそうですね。残ってたおかげで、ネットでも見られ、授業でも使える。 https://t.co/xoCT5ns5lT
3.3〜4.2.2が出色。Article Sharing系の動向が一番まとめられてる日本語記事かも。 / “CiNii 論文 -  動向レビュー:研究者SNSとそこに収録された文献の利用” https://t.co/n0IE75hDhp #ArticleSharing
J-Stageで読めるようになっていた、日本のアカデミアにまつわるなんとも微妙な(つらい)事件 https://t.co/heHe5AbZY9
博士課程修了者の大学教員ポスト採用率 https://t.co/wHDtZ1Fc2f つら…
「デジタルアーカイブ学会誌」 2018年第4号 [特集:震災アーカイブ] 日本災害DIGITALアーカイブの展開と展望. ゴードン アンドルー、森本 涼 https://t.co/1cv56RUhUM
学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
ご講演でご紹介のあった、北大附属図書館さん作成「オープンアクセスとハゲタカジャーナル」資料はこちら:https://t.co/RaNueV4zpm #sparcjp201803
オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために https://t.co/alhuvVQm0T CCコンテンツでの著作権のコンタミ対処、法の専門家がこういう実践的知識を論文に書いてくれたのありがたい https://t.co/Ufxe7hFAs4
連載「オープンサイエンスのいま」の第3回目を書きました。非OAなので、本文はこちらで公開してます。→https://t.co/H5htVMkW6T / ““Access Broker”と呼ばれても” https://t.co/vuZxmm0S15
佐藤宏之「地域の記憶を未来につなぐ-明治維新150年とNHK大河ドラマ「西郷どん」の放映によせて-」(『桐蔭法学』24-2、2018年)は、維新150年の政策が、「地域の歴史・文化遺産を観光資源化し、保存・研究・学習よりも商品として消費すること」を重視している点を論じる。 https://t.co/XDYMB24Frv
【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる日本の温泉" https://t.co/Gr0MpHVF8u で3つの温泉を紹介しています。写真は1907年に発行された熱海の地図です。温泉寺や來宮神社等丁寧に書き込まれており当時の様子がよく分かります。 (※センター外の方の利用案内 https://t.co/YS2c4cOsE6 ) #日文研蔵書 https://t.co/yWyZDYOyrn
きわどい解説論文がでてキタ━(・∀・)━!!!! / 日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/zyuHPhYtA6
お、公開された。博論のもとになった論文チェックしたらハゲタカと疑われる雑誌掲載のやつそれなりに紛れてたよという話 / “日本の医学博士論文に潜む7…” https://t.co/hwqCGYFkr9 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
読めっていわれた / “NISTEP Repository: 研究データ公開と論文のオープンアクセスに関する実態調査” https://t.co/BZcx261oD7 #_要検討
不読者ターゲットのマーケティング戦略 ー大学図書館における実験と検証ー https://t.co/WupaV4Qdti
情報の科学と技術の7月号に、教科書LODについての事例報告が載りました!-- J-STAGE Articles - 『教科書Linked Open Data(LOD)の構築と公開』, 江草由佳, 高久雅生, 2018 年 68 巻 7 号 p. 361-367 https://t.co/DVjV46wlSD
CiNii 論文 - 日本古典籍に関する総合データベースの構築と展開: 唯一の日本古典籍ポータルサイトとしての「新日本古典籍総合データベース」 https://t.co/30jSH7bc3S
CiNii 論文 -  図書館,図書館員の生き残り戦略を考える(2)記録が軽視される社会 : 貧弱な情報ストックの背後にあるもの https://t.co/BLSvaHaRj2
【刊行物】Nichibunken Monograph No.20 "Philosophy Live : A Perspective from Japan" を刊行しました。日文研オープンアクセスから全文のPDFをダウンロードできます。こちらhttps://t.co/p4PObYUq1J https://t.co/ZSbj86Zvus
『ジャズ喫茶論』(筑摩書房)の著者マイク・モラスキーさんが昨年、日文研の創立三十周年記念特集号に寄せた「〈エッセイ〉ジャズ喫茶の(偽)研究」。PDFデータで読めます。 https://t.co/DoH0tbZoXj
次回の京文博修理展ぼちぼち始動。テーマは「古社寺保存法」です。さきほど文博M君が配ってくれた参考資料を読了。 水漉あまな・藤岡洋保「古社寺保存法成立に果たした京都の役割」https://t.co/uzyx2XVccJ
目録フォーマットの国際化 - 慶應義塾大学メディアセンターにおける「国際化」 https://t.co/knbsTkt7N5
年末にドミニク・チェンさん、慶応の山口高平先生、山本勲先生らと登壇して若者、一般向けにお話した内容が記事になりました。この3月号をもって休刊になる「情報管理」の最後の号に載ったというのも感慨深いです。 https://t.co/0EnwukNDYM
2017 二宮祐他 / “CiNii 論文 -  高等教育機関における新しい「専門職」 : 政策・市場・職能の観点から” https://t.co/d8UZxvZzSY
そうそう、以下の記事が出版されました。 巻頭座談会「つながるデータ」武田 英明, 永崎 研宣, (情報の科学と技術, 67 巻 (2017) 12 号 p. 614-621)  Linked Dataの可能性について永崎さんと熱く:-) 語っています。 https://t.co/IVegSwM2RM (今はOAじゃないのが残念)
今年の始めに刊行された拙論が、リポジトリで公開されました。以前リポート笠間の時評で言及していただいたものの続編となります。ご笑覧いただけましたら幸いです。 https://t.co/sLafjRR6Yu
小野坂 知子 -  和歌からみたコンテンツ・ツーリズムの枠組み : 歌枕の類型表現と旅の形成過程に注目して https://t.co/dakXnDg05g
イチョウの葉の防虫効果の話は国文研ニューズ No.46 WINTER 2017のP11 https://t.co/E42OiSr71H
「情報管理」2017年11月号 図書紹介 『Rによるテキストマイニング入門 第2版』 石田基広氏著の標題書を花園大学の師茂樹氏が紹介する。人文科学分野のテキスト分析法も紹介する本書は、教養として知っておくべき内容という https://t.co/AHBy0ajhs9 https://t.co/AuIONz8EJH
@yuta1984 私は読取革命を使っていますが、全集は大丈夫なのですが、原資料は手打ちの方が早いレベルです。近代文献のOCR(ルビ除去含め)は、城和貴氏(奈良女子大学)の研究に期待・注目しています。https://t.co/Aa6YdyjU0u、https://t.co/y7ZEngTVwF
