永本哲也@『ミュンスター宗教改革』発売 (@saisenreiha)

投稿一覧(最新100件)

RT @k_tairiku: 防衛白書の地図問題、専門家の間で有名でした。昨年も論文でこれだけ指摘されています。 https://t.co/giDWsDG367 https://t.co/tYBIzKpWpQ
RT @norionakatsuji: 日本の科学の状況報告書:惨憺たる現状及び原因の失策が明瞭。「特定分野・特定グループへの集中が進んで」「社会ニーズを満たす(役に立 つ)研究や成果がすぐに見える研究に偏って」「選択と集中が過度」「日本の基礎研究は全ての分野・レベルにおいて急…
CiNii 論文 -  第四ラテラノ公会議(1215年)決議文翻訳 https://t.co/y5fO1DzdMJ #CiNii
教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム… https://t.co/iKZzkYeD41
教会巡察記録は、各地域の聖職者や信徒の信仰のあり方の一端を垣間見ることができる面白い史料で、日本でも井上智也がニュルンベルク https://t.co/a8D0oU40MH 、岩倉依子がウルム… https://t.co/iKZzkYeD41
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 日本語で読める彼の業績は少ないが、貴重な講演翻訳として「システムとしてのローマ帝国」 https://t.co/5KvfknQiFl と「紀元66年、132年のユダヤ人反乱とローマ帝国」https://t.co/zj5q6dEcp7 があ…
RT @shunsukekosaka: 「民主政ローマ」論についてはこちらの有益な研究動向サーベイがある。共和政ローマ史研究者の参照必須文献。https://t.co/Il18LcphDB
RT @heero108: 永岑三千輝「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938:最近の史料集による検証」『横浜市立大学論叢 社会科学系列』70巻2号(2019年)193-227頁(https://t.co/I7xixVS3Ur)読了。最新の史料集であるVEJ(ht…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒ゴティエ・アルバン/井上みどり訳/小澤実解説 「シャルルマーニュの食卓にて : カロリング期ヨーロッパにおける飲食」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/JBtac2HtxP
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大谷哲 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信 : 「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/GuhzClYH6q
RT @ikosado: 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信ー「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 https://t.co/VGqfeaPus5 読んだ。
RT @kakoi4: 山田淳平「近世武家雅楽の普及と展開」( https://t.co/kqCgkDJp5m)、「佐賀藩における雅楽文化の展開」( https://t.co/9iPwwRuGiK)。以上日本近世(135頁)。中国、五代・宋・元から(224頁)、松浦晶子「宋代宮…
RT @kakoi4: 山田淳平「近世武家雅楽の普及と展開」( https://t.co/kqCgkDJp5m)、「佐賀藩における雅楽文化の展開」( https://t.co/9iPwwRuGiK)。以上日本近世(135頁)。中国、五代・宋・元から(224頁)、松浦晶子「宋代宮…
RT @SendaiHisCafe: 『君の名は』がテレビ放映されたこのときに、多くの人に届いて欲しい。時空を隔てた大切な人に起こったことを、人はどうやって知るのだろうか。 人と人のつながりに横たわる歴史の手繰り方にまつわる秀逸な一文。 松原宏之「人は「歴史する」、ゲームで…
ようやく『史学雑誌』「回顧と展望」の号が届いた。大変ありがたいことに、「ヨーロッパ近代一般」で宗教改革の研究動向論文「拡散と収束」https://t.co/rzy1nfsMWo 「近代ドイツ・スイス・ネーデルラント」で拙著『ミュン… https://t.co/00EmzKFfJR
RT @call_of_history: やはり「島ケルト」についてもまとめなければいけませんね・・・と思いつつ言及すべきハードルの高さにしり込みしている今日この頃ではあります。この論文読むだけでも大分イメージ変わるのでお勧めです。 田中美穂『「島のケルト」再考』2002 h…
RT @nob_de: 新書からナチ社会について学びたい方、よければ読んでください。DMか@をいただければ…。もちろん『歴史評論』を手にしてもらえると嬉しい>石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』 : 新書がつなぐ「ナチズムやヒトラー」をめぐる研究・教育・教養 (特集 新書から広が…
宗教改革期に宣教が実際にどのように行われ、どんな効果を上げたかは、史料に残りにくくなかなか分からないのだが、再洗礼派の審問記録はその一端を知ることが出来る貴重な史料。ということで、科研費に関わる研究を、地道に進めている。https://t.co/4yBLorAGpF
RT @schembart10: 早稲田大学のリポジトリからもダウンロード可能となってました! https://t.co/8siYwnfWma
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @kunisakamoto: ラトキン博士の研究のダイジェスト版は、なんと日本語で読むことができます。 H. ダレル・ラトキン「ヨーロッパ史のなかの占星術:中世・ルネサンスから近代へ」『史苑』74巻2号、176–207ページ(ダウンロード可能)。 https://t.co…
RT @adamtakahashi: 紀要論文ですが、アヴェロエスの知性論の概要を示した論文が公開されました。彼の知性論の内容を簡潔にまとめた邦語の論文は、意外にこれまでなかったので、その点に限り有益かもしれません。「アヴェロエス「知性論」の基本原理」(https://t.co…
RT @tricycler: 鈴木寛「Google Classroom でできること」『八戸工業大学紀要』35 (2016) https://t.co/GB4OPqh2WU 2016年のものだが古びていない(cf. mobile app はこの時点ではまだだったか)。公式ヘル…
CiNii 論文 -  受難劇vs.聖体祭劇--「イエス・キリストの受難」を巡る表現と受容に関する一考察 (特集 第二回大会シンポジウム「メディアと社会」) https://t.co/A3ETLf6t6L #CiNii
RT @morita11: "CiNii 論文 -  13世紀半ばにおける奇跡の記録の形態 : 聖エドマンドの奇跡関連史料をめぐって" https://t.co/ZZ1P7PEdcR ※本文リンクあり
大塚清恵さんは、『日本人とユダヤ人の歴史 : 奇跡の島国、日本』という本も出版しているが、奇しくも私が非常勤をしている東海大学、獨協大学両方の図書館に収められているようだ。https://t.co/vCItStaRfI

