egamiday (@egamiday)

投稿一覧(最新100件)

RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @tzhaya: 検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
RT @saki_hag_noe: 和書のさまざま 国文学研究資料館通常展示図録 2018年版 : 図録のダウンロードが国文学研究資料館学術情報リポジトリから可能 https://t.co/5DOotkU8eV
“[C22] 多面的・多角的な視座を育むデジタルアーカイブ活用授業の提案:ジャパンサーチの教育活用” https://t.co/FYaaULtiyh #ritz #デジタルアーカイブ
RT @ku_nakag: @sapokachi @yokogawa12 @UNI_Yoshikazu ちなみに図書館業界には職員の団体はないのですね。作ったら良さそうですが、いろいろあったのかもしれません。 https://t.co/nndoFCHKSP https://t.…
“CiNii 論文 -  「統計不信問題」を考える―歴史的視点からの試論” https://t.co/GX5INjO1oL
RT @jpsearch_go: 119年前の今日、1901年5月29日に、警視庁は「跣足歩行禁止令」で裸足の歩行を禁じました。ペスト予防が目的でしたが、風俗取締の意味もあったとか。 「警視庁令全書」(画像はPDM)https://t.co/8h2a7UzU7E https:/…
定期ツイート。遠隔講義準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/P5KIugbWMG
RT @shima_mossa: 中山愛理先生『図書館を届ける : アメリカ公共図書館における館外サービスの発展』 https://t.co/B2mgQrDRny は手元にないけど、博士学位授与論文『アメリカ公共図書館における館外サービスの歴史 : 1880年代から1920年代…
RT @shima_mossa: 中山愛理先生『図書館を届ける : アメリカ公共図書館における館外サービスの発展』 https://t.co/B2mgQrDRny は手元にないけど、博士学位授与論文『アメリカ公共図書館における館外サービスの歴史 : 1880年代から1920年代…
定期的にツイート。遠隔講義準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材としてどうぞ好きに使ってください。 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/P5KIugbWMG
RT @wonox: 学術コミュニケーションとオープンアクセスのための図書館員の能力要件 - https://t.co/yD2JoOrEKi オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR) https://t.co/yczbeEPfoy
RT @santoka_bot: 「海外」よりもデジタルヒュマニティーズの進展が遅かったことがモロに響いているように思います。これを機に機関リポジトリをさらに充実させ、紙媒体発行の学会誌をデジタルに切り替える、またはこういう時にデジタル配信可能にする試みを進めても良いと思います…
RT @taktwi: 2019年7月10日、国立西洋美術館とウィルデンスタイン研究所が共同で実施した国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」の報告書(デジタル版)が完成。https://t.co/W69nQNLJh5 無料で公開さ…
オンライン授業準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材として好きにどうなりと使ってください。 / “CiNii 図書 - 本棚の中のニッポン : 海外の日本図書館と日本…” https://t.co/6sI6kDiGWu
RT @iikurayoichi: オンライン講義の時節、せっかくですから、WEBで入手できる私の論文をひとつ挙げておきます。「近世文学の一領域としての「奇談」」。わりと引用していただくことの多い論文です。江戸文学に興味のある方は是非(^_^)。よかったらご感想・ご批正をお願い…
RT @NIHUofficial: #人文知コミュニケーター 光平有希さん(#日文研)のエッセイ「ジャポニズム楽曲探訪記」が広報誌『日文研』に掲載されました。19世紀ヨーロッパの作曲家の手によって生みだされた「日本」とは?イタリア調査のほっこりエピソードも!(2020年3月31…
RT @knagasaki: 文化資料のデジタル化と将来を見据えた効果的な共有の仕方に取り組んでおり、『日本の文化をデジタル世界に伝える』を2019年秋に刊行しました。その方面にご関心がおありの方はぜひご覧ください。 https://t.co/0XcaRVYjML 本書の概要…
RT @BungakuReport: 西岡 千文, 亀田 尭宙, 佐藤 翔 - 日本の学術出版物におけるオープン・サイテーションの分析【引用データに関しては,機械可読なアクセスのオープン化が遅れている】 https://t.co/lqRzNY7Sak
RT @wonox: オープンサイエンスの効果と課題―新型コロナウイルスおよびCOVID-19に関する学術界の動向 / 池内 有為https://t.co/wqe9c8mAoG
RT @NICHIBUNKENkoho: 【#日文研蔵書】"図書館展示:日文研と桜" https://t.co/wgK3h0aYfx で桜に関する資料を紹介しています。写真は西川祐信『正徳雛形』72番「さくらばなつなぎもやう」です。小袖の色彩に関する説明もあります。 #Nich…

26 0 0 0 OA SNS の進展

RT @i2k: 「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧くだ…

24 0 0 0 OA SNSの歴史

RT @i2k: 「SNSの進展」(https://t.co/gbkAT9f9qT)なる記事を書きました。5年前の「SNSの歴史」(https://t.co/dJCta8suuD)の続編です。あまりにも広大なテーマなので自分なりの切り取り方にすぎませんが、よろしければご笑覧くだ…
“CiNii 論文 -  交流の広場 アーキビスト/文化関係職員という仕事” https://t.co/5VM3H8naRD
“落款印および関連情報の検索システムの構築:人物情報と人物関係ネットワークの自動抽出に向けて ” / “情報学広場:情報処理学会電子図書館” https://t.co/hQbsW9HgmN
“月刊染織α : 染めと織りを楽しむ人の生活情報誌 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/UuJXSpZ9Wz
"非正規化は自らの専門性を向上させる職場の働きかけを失わせ、彼女たちの「やる気をスポイル」させてきた。現在の図書館は、それを乗り越えた非正規で働く司書(多くは女性)の個人的な対処(努力)によって" / “非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか” https://t.co/7fGB1veoYy #専門性 …
RT @BungakuReportEN: CiNii 論文 -  IPR(太平洋問題調査会)とアメリカの日本研究 The Role of the IPR in the Development of Japanese Studies 南直子著 https://t.co/np7W…
RT @shosira: なお、"アーカイブを開く"ためのデザインプロセスの話は、まだ端緒でしかないけれども @zerobase_inc の五十嵐さんと昨年のDA学会でポスターにしています。よろしければそちらもご参照を(これもJ-STAGEというアーカイブの恩恵)。他の専門家の…
“しらす加工品に混入したフグ稚魚の種判別と毒性” https://t.co/pVa8qn7N6m
“『思想としてのミュージアム:ものと空間のメディア論』” https://t.co/dovp3FrsK9
RT @genmaysan: い、い、い、いた!! 美川秀信さん!! 昭和13年の時点で美川秀信さん、朝鮮は仁川のある、京畿道の職員でした。 産業部産業課産業技師、だそうです。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録. 昭和13年8月1日現在 - 国立国会図書館デジタル…
RT @genmaysan: そして享年49歳、没年が1940年:昭和15年とするなら、恐らくはここが終点でしょう。 美川秀信さん。 朝鮮総督府・京畿道・産業部産業課・産業技師。 これが正しい最後の肩書きになるかと。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録.昭和14年 -国…

12 0 0 0 OA [乳癌図譜]

