永本哲也@『ミュンスター宗教改革』発売 (@saisenreiha)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
CiNii 論文 -  中学校歴史教科書における中世とルネサンスの扱いについて https://t.co/amiavp7zHx #CiNii
RT @yusaku_matsu: メモCiNii 論文 - 田中俊之 「憐れみと縛り首--ヨ-ロッパ史のなかの貧民」ブロニスワフ・ゲレメク著 早坂真理訳 https://t.co/7yDdX7ra5e #CiNii
RT @call_of_history: 当時、黒死病(ペスト)をユダヤ人のせいにしていなかったという研究は以下の論文読むといいです。 CiNii 論文 -  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/3L1i12kfkx CiNii 論…
RT @call_of_history: 当時、黒死病(ペスト)をユダヤ人のせいにしていなかったという研究は以下の論文読むといいです。 CiNii 論文 -  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/3L1i12kfkx CiNii 論…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: ネイション形成と国家の記憶:19世紀後半の旧ポーランド=リトアニア領を中心に https://t.co/hcoNCqDbg7 帝国辺境の近代化と国民化する帝国 https://t.co/0nnzqmmfe2 戦間期ハンガリーにおける国民統合の実…
RT @nekonoizumi: 宗教改革のジェンダー史的考察:再洗礼派の場合 https://t.co/uR7OZYRXVD フランス革命前夜の外務卿ヴェルジェンヌとフランス外交政策に関する総合的研究 https://t.co/r3NgflTpK2 プガチョーフ叛乱の総合的研…
RT @nekonoizumi: 宗教改革のジェンダー史的考察:再洗礼派の場合 https://t.co/uR7OZYRXVD フランス革命前夜の外務卿ヴェルジェンヌとフランス外交政策に関する総合的研究 https://t.co/r3NgflTpK2 プガチョーフ叛乱の総合的研…
RT @nekonoizumi: 宗教改革のジェンダー史的考察:再洗礼派の場合 https://t.co/uR7OZYRXVD フランス革命前夜の外務卿ヴェルジェンヌとフランス外交政策に関する総合的研究 https://t.co/r3NgflTpK2 プガチョーフ叛乱の総合的研…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @nekonoizumi: 令和2年度科学研究費助成金採択課題より 中近世ヨーロッパ社会における合意形成の起源と展開―合議制・代議制の理念と現実ー https://t.co/kAEqokMZgX 17世紀ロンドン東部郊外における諸権力の協働による統治の実践 https:…
RT @shima_mossa: #SendaiHisCafe CiNii 図書 - 読むことの歴史 : ヨーロッパ読書史 https://t.co/vUv3zhEej2 ですね
RT @santoka_bot: 「海外」よりもデジタルヒュマニティーズの進展が遅かったことがモロに響いているように思います。これを機に機関リポジトリをさらに充実させ、紙媒体発行の学会誌をデジタルに切り替える、またはこういう時にデジタル配信可能にする試みを進めても良いと思います…
RT @nekonoizumi: もう一つの論文も、メールで馬部氏に対し頑なに自説を主張する人に対する丁寧な反論だった。色々な人に絡まれておられるなあ…… ⇒馬部隆弘 「中近世移行期における淀川流路の変化 : 岡・禁野・磯島周辺を対象に」 『大阪大谷大学歴史文化研究』20 20…
CiNii 論文 - 佐々木博光  黒死病とユダヤ人迫害--事件の前後関係をめぐって https://t.co/wGWT4wmUdh #CiNii
CiNii 論文 - 佐々木博光 ペストの創作 : ニュルンベルクのユダヤ人迫害、一三四九年一二月五日 https://t.co/gwjgC4KQtJ #CiNii
J-STAGE Articles - 行動科学・社会科学的な災害の概念定義の整理 https://t.co/Aukf2tmx7q
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
小杉 泰・林 佳世子 編『イスラーム 書物の歴史』2014年 https://t.co/i6SnijoV0y 戸田聡による書評が大変参考になる。https://t.co/N7qjC2niXm
CiNii 論文 - 平野淳一  近代中東・イスラーム世界におけるプリント・メディアの歴史と構造 (デジタルドキュメント(DD) Vol.2011-DD-80) https://t.co/MeczMQyZQo #CiNii
RT @ursus21627082: 『考古学とポピュラー・カルチャー』の櫻井 準也氏、その後も漫画作品等を通じて日本社会における考古学イメージを探り続け、2019年は「『となりのトトロ』と考古学」を発表している。この論考を始めいくつかの論考がWEB上でも読めるっす。 http…
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  クレオパトラの表象 ― その死のパブリック・イメージ ― https://t.co/ftvQuDy97B #CiNii
CiNii 論文 -  そうだツイッタランド行こう : 日本史研究とSNS (新年特集 ICT時代の歴史学) -- (ICTと向き合う) https://t.co/dB35CcomFL #CiNii
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  リベラルアーツ教育の基礎としての作文教育 : 古代ギリシア・ローマ時代の「プロギュムナスマタ」について https://t.co/JHhJFoXCdh #CiNii
RT @tricycler: 東中竜一郎(日本電信電話株式会社)+古川忠延(株式会社富士通研究所) 「特集「人工知能と歴史」にあたって」『人工知能』31巻6号 (2016年11月) https://t.co/RieMy3CO11 (PDF)
J-STAGE Articles - ペットの家族化と葬送文化の変容 https://t.co/xaaUFtrX1s
そういえば、拙稿「17~18 世紀ノイヴィートにおける宗派複数性 : 近世ヨーロッパにおける法、実践に基づく宗教的寛容 」(『獨協大学ドイツ学研究 』2019年)が pdf で公開されていました。近世の宗教的寛容にご関心がある方はぜひ読んでみて下さい。 https://t.co/f5aCljkVuk
RT @Jutta_de_gusto: @saisenreiha 失礼しました。天明3年も噴火していますが、正確には破局的な噴火による島民脱出はその後、天明5年のことでした。柳田國男が『青ヶ島還住記』を書いていたのをずいぶん前に読んだのを思い出したもので。https://t.c…
RT @khargush1969: 鈴木道也(2016)「中世の百科全書とフランス王権」『東洋大学文学部紀要.史学科篇』42: 39-71. https://t.co/LPcR4Lg0EY 専門外だが13世紀が翻訳時代を経て吸収された知を集成する「百科全書」時代であり,またカペ…
RT @kimi_aya_: 『鹿島美術財団年報』に論文を載せていただきました。広く浅くですが、美術系の研究者の方に近現代の仏像研究があることを知っていただけたら良いなと。 論文 -「近現代の仏像における造形性と宗教性 : 広島・長崎・沖縄の平和公園内の観音像を中心に 」…
CiNii 論文 -  電気とサブカルチャーの街「名古屋大須」の言語景観 : 大阪日本橋との比較研究 https://t.co/QjyJw6dJK9 #CiNii
CiNii 論文 -  中村直子 研究ノート : サブカルチャーに偏在するドイツ語について https://t.co/9NVe3TH2ym #CiNii
CiNii 論文 -  堀内淳一 歴史コンテンツの受容と消費者の意識 : 「新選組」コンテンツに関する調査報告 (二〇一〇年大会特集) https://t.co/e5NERzCopd #CiNii
土屋 直之「図書館司書のための歴史史料探索ガイド 」https://t.co/oCBaNALT0U