専門的職員の先駆けともいえる図書館職員の育成はどうあるべきを検討。吉武博通(2017).大学組織のマネジメントと人材育成 情報の科学と技術,67(8),400-404.[PDF]https://t.co/LBMcafuTen
ガーディアンの良くまとまった記事 https://t.co/hRufmMWMPi 。NDLデジコレのアイテムが海外から瞬間風速的にこれだけ注目を集めたのは珍しいのでは。英語UIでのリンク https://t.co/vGjpdnt8mT もできるのだけど、利用されていない。
CiNii 論文 -  オープンデータがもつ「データ開放」の意味を再考する:自由な利用と再利用の担保に向けて https://t.co/4mrhzEfDYp #CiNii
遂に全文がCiNii Dissertations / NDLデジタルコレクションまで届きました。/ CiNii 博士論文 - 研究機関における情報資源の相互接続と連係によるアクセス支援に関する研究 https://t.co/2XOUBJ4htG #CiNii
なんと、まさか自分が文献調査したすぐ直後にこれが早期公開されていたとは・・・! 知っていれば今日のセミナーで紹介していたのに / “書架設置型RFID…” https://t.co/OkKF01L9i2 #図書館 #science #university #エレクトリック #本
@hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は https://t.co/pUsLeMscp9
ここでいうところのサード・エイジとの関わり方についてを参考にしていく必要がある / “国立国会図書館デジタルコレクション - 超高齢社会と図書館~生きがいづくりから認知症支援まで~” https://t.co/uZHI1bmujq #図書館 #science
"、超高齢社会にあっては、図書館における高齢者サービスは、図書館側から一方向的に提供されるばかりではなく、利用者である高齢者と図書館が一緒に考え、提供される双方向サービスであるという点である" https://t.co/ZRH6kaSvCc #図書館 #science
NTTデータ「バチカン図書館における文献電子化と長期保存のためのシステムの構築」https://t.co/DS6DPW8Lut 、「JPEGやTIFFなどと違い,特定の企業が提唱するものではなく」というが、後者の出自はともかくとして、今はISOで標準化されていると思うのだけど。
“大学図書館における利用行動と座席周辺環境からみた学習空間の階層構造” https://t.co/t6LLBvkFNq #図書館 #university #science #あとで読む
評者は新藤透さん。ものすごく勉強になります / “利根川樹美子著 『大学図書館専門職員の歴史:戦後日本で設置・教育を妨げた要因とは』 勁草書房, 2016, 351p.” https://t.co/JoxZykdvyk #書評 #図書館史
とりあえずここに書いてあることくらいは知っておいてからという感じで、個々は一つ。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」 https://t.co/8q8eun7pV4
"システム選定の方針は,(1)仕様書は作成しない,(2)カスタマイズは行わない,(3)チェックリストを作成し各社のシステムを評価する" / “埼玉医科大学における図書館システ…” https://t.co/XYv1vn3yfB #図書館 #university #エレクトリック
鳥羽 耕史. 記録映画、テレビ、サブカルチャー研究とアーカイブの現状. 日本近代文学. Vol. 94 (2016). p.212-218. https://t.co/a0B6zv1Dzf
研究機関における情報資源の相互接続と連係による アクセス支援に関する研究 / 林 賢紀 https://t.co/HDbmRxzNHo
『NDL月報』2017年5月号には“海外日本研究司書研修特別講義より 「日本におけるマンガ研究」 ”として伊藤遊さんの特別講義が採録されていますが、最初の伊藤さんのツカミの部分が間違いなのでコメントしておきます。 https://t.co/xMuL0QVloi
立川の研究者たち 国文学研究資料館編 ――インタビューで知る「国文研」の人と仕事―― 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/RBiDHi9ppQ
オープンデータがもつ「データ開放」の意味を再考する:自由な利用と再利用の担保に向けて https://t.co/pgBEnRMIQd 土生昶申氏(故人)が収集したオサムシ科昆虫の標本を目録化したデータや市民が集めたツバメの営巣データの再利用を例に、オープンデータの可能性を検討
これ翻訳批判というより、わりとかなり大きな問題を提起してないか…? https://t.co/dEfA5IYS3d
論文に引用する古典籍にDOIを明示しましょう――検証可能な学問に向けて――(国文学研究資料館・山本 和明) https://t.co/0jWAnhZTJq
@NIJL_collectors 実物和紙手帖 https://t.co/5ZmgUHU7QC はどうでしょう。実物和紙48葉入り。「日本の古本屋」だと1200円から出てますね。 https://t.co/WlUjp2kn7d
簡単なシステム組んで論文は出したのでした。 https://t.co/rJmRgwmuq5 RT 博物館ごとにデータベースシステムを作らなくても、必要最小限のものを一つみんなで作ってメンテできればいいのになあと思う。そのためには色々な縛りをなんとかしないといけないのだが…
28年かけて今日につながったとおっしゃった大隅先生。8年前には,若手研究者たちが早い評価や流行に集中する状況に,研究の裾野を広げ,サイエンスの未来を明るくしたいと書かれています。2016年の結果は2046年に分かるのかもしれませんね。https://t.co/tdZn8KSHAv
こっちのは機関リポジトリの方にリンクしてます。 CiNii 論文 -  民主化する文化財 : 第2次大戦後から高度経済成長期の文化財保護と市民 https://t.co/ovgmv5ItTT #CiNii
“日本の大学生のWikipediaに対する信憑性認知,学習における利用実態とそれらに影響を与える要因” https://t.co/aIGkmvRrYp #_要検討
わが社ではさっそく回覧しかけてる。てかみんな自分で探して読んでくりゃれ / “CiNii 論文 -  公共図書館の現場で多くの職員が悩んでいる諸問題” https://t.co/H0RB4h1FnQ #library
勉強になった。社会状況とのリンクと、見失われた可能性と。CiNii 論文 -  民主化する文化財 : 第2次大戦後から高度経済成長期の文化財保護と市民 https://t.co/1QrmOw6Z3N #CiNii
今、読んでる。 鈴木亜香音「明治期京都における町絵図群とその系譜的関係」(2015)https://t.co/vZhVC6ruvx
出だしで相当楽しそうである / “CiNii 論文 -  著作権法と著作権ビジネスに無視され,軽んじられる図書館と図書館法(経営学部開設40周年記念号)” https://t.co/v3VB8Ey8Kd #あとで読む #library #著作権