RT @NICHIBUNKENkoho: 【#蔵書紹介】『乳癌図譜』。華岡青洲の門人であった赤石希範が、華岡青洲の乳癌手術を図譜として出版しようと計画したときに作成した草稿の写本。宗田文庫。全文画像は日文研オープンアクセスで公開中ですhttps://t.co/Cv2GcpbtB…
RT @TakashiShogimen: しかも、私の周囲を見る限り、そうした人文学研究を行う教員には、研究の「専門化」を隠れ蓑にして自分しか関心を持たないような矮小なテーマに取り組んでいる者が少なくない。これを私は「学問のプライベート化」と呼ぶ(拙稿「人文学としての日本研究を…
嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑覧いただければ幸いです。 https://t.co/XyRGqzkPq4
“<エッセイ>史料を読むということ ” / “WEKO - 国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JIMS6HS2LN
RT @kaerusan: 「いだてん」見てなかったら、嘉納治五郎が永田秀次郎に宛てた書簡を国会図書館資料で見つけたり、その封筒に五輪のマークが入ってるのに気づいてぐっときたり、ということはなかっただろうなあ。https://t.co/SHVF7LVtiC
RT @hwtnv: デジタルアーカイブ学会誌「記憶の解凍」:カラー化写真をもとにした“フロー”の生成と記憶の継承(渡邉英徳・庭田杏珠)オープンアクセスになりました。 https://t.co/NoR2TF2Na1
RT @tsysoba: 今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心に(2011~2018…
#大正イマジュリィ研究とデジタル・アーカイブ / “Europeanaのメタデータ:デジタルアーカイブの連携の基盤” https://t.co/HtGk9pzS8h
RT @BungakuReport: Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」(佐藤 翔, 石橋 柚香, 南谷 涼香, 奥田 麻友, 保志 育世, 吉田 光男) https://t.co/6uw666VQ8Q
RT @quiriu_pino: 2018年の史学雑誌の本文データが粛々と公開されているんですね。 村井 章介「明代「冊封」の古文書学的検討:日中関係史の画期はいつか」 史学雑誌 127(2), 1-41, 2018 https://t.co/ZyZ3IWwWxO
“日文研図書館所蔵資料紹介 古地図と絵はがきでみる 3.富士山 ” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/nEmwsH6sOZ
RT @NICHIBUNKENkoho: 【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる富士山" https://t.co/B2RGuMsXsO で富士山の資料を紹介しています。写真は「横浜写真アルバム」の中のひとつ、富士山と湖を写したもの。(※センター外の方の利用案内 https://…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
#JADS 吉見先生「デジタルアーカイブの登場によって、結果だけでなくプロセス全体が記憶可能」←いや、はなっからそうでなきゃいけないんだ、と。 / “なぜ、デジタルアーカイブなのか? ―知識循環型社会の歴史意識” https://t.co/VH30Rd2Fmr
“<書評>トーマス・ハーパー、ハルオ・シラネ編『『源氏物語』を読む――十世紀からの文献群』” https://t.co/KiKQ8oXFwX #JLA短信
“<書評>トーマス・ハーパー、ハルオ・シラネ編『『源氏物語』を読む――十世紀からの文献群』 ” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/KiKQ8oXFwX #JLA短信
RT @sasaki_kyosuke: デジタル化していく写真世界で、文化財写真はどう向き合っていくべきかという私の考えは過去に奈良博たよりにも掲載しています。当時はSTAP細胞がニュースになっていた時で、創造と捏造の違いってなんだろうってずっと考えていました。短いから読んでみ…
RT @egamiday: <エッセイ : 小特集「元号を考える」>僕が元号を使わない理由 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JkEZF3HYaM
「資料の取り扱いに関する信頼性の問題について」 / “深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁)” https://t.co/qrYaqoYqCb #学術 #セキュリティ
RT @BungakuReportRS: 美術品のデジタル画像とIIIF Curation Platform(鈴木 親彦) - 人文学研究データリポジトリ https://t.co/QeGZti3l9j
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2019年5月号 特集:進化する情報検索技術…高久 雅生 https://t.co/J2hZUFRYRL
RT @shima_mossa: “平成30年度国立大学図書館協会シンポジウム「大学図書館デジタルアーカイブの活用に向けて」” https://t.co/RGQjWvy2WC
RT @aoigasane_06: 先日から気になっていた清水寺のビール工場について。 興味深い内容を見付けました。京都のビールの歴史も面白いです。 http://t.co/Tl8JEkXSVK http://t.co/o0ohTZuGJp
RT @khcoder: @kankimura おっしゃる通り、分析結果をどう使えば、意味のある結論を導けるのかということが、非常に重要なポイントです。上手くお使いいただいた研究事例をレビューしつつ、この点について考えた論文がこちらです。 https://t.co/u7u1ib…
RT @BungakuReportRS: 橋本 正俊 -  〈翻刻〉中院文庫蔵『古今序抄』と東山御文庫蔵『古今和歌集聞書』序注(上) https://t.co/OjANwFPvaV
<エッセイ : 小特集「元号を考える」>僕が元号を使わない理由 / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/JkEZF3HYaM
“<エッセイ>小特集「元号を考える」” / “国際日本文化研究センター学術リポジトリ” https://t.co/IF1y18qNnU
RT @Frintarou: 典拠とか出典とか考える際には、渡辺秀夫「谷の鶯・歌と詩と─〈典拠〉をめぐって」(『平安朝文学と漢文世界』勉誠社、一九九一年)は読んでおくべきでしょう。もととなった論文はこちら https://t.co/cRVywH0CwU
RT @BungakuReport: 中村 征樹 - シチズンサイエンスは学術をどう変えるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号) https://t.co/C1uFY1hXzV
RT @BungakuReport: 河野 銀子 - 女性研究者はどこにいるのか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/ijFLWyCbe5
RT @BungakuReport: 廣森 直子 - 非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/DMftYLqBev
“JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/Z4ZSFKpCKj
RT @KitamotoAsanobu: @Goyama_Rintaro 似たような目的の研究を進めております。以下をご覧ください。 時系列史料の人機分担構造化:古典籍『武鑑』を参照する江戸情報基盤の構築に向けて https://t.co/g2E13fbZh7 関連する話は発行…
“人文学系ライブラリアンのキャリアパス 人文学の危機の時代に働く” / “人文学系ライブラリアンのキャリアパス 人文学の危機の時代に働く” https://t.co/vcVarxl5dm
RT @wonox: 安藤百福と即席めんの開発 #まんぷく 関西学院大学リポジトリ https://t.co/c0rXsigNUf
恋慕まいり・きょうのはずれ / “CiNii 図書 - 恋墓まいり・きょうのはずれ : 京都の"エッジ"を巡る二つの旅” https://t.co/CMfE65J5Lj
RT @ke_1sato: 拙文がオンライン公開されました。ご笑覧・ご批正頂ければ幸いです 佐藤賢一「東京大学総合図書館所蔵和算書籍群の構成について 」『電気通信大学紀要』31巻1号(2019) https://t.co/V4BPFhaSnU
RT @BungakuReport: NDL レファレンス・アメリカが見た明治憲法体制の進化と後退―政党内閣期から2.26事件まで― (PDF: 990KB)【日本が次第にファシズムに傾斜していく背景には、軍に対する国民の支持があるものとアメリカの論者は見ていた】 https…
RT @wonox: 福内 千絵,<研究ノート>社会調査データのアーカイブ化をめぐる現状と課題について 『関西学院大学先端社会研究所紀要』15号(2018年) https://t.co/6r7qf7yW1I
「批判力を持たずに例えば現在の 流行に乗った瞬間に、その方の研究はおそらく 10 年後には終わってしまう」「隣の部屋の人とも会話しない閉鎖的な人文学を変える」 / “人文・社会科学の発展のために” https://t.co/RRjAkgTtJr #学術 #マネジメント

10 0 0 0 OA 口絵

RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にエンゲルベルト・ケンペル『日本史』フランス語初版所収(1729年)を追加しました。解説文と併せて是非ご覧ください。 図:https://t.co/4iVv…

18 0 0 0 OA 口絵

RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にアブラハム・オルテリウス『日本諸島図』(1595年刊)を追加しました。本図は西洋における日本地図の基本形として、17世紀半ばまで強い影響力を及ぼしました…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】講書始の儀におけるご進講の内容(平成31年1月11日)の原稿を日文研オープンアクセスにて公開しました。日文研の小松和彦所長のご進講原稿を読むことができます。 こちらhttps://t.co/zU3M96IPGf
「「世界の中の日本」というより「日本の中の世界」…日本研究は、ますます海外研究者との共同研究として遂行されるようになってきています」 / “CiNii 論文 -  講演会「第1回 世界の中の日本 : 海外における日本研究 : 私は、なぜ「日本研究者」となったのか」要旨 海外日…” https://t.co/B0DAgEF8eW

33 0 0 0 OA 後漢書 120卷

RT @BungakuReport: 後漢書 120卷. 21 - 国立国会図書館デジタルコレクション【高木浩明氏が発見した痕跡本「この本の上を土足で歩いたと思しき幼児の足跡が二箇所付いていた。足のサイズは12センチ」】 https://t.co/aheXwtZ3Au
RT @CocazeNaoki: 『デジタル・ヒューマニティーズ』創刊号に、翻訳に携わった論文「TEI:それはどこからきたのか。そして、なぜ、今もなおここにあるのか?」が掲載されました。TEIの背景にある思想について、アクセスしやすい形で日本語ドキュメントが公開されたことを意義…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【基幹研究プロジェクト】 #日本関係欧文史料の世界 を更新しました 《図版紹介》にシェーラー制作「アメリカ・アジア間の距離」(1710)を追加しました。本図では大陸や島が左右反転に描かれ、右下には「IAPONIA」も見えます。 図:ht…
RT @Beriya: https://t.co/vFcp8Zwlz4 この「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」、せっかく日文研が再度注目されているのだから、読んでおくと面白いと思います。
RT @r_shineha: 小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレンス』https:…