RT @BungakuReportRS: 斎藤 英喜 -  『日本書紀』注釈史と天皇即位儀礼 : 『釈日本紀』「真床追衾」条をめぐって https://t.co/HlyAMPbvKT
CiNii 論文 -  内山貞三郎 工匠歌人ハンス・ザックスとその舞臺 https://t.co/IetqF3rWrx #CiNii
CiNii 論文 -  ハンス·ザックスの悲劇「不死身のゾイフリート」 https://t.co/MBZCGVcwUK #CiNii
CiNii 論文 -  塚本由美 謝肉祭劇に描かれた宗教改革-ハンスザックスの作品に基づいて- https://t.co/LPUpdfKDLl #CiNii
CiNii 博士論文 - 内山貞三郎 工匠歌人ハンス・ザツクスとその舞台 https://t.co/QFvcyhYTc5 #CiNii
RT @shoemaker_levy: ちなみにこの記事に出てくる近世京都の癩者(ハンセン病者)については横田則子「「物吉」考:近世京都の癩者について」『日本史研究』352号(1991年)が元ネタで、これを超える近世日本のハンセン病史の事例研究は未だにでておりません。 http…
CiNii 論文 -  中世ドイツ宗教劇の演出形態--古フランクフルト受難劇を中心として https://t.co/NJf59Azi7K #CiNii
CiNii 論文 -  オルレアン復活祭劇台本 https://t.co/A3YRIXR7j1 #CiNii
CiNii 論文 -  〔クロ-スタ-ノイブルク復活祭劇〕 (ドイツ文学とキリスト教<特集>) https://t.co/RzgS1X2a3Z #CiNii
RT @shunsukekosaka: ディオクレティアヌスの最高価格令については日本語で読める最近の論文としては、反田実樹氏の研究があります。 https://t.co/rfOdfuZgsu https://t.co/jwE0ykURN1
RT @shunsukekosaka: ディオクレティアヌスの最高価格令については日本語で読める最近の論文としては、反田実樹氏の研究があります。 https://t.co/rfOdfuZgsu https://t.co/jwE0ykURN1
RT @k_tairiku: 防衛白書の地図問題、専門家の間で有名でした。昨年も論文でこれだけ指摘されています。 https://t.co/giDWsDG367 https://t.co/tYBIzKpWpQ
RT @norionakatsuji: 日本の科学の状況報告書:惨憺たる現状及び原因の失策が明瞭。「特定分野・特定グループへの集中が進んで」「社会ニーズを満たす(役に立 つ)研究や成果がすぐに見える研究に偏って」「選択と集中が過度」「日本の基礎研究は全ての分野・レベルにおいて急…
CiNii 論文 -  第四ラテラノ公会議(1215年)決議文翻訳 https://t.co/y5fO1DzdMJ #CiNii
教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム https://t.co/mlGQ7XQum8 、小野善彦がバイエルン https://t.co/4BRt4xQ0kl の記録を使った論文を出している。
教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム https://t.co/mlGQ7XQum8 、小野善彦がバイエルン https://t.co/4BRt4xQ0kl の記録を使った論文を出している。
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒ゴティエ・アルバン/井上みどり訳/小澤実解説 「シャルルマーニュの食卓にて : カロリング期ヨーロッパにおける飲食」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/JBtac2HtxP
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大谷哲 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信 : 「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/GuhzClYH6q
RT @ikosado: 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信ー「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 https://t.co/VGqfeaPus5 読んだ。
RT @kakoi4: 山田淳平「近世武家雅楽の普及と展開」( https://t.co/kqCgkDJp5m)、「佐賀藩における雅楽文化の展開」( https://t.co/9iPwwRuGiK)。以上日本近世(135頁)。中国、五代・宋・元から(224頁)、松浦晶子「宋代宮…
RT @kakoi4: 山田淳平「近世武家雅楽の普及と展開」( https://t.co/kqCgkDJp5m)、「佐賀藩における雅楽文化の展開」( https://t.co/9iPwwRuGiK)。以上日本近世(135頁)。中国、五代・宋・元から(224頁)、松浦晶子「宋代宮…
RT @SendaiHisCafe: 『君の名は』がテレビ放映されたこのときに、多くの人に届いて欲しい。時空を隔てた大切な人に起こったことを、人はどうやって知るのだろうか。 人と人のつながりに横たわる歴史の手繰り方にまつわる秀逸な一文。 松原宏之「人は「歴史する」、ゲームで…
ようやく『史学雑誌』「回顧と展望」の号が届いた。大変ありがたいことに、「ヨーロッパ近代一般」で宗教改革の研究動向論文「拡散と収束」https://t.co/rzy1nfsMWo 「近代ドイツ・スイス・ネーデルラント」で拙著『ミュンスター宗教改革』https://t.co/SMesMy2nNP に言及していただいた。
RT @call_of_history: やはり「島ケルト」についてもまとめなければいけませんね・・・と思いつつ言及すべきハードルの高さにしり込みしている今日この頃ではあります。この論文読むだけでも大分イメージ変わるのでお勧めです。 田中美穂『「島のケルト」再考』2002 h…
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
宗教改革期に宣教が実際にどのように行われ、どんな効果を上げたかは、史料に残りにくくなかなか分からないのだが、再洗礼派の審問記録はその一端を知ることが出来る貴重な史料。ということで、科研費に関わる研究を、地道に進めている。https://t.co/4yBLorAGpF
RT @schembart10: 早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @kunisakamoto: ラトキン博士の研究のダイジェスト版は、なんと日本語で読むことができます。 H. ダレル・ラトキン「ヨーロッパ史のなかの占星術:中世・ルネサンスから近代へ」『史苑』74巻2号、176–207ページ(ダウンロード可能)。 https://t.co…
RT @adamtakahashi: 紀要論文ですが、アヴェロエスの知性論の概要を示した論文が公開されました。彼の知性論の内容を簡潔にまとめた邦語の論文は、意外にこれまでなかったので、その点に限り有益かもしれません。「アヴェロエス「知性論」の基本原理」(https://t.co…
RT @tricycler: 鈴木寛「Google Classroom でできること」『八戸工業大学紀要』35 (2016) https://t.co/GB4OPqh2WU 2016年のものだが古びていない(cf. mobile app はこの時点ではまだだったか)。公式ヘル…
CiNii 論文 -  受難劇vs.聖体祭劇--「イエス・キリストの受難」を巡る表現と受容に関する一考察 (特集 第二回大会シンポジウム「メディアと社会」) https://t.co/A3ETLf6t6L #CiNii
RT @morita11: "CiNii 論文 -  13世紀半ばにおける奇跡の記録の形態 : 聖エドマンドの奇跡関連史料をめぐって" https://t.co/ZZ1P7PEdcR ※本文リンクあり
大塚清恵さんは、『日本人とユダヤ人の歴史 : 奇跡の島国、日本』という本も出版しているが、奇しくも私が非常勤をしている東海大学、獨協大学両方の図書館に収められているようだ。https://t.co/vCItStaRfI