フォロー(329ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kojima_sakura: 先ほどリンクでご紹介した、佐原真さんの石井進さんを送る言葉、PDFがうまく表示されないことがあるようで、その場合は、下記の歴博佐倉のリポジトリをご利用ください。他にも、過去の研究報告収載記事がだいたい見られます。 https://t.co/…
"Exploring the new Kansai-kan Storage Annex" introduces the beautiful features of the Annex and various techniques used for long-term preservation of library materials. #Library https://t.co/uObVk6AKx7 https://t.co/o0Osb7nI5n
"Materials newly available in the Modern Japanese Political History Materials Room (10)" introduces some historical documents which are essential to understanding political events and other aspects of Japanese history. #JapaneseStudies https://t.co/4eCIUEvisR https://t.co/tCV8nkRI9S
"Narumikata―The beauty of ancient design" introduces a collection of old Japanese designs from a wide variety of sources including treasures of Horyu-ji Temple and Shosoin, dyeing and weaving works, crafts and buildings. #ndldigital https://t.co/ZkVzNMMNNy https://t.co/jysoh6bTwX
This picture of Mt. Fuji was created by SHIMAZAKI Gyokuen at the end of the Edo period. In Japan, it is said that seeing Mt. Fuji in one’s first dream of a new year is a sign of good fortune. #MountFuji https://t.co/SprDDehKLf https://t.co/QOX8uw8KEn
Here are the latest articles from the NDL's English newsletter: https://t.co/AnkWfJVSTq
RT @mas_nk19: @Kangen_Coup1246 鈴木由美さんの論文が参考になるかもですね。 鈴木由美「先代・中先代・当御代」(『日本歴史』790、2014) https://t.co/l9Ptlx4ghC
RT @daichizu: ウィキペディア(Wikipedia)は、今年で20歳になるのだそう。 Wikipediaには、自ら記事を編集することによる教育的効果があるのですが、そのようにとらえる方はまだまだ少ないですね。 2018年に、こんな論文を書きました。 日本地理学会…
そういえばこれもあった。林瞬介「古地図で歩く江戸時代の永田町」国立国会図書館月報 674号(2017年6月) p.4-9. https://t.co/O1Gid2nBKT
RT @washou3956: CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
【お知らせ】関野樹教授が「じんもんこん2020」にて行ったポスター発表「HuTime を使った年表・時系列グラフの共有」が、この度じんもんこん2020最優秀論文賞を受賞しましたhttps://t.co/8CGda6Hisd 論文は情報処理学会電子図書館サイトで閲覧できます(2021年12月5日まで有料)https://t.co/vfBWZRqba6
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染拡大のエンタテインメント分野への影響と支援 https://t.co/viEBQqwayG
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染症と日本経済―家計及び企業部門への影響と政策対応― (PDF: 1133KB) https://t.co/tYRKPVNtbc
In recent years, the word bento has become almost as well known around the world as sushi, anime, or manga. #ndldigital https://t.co/F9GttINxnc https://t.co/D696rmDM0a
Among the paintings by #IchikawaDanjuro VIII (1823-1854), a #kabuki actor who is depicted in this #nishikie by #UtagawaToyokuni III: https://t.co/2ifeCSyI6a, you will find some cute animals painted with a light touch: https://t.co/H4X2xd78Nn #ndldigital https://t.co/OkPCXHzoAF