6 0 0 0 OA 地方文芸史

#関西文脈35 これはインターネット公開で、許諾がとれたやつらしい。すばらしいじゃないですか。 / “地方文芸史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/bKDsmsZerX
#関西文脈35 / “CiNii 論文&nbsp;-&nbsp; 木村小舟と岐阜通俗図書館” https://t.co/hwC4zv2sa4
#関西文脈35 / “CiNii 論文 -  木村小舟と岐阜通俗図書館” https://t.co/hwC4zv2sa4

6 0 0 0 OA 地方文芸史

#関西文脈35 / “地方文芸史 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/bKDsmsZerX
RT @Ryosuke_Nishida: 厳しい数字…→「60年代から70年代の頃は博士課程修了後1~2年で大学教員になれたということである。90年代の初頭にはもうすでに3人に2人は大学教員のポストに就けない状況であった(中略)(引用者補足、09年度)人文科学系の博士課程生は約…
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2018年第4号 [事例/調査報告] ヒロシマ・アーカイブにおける非専門家による参加型デジタルアーカイブズの構築. 田村 賢哉、秦 那実、井上 洋希、渡邉 英徳 https://t.co/Cv3PKGjVv6
RT @BungakuReport: 国⽴国会図書館 調査と情報1024:賃金から見た外国人労働者問題【韓国の一般雇用許可制では、外国人労働者の受入れを政府が管理することにより、ブローカーの問題を改善したことが評価されている】 https://t.co/2WKhF7WF6n h…
RT @BungakuReport: 学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
RT @cm3: オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために https://t.co/alhuvVQm0T CCコンテンツでの著作権のコンタミ対処、法の専門家がこういう実践的知識を論文に書いてくれたのありがたい https:…
RT @zasetsushirazu: 佐藤宏之「地域の記憶を未来につなぐ-明治維新150年とNHK大河ドラマ「西郷どん」の放映によせて-」(『桐蔭法学』24-2、2018年)は、維新150年の政策が、「地域の歴史・文化遺産を観光資源化し、保存・研究・学習よりも商品として消費す…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる日本の温泉" https://t.co/Gr0MpHVF8u で3つの温泉を紹介しています。写真は1907年に発行された熱海の地図です。温泉寺や來宮神社等丁寧に書き込まれており当時の様子がよく分かりま…
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
RT @TakahitoYamada: 「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」を読んだ。 https://t.co/e7uKEtBh4q 「歴研は自由か?」という井上先生の皮肉がなかなかよい。
RT @KoichiTaniguchi: 先ほどの「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」最後まで読んだが、メチャクチャに面白かった。学会とは何か、研究とは何か、色々なことを考えさせられながら読んだ。山崎正和オーラルなどと併せ読むと更に滋味深いのではないか。以下、PDFのあるトコ。…
RT @IichiroJingu: 188p(井上章一)ちょっとけんかを売る格好になるといかんのやけれども、申し上げましょう。学会との接点を持たない日文研に研究の自由はないと言われた吉田〔伸之〕氏へ、こう言い返してやりたいと思ったことがあります。「歴研に本当の意味の自由はあるの…
RT @BungakuReport: CiNiiが何か変。2018刊行と表示されているものが、リンク先は2008とか→ https://t.co/dbty9IPGcn 2018刊行と表示されているものが、リンク先は2011とか→ https://t.co/MEHaIFQZ6R…

お気に入り一覧(最新100件)

『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。 https://t.co/mBb552CD4X
検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
「米国での大学図書館での調べ物」は以下に当時の米国大学図書館の目録他を検索する事例が紹介されています。インターネットの使い方 : 大学図書館における活用事例 (特集:インターネット) https://t.co/u3TxCOL8g7 / “https://t.co/zTDDC2T7Dy:「インターネット」(The…” https://t.co/zDGRuUQqri
NDLらしい仕事。 / “国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― No. 1099(2020. 6.15)新型コロナウイルス感染症の状況 ―感染拡大防止に向けた経緯と課題―” https://t.co/u8OgeenWEj #Beyond_COVID19
池内 有為、 日本の研究者によるデータ公開の実践状況と認識 https://t.co/wXkXorwQYD
2019年7月10日、国立西洋美術館とウィルデンスタイン研究所が共同で実施した国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」の報告書(デジタル版)が完成。https://t.co/W69nQNLJh5 無料で公開されています。 https://t.co/kqhteFxXzw
オープンサイエンスの効果と課題―新型コロナウイルスおよびCOVID-19に関する学術界の動向 / 池内 有為https://t.co/wqe9c8mAoG
「デジタルアーカイブ学会誌」 2020年第1号 [書評・新刊紹介] 『ネット文化資源の読み方・作り方 図書館・自治体・研究者必携ガイド』. 淺野 隆夫 https://t.co/1q9XwawL4g
検証記事があった。小ネタだな https://t.co/g7zmvM50R2
「情報の科学と技術」に寄稿した「東京五輪アーカイブ1964-2020: 1964年大会資料の“フロー”化と記憶の継承」がJ-STAGEにて公開されています。 https://t.co/QPUAyHxrLb
(質疑)大学図書館、ドイツ法の質問を受けるがどのような情報源があるか? →JURIS Online https://t.co/vx2b7wRQSJ →宍戸伴久「研究・実務に役立つ!リーガル・リサーチ入門 第15回 ドイツ・フランス・ヨーロッパ連合(EU)法情報」も参考に。 https://t.co/LdOBNjFzlb #図書館総合展
そこで「メディア史とメディアの歴史社会学」ですよ。https://t.co/mKBYhzB1Fv
“オープン・サイテーションのいま” https://t.co/MEyv9vFcCD #science #university #エレクトリック #オープンアクセス #図書館
“大学図書館施設改修に伴う館内利用の変化を量的に評価する試み” https://t.co/TyW6ztHCP4 #science #university #図書館 #あとで読む
デジタルアーカイブ学会誌「記憶の解凍」:カラー化写真をもとにした“フロー”の生成と記憶の継承(渡邉英徳・庭田杏珠)オープンアクセスになりました。 https://t.co/NoR2TF2Na1
今の状況では、それぞれの立場で都合の良いところだけつまみ食いする人が少なくないかもしれないけど、それでも、この程度は読んだ上で議論してほしい。/ 『レファレンス』No.822 慰安婦問題に関する韓国の動向―日韓合意前後の動きを中心に(2011~2018年)(資料) https://t.co/Sa5NFTOCA6
いやいや、今日の研究会は面白かったでござる。仏教学の方法論について、こんなに議論したのは久しぶりな気がする。 https://t.co/qrmQbb7uoO
いかにもツイッターでウケればいいという狙いのタイトルの論文↓ CiNii 論文 -  そうだツイッタランド行こう : 日本史研究とSNS (新年特集 ICT時代の歴史学) -- (ICTと向き合う) https://t.co/poqTOPxndO
Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」(佐藤 翔, 石橋 柚香, 南谷 涼香, 奥田 麻友, 保志 育世, 吉田 光男) https://t.co/6uw666VQ8Q
お、早期公開開始されてた タイトルの通りの論文です / 1件のコメント https://t.co/Na0fWSQRjt “Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」” https://t.co/8U8zbJm8nL #science #university #エレクトリック
お、早期公開開始されてた タイトルの通りの論文です / 1件のコメント https://t.co/Na0fWSQRjt “Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」” https://t.co/8U8zbJm8nL #science #university #エレクトリック
2018年の史学雑誌の本文データが粛々と公開されているんですね。 村井 章介「明代「冊封」の古文書学的検討:日中関係史の画期はいつか」 史学雑誌 127(2), 1-41, 2018 https://t.co/ZyZ3IWwWxO
【会議発表用資料】見える人文・見えない人文?オープンな人文学情報基盤が作る未来(後藤 真)・人文学研究データリポジトリ https://t.co/mt8JtVHh2z
【会議発表用資料】Yes we can?オープンサイエンスは人文・社会科学を変えるか?(北本 朝展)・人文学研究データリポジトリ https://t.co/inKoZuAkzO
鈴木 広光 -  複製時代の書物のアイデンティティ:末広鉄腸『二十三年未来記』の場合(中) https://t.co/AwoQfd84MD
美術品のデジタル画像とIIIF Curation Platform(鈴木 親彦) - 人文学研究データリポジトリ https://t.co/QeGZti3l9j
“平成30年度国立大学図書館協会シンポジウム「大学図書館デジタルアーカイブの活用に向けて」” https://t.co/RGQjWvy2WC
性の在り方の多様性と法制度-同性婚、性別変更、第三の性- (PDF: 689KB) : 立法調査資料『レファレンス』No.819 https://t.co/s754Hh23bB
@kankimura おっしゃる通り、分析結果をどう使えば、意味のある結論を導けるのかということが、非常に重要なポイントです。上手くお使いいただいた研究事例をレビューしつつ、この点について考えた論文がこちらです。 https://t.co/u7u1ib7VJD
『世界の図書館から―アジア研究のための図書館・公文書館ガイド』(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門/U-PARL編・勉誠出版・2019刊・ISBN 978-4-585-20069-7 https://t.co/4o0Db34aDp) コラム「世界の図書館から」と内容は一致しません。最新情報は書籍をご覧ください! https://t.co/fPHdbcm7Ja
多分"The DOI has not been activated yet" https://t.co/0rY7K2NNwg 朝本件をRTしたのは「何のためにデータやデータベースを公開するのか」の議論が個別の案件で本当に重要だと思うから。ファイル置くだけで済んで何の懸念も無いデータならegovの"Open by default"という規範を持ち込めるけど。 https://t.co/eVxCBytsYq
あ… / “CiNii 論文 -  北垣国道と鳥取人脈” https://t.co/FKDcTByKWI
このように発表から60年以上経過してから脚光を浴びる論考もある。だからコストを掛けて保存し、管理していく。学術的営為とはその積み重ねだ。 / “大伴旅人について : 特に讃酒歌と梅花歌との関係について” https://t.co/Hqe4DGJTf2
今年度から本連載は最初からフリー公開になりましたよ!/それでいきなりハゲタカOAネタかよってのはまあ色々あってな / 1件のコメント https://t.co/yY8IbYlMpe “ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている” https://t.co/z8yMwfn0bg #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
今年度から本連載は最初からフリー公開になりましたよ!/それでいきなりハゲタカOAネタかよってのはまあ色々あってな / 1件のコメント https://t.co/yY8IbYlMpe “ハゲタカOA論文の4割は一度は引用されている” https://t.co/z8yMwfn0bg #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
飯野さん / “電子リソースデータの「共有」とその先に見えるもの” https://t.co/O8CmO1VPJx
廣森 直子 - 非正規化のすすむ図書館職場で専門性は保てるか(学術の動向 / 23 巻 (2018) 11 号 / 書誌) https://t.co/DMftYLqBev
「デジタルアーカイブ学会誌」 2019年第1号 [長尾真会長文化勲章受章] 長尾真会長の文化勲章受章を祝して. 吉見 俊哉 https://t.co/WfvV3EhTPZ
Linked Data とデジタルアーカイブを用いた 史料分析支援システムの開発 Development of System to ... - https://t.co/cEpo0tZ3bT #GoogleAlerts
小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレンス』https://t.co/DOOK5eK7hn
本誌の方のURL。なおこのあと、GORに対する自身の考えはちょっと変化したのですが、それについては近々の『月刊化学』にて紹介予定 / “Gates…” https://t.co/N985EG5RXX #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
2026年に状況をちゃんと確認する@自分 / “平成28年度大学図書館シンポジウム「10年後の大学図書館を考え…” https://t.co/p4wAIWVmQA #図書館 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス #被言及 #あとで考える
シンポジウムのための参考文献6 将基面貴巳「人文学としての日本研究をめぐる断想」(2017) 「学問のプライベート化」を批判、「国内外の社会に対して、学問が果たしうる固有の仕方で貢献すること(経済的貢献だけではない!)」(p67)を求める。 #古典は本当に必要なのか https://t.co/dUbkLiu1mP