5 0 0 0 OA 討論のまとめ

RT @yusaku_matsu: 尾上 雅信「 討論のまとめ」 https://t.co/eFSk4h0jZx
RT @yusaku_matsu: 柏木 敦 歴史研究の「意義」の在処 https://t.co/TbUvT2y8RU
RT @yusaku_matsu: 金 凡性「役に立たないもの」の存在価値 ―科学史の価値をめぐって―  https://t.co/4R2vtrQza7

5 0 0 0 OA 経済史の役割

RT @yusaku_matsu: 山本 千映「経済史の役割」 https://t.co/cnMxD9MJA8
RT @yusaku_matsu: 小田川大典「戦後日本における歴史的政治学の展開 」https://t.co/X4MGcJTxZz

7 0 0 0 OA 2014年学界展望

RT @odg1967: J-Stage で閲覧できるのが年報政治学の強みか。日本政治学会文献委員会「2014年学界展望」 https://t.co/7m0lI1nWTR
RT @pvvbzROgo32zWXo: ちなみに仁藤氏の講演趣旨はだいたいここで読める。https://t.co/lARkMCl04R 笑いのつぼが弊アカウントと似ている人はぜひ読んでほしい。『日本研究』呼んで爆笑することはもう二度と無いに思う。
忙しくて HZ や ZHF をチェックしていなかったのだが失敗した。昨年宗教改革の研究動向論文「拡散と収束 : 複数形,長期,グローバルな観点による宗教改革像の黎明」https://t.co/rzy1nfsMWo を書いたのだが、… https://t.co/MaKydcUvI0
RT @nob_de: CiNiiに出てました。力作なので、ぜひ(公開は2年後?ですが、もしご関心あればご連絡を)>「想像の場」としてのインゴルシュタット : 『フランケンシュタイン』を生んだ科学と想像の場 (特集 フィクションとテクノロジー) https://t.co/MCk…
RT @takuya1975: 伊豆田俊輔さんによる、川越修・河合信晴編『歴史としての社会主義』書評。https://t.co/EoQAGaTMje 研究史が、①全体主義論→②壁龕社会論(独裁にも限界がある)→③ミクロな視点から見る日常社会史と来て、それが終わると④方法論の多様…
RT @schembart10: 踊編『記憶と忘却のドイツ宗教改革』には、野々瀬先生による『史学雑誌』上での書評もありますので、それと合わせて読んでいただければ幸いです。野々瀬先生のほうが、専門がドンピシャなぶん、辛めな評価となっている印象です。https://t.co/Qp7…
RT @kunisakamoto: 訳者の田口先生からいただいた。これ、とても重要なのではないか。 フランク・レックスロート「学問の身体と精神 1070年ごろ以降の初期スコラ学の学校についての観察」田口正樹訳『北大法学論集』69巻5号、2019年。 https://t.co/7…
RT @nolnolnol: これは未だにDLできないのか。CiNii 論文 -  グレゴリウス改革の研究に関する覚え書き--野口洋二著「グレゴリウス改革の研究」を読んで https://t.co/OriTXnlkou #CiNii