4 3 3 0 OA 夜雨庵戯画

Among the paintings by #IchikawaDanjuro VIII (1823-1854), a #kabuki actor who is depicted in this #nishikie by #UtagawaToyokuni III: https://t.co/2ifeCSyI6a, you will find some cute animals painted with a light touch: https://t.co/H4X2xd78Nn #ndldigital https://t.co/OkPCXHzoAF
This calendar, featuring beautiful nishiki-e art, was specially made by a silk manufacturer as a gift for overseas customers. Take a closer look in this article: #ndldigital https://t.co/O0XsiQdIBd https://t.co/w4pwKDM02d
RT @WASEDAUP: 【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ⑪「依存」の思想/大槻宏樹 著   ISBN:9784657200105 税込3,080円 お近くの大学生協/書店にて求め下さい。 ※内容https://t.co/m6tGz8m8se ※Cin…
Find your favorite #ChildrensBook at the NDL Digital Collections! You can enjoy a wonderful picnic like in this book. https://t.co/eWjAXnuUeN https://t.co/ik59XNWBBx
Portraits of popular sumo wrestlers were best sellers among sumo fans in the Edo period. The concept may be somewhat similar to the photojournalism that depicts celebrities today: https://t.co/JXzQS66yGl https://t.co/7dDXSGKoMc
CiNii 論文 - 公共図書館とマンガ : ありふれた図書館資料として収集・提供するために (特集 マンガという体験、図書館という環境) -- (実践の現場から) https://t.co/EVsuK14rLp #CiNii
立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1129「災害廃棄物対策をめぐる現状と課題」(PDF:459KB)を掲載しました https://t.co/UvtfnWJsWO