26 0 0 0 OA 逐条憲法精義

回収や発売禁止になったものも図書館に残しておくことで、後の時代に生きる者はそこから学ぶことができる、という文章を最近書いたのですがやっぱり決定的に大事で、その意味では美濃部達吉の著書もそうですね。残ってたおかげで、ネットでも見られ、授業でも使える。 https://t.co/xoCT5ns5lT
3.3〜4.2.2が出色。Article Sharing系の動向が一番まとめられてる日本語記事かも。 / “CiNii 論文 -  動向レビュー:研究者SNSとそこに収録された文献の利用” https://t.co/n0IE75hDhp #ArticleSharing
J-Stageで読めるようになっていた、日本のアカデミアにまつわるなんとも微妙な(つらい)事件 https://t.co/heHe5AbZY9
博士課程修了者の大学教員ポスト採用率 https://t.co/wHDtZ1Fc2f つら…
国⽴国会図書館 調査と情報1024:賃金から見た外国人労働者問題【韓国の一般雇用許可制では、外国人労働者の受入れを政府が管理することにより、ブローカーの問題を改善したことが評価されている】 https://t.co/2WKhF7WF6n https://t.co/2WKhF7WF6n
学会を「編集」することと、出版社と(岡田圭介): 日本近代文学 2017 年 97 巻 ※前職時代に書かせていただいたもの。今は立ち上げた「文学通信」で同じことをやっています。 https://t.co/3f1ND4ax0M
.@otani0083 さんとの共著 「論文海賊サイトSci-Hubを巡る動向と日本における利用実態 https://t.co/ND7qoa0K94 」をご覧になられた朝日新聞社さんから取材を受け、それが記事になったようです!  https://t.co/CBAwAJhZPi 記事が有料で全文読めないのが残念^^; https://t.co/fl0iE0qP76
ご講演でご紹介のあった、北大附属図書館さん作成「オープンアクセスとハゲタカジャーナル」資料はこちら:https://t.co/RaNueV4zpm #sparcjp201803
オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために https://t.co/alhuvVQm0T CCコンテンツでの著作権のコンタミ対処、法の専門家がこういう実践的知識を論文に書いてくれたのありがたい https://t.co/Ufxe7hFAs4
連載「オープンサイエンスのいま」の第3回目を書きました。非OAなので、本文はこちらで公開してます。→https://t.co/H5htVMkW6T / ““Access Broker”と呼ばれても” https://t.co/vuZxmm0S15
佐藤宏之「地域の記憶を未来につなぐ-明治維新150年とNHK大河ドラマ「西郷どん」の放映によせて-」(『桐蔭法学』24-2、2018年)は、維新150年の政策が、「地域の歴史・文化遺産を観光資源化し、保存・研究・学習よりも商品として消費すること」を重視している点を論じる。 https://t.co/XDYMB24Frv
お、J-STAGE版公開されてるじゃん!! / “日本の大学生は情報源がWikipedia日本語版である情報の信憑性を他のオンライン百科事典である情報よりも低く判断する” https://t.co/drtUEBabIN #エレクトリック #science
森 いづみ. "大学図書館職員のスキルアップ法: ワカルからカワルへ: プロフェッショナルへの成長プロセスを実践しよう". 平成30年度大学図書館職員短期研修. 2018-10-02, 京都大学附属図書館, 東京大学附属図書館. 2018, 68p. https://t.co/bJGZoVMIJu
【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる日本の温泉" https://t.co/Gr0MpHVF8u で3つの温泉を紹介しています。写真は1907年に発行された熱海の地図です。温泉寺や來宮神社等丁寧に書き込まれており当時の様子がよく分かります。 (※センター外の方の利用案内 https://t.co/YS2c4cOsE6 ) #日文研蔵書 https://t.co/yWyZDYOyrn
きわどい解説論文がでてキタ━(・∀・)━!!!! / 日本の医学博士論文に潜む7.5%のハゲタカOA https://t.co/zyuHPhYtA6
“情報メディア学会 第17回研究大会 開催報告” https://t.co/Wjt6ZaHKUX #science #university #エレクトリック #図書館
お、公開された。博論のもとになった論文チェックしたらハゲタカと疑われる雑誌掲載のやつそれなりに紛れてたよという話 / “日本の医学博士論文に潜む7…” https://t.co/hwqCGYFkr9 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
読めっていわれた / “NISTEP Repository: 研究データ公開と論文のオープンアクセスに関する実態調査” https://t.co/BZcx261oD7 #_要検討
“レファレンス・インタビューの技術 : 事例から(<特集>レファレンス業務の基本)” https://t.co/cDbJPboBUJ #図書館 #science
情報の科学と技術の7月号に、教科書LODについての事例報告が載りました!-- J-STAGE Articles - 『教科書Linked Open Data(LOD)の構築と公開』, 江草由佳, 高久雅生, 2018 年 68 巻 7 号 p. 361-367 https://t.co/DVjV46wlSD
CiNii 論文 - 日本古典籍に関する総合データベースの構築と展開: 唯一の日本古典籍ポータルサイトとしての「新日本古典籍総合データベース」 https://t.co/30jSH7bc3S
CiNii 論文 -  図書館,図書館員の生き残り戦略を考える(2)記録が軽視される社会 : 貧弱な情報ストックの背後にあるもの https://t.co/BLSvaHaRj2
何これ、こんなのあったの。福島恵「国立国会図書館蔵「無慮山荘旧蔵拓本」」学習院大学国際研究教育機構研究年報 4[2018] p.47-69 https://t.co/a1GYjaOcsk 金森徳次郎が東亜研究所旧蔵資料購入に絡んだあたりの事情も、直球の記述で興味深い。注9も含めて、そういうことなんだろうなあ…
『情報メディア研究』16(1)[2018.3]眺めてた。山西(増井)史子「日本文学・日本語学研究における学会発表と雑誌論文の関連性-雑誌論文は学会発表を経ているか-」 https://t.co/7Yzzw9Koyr は、人文系の学術情報流通の状況分析として面白いかと。学会発表予稿集の電子版がない問題はなるほど。
安江明夫「「蘭書」発見記補遺」参考書誌研究 79[2018.3] p91-115 https://t.co/gPjU07pJVF 同口絵 https://t.co/AGNMaVa0fE が読み応えあり。国立国会図書館の幕府旧蔵オランダ語資料について、発見経緯や来歴、そして数量上の不整合の謎を検証。口絵には蔵書印や書入図版多数。