15 0 0 0 老人の歴史

RT @shunsukekosaka: これは知らなかった。古代から現代までのヨーロッパ世界における「老い」がテーマの概説。第ニ章「古代ギリシャ・ローマ」は文献史料の引用に加え図版も豊富だし、著者も古代ローマのライフコースの専門家なので信頼できるだろう。パット・セイン編『老人の…
RT @mshin0621: 拙稿「江戸前期における道統と華夷、神儒――神代上古の叙述に着目して――」を早稲田大学リポジトリに登録だん。これでそのうちCiNiiにも反映される。/ 早稲田大学リポジトリ https://t.co/6BYGfF5UF0
CiNii 論文 - ラトキン H. ダレル ヨーロッパ史のなかの占星術 : 中世・ルネサンスから近代へ https://t.co/q1sQGYX4or #CiNii
CiNii 論文 -  森田安一 宗教改革期の占星術 : 一五二四年の大会合へ向けて https://t.co/kDvFUaLmuy #CiNii
CiNii 論文 - 芦名定道 近代/ポスト近代とキリスト教 : グローバル化と多元化 https://t.co/4bZlF9DlFz #CiNii
CiNii 論文 - 芦名定道 現代キリスト教思想と宗教批判 : 合理性の問題を中心に(<特集>宗教批判の諸相) https://t.co/q7Wovx3qSL #CiNii
CiNii 論文 - 伊達聖伸 ライシテは市民宗教か https://t.co/0uwqwAYxSN #CiNii
CiNii 論文 - 望月秀人  複合国家論の射程 ~近世北西ドイツ・ニーダーライン地方の事例~ (1) https://t.co/cMGk8r9A7N #CiNii
CiNii 論文 -  早川朝子 ニュルンベルク市当局の再洗礼派理解と市の平和(第二部)(魚住昌良・斯波義信両教授記念号)(都市と平和) https://t.co/ceVhFRbijg #CiNii
CiNii 論文 - 池田利昭  ヴェストファーレン条約以降の帝国都市と帝国宮内法院 : トーマス・ラウの業績から https://t.co/A3djFDxwqP #CiNii
CiNii 論文 - 山本信太郎 エドワード六世治世初年のロンドンにおけるフランス国王フランソワ一世の葬儀 https://t.co/aYbLxTsBbC #CiNii
ちなみに『記憶と忘却のドイツ宗教改革』と野々瀬先生の書評で説明されていないけど前提となっている近年の宗教改革研究の動向は、拙稿「拡散と収束 : 複数形,長期,グローバルな観点による宗教改革像の黎明」『歴史学研究』2018年10月… https://t.co/0RqrNpoR5e
中世から1871年までのドイツにおけるユダヤ人の地位の変化を概観できる。 長沼宗昭「ドイツにおけるユダヤ人解放の過程1~2」『桜文論叢』2006年・2007年 https://t.co/i45qhUzkm2 https://t.co/LUWI1vOW7x
中世から1871年までのドイツにおけるユダヤ人の地位の変化を概観できる。 長沼宗昭「ドイツにおけるユダヤ人解放の過程1~2」『桜文論叢』2006年・2007年 https://t.co/i45qhUzkm2 https://t.co/LUWI1vOW7x
小山哲『ワルシャワ連盟協約(1573年)』東洋書店、2013年 ポーランド・リトアニア共和国における宗教敵平和や自由を定めた協約の翻訳と解説。ポーランド史史料叢書の2巻で、ポーランド広報文化センターの助成で出版されたとのこと。https://t.co/ynKo9JTojQ
RT @nolnolnol: CiNii 論文 -  翻訳 米国オカルティズムと日本仏教 : A. J. ・ エドマンズと鈴木大拙、そしてトランスロカティヴな歴史叙述 https://t.co/i1GIOqyW1x #CiNii
Ethan Shagan, The Birth of Modern Belief https://t.co/lN4GLqtCMB は、ARG 2017年号の論文 https://t.co/yXJLVf7FIY で本人が予告していた… https://t.co/4PMSq1BsMu
シャルルマーニュがトレンドに上がっていたのでどうしたのかと思ったら、FGO だったようだ。時間が掛かりそうなのでやってないのだが、松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」でも言及されていたし、どんなものか知るために少し触… https://t.co/MXNNNLTC7Y
RT @ursus21627082: CiNii 論文 -  エピファニオスのオリゲネス批判--『パナリオン』64の伝記的記述の検討を中心に https://t.co/2rlSer4LGG #CiNii
RT @odg1967: 後日談。「2000年度政治思想学会研究会の報告と議論の要旨、創刊号掲載座談会に関する批判と応答」 https://t.co/E1hGM4INOb
RT @odg1967: 昔、ごく一部で話題になった座談会「日本における西洋政治思想研究の現状と課題」。 https://t.co/GZXynkmT4b
RT @mittsko: これは、碧海寿広先生の論文を紹介した記事でした。その元論文はこちらからダウンロードできます(*´ω`*)  ↓ CiNii 論文 - 哲学から体験へ : 近角常観の宗教思想 https://t.co/3v96NAnIgg #CiNii
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
大学図書館だと、ありがたいことに38館に入れていただいたようです。https://t.co/tLvokWm3XB
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
RT @shunsukekosaka: おそらく私家版だと思われるが、家入先生がナジアンゾスのグレゴリオスの著作をどんどん翻訳しているようだ。詩集だけは以前に取り寄せて拝読した。意義ある訳業だと思う。 https://t.co/tO6jGtP0BA https://t.co/…
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd
西欧中世における反イスラーム論 : 極めて困難な相互理解 : ラモン・マルティの事例を中心に〔ジュゼップ・エルナンド(バルセロナ大学)〕上 https://t.co/USuCXDlu5V 中… https://t.co/VG8oyIg3rd
RT @okisayaka: ↓人文系で著書が大事な件については京大のC-PIERの過去の調査や今の調査にはっきり出てるのだが、結果が閲覧しづらいですね。 https://t.co/6DQWM6Wgmb 著書を評価するための国外の取り組み含めた全容については標葉隆馬 さんのこち…
RT @shunsukekosaka: 戸田聡先生によるマニ教超重要史料の翻訳。北海道大学のリポジトリからダウンロード可。CiNii 論文 -  マニ教資料翻訳集成(2) : ケルン・マニ・コーデックス https://t.co/gES7dcA5xr #CiNii
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @schembart10: 科研費・若手研究(2018年4月〜) 渡邉裕一「帝国都市アウクスブルクにおける水の利用と管理―給水システム、河川利用、水の記憶―」に関する研究成果の一部です(実際は現段階の構想を聞いてもらい、いろいろアドバイスをいただきました)。https:/…