5 0 0 0 OA 討論のまとめ

RT @yusaku_matsu: 尾上 雅信「 討論のまとめ」 https://t.co/eFSk4h0jZx
RT @yusaku_matsu: 柏木 敦 歴史研究の「意義」の在処 https://t.co/TbUvT2y8RU
RT @yusaku_matsu: 金 凡性「役に立たないもの」の存在価値 ―科学史の価値をめぐって―  https://t.co/4R2vtrQza7

5 0 0 0 OA 経済史の役割

RT @yusaku_matsu: 山本 千映「経済史の役割」 https://t.co/cnMxD9MJA8
RT @yusaku_matsu: 小田川大典「戦後日本における歴史的政治学の展開 」https://t.co/X4MGcJTxZz

7 0 0 0 OA 2014年学界展望

RT @odg1967: J-Stage で閲覧できるのが年報政治学の強みか。日本政治学会文献委員会「2014年学界展望」 https://t.co/7m0lI1nWTR
RT @pvvbzROgo32zWXo: ちなみに仁藤氏の講演趣旨はだいたいここで読める。https://t.co/lARkMCl04R 笑いのつぼが弊アカウントと似ている人はぜひ読んでほしい。『日本研究』呼んで爆笑することはもう二度と無いに思う。
忙しくて HZ や ZHF をチェックしていなかったのだが失敗した。昨年宗教改革の研究動向論文「拡散と収束 : 複数形,長期,グローバルな観点による宗教改革像の黎明」https://t.co/rzy1nfsMWo を書いたのだが、時期的に Lehmann の論文は無理だったにせよ、Pohlig の論文は参照すべきだった。
RT @nob_de: CiNiiに出てました。力作なので、ぜひ(公開は2年後?ですが、もしご関心あればご連絡を)>「想像の場」としてのインゴルシュタット : 『フランケンシュタイン』を生んだ科学と想像の場 (特集 フィクションとテクノロジー) https://t.co/MCk…
RT @takuya1975: 伊豆田俊輔さんによる、川越修・河合信晴編『歴史としての社会主義』書評。https://t.co/EoQAGaTMje 研究史が、①全体主義論→②壁龕社会論(独裁にも限界がある)→③ミクロな視点から見る日常社会史と来て、それが終わると④方法論の多様…
RT @schembart10: 踊編『記憶と忘却のドイツ宗教改革』には、野々瀬先生による『史学雑誌』上での書評もありますので、それと合わせて読んでいただければ幸いです。野々瀬先生のほうが、専門がドンピシャなぶん、辛めな評価となっている印象です。https://t.co/Qp7…
RT @kunisakamoto: 訳者の田口先生からいただいた。これ、とても重要なのではないか。 フランク・レックスロート「学問の身体と精神 1070年ごろ以降の初期スコラ学の学校についての観察」田口正樹訳『北大法学論集』69巻5号、2019年。 https://t.co/7…
RT @nolnolnol: これは未だにDLできないのか。CiNii 論文 -  グレゴリウス改革の研究に関する覚え書き--野口洋二著「グレゴリウス改革の研究」を読んで https://t.co/OriTXnlkou #CiNii

15 0 0 0 老人の歴史

RT @shunsukekosaka: これは知らなかった。古代から現代までのヨーロッパ世界における「老い」がテーマの概説。第ニ章「古代ギリシャ・ローマ」は文献史料の引用に加え図版も豊富だし、著者も古代ローマのライフコースの専門家なので信頼できるだろう。パット・セイン編『老人の…
RT @mshin0621: 拙稿「江戸前期における道統と華夷、神儒――神代上古の叙述に着目して――」を早稲田大学リポジトリに登録だん。これでそのうちCiNiiにも反映される。/ 早稲田大学リポジトリ https://t.co/6BYGfF5UF0
CiNii 論文 - ラトキン H. ダレル ヨーロッパ史のなかの占星術 : 中世・ルネサンスから近代へ https://t.co/q1sQGYX4or #CiNii
CiNii 論文 -  森田安一 宗教改革期の占星術 : 一五二四年の大会合へ向けて https://t.co/kDvFUaLmuy #CiNii
CiNii 論文 - 芦名定道 近代/ポスト近代とキリスト教 : グローバル化と多元化 https://t.co/4bZlF9DlFz #CiNii
CiNii 論文 - 芦名定道 現代キリスト教思想と宗教批判 : 合理性の問題を中心に(<特集>宗教批判の諸相) https://t.co/q7Wovx3qSL #CiNii
CiNii 論文 - 伊達聖伸 ライシテは市民宗教か https://t.co/0uwqwAYxSN #CiNii
CiNii 論文 - 望月秀人  複合国家論の射程 ~近世北西ドイツ・ニーダーライン地方の事例~ (1) https://t.co/cMGk8r9A7N #CiNii
CiNii 論文 -  早川朝子 ニュルンベルク市当局の再洗礼派理解と市の平和(第二部)(魚住昌良・斯波義信両教授記念号)(都市と平和) https://t.co/ceVhFRbijg #CiNii
CiNii 論文 - 池田利昭  ヴェストファーレン条約以降の帝国都市と帝国宮内法院 : トーマス・ラウの業績から https://t.co/A3djFDxwqP #CiNii
CiNii 論文 - 山本信太郎 エドワード六世治世初年のロンドンにおけるフランス国王フランソワ一世の葬儀 https://t.co/aYbLxTsBbC #CiNii
ちなみに『記憶と忘却のドイツ宗教改革』と野々瀬先生の書評で説明されていないけど前提となっている近年の宗教改革研究の動向は、拙稿「拡散と収束 : 複数形,長期,グローバルな観点による宗教改革像の黎明」『歴史学研究』2018年10月 https://t.co/rzy1nfsMWo を読んでいただくと分かります。