1 0 0 0 OA 口絵

安江明夫「「蘭書」発見記補遺」参考書誌研究 79[2018.3] p91-115 https://t.co/gPjU07pJVF 同口絵 https://t.co/AGNMaVa0fE が読み応えあり。国立国会図書館の幕府旧蔵オランダ語資料について、発見経緯や来歴、そして数量上の不整合の謎を検証。口絵には蔵書印や書入図版多数。
拙文「人文書出版と業界再編」のダウンロード数が666回に達したとのことでぎょっとしております。https://t.co/T0oxXeV8YW 抜刷はもはや手元に残りそうにありません。多数の方々にご高覧いただき、恐縮しております。 https://t.co/Ue7elEQZcx
【刊行物】Nichibunken Monograph No.20 "Philosophy Live : A Perspective from Japan" を刊行しました。日文研オープンアクセスから全文のPDFをダウンロードできます。こちらhttps://t.co/p4PObYUq1J https://t.co/ZSbj86Zvus
これは読まねば。小林 浩「人文書出版と業界再編 : 出版社と書店は生き残れるか」人文学報, フランス文学,514(15),63-85 (2018-03-23) https://t.co/2aItD0gLAb 「人文書」出版であって、学術出版ではない、という点は意識しておくべきなのかもしれない。あと注が面白そう…
【刊行物】第264回日文研フォーラム報告書『中日文化異同論の推移 : 近代以降の日本と欧米の学界を中心に』を刊行しました。日文研オープンアクセスから全文のPDFをダウンロードできます。こちらhttps://t.co/jsphClWIXp https://t.co/WzPh0ocEdA
『ジャズ喫茶論』(筑摩書房)の著者マイク・モラスキーさんが昨年、日文研の創立三十周年記念特集号に寄せた「〈エッセイ〉ジャズ喫茶の(偽)研究」。PDFデータで読めます。 https://t.co/DoH0tbZoXj
次回の京文博修理展ぼちぼち始動。テーマは「古社寺保存法」です。さきほど文博M君が配ってくれた参考資料を読了。 水漉あまな・藤岡洋保「古社寺保存法成立に果たした京都の役割」https://t.co/uzyx2XVccJ
J-STAGE Articles - 特集:「大学におけるInstitutional Research」の編集にあたって https://t.co/YUSowkFuM6
“視点 女性研究者のリアル:その3 「輝く」ために断る勇気” https://t.co/ZhGqKvpRTg #science #university
“集会報告 日中韓国際シンポジウム:The Landscape of Scholarly Publishing in China, Korea & Japan” https://t.co/dHnXEe0aKY #science #あとで読む
年末にドミニク・チェンさん、慶応の山口高平先生、山本勲先生らと登壇して若者、一般向けにお話した内容が記事になりました。この3月号をもって休刊になる「情報管理」の最後の号に載ったというのも感慨深いです。 https://t.co/0EnwukNDYM
“情報界のトピックス” https://t.co/htEFXu93gH #science #エレクトリック #図書館
←積んでしまっている本書を・・・いや本当、はやく読まねば・・・汗 / “図書紹介 『ビッグデータ・リトルデータ・ノーデータ:研究データと知識インフラ』” https://t.co/XeIqQM7mV1 #science #図書館 #エレクトリック #あとで読む
J-STAGEのリニューアルについていつか何かに書かないといけなくなったときに使う用 / “JSTサービス紹介 J-STAGEの最新状況と今後” https://t.co/UJanU57x0V #science #エレクトリック #図書館
名和先生の連載ももう読みおさめなのか・・・ / “情報論議 根掘り葉掘り 書物合戦” https://t.co/djFbEkdWGb #science #本 #図書館
“自由な地図「OpenStreetMap」:みんなで作って活用する地図情報” https://t.co/whwaQIaJF2 #science #エレクトリック
2017 二宮祐他 / “CiNii 論文 -  高等教育機関における新しい「専門職」 : 政策・市場・職能の観点から” https://t.co/d8UZxvZzSY
なにを読んでもこう思ってしまうのはなんだが、しかし、毎月結構ありがたい図書紹介が載る媒体があともう僅かで終わってしまうんだなあ、と・・・ / “この本! おすすめします 日本(人)にとって…” https://t.co/tKO0rvwKN4 #science #本 #あとで読む
そうそう、以下の記事が出版されました。 巻頭座談会「つながるデータ」武田 英明, 永崎 研宣, (情報の科学と技術, 67 巻 (2017) 12 号 p. 614-621)  Linked Dataの可能性について永崎さんと熱く:-) 語っています。 https://t.co/IVegSwM2RM (今はOAじゃないのが残念)
小野坂 知子 -  和歌からみたコンテンツ・ツーリズムの枠組み : 歌枕の類型表現と旅の形成過程に注目して https://t.co/dakXnDg05g
“視点 女性研究者のリアル:その2 単身子連れ在外研究” https://t.co/cKAVVuI4cW #science
“過去からのメディア論 人工知能・芸術・著作権:芸術が思想・感情の表現でないとしたら,なぜ人間の創造性の産物といえるのか” https://t.co/AFsFpo3DvG #science
イチョウの葉の防虫効果の話は国文研ニューズ No.46 WINTER 2017のP11 https://t.co/E42OiSr71H
「情報管理」2017年11月号 図書紹介 『Rによるテキストマイニング入門 第2版』 石田基広氏著の標題書を花園大学の師茂樹氏が紹介する。人文科学分野のテキスト分析法も紹介する本書は、教養として知っておくべき内容という https://t.co/AHBy0ajhs9 https://t.co/AuIONz8EJH
“集会報告 「研究データ利活用協議会」公開シンポジウム” https://t.co/e85Ce8Ng0B #science #university #エレクトリック #図書館
“「情報」とはなにか 第5回 ■情報×集団心理:Web上の「書き込み」による情報拡散とシミュレーション” https://t.co/xJ9Qr5sHmH #science #エレクトリック
英米のトップクラスは大学内部にニュースを作って報じる専門部署がある、と。彼我の格差よ・・・ / “日英米の比較からみる研究成果の国際情報発信” https://t.co/6PWCUm1nA5 #science #university
@yuta1984 私は読取革命を使っていますが、全集は大丈夫なのですが、原資料は手打ちの方が早いレベルです。近代文献のOCR(ルビ除去含め)は、城和貴氏(奈良女子大学)の研究に期待・注目しています。https://t.co/Aa6YdyjU0u、https://t.co/y7ZEngTVwF
「社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ」 https://t.co/urkPkNIMKu 大学院でのリカレント的な何かがうまくいかないみたいな話し、刊行はいつになるかなあ。
専門的職員の先駆けともいえる図書館職員の育成はどうあるべきを検討。吉武博通(2017).大学組織のマネジメントと人材育成 情報の科学と技術,67(8),400-404.[PDF]https://t.co/LBMcafuTen