コンスタンティヌス帝が、ローマ教皇に教会での首位権や西方での支配権を与えたとする有名な偽文書「コンスタンティヌス帝の寄進状」が、宮松浩憲によって全訳されていた。pdf で読める。https://t.co/TQwEG2KS9l
RT @hayakawa2600: 「まずは、簡略ではあるが、歴史学研究会と「新しい教科書をつくる会」の設立の概要から説明していきたい」からはじまる文章に噴飯。この二つを並列に並べられる大学の紀要論文があるとは驚愕:長谷亮介/戦後歴史学と自由主義史観――近現代史を巡る歴史像の違…
岡崎勝世「日本における世界史教育の歴史(I - 1) : 「普遍史型万国史」の時代」https://t.co/YnmLTVnAB7 (I - 2) : 「文明史型万国史」の時代 1.… https://t.co/siTNSe1gde
岡崎勝世「日本における世界史教育の歴史(I - 1) : 「普遍史型万国史」の時代」https://t.co/YnmLTVnAB7 (I - 2) : 「文明史型万国史」の時代 1.… https://t.co/siTNSe1gde
RT @nolnolnol: CiNii 論文 -  History of Intellectual Relations between Africa and Japan During the Interwar Period as Seen Through Takehiko K…
RT @saisenreiha: 『ミュンスター宗教改革-1525-34年反教権主義的騒擾、宗教改革・再洗礼派運動の全体像』、大変ありがたいことに、現在12の大学図書館に入れていただいています。ちょっと読んでみたいという方は、ぜひ自分の大学や自治体の図書館にリクエストを出してみ…
『ミュンスター宗教改革-1525-34年反教権主義的騒擾、宗教改革・再洗礼派運動の全体像』、大変ありがたいことに、現在12の大学図書館に入れていただいています。ちょっと読んでみたいという方は、ぜひ自分の大学や自治体の図書館にリクエ… https://t.co/YuOzeFKmvp
石坂尚武, „ルネサンス人文主義教皇と改革問題“, ルネサンス研究, Nr. 3 (1996): 27–76. https://t.co/V83Q12ex9G
坂野 正則 「16世紀後半におけるフランス寛容王令とローマ教皇庁 : 近年の研究から」https://t.co/GiPKgRjIOG
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
RT @quiriu_pino: 分析の元となるのは、サティアンが取り壊されるときに(なんの権限かわからないが)収集された膨大な内部資料。宗教情報リサーチセンター(RIRC)のプロジェクトによって整理され、本書に結実している。ここらへんの書評も参照。 https://t.co/…
RT @ursus21627082: 「メトディオス一代記」も翻訳されております。ありがたやありがたや https://t.co/EWbcXpFcxW
RT @ursus21627082: キリル文字を作ったと伝承されるコンスタンティノス・キュリロスについての伝記史料は「コンスタンティノス一代記」としてciniiに翻訳が上がっている。その存在を知ったときは訳者に大変感謝したものであった。 https://t.co/UVvEv6…
RT @zasetsushirazu: 『史学雑誌』の「回顧と展望」号が出たらしい。自分の関心ある分野で、前年にどんな研究書や論文が出ていたか概観する上で有用。ちなみに、古い号はネットに公開されているものもある。 CiNii 論文 -  二 幕末・維新期(近現代,日本,二〇一…
@Cristoforou 存在は知ってましたが、見たことはないです。私はほとんど見たり読んだりしたことはないのですが、ミュンスター再洗礼派に関する戯曲とか小説はたくさんあるようです。https://t.co/buK918WBh5 https://t.co/nZLbrFqA4m
RT @SendaiHisCafe: 哲学者アリストテレスも美女の魅惑には勝てず、馬乗りになって鞭打たれることすら受け入れてしまった、という逸話は中世ヨーロッパに流布していましたが、その起源を探る論文がこちら。 https://t.co/0KVckR50kT
RT @monogragh: 苗村弘太郎「歴史学における状況証拠による推論はいかなる時に信頼できるのか」(2018)https://t.co/oXY7Inr4If "…歴史研究者がどのような推論をしているのかという問題は哲学者も歴史家も見逃してきた問題である。"
RT @quiriu_pino: 自分的にかなりびっくりしたのはコレ 戦後歴史学の史学史的研究―日本中世史研究の政治的性格を中心に―●呉座 勇一 国際日本文化研究センター, 大学共同利用機関等の部局等, 助教 (50642005)/若手研究 https://t.co/lVlJ…
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  古代末期とは何か? : 現時点でその研究状況をふりかえる https://t.co/M6USgWkVti #CiNii
RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクション、図書、古典籍等約5,800点を新規追加 https://t.co/2tZlEAG5AL 。江戸時代の行商人の姿と売り声を記した曲亭馬琴『近世流行商人狂哥絵図』https://t.co/6VO1aFeuPR も。画像…
RT @esperantumanto: @shunsukekosaka @hashibutogarasu 石川 勝二「ローマ史は1日にして成らず--初期ローマ史の研究と叙述」『歴史評論』531も。https://t.co/p15lcoUGfe
RT @shunsukekosaka: こちらにも『ローマ人の物語』への言及あり。こちらはむしろ、歴史研究者の側で「歴史家とはどうあるべきか」を再考する余地ありでは、としている。CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,二〇〇七年の歴史学界-回顧と展望-) https:…
RT @shunsukekosaka: 話題に乗り遅れた感もあるのですが、『ローマ人の物語』については史学雑誌「回顧と展望」に言及されたこともあるんですよね。歴史学者が検証し批判すべきではないか、という提言を伴って。 CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,2005年…
ちなみに宗教改革の近年の研究動向については、『UP』2017年9~12月号の連載「広がる宗教改革」をご覧下さい。https://t.co/l4Kl1D1HBD グローバルな宗教改革については、井上周平「グローバル・ヒストリーのなか… https://t.co/w9C8T5vkGi
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 「生活保護バッシング」のレトリック : 貧困報道にみる〈家族主義を纏った排除〉現象 https://t.co/lZUBX5qzDn
RT @SendaiHisCafe: カントロヴィッチの『王の二つの身体』に似て、古代中世の天皇位も決して死によって途絶されることなく継承されなければならなかったことを示す、堀裕「天皇の死の歴史的位置 : 「如在之儀」を中心に」も紹介しておきたい。 https://t.co/z…