お気に入り一覧(最新100件)

#SendaiHisCafe CiNii 図書 - 読むことの歴史 : ヨーロッパ読書史 https://t.co/vUv3zhEej2 ですね
話題に乗り遅れた感もあるのですが、『ローマ人の物語』については史学雑誌「回顧と展望」に言及されたこともあるんですよね。歴史学者が検証し批判すべきではないか、という提言を伴って。 CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,2005年の歴史学界-回顧と展望-) https://t.co/rby9NCyc0J #CiNii
野村啓介「近代フランス・ボルドー地方におけるワイン格付思想と商人論理 : 「クリュ」概念の史的展開を手がかりに」東北史学会『歴史』128、2017年、1-23頁。 https://t.co/QXEFcgbw6b
ググってたらこんな論文見つけて面白い〜「心臓を体とは別に保存するのは、フランスではかつて国王にたいしてなされていた儀式であった」近代フランスにおける死の習俗 ―カトリックと共和派の対比を中心に― 長井伸仁 https://t.co/LTKqgIW20x
「越境する飢人と領主的対応 : 天保四・五年の秋田藩と弘前藩」 https://t.co/aPi4kxz3uG
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
校倉書房から、菊池勇夫『非常非命の歴史学 東北大飢饉再考』が刊行(予定)。 https://t.co/R0z6GfFVnh この論文の発展か。「非常・非命の歴史学 : 近世東北の災害・飢饉史 (特集 災害と歴史資料保全)」 https://t.co/fTXBmK3WLu
なお『ケーキの歴史物語』、「1937年のヒトラーの誕生祝賀会に用意されたケーキ」「エリザベス女王のウェディングケーキ。1947年。」「石膏の人骨2000本で作ったウェディングケーキ」などなどの写真が掲載されていてわくわく https://t.co/50H08pIRcf
自分用メモ https://t.co/TOXJM5TsrN この話 https://t.co/aVa6AK7z1g とくっつけると、日本は昔からそこそこ不平等だったが21世紀初頭にかけて下方社会移動が増加し移動のあり方が変わったので不平等に目が向くようになった、ということ?
この空襲とポップカルチャー作品をまとめた論文では『この世界の片隅に』はあまり扱っていませんが、すでに提出した論文(未公刊)で深く掘り下げています>日本・ドイツの空襲と「ポピュラー・カルチャー」を考えるために…(略)… https://t.co/ep7fcmP7yI #歴史ニュース
ちなみに、柴田香奈子さんは少し前にこの研究をされています。「食に関する修道院手話「手まね」の日独比較 : 修道院食文化の言語学的アプローチ」(2013) https://t.co/aneAw6nIRs PDFはこちら。https://t.co/nl52qbwPsl
きのうの歴史学カフェで大谷さんが言及しておられた「如在之儀 」の論考がおもしろそう。ぜひ読んでみたい。:堀裕「天皇の死の歴史的位置 : 「如在之儀」を中心に」『史林』81(1)、38-69、1998 https://t.co/abVgaTKDs3
論文にまとまっていた。PDFあり。 阿河雄二郎「近世フランスにおける難破船略奪と「漂流物取得権」」 https://t.co/LrVGugVCgR
@SendaiHisCafe  レムリア祭については、小堀,馨子「古代ローマにおける死者祭祀 : レムリア(Lemuria)再考」東京大学宗教学年報 (28), 55-66, 2010 で読むことが出来る。https://t.co/3w9AbufxLh (続く
近年、オリエントの修辞技法から福音書を読み直す試みも ベイリー『中東文化の目で見たイエス』 https://t.co/fWAAEuNEAV #Se ( @sendaihiscafe live at https://t.co/OaPyMoIUhV)
マイケル・バーカン、林清彦訳、『現代アメリカの陰謀論 : 黙示録・秘密結社・ユダヤ人・異星人』三交社、2004 https://t.co/0hXyurcA5c が紹介されている。※学術書です
『理論と方法』論文ピックアップ第二回:武藤正義「僅かな利他性が導く協力の実現」( https://t.co/EBVa4mPP19 ) 世の中、みんなが「少しだけ他人に気をかけている」状態が助け合える一歩である――「囚人のジレンマ」の解決に利他性とその多様性から切り込んだ論文。
私が研究代表者になった科研費基盤研究C「『背教者』ユリアヌス像の形成とその受容」が採択されました。https://t.co/c4UbIoe5qU … 古代末期の歴史叙述の問題はもちろんですが、これで胸をはって折口信夫や大川周明とメレジコーフスキイの研究もできます。
CiNii 図書 - カルトとスピリチュアリティ : 現代日本における「救い」と「癒し」のゆくえ http://t.co/PXwZCKuq6b #CiNii
リゼット・ゲーバルト、深澤英隆・飛鳥井雅友訳『現代日本のスピリチュアリティ : 文学・思想にみる新霊性文化』岩波書店、2013 http://t.co/r92DwMToiB #CiNii 原著2001年、大江健三郎や遠藤周作の話題も。
暑さで寝られなくなったので、先日の研究会でいただいた久保田静香さんの「ラムス主義レトリックとデカルト -近世フランスにおける自由学芸改革の一側面-」を読む。『エクフラシス : ヨーロッパ文化研究』4(2014年): 60-77. http://t.co/mwSjfvtgH0
授業で小池靖さんの「ポジティブ・シンキングからニューエイジまで : ネットワーク・ダイレクトセリングと自己啓発セミナーの宗教社会学」を読みました。http://t.co/Ieo6QsKo 女性参加者が多いことの意味、彼女らの置かれている苦境をきちんと論じるべきと学生の声。
路上生活経験者の内的世界に関する心理臨床学的研究〜PDFなし:秋田大学より収集。4名のライフストーリーを詳細に書かれているのは興味深かったが、分析をもう少ししてほしいところ。着眼点は良かったが残念。http://ci.nii.ac.jp/naid/40016681746
情報感謝です!マンガ・アニメと「れきしがく」 http://t.co/anQTu3r #commu2010 RT @kunisakamoto ヘタリアについてはciniiで次の論文がヒットしますね。http://ci.nii.ac.jp/naid/40016774431