フォロー(312ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

もう一例はこちら、小笠原。An epizootic on Meimuna boninensis (Distant) (Homoptera : Cicadidae), caused by Massospora sp. (Zygomycetes : Entomophthorales) and Nomuraea cylindrospora (Deuteromycotina : Hyphomycetes) in the Ogasawara (Bonin) Islands, Japan https://t.co/ZcqCJhvdR5
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
RT @yayamamo: 本記事執筆しました。質問やご意見ありましたら私宛よろしくお願いします。 https://t.co/klWNqKC0Fv https://t.co/A8Z155jcmb
CiNii 博士論文 滝理江 - 例示の機能をもつ助詞の意味分析 : 認知言語学におけるカテゴリーの観点から https://t.co/2PT6fopWkZ
長城中島信行の序文の落款印(刷り印) (高知市民図書館・近森文庫所蔵::慷慨義烈/報国纂録 https://t.co/t1YQu0RSyi #kindaigazodb #近代画像DB ) が、中島揮毫の扁額の落款印と全く同じで、プチ感動する夜更け (雨岳文庫データベース「[扁額] 雨岳軒」 https://t.co/psUgVoNBWh )
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。 https://t.co/mBb552CD4X
A Japanese diplomatic mission in the late 19c. visited a beer brewery in the UK: https://t.co/IYt7JVZTMV #ndldigital https://t.co/wCrv7ZD5kW
早野 瑞季・時井 真紀 - 探究的学習を支援する浮世絵鑑賞システムの構築 https://t.co/rBFNVxr8TD

2239 53 23 2 OA 隠岐国産物絵図注書

RT @NIJL_collectors: 何度見ても、「かせ鰐」「とびさめ」がイイ(国会デジコレ「隠岐国産物絵図注書」https://t.co/IuwJihwNIN ジャパンサーチ(BETA)ギャラリー「江戸の珍魚」https://t.co/fqomkeOdQM でも紹介され…

2239 53 23 2 OA 隠岐国産物絵図注書

何度見ても、「かせ鰐」「とびさめ」がイイ(国会デジコレ「隠岐国産物絵図注書」https://t.co/IuwJihwNIN ジャパンサーチ(BETA)ギャラリー「江戸の珍魚」https://t.co/fqomkeOdQM でも紹介されていた https://t.co/f2ARxFvhY6

22 9 9 0 OA 諸職画譜

RT @NIJL_collectors: 国会デジコレのトップページhttps://t.co/7OzQvGUECC 右上のアイコンがかわいいなとよく見たら、出典がリンクしてあった 「※画像は北尾蕙斎『諸職画譜』を使用」 https://t.co/GnagKuaAzc こやーん…

22 9 9 0 OA 諸職画譜

RT @NIJL_collectors: 国会デジコレのトップページhttps://t.co/7OzQvGUECC 右上のアイコンがかわいいなとよく見たら、出典がリンクしてあった 「※画像は北尾蕙斎『諸職画譜』を使用」 https://t.co/GnagKuaAzc こやーん…
CiNii 図書 - 經濟小學 2巻 https://t.co/pPx1WPgd6P #CiNii の書誌情報にある、 印記: 「鶴久箕南」 は、Googleのフレーズ検索に引っかからなかった。 これからは、「CiNii分は、ググって安心!GoogleでヒットしないとCiNiiにないってこと~」ではなく、ちゃんと本体を検索しようと心に誓いました!
RT @Cristoforou: ちなみに、身内の関連することで恐縮ですがこの書評はものすごくひどいです。私が今まで読んだ学術雑誌の書評の中でも最もダメだと思いました。/CiNii 論文 -  書評 『アダム・スミスとその時代』(ニコラス・フィリップソン著、永井大輔訳) htt…
RT @tzhaya: 検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
The NDL Picture Postcard Collection https://t.co/RtOuMWAbO6 https://t.co/pm508K6aq4
Not exactly what you might expect: a scrap book of business cards from the Edo period: https://t.co/0svnMXavK3 #ndldigital https://t.co/MVHCcawCSd
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1108「日本銀行によるリスク性資産の買入れ―効果・副作用・出口の議論―」(PDF:540KB)を掲載しました https://t.co/3P6PEQCboY
RT @FURICO17: CiNii 論文 -  植田恭代著, 『源氏物語の宮廷文化 後宮・雅楽・物語世界』, 二〇〇九年二月二五日, 笠間書院刊, 四四五頁, 一三〇〇〇円 https://t.co/CJAfL1tRxl #CiNii
論文において研究データを引用するURLの同定 https://t.co/LBH4j6abfs オープンサイエンスは、論文や研究データの参照や利活用を促進するための活動である。そしてその動きの一つとしてオープンデータが存在する。オープンデータは研究データを共用することで研究の加速化や、研究データへのアクセ...
研究データを参照する文献の引用文脈に基づく識別 https://t.co/7vq68EZHzY 近年のオープンサイエンスの広まりに伴い、研究において用いられたデータへの参照情報の抽出への需要も高まっている。また、学術論文では本文中で引用した論文や著者が参考文献として参照されるが、研究データへの参照に...
原理主義の「効用」については、小原克博「宗教多元主義モデルに対する批判的考察--「排他主義」と「包括主義」の再考」 https://t.co/ZSDGEg0u5w からも影響を受けた。小原先生はネグリ『帝国』等を参照しつつ「圧政や暴力的支配、文化的侵略に対する「抵抗勢力」として排他主義の意義」を指摘する。
富澤 萌未 - 形容詞から考える『源氏物語』の語り https://t.co/oHv8fXPoZ6
物語のシーンにおける登場人物の感情状態とBGMの関係性抽出 - 根本 さくら, 石川 一稀, 宇田 朗子, 白石 智誠, 中村 祥吾, 長野 恭介, 山内 拓真, 村井 源, 平田 圭二, 迎山 和司, 田柳 恵美子 https://t.co/Trqwc6dttp
物語のシーンにおける登場人物の感情状態とBGMの関係性抽出 - 根本 さくら, 石川 一稀, 宇田 朗子, 白石 智誠, 中村 祥吾, 長野 恭介, 山内 拓真, 村井 源, 平田 圭二, 迎山 和司, 田柳 恵美子 https://t.co/CerKSztJrG
Beards were regarded as an essential part of a gentlemen’s appearance. Can you name these various styles of beard? #ndldigital https://t.co/xhYA9h9HRx https://t.co/d3EKr99Jyi
藤田 瑞華 - 『落窪物語』における父親 : 先行継子譚から変化する「継子いじめ」の様相 https://t.co/S8af3BfBGq
岡田 貴憲 - 木村正辞筆本『和泉式部物語』とその周辺 : 横山由清との交流から黒川本の伝来へ及ぶ https://t.co/qiCbk29SyC
How the NDL acquires, archives, and provides access to doctoral dissertations https://t.co/exgjMTdm44 https://t.co/tvMtydMpbe

3 2 2 0 OA 西郷涅槃像

雲の上から届けたい「生活丸」…回生丸みたいなものかな? 国会デジコレ『西郷涅槃像』(明治10) https://t.co/VyvgHy8B5X 2枚目は国会公開の画像2枚を繋げたものです。 https://t.co/ZmVK4Vab3l
今日拝見した印影に、たぶん「晩」なんだろうけど、え?これで「晩」と読んでいいの…という書体があって、例によって「篆字部首検索システム」https://t.co/xWpIY0hfqF で検索すると『偏類六書通』に古文奇字として用例があったhttps://t.co/DLLQlxQgMk う~ん… 古文奇字!! https://t.co/wj0EW8v1Ak