お気に入り一覧(最新100件)

「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信ー「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 https://t.co/VGqfeaPus5 読んだ。
紀要論文ですが、アヴェロエスの知性論の概要を示した論文が公開されました。彼の知性論の内容を簡潔にまとめた邦語の論文は、意外にこれまでなかったので、その点に限り有益かもしれません。「アヴェロエス「知性論」の基本原理」(https://t.co/RFbhujGSqA)
CiNii 論文 -  翻訳 米国オカルティズムと日本仏教 : A. J. ・ エドマンズと鈴木大拙、そしてトランスロカティヴな歴史叙述 https://t.co/i1GIOqyW1x #CiNii
これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す… https://t.co/ESzjHIos4Z
キリル文字を作ったと伝承されるコンスタンティノス・キュリロスについての伝記史料は「コンスタンティノス一代記」としてciniiに翻訳が上がっている。その存在を知ったときは訳者に大変感謝したものであった。 https://t.co/UVvEv6o3DA
話題に乗り遅れた感もあるのですが、『ローマ人の物語』については史学雑誌「回顧と展望」に言及されたこともあるんですよね。歴史学者が検証し批判すべきではないか、という提言を伴って。 CiNii 論文 -  ローマ(古代,ヨーロッパ,2… https://t.co/KDxHLy2oIZ
こういう論文もある(*´ω`*) ↓ CiNii 論文 -  近代日本における神智学思想の歴史(<特集>スピリチュアリティ) https://t.co/2IlX6DkygP #CiNii
野村啓介「近代フランス・ボルドー地方におけるワイン格付思想と商人論理 : 「クリュ」概念の史的展開を手がかりに」東北史学会『歴史』128、2017年、1-23頁。 https://t.co/QXEFcgbw6b
早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
ググってたらこんな論文見つけて面白い〜「心臓を体とは別に保存するのは、フランスではかつて国王にたいしてなされていた儀式であった」近代フランスにおける死の習俗 ―カトリックと共和派の対比を中心に― 長井伸仁 https://t.co/LTKqgIW20x
「越境する飢人と領主的対応 : 天保四・五年の秋田藩と弘前藩」 https://t.co/aPi4kxz3uG
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
PDFあり。 菊池勇夫「飢饉死のリアリティー : 仙台藩天保七・八年の飢饉の場合」 https://t.co/5KkGLFd3Hn  「天保の飢饉と備米 : 秋田藩の場合」 https://t.co/W1Nt4znJc6
KAKEN — 東北地方の天保の飢饉を中心とした非常態と飢饉の記憶に関する研究 https://t.co/1Ez9J3oiyH  「江戸時代の東北地方は何度か大きな飢饉を経験している。天保の飢饉はその一つである。…」
校倉書房から、菊池勇夫『非常非命の歴史学 東北大飢饉再考』が刊行(予定)。 https://t.co/R0z6GfFVnh この論文の発展か。「非常・非命の歴史学 : 近世東北の災害・飢饉史 (特集 災害と歴史資料保全)」 https://t.co/fTXBmK3WLu
なお『ケーキの歴史物語』、「1937年のヒトラーの誕生祝賀会に用意されたケーキ」「エリザベス女王のウェディングケーキ。1947年。」「石膏の人骨2000本で作ったウェディングケーキ」などなどの写真が掲載されていてわくわく https://t.co/50H08pIRcf
ところでたまたま書架で見つけたハンブル『ケーキの歴史物語』https://t.co/50H08pIRcf にも、ガレット=デ=ロワのサトゥルナリア祭起源説が採用されていた(104頁)。ここには註がなく、典拠はやはり分からない。
CiNii 図書 - 中世後期のセルビアとボスニアにおける君主と社会 : 王冠と政治集会 https://t.co/Z56UM5VG8A
CiNii 図書 - ビザンツ帝国とブルガリア https://t.co/zZzjCi2wl1
【メモ】栗原健「気候変動とプロテスタント信仰 : 近世ドイツにおけるルター派聖職者の「嵐の説教」」『人文研紀要』(中央大学人文科学研究所)、84号(2016年)、67-83頁。https://t.co/insCYvdNFa
それとこちら CiNii 図書 - 中世の時と暦 : ヨーロッパ史のなかの時間と数 https://t.co/uzbe5sQ4H5 #CiNii
カレンダーの話題、参考文献はこの辺りかな。手元にないので確認できない CiNii 図書 - 地中海の暦と祭り https://t.co/67l5PoWrMr #CiNii
伊豆田俊輔「東ドイツの「文化同盟」(1945-1958):知識人たちの自発性をめぐって」博士論文(要約)東京大学、2014年。 https://t.co/ayi1QoO8kZ東独の「知識人たちは権力といかなる関係を結んだのか。また彼らは一体どのような理念に関与していたのだろうか」
柳原伸洋「日本・ドイツの空襲と「ポピュラー・カルチャー」を考えるために:『君の名は』『ガラスのうさぎ』『ドレスデン』などを例に」『マス・コミュニケーション研究』88号(2016年)35-53頁。 https://t.co/AsNbdAOJlw 「空襲を識ることはできるのか」
CiNii BooksとHathiTrustとのデータ連携がはじまりました!ISBN等でつながった約28万件の本文データへのリンクが表示されます。検索結果の「電子リソースにアクセスする」欄に利用ライセンスも表示しています。例:https://t.co/aAZSYSMIO5
たまたま 日本歴史学界の回顧と展望 https://t.co/7TXBCpHzg0 のヨーロッパ古代 の巻を手に取って眺めているが、1962年の「ギリシア」冒頭「昨年度のギリシア史についての研究は量においても質においてもかなり満足すべきものがあった。発表者は大部分…(続く
気まぐれに検索をかけてみると、まれに思わぬ嬉しい発見がある。 Animal sacrifice in ancient Greek religion, Judaism, and Christianity, 100 BC-AD 200 https://t.co/IMS7nDs7Ny
自分用メモ https://t.co/TOXJM5TsrN この話 https://t.co/aVa6AK7z1g とくっつけると、日本は昔からそこそこ不平等だったが21世紀初頭にかけて下方社会移動が増加し移動のあり方が変わったので不平等に目が向くようになった、ということ?
CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(4) : エステル記、ヨシュア記、トビト記、ユディト記、福音書、パウロ書簡 https://t.co/F2YF9OkXY8 #CiNii
CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(3) : ソロモンの書、エズラ記・ネヘミヤ記、歴代誌、五書 https://t.co/43aXE4Qs8U #CiNii