70 23 23 0 OA 東莠南畝讖 3巻

Enjoy beautiful illustrations of over 460 kinds of fauna and flora in this 3-volume illustrated reference book from the mid-18th century. https://t.co/wo39bGn857 #ndldigital https://t.co/0XHpmKIbRs
Right foot, left foot... Amateur dancers in early 19c. used textbooks for practicing dance: https://t.co/xrVC2orZXw #ndldigital https://t.co/948DNRN3JH
RT @WASEDAUP: 【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ④松本清張が「砂の器」を書くまで ベストセラーと新聞小説の一九五〇年代 お近くの生協/書店へお申込下さい ※内容 https://t.co/rbd1K9MQ7o ※Cinii https://t.…

フォロワー(2574ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院) (85), 74-56, 2020-10-31 https://t.co/lIeSpuzJDW
レファ協事例より「下級武士の日記を読んでいて、「甘酒」と「懐中甘酒」という言葉が出てきたのでその二つに違いがあるのか気になった。…」 https://t.co/zLznyTnpBd NDLデジコレ:和洋銘酒醸造秘法 : 附・除害法 懐中甘酒製法 https://t.co/JWNaKkuof0
RT @enguelgue: 「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学…
2014〜15年初頭の状況への短評はこちらもご参照ください 野口淳2015「イスラームは文化財を破壊するのか?」『考古学研究』62-1 https://t.co/OTpmeI5NsG なお「そうは言っても宗教教義上〜」とイスラーム≡文化財破壊者であると頑なに主張される考古学関係者も少なからずいました(5/n)
RT @kojima_sakura: 先ほどリンクでご紹介した、佐原真さんの石井進さんを送る言葉、PDFがうまく表示されないことがあるようで、その場合は、下記の歴博佐倉のリポジトリをご利用ください。他にも、過去の研究報告収載記事がだいたい見られます。 https://t.co/…
RT @enguelgue: 「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学…
「加古川日本毛織社宅建築群」大正時代の詳細な平面図や大正末~昭和初期写真も載ってる研究論文はこちら: 中江研, 角矢洋平, 西島萌花 (2014) 『日本毛織(株)加古川工場・印南工場における明治末期から大正期の社宅の建設過程について』日本建築学会計画系論文集79(701) https://t.co/7eB5oP0trA
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
RT @mas_nk19: @Kangen_Coup1246 鈴木由美さんの論文が参考になるかもですね。 鈴木由美「先代・中先代・当御代」(『日本歴史』790、2014) https://t.co/l9Ptlx4ghC

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

@poyan8 @Tosche_J 〈丸に「山」〉〈丸に「ひ」〉〈丸に「は」〉のように全国各地で見られそうなありふれたもの https://t.co/Jcx7rtWPIW だけでなく、021〈旗印〉や030〈マルハサクラ〉のように個別性が強そうなものが幾つか含まれているので、「いつごろ」「どの地域で」という手がかりが得られるかもしれません。
RT @mk95_hoc: あと,こういう本は,ww2の前夜に出てきたわけではなく,例えば1905年『砲工学校数学教程. 平面解析幾何学』(https://t.co/fIILJn5kOQ)や 1929年の『計算法及び計算器械』などいろいろ積み重ねはある