フォロワー(2490ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

もう一例はこちら、小笠原。An epizootic on Meimuna boninensis (Distant) (Homoptera : Cicadidae), caused by Massospora sp. (Zygomycetes : Entomophthorales) and Nomuraea cylindrospora (Deuteromycotina : Hyphomycetes) in the Ogasawara (Bonin) Islands, Japan https://t.co/ZcqCJhvdR5
ポビドンヨード(イソジンガーグルなど)のSARSコロナウイルスへの効用については、すでに2004年に北大から論文が出てるじゃあないですか。 これ 「Inactivation of SARS coronavirus by means of povidone-iodine, physical conditions, and chemical reagents 」 https://t.co/9rpEHbPYpx
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @Shun_Hirose: 承知しました。以下、参考情報のリンクを集めました J-STAGE Articles - 「社会的距離」概念の射程 https://t.co/CRa4KdrwfX ソーシャルではなく“フィジカル”ディスタンス 新型コロナ対応の学術知見発信、放…
中山泰昌で検索して表示される『新聞集成明治編年史』は館内限定だけど、 https://t.co/T7tZ8WMiWh こちらがあるので、見られる。 https://t.co/4TCRyVgwow 前にも書いたけど、リサーチナビにある目次と、デジコレの画像が直結してくれたらいいのに。 https://t.co/qfqnwSSOEr
中山泰昌で検索して表示される『新聞集成明治編年史』は館内限定だけど、 https://t.co/T7tZ8WMiWh こちらがあるので、見られる。 https://t.co/4TCRyVgwow 前にも書いたけど、リサーチナビにある目次と、デジコレの画像が直結してくれたらいいのに。 https://t.co/qfqnwSSOEr
RT @yayamamo: 本記事執筆しました。質問やご意見ありましたら私宛よろしくお願いします。 https://t.co/klWNqKC0Fv https://t.co/A8Z155jcmb
RT @yayamamo: 本記事執筆しました。質問やご意見ありましたら私宛よろしくお願いします。 https://t.co/klWNqKC0Fv https://t.co/A8Z155jcmb
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @64sai: 論集に含まれている論文は、図書の書誌情報の中で書き方があって、そこで再現される(が、大抵は時間と手間の関係で行われない)。 たとえば、『郷土史と近代日本』(角川学芸出版、2010)という論集がある。Cinii Booksのデータはこうなっているが、 htt…
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
https://t.co/RColVBa5gB  この日本人の傾向、義務教育で感想文に求められるものに従ってると、こうなるよねって思った。 これが日本の物語を縛る枠組み。
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @washou3956: 各史料集の長所と短所ならびに古記録読みの際に心がけるべき姿勢を端的に述べたコラムとして、髙橋秀樹「古記録読みの対話と格闘」(『史学研究集録』43、國學院大學大学院史学専攻大学院会、2019年3月)はわずか4頁ながらにして一読の価値あり。https…
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2020年8月号 特集:つながったデータの作り方…古崎 晃司 https://t.co/fVSPrk4tPD
RT @infostaorjp: 会誌「情報の科学と技術」2020年8月号 連載:情報科学技術に関する識別子: DOIとJaLCの活動について…波羅  仁,佐藤 竜一,三村のどか https://t.co/vxxjLlGoSr
RT @tmaita77: CiNii 論文 - だから大学ってダメなんだよ 大月隆寛(民俗学者)VS.小谷野敦(明治大講師) https://t.co/aV85tgLzUV #CiNii  図書館で読んだが,面白かった。職のない博士が増え,不満が高まり,大学内で殺人事件が起…
CiNii 論文 -  数学の方法と哲学の方法--『メノン』の問題 https://t.co/7fegPTinho #CiNii
CiNii 論文 -  プラトン「メノン」および「パイドン」における想起について https://t.co/bfj7Nxt1Iq #CiNii
CiNii 論文 -  プラトンの『メノン』 : 現実と哲学 https://t.co/PNuT8B0avn #CiNii
CiNii 論文 -  プラトン「メノン」研究--アナムネーシスとテイア・モイラ https://t.co/ByBPEISsUA #CiNii
CiNii 論文 -  プラトン「メノン」研究 https://t.co/gF0m1t3OQG #CiNii
RT @jpsearch_go: 『国立国会図書館月報 711/712号(2020年7/8月号)』にジャパンサーチ特集記事が掲載されています。正式版のイメージを先取りで紹介するほか、田良島・大向・梅林3氏による座談会「ジャパンサーチの未来の話をしよう」企画も。ぜひご覧ください。…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @ktgis: そういえば、たまご水の「明ヶ指」の「さす」は、秩父では焼畑を指す地名。J-STAGE Articles - 秩父における火耕地名 https://t.co/oM4GNfE9Kk https://t.co/m45Vxf9EC5
RT @shoemaker_levy: この論文にもでてきます。 二谷智子「1879年コレラ流行時の有力船主による防疫活動 : 宮林彦九郎家の事例」『社会経済史学』75巻3号、2009年 https://t.co/Y8q5SVPlvG
社會科學研究71(2)「特集民事訴訟の実証分析―全国訴訟記録調査から―」の1つ。重回帰分析しているが、結論に驚きはあまりないものの、データをいじっている論文は珍しい/CiNii 論文 -  民事裁判にかかる時間 : イメージと実際 https://t.co/WRlub9xflk #CiNii

2239 53 23 2 OA 隠岐国産物絵図注書

RT @NIJL_collectors: 何度見ても、「かせ鰐」「とびさめ」がイイ(国会デジコレ「隠岐国産物絵図注書」https://t.co/IuwJihwNIN ジャパンサーチ(BETA)ギャラリー「江戸の珍魚」https://t.co/fqomkeOdQM でも紹介され…

2239 53 23 2 OA 隠岐国産物絵図注書

RT @NIJL_collectors: 何度見ても、「かせ鰐」「とびさめ」がイイ(国会デジコレ「隠岐国産物絵図注書」https://t.co/IuwJihwNIN ジャパンサーチ(BETA)ギャラリー「江戸の珍魚」https://t.co/fqomkeOdQM でも紹介され…

2239 53 23 2 OA 隠岐国産物絵図注書

RT @NIJL_collectors: 何度見ても、「かせ鰐」「とびさめ」がイイ(国会デジコレ「隠岐国産物絵図注書」https://t.co/IuwJihwNIN ジャパンサーチ(BETA)ギャラリー「江戸の珍魚」https://t.co/fqomkeOdQM でも紹介され…
RT @Isasaka_jawp: 日本語の文献も一応これ(↓リンク)でウィキペディアでの使用状況が出てきたりします。網羅的ではなさそうですが。。。 #jawp https://t.co/v4A5lmeuot https://t.co/C2FwA98Goe
RT @bowwowolf: 松平誠「地域文化の再生とテレビ NHK番組『ふるさとの歌まつり』の社会文化的実証研究」を読む。1966年から74年にかけて放送された郷土藝能紹介番組「ふるさとの歌まつり」関係者への取材や舞台となった732自治体へのアンケートから、同番組が文化保存に…
RT @shoemaker_levy: この論文にもでてきます。 二谷智子「1879年コレラ流行時の有力船主による防疫活動 : 宮林彦九郎家の事例」『社会経済史学』75巻3号、2009年 https://t.co/Y8q5SVPlvG
RT @shoemaker_levy: この論文にもでてきます。 二谷智子「1879年コレラ流行時の有力船主による防疫活動 : 宮林彦九郎家の事例」『社会経済史学』75巻3号、2009年 https://t.co/Y8q5SVPlvG
RT @sake_hayate: えっ、やだなぁ… 甘味の感受性から調べ直すとかホント嫌だなぁ…生理学もやるのマジで………
J-STAGE Articles - 公立図書館における指定管理者制度導入館と直営館の現況比較 : レファレンスサービスを中心として https://t.co/NCM2BGIKY4
RT @1972tue0127: https://t.co/ySdxyYpCbG PDFですが読んでみて欲しい。道徳的均衡化が、ネトウヨやレイシストの一面を説明する。
● ウィルタとは何か? : 弦巻宏史先生の講演記録から 彼らの憲法観を考えるために What is "Uilta"? https://t.co/nvvhtQkC53

22 9 9 0 OA 諸職画譜

RT @NIJL_collectors: 国会デジコレのトップページhttps://t.co/7OzQvGUECC 右上のアイコンがかわいいなとよく見たら、出典がリンクしてあった 「※画像は北尾蕙斎『諸職画譜』を使用」 https://t.co/GnagKuaAzc こやーん…
RT @NIJL_collectors: CiNii 図書 - 經濟小學 2巻 https://t.co/pPx1WPgd6P #CiNii の書誌情報にある、 印記: 「鶴久箕南」 は、Googleのフレーズ検索に引っかからなかった。 これからは、「CiNii分は、ググって…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
RT @Cristoforou: ちなみに、身内の関連することで恐縮ですがこの書評はものすごくひどいです。私が今まで読んだ学術雑誌の書評の中でも最もダメだと思いました。/CiNii 論文 -  書評 『アダム・スミスとその時代』(ニコラス・フィリップソン著、永井大輔訳) htt…
あとバックナンバーになってしまったけどこれも「新型コロナウイルスへの対応から考えたこと—「感染症を見て人を見ず」とならないために 岩室 紳也 保健師ジャーナル 2020; 76(7):pp.550-557」https://t.co/B6EpfkLsBT
RT @tzhaya: 検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
検索エンジン農林一号についてはこちらを https://t.co/WkoOT8SsSA
CiNii 論文 -  『プロタゴラス』翻訳ノート https://t.co/dNvYx0KTHE #CiNii
CiNii 論文 -  ソフィスト・プロタゴラスにおける共同体と倫理 https://t.co/d0WIfUD8on #CiNii
CiNii 論文 -  プロタゴラスの人間尺度説 : その歴史的実像をめぐって https://t.co/JOIFAstxdU #CiNii
CiNii 論文 -  プラトン『プロタゴラス』篇と現代 https://t.co/bGZFPeAraJ #CiNii
CiNii 論文 -  共にあること、共に進むこと : プラトン『饗宴』と『プロタゴラス』 https://t.co/h39ahLE3FK #CiNii