CiNii 論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(2) : ヨブ記、十二預言書、イザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書 https://t.co/bKPie26LWj #CiNii
そして近年、それら序言がどんどん日本語に訳されています!しかもダウンロード可能です!論文 -  ヒエロニュムス「ウルガータ聖書序文」翻訳と注解(1) : ガリア詩篇、ヘブライ語詩篇、サムエル記・列王記、ダニエル書 https://t.co/fzkadZSKHN #CiNii
『社会科研究』に査読付き論文が通りました。領域の近い研究者や先生方に読んでいただけると嬉しいです!|池尻良平, 澄川靖信(2016)真正な社会参画を促す世界史の授業開発 : その日のニュースと関連した歴史を検索できるシステムを用いて https://t.co/Qw8dgDuZWF
上村敏郎「啓蒙専制期ハプスブルク君主国における批判的公共圏の成立 : フリーメイソン勅令をめぐるパンフレット議論に基づいて」 『クァドランテ』(18), 2016年、145-155頁。https://t.co/QlKjUiGYqK
この空襲とポップカルチャー作品をまとめた論文では『この世界の片隅に』はあまり扱っていませんが、すでに提出した論文(未公刊)で深く掘り下げています>日本・ドイツの空襲と「ポピュラー・カルチャー」を考えるために…(略)… https://t.co/ep7fcmP7yI #歴史ニュース
かつて「天皇は死ねない」時代があった。 今こそ読みたいCiNii 論文 -  天皇の死の歴史的位置 : 「如在之儀」を中心に https://t.co/m1F4GZ61Oz #CiNii
CiNii 論文 -  中世後期ネーデルラントにおける聖地の表象と贖宥 (特集 祈り) https://t.co/lqEDT6mwMY #CiNii
CiNii 論文 -  中世後期フランスにおける歴史記述の俗語化について https://t.co/5w5WtGY2SL #CiNii
CiNii 論文 -  「カタリ派」異端の創造をめぐって : 系譜から構築へ https://t.co/XHsSih6hXU #CiNii
CiNii 論文 -  中世異端史研究における視座転換をめぐって : 研究史的試論 https://t.co/wO5aBrw4Uh #CiNii
CiNii 論文 -  トゥールのグレゴリウスにおける177年ルグドゥヌム迫害 (特集 中世のなかのローマ) https://t.co/Gw5V3sgoij #CiNii
ちなみに、柴田香奈子さんは少し前にこの研究をされています。「食に関する修道院手話「手まね」の日独比較 : 修道院食文化の言語学的アプローチ」(2013) https://t.co/aneAw6nIRs PDFはこちら。https://t.co/nl52qbwPsl
PDFあり。 CiNii 論文 - ニタルト「ルイ敬虔帝の子息たちの歴史」と「貴族」 : カロリング期の「貴族」イデオロギーについて一考案 https://t.co/1L6mhAhpoZ
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『テオドトスからの抜粋』 全訳 https://t.co/9tUTwgXuP0 #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス「断片集」 : 全訳 https://t.co/L59lB6Yu3H #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『預言書撰文集』 : 全訳 https://t.co/DNYhNkMfl5 #CiNii
CiNii 論文 -  アレクサンドリアのクレメンス『救われる富者とは誰であるか』 : 全訳 改訂版 https://t.co/aWF1Y1mXej #CiNii
で、これ読めと言われたのが鈴木良「歴史意識と歴史小説のあいだ--歴史家は司馬遼太郎をどう評価するか」(『歴史評論』567、1997)であった。https://t.co/Tp5vML3PQA
辻田麻里「大学におけるドイツ語既習者の教育 : 1・2年次学生の事例研究」 https://t.co/WSCB5Vv3AR
アグリコラ著 ; 三枝博音訳著 ; 山崎俊雄編『近世技術の集大成 : デ・レ・メタリカー全訳とその研究』岩崎学術出版社, 1968年 https://t.co/rVBBz2n694
【メモ】 小川知幸「15・16世紀における中央ヨーロッパの鉱山業--ゲオルク・アグリコラ『デ・レ・メタリカ』(1556年)にみる-- (ヤマから見る歴史)」『ヨーロッパ文化史研究』6 (2005), 93-111頁 https://t.co/HsIfjEoyKA
【メモ】瀬原義生「中世末期・近世初頭のドイツ鉱山業と領邦国家」『立命館文学』585 (2004), 137-196頁 https://t.co/MgW90P0QfA
きのうの歴史学カフェで大谷さんが言及しておられた「如在之儀 」の論考がおもしろそう。ぜひ読んでみたい。:堀裕「天皇の死の歴史的位置 : 「如在之儀」を中心に」『史林』81(1)、38-69、1998 https://t.co/abVgaTKDs3
@Hasesaki オーストリアのドイツ系地域だと「宗派」というより「世界観(教権/反教権)」が争点になってくるのですが、確かにほとんど文献がないんですよね。拙稿 https://t.co/YBFCudnhow および参考文献の部分が何かのお力になれれば幸いです。
@Hasesaki そういう意味では、東北大学の平田武さんが書かれているこれ https://t.co/KBOC0CzAxJ は、珍しく最新の成果も踏まえたつつ王道の政治史を概観できるものになっています。ご参考までに。
論文にまとまっていた。PDFあり。 阿河雄二郎「近世フランスにおける難破船略奪と「漂流物取得権」」 https://t.co/LrVGugVCgR
@SendaiHisCafe  レムリア祭については、小堀,馨子「古代ローマにおける死者祭祀 : レムリア(Lemuria)再考」東京大学宗教学年報 (28), 55-66, 2010 で読むことが出来る。https://t.co/3w9AbufxLh (続く
すばらしすぎる。CiNii 図書 - ナジアンゾスのグレゴリオスの詩 https://t.co/D1G7vQrtuM #CiNii
『理論と方法』論文ピックアップ第6回:石黒格「分位点回帰分析を用いた知人数の分析:分布の差異を予測する」(https://t.co/ddk736cGCx) 知人数が極端に大きい、ネットワークのハブになっているのは一体誰なのか。分位点回帰分析を知人数の分析に応用した意欲作!!
近年、オリエントの修辞技法から福音書を読み直す試みも ベイリー『中東文化の目で見たイエス』 https://t.co/fWAAEuNEAV #Se ( @sendaihiscafe live at https://t.co/OaPyMoIUhV)
宗教史学派については、『イエス研究史 : 古代から現代まで』 https://t.co/yHDQwgo8to #SendaiHisCafe ( @sendaihiscafe live at https://t.co/OaPyMoIUhV)