フォロー(1859ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
橋本治・橋爪大三郎『だめだし日本語論』が、ボロボロに。 >「「大所高所」論とは,個別的事柄に拘泥しすぎることなく鳥瞰的に物を見ることであって, 個別的事柄の理解の不正確さに目をつぶることではない」 https://t.co/WJrA4XnvNS
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  万歳の誕生 (近代の文法) https://t.co/vZB1ob5LvI #CiNii 読みたいorz
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @mcnang: 陳贇『「民度」: 和製漢語としての可能性』 https://t.co/UWXlkGZ7zL 論文があった。
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @BungakuReportRS: 加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs
目黒強「『少年園』における表象としての「現実」と「地方少年」」『日本文学』47(12)、1998年。https://t.co/e36gy2SgPh
ローベル・ドロールって、この著者か Delort, R., Le commerce des fourrures en Occident à la fin du Moyen Age (vers 1300- vers 1450), 2 Vol. Roma, 1978 https://t.co/AJIMEa0hoS https://t.co/JrIRsObIQ4
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
Material recently designated as a semi-rare book: Yama no sachi https://t.co/OJ5L89EtTf #ndldigital https://t.co/5HuTC4788V
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @monogragh: 今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
[RE][book] 児玉寛(2004)「(書評)守矢健一著『Kenichi Moriya, Savignys Gedanke im Recht des Besitzes』」『法制史研究』https://t.co/gFqEz0pNge 勉強になりました。
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii

3 3 3 0 OA 美的道徳

RT @earthcolor369: 鷹太郎が音楽に触れたものとしては『美的道徳』(1908年)があるけど、音楽論という感じでも、博論にしようとした内容という感じでもない。 https://t.co/gDczqLxH0j
#超算数 これも大久保さん情報のメモhttps://t.co/t7va7nlLo2 学習指導大系刊行会編『尋常小学算術科指導書』上巻 東京、帝国地方行政学会、1927年。https://t.co/ewREaMnInf 59頁に【8人×4…を4×8人でもよい訳だといふので、斯様な立式をしたりしては式の意味をなさない。 】と述べる。 https://t.co/4fA5eS7j27
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 鈴木筆太郎(1927: 302,3)https://t.co/6szXlaQX88が自身と前著(1911)について述べている。即ち、鈴木は【中等教育をすら受けてゐない】。これは最終学歴が高等小学校ということだろうか? また、前著が4人の著名な教育者から推奨を受けたことも記す。沢柳政太郎、小西重直、林鶴一だろうか。 https://t.co/R1w1vAajSC
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
@OokuboTact #超算数 それは諸等数指導の箇所、449頁でhttps://t.co/iezWHPeXB0、【 全く運算上の便宜…から出たものではあらうけれども、それでは、平生八ヶ間しく言つて教へて居る所の「乗数は必ず不名数である」…ということを、事実上破壊することになりはせぬであらうか。 】という表現です。 https://t.co/JXejvYiAMV
@OokuboTact #超算数 大久保さんが教えてくれた 鈴木筆太郎『算術教授法に関する新研究』東京、宝文館、1911年。https://t.co/W8bqplKXPQ は、22頁の【 (5) 乗数、被乗数の叙列を転倒するもの多し。   イ、5ケ×42=420ケとすべきを42×5ケ=210ケとする類。 】以外にも掛順を歴史的に理解する手がかりがあります。 https://t.co/SYMXJcHVnm
CiNii 論文 -  聖堂参事会の律修化に関する霊性と制度の接合をめぐる諸問題 https://t.co/rH7FbtLPH0 #CiNii
RT @ryhrt: 畑銀鶏って『奇獣考カマイタチ』の著者じゃん https://t.co/tkWHinBhWA
ナチスに12年間追放されて、1958年まで生きて、ドイツの学術界で「ちょっと面倒だけど話の分かるおじいちゃん」的なポジションにいたらしい(なにしろビスマルク時代から全部知ってるので説得力はあった)。 https://t.co/jkyFiZ8o4J
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…