209 209 209 6 OA 農商工概況

RT @ksk18681912: 明治20年の『農商工概況』 (農商務省)における明治19年の県別屠牛数およびそれを一人あたりで割った牛肉量。 東京府が屠牛数第一位。 この頃の東京府の人口は少ないので(新潟が最も多かった)、人口当りで割ると、一人あたり牛肉量/年は約6斤でダ…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl

162 155 155 2 OA 農務統計表

RT @ksk18681912: 明治14年の『第二次農務統計表』(農務局)によると、明治12年に東京府で屠畜された牛は6963頭で全国の29%。 https://t.co/OeLmhdC4Lo 明治初期は、東京が屠牛=牛肉消費をリードしていたのです(冷蔵冷凍技術が未発達なの…

209 209 209 6 OA 農商工概況

RT @ksk18681912: 明治20年の『農商工概況』 (農商務省)における明治19年の県別屠牛数およびそれを一人あたりで割った牛肉量。 東京府が屠牛数第一位。 この頃の東京府の人口は少ないので(新潟が最も多かった)、人口当りで割ると、一人あたり牛肉量/年は約6斤でダ…
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7

162 155 155 2 OA 農務統計表

RT @ksk18681912: 明治14年の『第二次農務統計表』(農務局)によると、明治12年に東京府で屠畜された牛は6963頭で全国の29%。 https://t.co/OeLmhdC4Lo 明治初期は、東京が屠牛=牛肉消費をリードしていたのです(冷蔵冷凍技術が未発達なの…
RT @nolnolnol: CiNii 論文 -  奴隷ファクター:大西洋奴隷貿易における現地在住奴隷販売人の役割 https://t.co/nKKM3At3gA #CiNii
CiNii 図書 - プラトン全集 https://t.co/jkoY7Phcb3 #CiNii 旧聖トマス大学図書館蔵書
RT @holy_sengoku: 最近、こんな論文が公開されているのに気付きました。義晴期の内談衆などはよく知られてますが、その前提となる義稙期の幕府の法と訴訟制度を考察されています。素人には難解な内容ですが、義稙前期と後期、そして義晴期の審理手続きの違いにも注目されていて、…
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
RT @holy_sengoku: 最近、こんな論文が公開されているのに気付きました。義晴期の内談衆などはよく知られてますが、その前提となる義稙期の幕府の法と訴訟制度を考察されています。素人には難解な内容ですが、義稙前期と後期、そして義晴期の審理手続きの違いにも注目されていて、…
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7

8 1 1 0 OA 法窓夜話

[RE][book][free] 穂積陳重『法窓夜話』(有斐閣, 1916) https://t.co/lplxeOt9z7 穂積陳重は1855(安政2)年生まれ。1882(明治15)年2月東京大学法学部教授、1893(明治26)年民法起草委員。1912年大学退職。1916年枢密顧問官就任。読んでいる。

72 72 32 0 OA 日本の安楽死裁判

RT @WadaJP: 裁判所の判例検索ではヒットしませんでしたが,この記事がありました。 https://t.co/G5V3U9Rwfq https://t.co/7heW90u1RZ
以前RTした松下哲也氏の文章がJ-STAGEにあった。/J-STAGE Articles - 武者小路実篤作、岸田劉生画 『カチカチ山と花咲爺』の挿画にみられるウィリアム・ブレイクの観相学的人体造形の影響 https://t.co/omIHDG3UKt
RT @aiwendil1: 大阪大学のこの新しい青色無機顔料の研究、実はものすごくすごいのでは。ペーパーを見る限り、コバルトブルーよりも少し緑寄りの鮮やかな青で、耐熱性もUV耐性も高い。毒性の強い成分も含まず、優環境型。展色したらどんな色になるんだろう。ぜひ実用化してほしい……
[RE][paper][free] 村上淳一(2003)「貴族サヴィニーの民事訴訟」 https://t.co/IMD6UxuW5R Savingyの発音が「サヴィニー」であることの理由を説明。サヴィニー家の支配していた地域(ロートリンゲン)がフランス語圏だったからとしている(p.8)
RT @livresque2: 外國でも、版や刷に當る語の用法は統一されてないのが實態らしく、語に據らず内容の相違により判斷して版次刷次を記録すべしと英米目録規則等に注意ある由。蟹瀬智弘「書誌情報における刷の記録について」『資料組織化研究-e 』No.69(2016.10)ht…
RT @livresque2: https://t.co/xINic2bbU4村田由美 「岩波書店刊『定本 漱石全集』第一七巻に対する疑義」https://t.co/XrnTyATE8U三節、漱石全集第二刷2003を知り改訂の多さに一驚、「これほどの欠落が一九九六年版にあったこ…
RT @moegi_hira: 羽賀祥二さんの「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」もpdfがあった。宝暦四年の夏に熱病が流行して死者多数、平田靫負も病死だと史料にあることが述べられています。 https://t.co/zQCm6iQuRm
RT @moegi_hira: 羽賀祥二さんの「宝暦治水工事と〈聖地〉の誕生」もpdfがあった。宝暦四年の夏に熱病が流行して死者多数、平田靫負も病死だと史料にあることが述べられています。 https://t.co/zQCm6iQuRm
RT @FURICO17: CiNii 論文 -  植田恭代著, 『源氏物語の宮廷文化 後宮・雅楽・物語世界』, 二〇〇九年二月二五日, 笠間書院刊, 四四五頁, 一三〇〇〇円 https://t.co/CJAfL1tRxl #CiNii
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」→ https://t.co/Y2s5d3sUS7
論文において研究データを引用するURLの同定 https://t.co/LBH4j6abfs オープンサイエンスは、論文や研究データの参照や利活用を促進するための活動である。そしてその動きの一つとしてオープンデータが存在する。オープンデータは研究データを共用することで研究の加速化や、研究データへのアクセ...
研究データを参照する文献の引用文脈に基づく識別 https://t.co/7vq68EZHzY 近年のオープンサイエンスの広まりに伴い、研究において用いられたデータへの参照情報の抽出への需要も高まっている。また、学術論文では本文中で引用した論文や著者が参考文献として参照されるが、研究データへの参照に...
RT @ogugeo: 日本の中で1993~2010年に外水氾濫が4回以上発生した地域を水害常襲地として抽出した論文(全文閲覧可)。 https://t.co/f6dtayFuaQ 氾濫が発生中の最上川に沿う山形県大石田町や、先日大きな被害が出た球磨川沿いの熊本県芦北町などが含…
RT @holy_sengoku: TLでも何度か話題に上っていた論文ですが、室町期から戦国期にかけての家格意識を考える上で必読の内容でした。戦国期に至ってもなお足利一門と非足利一門間の格差が認識されていた事実を提示されています。それが、将軍自身の実力者優遇によって結果的に壊さ…
『兵隊やくざ』、軍の不条理に個の力で立ち向かうという点で『神聖喜劇』に似ているなと思ったていたらこんな論文があった。この中で『神聖喜劇』は、『兵隊やくざ』の原作と同じく内務班を描く文学作品として、『真空地帯』と一緒に紹介されている。 / 『兵隊やくざ』論序説 https://t.co/vVHprS53tE
RT @hiropon033: CiNii 論文 -  「たたり」と宗教ブーム--変容する宗教の中の水子供養 https://t.co/7zfJW7xWXU #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒加藤みち子 「江戸時代日本における天道信仰 : 陰陽道の影響を中心に」 『武蔵野大学仏教文化研究所紀要』36 (2020-2) https://t.co/a5dY367X72
RT @hiropon033: CiNii 論文 -  「たたり」と宗教ブーム--変容する宗教の中の水子供養 https://t.co/7zfJW7xWXU #CiNii
RT @itokosk: @bomb_akyura @micchi1205 @bomb_akyura 台湾地形では、この効果よく研究されています。数百キロ離れた場所では循環場の変化、100~200kmぐらいだとチャンネリング効果とよばれる効果が効いて、経路が島を避けるように進む…
原理主義の「効用」については、小原克博「宗教多元主義モデルに対する批判的考察--「排他主義」と「包括主義」の再考」 https://t.co/ZSDGEg0u5w からも影響を受けた。小原先生はネグリ『帝国』等を参照しつつ「圧政や暴力的支配、文化的侵略に対する「抵抗勢力」として排他主義の意義」を指摘する。