マイケル・バーカン、林清彦訳、『現代アメリカの陰謀論 : 黙示録・秘密結社・ユダヤ人・異星人』三交社、2004 https://t.co/0hXyurcA5c が紹介されている。※学術書です
『理論と方法』論文ピックアップ第二回:武藤正義「僅かな利他性が導く協力の実現」( https://t.co/EBVa4mPP19 ) 世の中、みんなが「少しだけ他人に気をかけている」状態が助け合える一歩である――「囚人のジレンマ」の解決に利他性とその多様性から切り込んだ論文。
CiNii 論文 -  イメージの力 : 近世ヨーロッパの図像史料をめぐる一考察 (特集 歴史学における図像史料の可能性 : 版画・広告・ポスター) http://t.co/rVqyG3camK #CiNii
CiNii 論文 -  近代ジハード論の系譜学 (歴史的文脈の中の国際政治理論) http://t.co/foaVRjaQRV #CiNii
CiNii 論文 -  ヨーロッパの歴史教育における学習成果・質保証 http://t.co/4ORx7QrRru #CiNii
CiNii 論文 -  15世紀南ネーデルラント諸都市における「修辞家集団」 http://t.co/HjgiZ4aWtL #CiNii
CiNii 論文 -  カロリング期フランク王国における「カピトゥラリア」と宮廷アーカイヴ http://t.co/KvBcjCyJy3 #CiNii
CiNii 論文 -  中心と周縁を結ぶ : カロリング朝フランク王国における命令伝達・執行の諸相について http://t.co/oD0JCNUJAz #CiNii
CiNii 論文 -  中世後期の北ドイツ・ハンザにおける学問と外交 : 学識参事会員および都市役職者の活動と大学の機能 http://t.co/rPYfeFZp4b #CiNii
CiNii 論文 -  中世初期イングランドにおける集会をめぐって http://t.co/LMWszumS9i #CiNii
倉松功による書評赤木善光著『宗教改革者の聖餐論』 (pdf) https://t.co/i5NqstEMRj
私が研究代表者になった科研費基盤研究C「『背教者』ユリアヌス像の形成とその受容」が採択されました。https://t.co/c4UbIoe5qU … 古代末期の歴史叙述の問題はもちろんですが、これで胸をはって折口信夫や大川周明とメレジコーフスキイの研究もできます。
この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ
菊地重仁「初期中世ヨーロッパ政治史への「文書形式学的」アプローチ 定型表現の形成・変遷とその意義について」『史苑』75巻2号(2015年3月)175 - 202頁。https://t.co/zkbqQ6XAJN
#デジタル時代の世界史>CiNii 論文 -  日本史・世界史の枠を取り払った歴史の授業 ― 大黒屋光太夫のデジタル教材を活用して ― http://t.co/tbux9avi8J
CiNii 論文 -  フォーラム 「古代史研究から見た西洋史学の将来」に寄せて http://t.co/cBS7B1ZBxj #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  フォーラム 古代史研究から見た西洋史学の将来 : 桜井万里子・師尾晶子編『古代地中海世界のダイナミズム』(山川出版社刊)を素材として http://t.co/s1OmXgNVge #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  今の日本に求められる西洋古代史とは何か? : 高校世界史からの「需要」を中心に (特輯 西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために) http://t.co/nB2hLd86zw #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  古代地中海世界と日本 (特輯 西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために) http://t.co/emYOlIBdVi #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  西洋古代史のなかの「実用的な過去」 : 歴史学の目的と現代性 (特輯 西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために) http://t.co/vJR0tXTSG5 #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  歴史学に何ができるか : 古代史研究者の考えたこと (特輯 西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために) http://t.co/uwjIOs1b82 #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
CiNii 論文 -  特輯『西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために』に寄せて (特輯 西洋古代史の語り方 : 現代日本社会のために) http://t.co/WJ6XQd6lme #CiNii #歴コミュ研 #SendaiHisCafe
〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t.co/LKxfcFAxf6
〔メモ〕相澤隆「ウェーバーの都市論と近年のドイツ中世都市論」『Odysseus : 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』18, 2014.3, pp. 1-8 http://t.co/ufv6yeVMuS PDF→http://t.co/LKxfcFAxf6
この論文、めっちゃおもろいで。桜の花と、潔く散ることをよしとすることを結びつけるようになったんは、近代に入ってからや。 昔の天皇は、祭祀の時には唐服着とったと。 CiNii 論文 -  日本の<疑似伝統> http://t.co/NGzDaiuLXy #CiNii
今野元「モナキウム・サクルム:「キリスト教国」バイエルンでのカトリシズム体験(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』15号(2014年)233-257頁(https://t.co/PeGaicS6PT)読了。今野先生によるカトリシズム体験の報告。読み物として大変面白い。
CiNii 図書 - カルトとスピリチュアリティ : 現代日本における「救い」と「癒し」のゆくえ http://t.co/PXwZCKuq6b #CiNii
リゼット・ゲーバルト、深澤英隆・飛鳥井雅友訳『現代日本のスピリチュアリティ : 文学・思想にみる新霊性文化』岩波書店、2013 http://t.co/r92DwMToiB #CiNii 原著2001年、大江健三郎や遠藤周作の話題も。
暑さで寝られなくなったので、先日の研究会でいただいた久保田静香さんの「ラムス主義レトリックとデカルト -近世フランスにおける自由学芸改革の一側面-」を読む。『エクフラシス : ヨーロッパ文化研究』4(2014年): 60-77. http://t.co/mwSjfvtgH0
この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが感じられる