2 2 2 2 混迷と和解

“CiNii 図書 - 混迷と和解” https://t.co/OI06DtgO1R

2 2 2 2 結成と模索

“CiNii 図書 - 結成と模索” https://t.co/WBavdTslLV
“CiNii 図書 - 港町に生きる” https://t.co/uIV7isVNNx
“CiNii 図書 - 歴史で考える” https://t.co/LCqUV86Mbv
RT @shoemaker_levy: 学術論文はこれくらいですね 。 タピオカで地域も「映ば える」のか? -愛媛県松山市中心部の大街道・銀天街商店街に関する大学生による手描き地図の変化を手がかりに- https://t.co/OMbuvSSBT3 タピオカブームにおける台…
RT @shoemaker_levy: 学術論文はこれくらいですね 。 タピオカで地域も「映ば える」のか? -愛媛県松山市中心部の大街道・銀天街商店街に関する大学生による手描き地図の変化を手がかりに- https://t.co/OMbuvSSBT3 タピオカブームにおける台…
RT @shoemaker_levy: CiNii収録の最古のタピオカ論文(1925年) https://t.co/bbKV5BiLbF https://t.co/BDKssgZHpn
The typeface completed in this way was called "築地初号" and was used for more than 100 years without any change in appearance (1903 specimen book『活版見本』https://t.co/V9kiNzU62b). https://t.co/t4V37LWPLD

7 1 1 0 OA 座右之友

But it can be said that the whole developing process was not completed until the 1890s. We can see 1894 specimen『座右之友』https://t.co/8CPBjPZhBZ and 1895『座右之友 第二』https://t.co/vlc0hHkJMf . https://t.co/89BlQifnXi

5 1 1 0 OA 座右之友

But it can be said that the whole developing process was not completed until the 1890s. We can see 1894 specimen『座右之友』https://t.co/8CPBjPZhBZ and 1895『座右之友 第二』https://t.co/vlc0hHkJMf . https://t.co/89BlQifnXi

11 1 1 0 OA 活字紋様見本

The 初号活字 of 印刷局 is not listed in the 1877 specimen book, but appears in the 1885 specimen book 『活字紋様見本』 https://t.co/MuviNVUG1O . https://t.co/n1P3wUewwV
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
@kous37 その講筵から広まったので、まだ若い学問ですが、近世史とかあるいは逆にグローバルヒストリー系とかでやる人はいる印象はありますけどね。https://t.co/kwl2rB92YC
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @dfedman: Left: a 1937 Japanese "Coffee Map of the World." Then as now, Brazil was the hub of production. Right: a graphic of average i…
RT @MValdegamas: 田母神論文といえばプッシュしたいのが、全編グダグダの田母神論文騒動を回想している、当時の防衛事務次官だった増田好平氏のオーラルヒストリーです。https://t.co/yeACaJbEyc
J-STAGE Articles - オンライン時代の医療をめぐるわが国の法制度上の課題 https://t.co/7Hb8RPgGLh
RT @daichizu: ウィキペディア(Wikipedia)は、今年で20歳になるのだそう。 Wikipediaには、自ら記事を編集することによる教育的効果があるのですが、そのようにとらえる方はまだまだ少ないですね。 2018年に、こんな論文を書きました。 日本地理学会…

5 1 1 0 OA 吉田松陰全集

レファ協事例より「吉田松陰の辞世の漢詩の一部の語句の意味が知りたい。」 https://t.co/ffUXX6OR0J NDLデジコレ:『吉田松陰全集』(12巻本)第7巻 辞世 https://t.co/4XK8d8OxSF
RT @infostaorjp: 「オープンサイエンスのいま」の連載に当たって https://t.co/ChQ7FTrjhC セミナー最初に紹介いただいた記事がこちらです。   (kh
ジャン=フィリップ・デュナン 「スイス民法典の起源、特徴、 そして進化 (1912-2012年)」訳:田中実 https://t.co/dFcJY9mIps
RT @livresque2: @shomotsubugyo >原語では同じワードなのに、たまたま新漢語で翻訳された際、違う表記形に では同じ語形を保てば良いかと言ふと、却って誤解・混同も生む。綜合に對する「分析」は、哲學上カント以降はhttps://t.co/EvCt1L6n…
RT @medanjin: 丸山宗利さんに、コロナ治療薬候補?イベルメクチンが家畜の駆虫薬/殺虫剤として使われていること、および、牛糞から発生する動物(非標的種を含む)への影響に関する論文(PDF)を教えていただいた。元所属学会の機関誌「衛生動物」掲載論文だったので、恥ずかしい…
RT @KONITASeiji: 今、ふと思ったんですが、江戸時代のガイドブック類の「独案内」と言う書名は「お一人様用」という意味ではなくて、「これ一冊で足りる」ていう感じですかね。 なんか、由来が書いてあるような序文とか、無いですかね。 https://t.co/0jZlMw…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
RT @daichizu: ウィキペディア(Wikipedia)は、今年で20歳になるのだそう。 Wikipediaには、自ら記事を編集することによる教育的効果があるのですが、そのようにとらえる方はまだまだ少ないですね。 2018年に、こんな論文を書きました。 日本地理学会…
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
RT @washou3956: CiNii 論文 -  南北朝・室町期における五山派禅院の修造財源: 将軍権力と関連して https://t.co/ytcaOl6dWy #CiNii
RT @urayuming: 【日本語教員の管理運営業務】 =「教える」以外の仕事 かれこれ2年ほど、このテーマでの活動に関わっております。 今日もこの関連でとある研究会に参加させていただきました。 ↓この表は私達で考えた、業務の一覧です
そういえばこれもあった。林瞬介「古地図で歩く江戸時代の永田町」国立国会図書館月報 674号(2017年6月) p.4-9. https://t.co/O1Gid2nBKT
RT @washou3956: CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…