1 1 1 0 茶道雑誌

@quiriu_pino @ino1228ss 大学図書館でも所蔵しているところがあるようです。香川大学には残念ながら当該号はなさそうですが……。 茶道雑誌 https://t.co/NxZ49KLs92
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
若いオスの個体。自分探しか?/ 河川敷沿いに来たとすると、埼玉県の荒川上流からだろうか。低山からも距離がありそうだが。参考: https://t.co/GQYEeeehhv / “東京・板橋区で鹿の目撃情報が相次ぐ 警察官が出動する騒ぎに - ライブドアニュース” https://t.co/J0d3GcplwS #シカ #■東京都
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
#こんな論文がありました pdf公開。 福江 充「越中立山と善光寺信仰-『三国名勝図絵』の記事の分析から-」 北陸大学紀要 (48), 65-75, 2020-03-31 名越朝時が出てきて不意を突かれました。 https://t.co/WOIBIQ8ZqB
RT @BungakuReportRS: 鈴木 元 - うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/DsVvTJXjNZ
RT @BungakuReportRS: 徳永 辰通 - 高等学校の教科書俳句の変遷 ー俳句史の視点から https://t.co/t2P6VUxG7D
RT @BungakuReportRS: 吉田 健一 - 初期俳諧における『論語』の摂取について https://t.co/1q45ju7dU3
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
RT @OokuboTact: @temmusu_n > 鈴木筆太郎さんの諸等数指導。ただし服部は鈴木のどの著書を見たのか明らかにしていないです。 これですね https://t.co/Io7jKjsZPI
RT @OokuboTact: @temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t…
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
藤川華子さんのこの報告、見逃していた。藤川さんは視点のあるご研究をされますね。 「1920年代における川本宇之介の純口話主義の導入と普及 : 手話排除と口話法正統化の戦略」(2004) https://t.co/tpY8H0SIT9
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
相楽勉「自然観の転換と美学受容 : 森鴎外の場合」『国際哲学研究』6、2017年3月。「文学と自然」論争にも注目。https://t.co/912VRGDmD7
小倉斉「「文学と自然」論争における鷗外:「『文学ト自然』ヲ読ム」の残した課題」『淑徳国文』25、1983年12月。https://t.co/FIPGQzs5h3
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @ryusukematsuo: 村上弘「職業としての政治学教育――民主主義,「リベラル」,アクティブ・ラーニング」『立命館法学』387・388号,623-687頁,2019年 https://t.co/SyPVpadpqE 退職記念講義の活字化.
「上野の図書館―『夢見る帝国図書館』によせて」『国立国会図書館月報』710号、2020年6月 https://t.co/GN5E2ogKfX
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
This book shows 28 kinds of mechanical dolls made during the Edo period. Find out more: https://t.co/s3ERrOzCpj #ndldigital https://t.co/j8KlJDFAI3
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @lwrdhtw: すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
PDFあり。 ⇒O.v.メレンドルフ/K.ヒムリー 細川裕史訳 「19世紀のドイツ人がみた「東洋のチェス」」 『阪南論集.人文自然科学編』55 (2020-3) https://t.co/yvD49jdwlN
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
PDFあり。 ⇒西尾浩二 「〈翻刻〉ブッセ「古代哲学史」講義(一)―清沢満之ブッセ講義自筆ノートの翻刻・翻訳」 「同 【要旨】」 『大谷大学真宗総合研究所研究紀要』37 (2020-3) https://t.co/3pIZyHx6FV https://t.co/deTX2aEOcO
#超算数 NDL電書で唯一見つかった著書 鈴木筆太郎『低学年算術新教法案』東京、モナス、1927年。https://t.co/s7LaSMk8Bo 196ページで【例へば9×2と2×9とは、その結果は勿論相等しい、けれども、_それに依つて表はされる事実_は全くちがつてゐる。】とほぼ現代と同じ用語法で掛順こだわりを主張。 https://t.co/2vhGNXUJFW
@OokuboTact #超算数 ただし、 服部睦美「算術教育史における量の問題: 目的論とのかかわりにおいて」『教授学の探究』第1号 (1983年3月)、75-94ページ。https://t.co/NzQlouukFg が別の面白い話を紹介していました。鈴木筆太郎さんの諸等数指導。ただし服部は鈴木のどの著書を見たのか明らかにしていないです。 https://t.co/fCilRMFPgA
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY…
@OokuboTact #超算数 と述べ、#掛算 の式の意味は被乗数×乗数=積と暗黙に前提していますhttps://t.co/frFjdCengF。
CiNii 論文 -  新約聖書に収納された「ピレモンへの手紙」にみられる裏返し構造 https://t.co/U2Gd3M4YMe #CiNii
#こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY2cENPK
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
RT @kamo_hiroyasu: 「一方, ひとつの標準的な読み方が教育行政によって強要されることによって, テクノロジーを含めた日本の数学的文化活動が貧弱なものになる可能性もまた考慮しなければならないと考える。」わかっていらっしゃる。 https://t.co/6ottC…
神経回路学会における「在野研究者」「企業研究者」の取り組み/ふむ。 https://t.co/Jjbit4WSHK
RT @hattan02: 人文社会科学が科学技術イノベーション政策、Society5.0に取り込まれていく過程も含め、近年の「リベラルアーツ」にまつわる言説を整理しました。社会的要請の「社会的」とはいかなる意味で用いられてきたか。 「日本におけるリベラルアーツ言説の展開」(2…
RT @hattan02: 人文社会科学が科学技術イノベーション政策、Society5.0に取り込まれていく過程も含め、近年の「リベラルアーツ」にまつわる言説を整理しました。社会的要請の「社会的」とはいかなる意味で用いられてきたか。 「日本におけるリベラルアーツ言説の展開」(2…
@hammalbasi これですか。去年ながらかなり面白そうなテーマですね。是非読んでみようと思います。ご教示深謝です。 https://t.co/oq1zkAOU7O
RT @archivist_kyoto: こういう知見大事。作った側の思いとか関係ない「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 / “映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析” https://t.co/Yv433…
RT @mori_ful: 大嶽秀夫『平成政治史』はなかなか微妙な予感……。むしろ冒頭で参照している、「日本政治と政治学の転換点としての一九七五年」(2007)のほうが面白そう。 https://t.co/0nYdUuuMwM
RT @OokuboTact: #超算数  #掛け算順序固定指導 大正15年(1926年) 『最新算術学習指導法』塚本清 https://t.co/KmNVilj5qb https://t.co/HCtMEATcoZ
@OokuboTact #超算数 【初めの数を被乗数、後の整数を乗数といひ、求め得たる結果を此の二数の積といふ。】https://t.co/T4pLGggpL4とあるので、5×3=5×3は乗数であったものを被乗数に、被乗数であったものを乗数に変えるという話なのでしょう。名数×名数だけを禁じるなら、大久保さんの解釈も成り立つでしょうが。
RT @NIJL_collectors: [ミニtips⑤]読めないときは、偏旁冠脚の位置を動かして眺めよう。 ついつい楷書の書体でのみ考えようとすると、篆書体が読めなくなります。 添付画像、過去ツイートで使った印影ですが、青四角は2つとも「秋」、緑四角は共に「軒」。後者は特に…
RT @takusansu: @OokuboTact @temmusu_n 小学校算数における科学的数学教育再編のために 発行日:2005年 公開日:2020年05月29日 https://t.co/GReLAnT7fD 横地清氏の事等、興味があるかなと思ったのでお知らせして…
屋木瑞穂「『女学雑誌』を視座とした明治22年の文学論争ー女子教育界のモラル腐敗をめぐる同時代言説との交錯」『近代文学試論』35、1997年12月。https://t.co/QKndWl9X6p

8 8 8 0 IR 橘耕斎伝

RT @zasetsushirazu: 明治18年5月31日、橘耕斎が死去。幕末期にロシア使節プチャーチンが来日した際、密出国してロシア政府に仕えた。福沢諭吉が参加した文久遣欧使節団など、日本使節がロシアを訪問した際には、影で接待を取り仕切った。中村喜和「橘耕斎伝」(『一橋論叢…
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
こういう知見大事。作った側の思いとか関係ない「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 / “映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析” https://t.co/Yv4337GK8U #大学
山口達也「宇宙物体の領空通過権に関する法的論考 : 海洋法の類推を手掛かりとして」(『立命館国際研究』、立命館学術成果リポジトリ) https://t.co/uFpcYIyLfk
これも。 「宇宙科学技術の社会的インパクトと社会的課題に関する学際的研究」 https://t.co/8ycBh68lrI
科研費の研究成果報告書がヒットしたのだけど、この研究、なかなか興味深そうだ。 「宇宙飛行のテレビイメージ——1960年代のソ連における生中継プロパガンダ」 https://t.co/IMtLFe5C8q
で、書いてもらった。CiNii 論文 -  書評 松沢裕作著『明治地方自治体制の起源 : 近世社会の危機と制度変容』 https://t.co/IWvVmNLjpe #CiNii