23 12 12 0 OA 戦争史概観

RT @DlKtKXJ1hq5dbgC: @May_Roma 陸軍大学校で教鞭をとっていた四手井綱正陸軍中将が書いた「戦争史概観」ナカナカ分かりやすく、おススメ本! ただで読める! https://t.co/hibTB0MCuy
RT @washou3956: CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
RT @infostaorjp: INFOSTA会誌連載「オープンサイエンスのいま」の記事は、J-Stageからお読みになれます。 https://t.co/4glGu25eLH (tr https://t.co/TmRxMyphqy
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @IPSJ_official: 60年前の「電子計算機の未来」についての記事発見‼️ 「計算機同士の電話」「機械の好奇心をみたすような教育学」「音声タイプライター」「人工頭脳」 今に通ずる話がパワーワード多めで書かれていて面白い
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
「ジャン=リュック・ナンシーが、音楽を聴くとき、感覚は音それ自体から「聴診」へと向かうと指摘しているように、音楽の聴取が聴診的行為として位置付けられることがある。」なるほど。 https://t.co/vi00XKPH4F
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染拡大のエンタテインメント分野への影響と支援 https://t.co/viEBQqwayG
立法調査資料『レファレンス』No.840 新型コロナウイルス感染症と日本経済―家計及び企業部門への影響と政策対応― (PDF: 1133KB) https://t.co/tYRKPVNtbc
RT @NDLJP_en: Among the paintings by #IchikawaDanjuro VIII (1823-1854), a #kabuki actor who is depicted in this #nishikie by #UtagawaToyoku…

4 3 3 0 OA 夜雨庵戯画

RT @NDLJP_en: Among the paintings by #IchikawaDanjuro VIII (1823-1854), a #kabuki actor who is depicted in this #nishikie by #UtagawaToyoku…
こういうやつかなぁ、、、 https://t.co/7NrnIPCAE6 https://t.co/qkK2pJztzW
RT @zasetsushirazu: 昭和47年(1972年)1月21日、『帰ってきたウルトラマン』第41話「バルタン星人Jrの復讐」が放送。花岡敬太郎「「帰ってきたウルトラマン」制作過程から読み解く1970年代の変容の兆し」(『明治大学大学院文学研究論集』49)は、郷秀樹と…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @marxindo: 認知されているいじめの圧倒的多数は「暴力を伴わないいじめ」,ひやかしやからかい,無視や仲間はずれ,ネットやSNSでのいじめなので,「刑法犯として立件する」対象になりうるものはネットで言われているほど多くないですよ。https://t.co/Covbr…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
マスパセ。10年前の2011年は科研費取って特別研究員(DC1)だったって件。例のを「発症」する年頃でもあるよねえ。ってまあインターネット病跡学をやりかけてしまふ。 スウェーデンにおける参加・分権・市民社会-比較政治史的視座から https://t.co/Fgg1y7uCg7
RT @Mushi_Kurotowa: オルタナファクトの時代がやってくるのか、と思いつつこれを読み返す。 客観的行為主義から主観関係性主義 https://t.co/HhZzyRd5VR
RT @WASEDAUP: 【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ⑪「依存」の思想/大槻宏樹 著   ISBN:9784657200105 税込3,080円 お近くの大学生協/書店にて求め下さい。 ※内容https://t.co/m6tGz8m8se ※Cin…