フォロワー(3368ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  万歳の誕生 (近代の文法) https://t.co/vZB1ob5LvI #CiNii 読みたいorz
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @mcnang: 陳贇『「民度」: 和製漢語としての可能性』 https://t.co/UWXlkGZ7zL 論文があった。
CiNii 論文 -  エピクロス論--エピクロスとナウシパネス https://t.co/Pf8V2xObfM #CiNii
目黒強「『少年園』における表象としての「現実」と「地方少年」」『日本文学』47(12)、1998年。https://t.co/e36gy2SgPh
RT @LibraryPhilo: 第4分冊 古代原子論の系譜 第2部 BC.6~5の哲学者(レウキッポス;デモクリトス;ネッサス;キオスのメトロドロス;スミュルナのディオゲネス;アナクサルコス;アブデラのヘカタイオス;アポロドロス;ナウシパネス;ディオティモス;アブデラのビオ…
ローベル・ドロールって、この著者か Delort, R., Le commerce des fourrures en Occident à la fin du Moyen Age (vers 1300- vers 1450), 2 Vol. Roma, 1978 https://t.co/AJIMEa0hoS https://t.co/JrIRsObIQ4
RT @e_ikuon: 教えていただいたこちらの論文(埼玉沖積層研究G 2016 https://t.co/iaNLavEkoj)では、元荒川の台地横断部分も自然流路として扱っているようです。古墳時代後期の利根川流路ということなので、天王山塚古墳の角閃石安山岩の輸送ルートとし…
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
RT @Historian_nomad: なんか今頃拡散されてるので参考文献はっときますね https://t.co/PPc4yrl3cz
小川豊生「三界を建立する神 : 中世日本における危機の神学」2006年 https://t.co/xykG59aazw
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @monogragh: 今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @monogragh: 今日読んだ論文。こういうアプローチもあるのだなと勉強になりました。 石井要「教科書の中の丸山眞男 : 「「である」ことと「する」こと」の教材観史」(2017) https://t.co/RiqwZ1sO13 #CiNii
[RE][book] 児玉寛(2004)「(書評)守矢健一著『Kenichi Moriya, Savignys Gedanke im Recht des Besitzes』」『法制史研究』https://t.co/gFqEz0pNge 勉強になりました。
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @iwaokimura: 昨年の第25回整数論サマースクール「楕円曲線とモジュラー形式の計算」報告集の電子版です: https://t.co/jiajAL3LQ8
今野元「ハンス=ウルリヒ・ヴェーラーと「批判的」ナショナリズム分析(1)」 https://t.co/lcMTJ2ojsZ
CiNii 論文 -  聖堂参事会の律修化に関する霊性と制度の接合をめぐる諸問題 https://t.co/rH7FbtLPH0 #CiNii
RT @lematin: ナチスに12年間追放されて、1958年まで生きて、ドイツの学術界で「ちょっと面倒だけど話の分かるおじいちゃん」的なポジションにいたらしい(なにしろビスマルク時代から全部知ってるので説得力はあった)。 https://t.co/jkyFiZ8o4J
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
第4分冊 古代原子論の系譜 第2部 BC.6~5の哲学者(レウキッポス;デモクリトス;ネッサス;キオスのメトロドロス;スミュルナのディオゲネス;アナクサルコス;アブデラのヘカタイオス;アポロドロス;ナウシパネス;ディオティモス;アブデラのビオン;ボロス)https://t.co/M9VTIoP2l8 #CiNii
RT @sakamotoharuya: 関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/…
RT @NahokoTokuyama: 人工保育となったチンパンジーを群れに戻す試みいくつか https://t.co/UZf3UcepuN https://t.co/P8TstXcuaE https://t.co/fT2VOuoW5o
RT @NahokoTokuyama: いくつか資料をご紹介しておきます。 研究者からの提言(2006年から4回提言を提出)https://t.co/M4GpUDscbL 映像のパンくんの表情、しぐさを分析した論文 松阪崇久2018「ショーやテレビに出演するチンパンジー・パ…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…

6 6 6 0 OA 房玄について

RT @washou3956: PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @Konan49947875: ぐっちーや私の高校同級生の論文。感染症でなく統計数理の専門家の新型コロナ分析で、東京の今日の状況と符号します。近々テレビに出るそうです。 https://t.co/JMhW7kx4Ja
RT @tcv2catnap: ご参考 「革新自治体の終焉と政策変化」https://t.co/Zd4Jl451ZU 実は開発政策(インフラ・産業)で革新首長がやらないというのは私も思ってましたが議会要因でした。議会拮抗の場合は開発政策やるんです。再分配政策は当然革新系が保守系…