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「山梨県之部」 https://t.co/ha4RNXaShU

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

「山形に三」の商標: https://t.co/CNbWbfGru9 (右下、左上、製茶)

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「静岡県之部」 https://t.co/7jzdGqQlzm

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「愛知県之部」 https://t.co/B53pO4ZVe7

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「栃木県之部」 https://t.co/RmDIbCgjIN

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「茨城県之部」 https://t.co/4aoH1DAMC9

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「千葉県之部」 https://t.co/eHkGpwxjDf

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「群馬県之部」 https://t.co/xT1OxRgdjs
デジタルノートテイキングに適した入力方法の研究 : 手書き入力とキーボード入力の差をめぐって https://t.co/9ANGjLM4t1

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「埼玉県之部」 https://t.co/qoHhWDO0ng

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「新潟県之部」 https://t.co/yfF094VCcZ

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「兵庫県之部」 https://t.co/NWE57FjuaU
問題文中への解答挿入機能による解答効率の向上がもたらす学習ののびへの効果(<特集>学力向上を目指したICT活用のデザイン・実践・効果) https://t.co/N3Wt6ZayyF
@s_locarno @space_mutto 横からすみません、 情報記録手法と記憶定着・理解度の関係についての実験報告 --手書き記録時とキーボード記録時の差異について-- https://t.co/u8bhm857Lk こちら等はどうでしょうか?
RT @oinaru3: 拓郎のお父様の事、これNHKのファミリーヒストリーで取り上げないかな #ta960 朝鮮総督府官吏・吉田正廣の経歴と業績 https://t.co/Ru6v3Skb5N
#こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
RT @rei_akao: 国会図書館デジタルコレクションで読める 稲垣甚兵衛『蒐書雑感 : 昭和十一年図書館週間紀念放送』 哈爾濱鉄路局の要職にありながら荒木伊兵衛書店の「古本屋」等にも投稿しているガチの蒐書家。ガリ版で読みにくいけど外地の古本コレクターが気になる人は必見。…
RT @tonagai: #又吉直樹のヘウレーカ「友達の友達はみな友達って本当?」 羽田野直道さんの公開講演「友達の友達はみな友達だ-複雑ネットワークの科学」資料が公開されてます。 https://t.co/lduBB0yTlK

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「神奈川県之部」 https://t.co/t2vBCQbf0C

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「京都府之部」 https://t.co/8jkIJHIT3Q

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

豊成社編『帝国商工名鑑』(1913大正2) 「大阪府之部」 https://t.co/yBvLvibVsr (大阪市、堺市)
国会図書館デジタルコレクション 少年九郎判官義経. 上 守屋貫秀, 新井庄太郎 著 (大同館書店, 1926) 目次:(二) 義經、鬼一法眼の弟子となる https://t.co/Z612AX2lT1
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @dellganov: CiNii 論文 - 公共図書館とマンガ : ありふれた図書館資料として収集・提供するために (特集 マンガという体験、図書館という環境) -- (実践の現場から) https://t.co/EVsuK14rLp #CiNii
RT @dellganov: CiNii 論文 - 公共図書館とマンガ : ありふれた図書館資料として収集・提供するために (特集 マンガという体験、図書館という環境) -- (実践の現場から) https://t.co/EVsuK14rLp #CiNii
RT @dellganov: CiNii 論文 - 公共図書館とマンガ : ありふれた図書館資料として収集・提供するために (特集 マンガという体験、図書館という環境) -- (実践の現場から) https://t.co/EVsuK14rLp #CiNii
RT @mujo_kun: @WgCU1XSQ7Getoyz 研究ノート 『陳十四夫人伝』と『西遊記』の類似について https://t.co/LzT7Y4FbyO この研究ノートを読めば色々わかりそうです!なかなか奥深い芸能なのかもしれません

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

「山形に三」の商標: https://t.co/vyx0W7qj8C (右下、酒類)

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

「山形に三」の商標: https://t.co/nSfoGNXIKN (左上、工具「三河屋」)

2 2 2 1 OA 帝国商工名鑑

「山形に三」の商標: https://t.co/STSEnftX48 (左中下、和洋酒「三河屋」)