1 1 1 0 茶道雑誌

@quiriu_pino @ino1228ss 大学図書館でも所蔵しているところがあるようです。香川大学には残念ながら当該号はなさそうですが……。 茶道雑誌 https://t.co/NxZ49KLs92
いやあ、かんさんのツイキャス楽しかったな!https://t.co/cIRy6y5DpD 「戦前期『主婦之友』における職業婦人イメージの形成と変容:「職業婦人」と「主婦」イメージの接続」 https://t.co/l3KFwIBYiP という論文を紹介してくださいました。職業婦人観が変わりますぜ!お暇な折にでもぜひどうぞ!
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
CiNii 論文 -  『おそ松さん』にみるクィア性 : 性愛と「自立した男性」からの逸脱 https://t.co/HHiqrG4HLT #CiNii おもしろそう。
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
若いオスの個体。自分探しか?/ 河川敷沿いに来たとすると、埼玉県の荒川上流からだろうか。低山からも距離がありそうだが。参考: https://t.co/GQYEeeehhv / “東京・板橋区で鹿の目撃情報が相次ぐ 警察官が出動する騒ぎに - ライブドアニュース” https://t.co/J0d3GcplwS #シカ #■東京都
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
#こんな論文がありました pdf公開。 福江 充「越中立山と善光寺信仰-『三国名勝図絵』の記事の分析から-」 北陸大学紀要 (48), 65-75, 2020-03-31 名越朝時が出てきて不意を突かれました。 https://t.co/WOIBIQ8ZqB
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @nknatane: https://t.co/7az4hEjsjs 今谷明「戦国時代の社会」(『中世文学』41、1996)。これは明応の政変関係だけど、家永説が出た直後の今谷氏の発言がある。このころ今谷氏は80年代にまとめた、畿内政治史・守護研究から関心を移しているので…
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
藤川華子さんのこの報告、見逃していた。藤川さんは視点のあるご研究をされますね。 「1920年代における川本宇之介の純口話主義の導入と普及 : 手話排除と口話法正統化の戦略」(2004) https://t.co/tpY8H0SIT9
RT @_2F_1: 楕円曲線を用いた鍵の共有にも色々あるのだという事実を得た。でも楕円曲線は分からん。 https://t.co/A4LbjrT8gj
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
相楽勉「自然観の転換と美学受容 : 森鴎外の場合」『国際哲学研究』6、2017年3月。「文学と自然」論争にも注目。https://t.co/912VRGDmD7
小倉斉「「文学と自然」論争における鷗外:「『文学ト自然』ヲ読ム」の残した課題」『淑徳国文』25、1983年12月。https://t.co/FIPGQzs5h3
CiNii 論文 -  ピュロンとインド思想 https://t.co/A6Cwn7vkta #CiNii
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
CiNii 論文 -  著名哲学者の生涯と見解(パルメデス,メリッソス,エレアのゼノン,レウキッポス,デモクリトス,プロタゴラス,アポロニアのディオゲネス,アナクサルコス) https://t.co/zFUSAYHROM #CiNii
CiNii 論文 -  アブデラのアナクサルコス(Demokriteer考-2-) https://t.co/l7rlSm7QG1 #CiNii
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @ryusukematsuo: 村上弘「職業としての政治学教育――民主主義,「リベラル」,アクティブ・ラーニング」『立命館法学』387・388号,623-687頁,2019年 https://t.co/SyPVpadpqE 退職記念講義の活字化.
「上野の図書館―『夢見る帝国図書館』によせて」『国立国会図書館月報』710号、2020年6月 https://t.co/GN5E2ogKfX
大隈和雄「日本中世思想史への歩み」2019年 https://t.co/m4MyCpLsRE
谷口忠大著『賀茂川コミュニケーション塾』が 『情報の科学と技術』70 巻 (2020) 3 号 で紹介されました。 評者は、クラリベイト・アナリティクスの野村紀匡さんです。 詳しく概要を説明して、書評を書いていただき、ありがとうございます。 https://t.co/n4nuXW3Ot2
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒マルコ・ベッラバルバ/佐藤公美訳 「翻訳 新たな空間の創造-近世ティロルとオーストリアの貴族-」 『甲南大學紀要.文学編』170 (2020-3) https://t.co/39LQFL2Rra
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
RT @lwrdhtw: すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
RT @lwrdhtw: すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
RT @rin9yuu: 山﨑善弘「近世地域社会論の動向と課題―個別性の把握と一般化・普遍化の両立に向けて―」(『東京未来大学研究紀要』第14号、2020年、221-231頁)のPDFが公開されていた。 https://t.co/R1DZHvE3Ki
CiNii 論文 -  新約聖書に収納された「ピレモンへの手紙」にみられる裏返し構造 https://t.co/U2Gd3M4YMe #CiNii
日本国憲法で革命権や抵抗権にあたるものはないかと調べてみた所、田畑忍氏の「抵抗権と抵抗義務」という論考を見つけた。これによれば革命権は存在しないものの抵抗権にあたるものは基本的人権に内包するものとして存在する。我が国の憲法が近代法の延長にあるなら当然か。 https://t.co/6BDgB1KqFi
#こんな論文がありました pdf公開。自伝的内容です。 大隅 和雄「日本中世思想史への歩み」 東京女子大学比較文化研究所附置丸山眞男記念比較思想研究センター報告 (14), 80-85, 2019-03-22 https://t.co/kPEY2cENPK
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
RT @lunaticprophecy: こういう、日本はおろかオランダやインドネシアにさえ長いあいだ捨て置かれたままの戦争被害も存在することを知っておきたい(論文の上梓から28年経つが、その後何らかの補償が行われたのかどうか) CiNii 論文 - 日本軍によるババル島住…
CiNii 論文 -  キオスのメトロドロスの自然観(Demokriteer考-1-) https://t.co/epxjb670vv #CiNii
【※先程のはてブ連携ツイ】https://t.co/CRD8WaE2cx 現代<在>史の問題の一つが、長い期間で論ずることもできるということだと思う。 / 1件のコメント https://t.co/t2z1OXEPK5 “福岡大学研究者情報 ( 人文学部  歴史学科  教授  星乃 治彦 )” (1 user) https://t.co/wxavWNo9UN
神経回路学会における「在野研究者」「企業研究者」の取り組み/ふむ。 https://t.co/Jjbit4WSHK
RT @hattan02: 人文社会科学が科学技術イノベーション政策、Society5.0に取り込まれていく過程も含め、近年の「リベラルアーツ」にまつわる言説を整理しました。社会的要請の「社会的」とはいかなる意味で用いられてきたか。 「日本におけるリベラルアーツ言説の展開」(2…
RT @hattan02: 人文社会科学が科学技術イノベーション政策、Society5.0に取り込まれていく過程も含め、近年の「リベラルアーツ」にまつわる言説を整理しました。社会的要請の「社会的」とはいかなる意味で用いられてきたか。 「日本におけるリベラルアーツ言説の展開」(2…
@hammalbasi これですか。去年ながらかなり面白そうなテーマですね。是非読んでみようと思います。ご教示深謝です。 https://t.co/oq1zkAOU7O
RT @archivist_kyoto: こういう知見大事。作った側の思いとか関係ない「理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えないということが明らかになった」 / “映像コンテンツの高速提示による学習効果の分析” https://t.co/Yv433…
RT @mori_ful: 大嶽秀夫『平成政治史』はなかなか微妙な予感……。むしろ冒頭で参照している、「日本政治と政治学の転換点としての一九七五年」(2007)のほうが面白そう。 https://t.co/0nYdUuuMwM
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
RT @nknatane: 村瀬貴則『南北朝内乱における寺院軍事活動の研究』(名古屋大学博士論文、2019)https://t.co/zC9RPRHthC 要旨などを公開している。
RT @NIJL_collectors: [ミニtips⑤]読めないときは、偏旁冠脚の位置を動かして眺めよう。 ついつい楷書の書体でのみ考えようとすると、篆書体が読めなくなります。 添付画像、過去ツイートで使った印影ですが、青四角は2つとも「秋」、緑四角は共に「軒」。後者は特に…
«最近では、「アテルイの「首塚」と牧野阪古墳 https://t.co/X3vHYO2qCy」という小文で、ツイッターと歴史学の関係について思うところを述べてみました。… https://t.co/fDTLMlORY6
屋木瑞穂「『女学雑誌』を視座とした明治22年の文学論争ー女子教育界のモラル腐敗をめぐる同時代言説との交錯」『近代文学試論』35、1997年12月。https://t.co/QKndWl9X6p
RT @LibraryPhilo: 第4分冊 古代原子論の系譜 第2部 BC.6~5の哲学者(レウキッポス;デモクリトス;ネッサス;キオスのメトロドロス;スミュルナのディオゲネス;アナクサルコス;アブデラのヘカタイオス;アポロドロス;ナウシパネス;ディオティモス;アブデラのビオ…

8 8 8 0 IR 橘耕斎伝

RT @zasetsushirazu: 明治18年5月31日、橘耕斎が死去。幕末期にロシア使節プチャーチンが来日した際、密出国してロシア政府に仕えた。福沢諭吉が参加した文久遣欧使節団など、日本使節がロシアを訪問した際には、影で接待を取り仕切った。中村喜和「橘耕斎伝」(『一橋論叢…