105 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

RT @masahirosogabe ローマ法のあの柴田光蔵先生畢生の大作(300万字とのこと)「ROMAHOPEDIA」が,京大レポジトリ「紅」で無料公開されました! http://t.co/OjbSAtSNv8  #fb #rekisinews

フォロー(1722ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @trods_klods: CiNii 図書 - Max Walter Svanberg : 1912-1994 https://t.co/eT4KqG1PVK #CiNii
多次元解析より数量化理論そして多次元尺度解析法へ / 飽戸 弘 https://t.co/Td8ryVr5MX
RT @khargush1969: Atwood, C. 2006: Ulus Emirs, Keshig Elders, Signatures, and Marriage Partners: The Evolution of a Classic Mongol Institut…
CiNii 図書 - Max Walter Svanberg : 1912-1994 https://t.co/eT4KqG1PVK #CiNii
J-STAGE Articles - 川崎寿彦著『鏡のマニエリスム-ルネッサンスの想像力の側面』, 研究社出版, 昭和53年, 227pp., \980 https://t.co/RgDaGkQSNy
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @kamonomana: …この計画は残念ながら実現しませんでした。その顛末はまた書籍等でご紹介できればと思います。すぐ知りたい方は以下の紀要論文をご覧ください(日本語) https://t.co/saYGj4wNCq
通勤読書。 森本正巳(1988)「柳田社会科の成立について1」 名古屋女子大学紀要 34 https://t.co/GefjbXfZQ8
RT @washou3956: 引用は宇都宮啓吾「東寺観智院金剛蔵『天台血脈』について:付影印」(『大谷女子大学紀要』38、2004年、PDF公開)。https://t.co/ltd5ViirJr
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @J_Steman: o0( 自分でなんとなく書いてから思ったけど、やはり「香害」というテーマは公的研究費でやるべきものなのだろうなぁ…市場の側で否定的結果を覚悟して分析するインセンティブが想像付かない。 科研費で検索したら一件だけあった。 https://t.co/qy…
o0( 自分でなんとなく書いてから思ったけど、やはり「香害」というテーマは公的研究費でやるべきものなのだろうなぁ…市場の側で否定的結果を覚悟して分析するインセンティブが想像付かない。 科研費で検索したら一件だけあった。… https://t.co/d6QwxEpuAV
RT @shiga_archives: 昨年7月、袁甲幸様に「三新法体制における府県「公権」の形成」(『史学雑誌』第127編第7号)で、本県の歴史的文書をご利用いただきました。本稿では、明治期の新聞記事の草稿を用いて、新庁舎の宣伝のために記事を書かせようとする、県庁の意向を明ら…
RT @shiga_archives: 昨年7月、袁甲幸様に「三新法体制における府県「公権」の形成」(『史学雑誌』第127編第7号)で、本県の歴史的文書をご利用いただきました。本稿では、明治期の新聞記事の草稿を用いて、新庁舎の宣伝のために記事を書かせようとする、県庁の意向を明ら…
RT @contractio: 高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
RT @nanamubel: アパレルの労働搾取についてこの(↓)論文を流し読みしてみたんだけど、市場が要求する賃金を無理矢理引き上げればいいっていう単純な構造ではないっていうのはまあそうなるよね。一社だけの問題でもないんだと思うし。 https://t.co/HyhJMzr3…
高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
RT @Umm_aziz_wkmisr: A. ミハイル著『オスマン朝期エジプトにおける自然と帝国——環境の歴史』の書評(拙稿)もあります. https://t.co/yFFWP3iSmC

11 11 11 0 OA 明治英雄情史

浅葱色のダンダラ羽織が廃された後、新選組では黒装束が隊服となっていた説の典拠のひとつとしてよく挙がる『明治英雄情史』(大正3年)には、現在「加納惣三郎」として知られる微妙に実在のアヤしい隊士が「黒羅紗筒袖の陣羽織」で京の街を巡邏し… https://t.co/Q6FQ5D7rg8
RT @sabarya: Japan Consortium for Open Access Repository (JPCOAR) released Strategy for Fiscal 2019 to 2021. https://t.co/uys2egPerQ #opena…
RT @sabarya: Japan Consortium for Open Access Repository (JPCOAR) released Strategy for Fiscal 2019 to 2021. https://t.co/uys2egPerQ #opena…
これの成果がついにまとまった。 KAKEN 近現代日本の民間精神療法に関する宗教史的考究 身体と社会の観点から (KAKENHI-PROJECT-24520075) https://t.co/PyQU8UpEpV
@HOSHI_SUBARU514 2006年近畿大学水産研のを貼り付けておきます ▶クロマグロ種苗生産における浮上及び沈降死:宮下盛https://t.co/9mL4cqCXv0 粘液が絡んでいるようなのでミジンコとはやや様相を… https://t.co/Id4mJBdPeF
安智史さんが「日本近代文学」93集に書いている「丸山薫「物象詩」の展開」、丸山薫の「両球挿話(nonsense)」(1929)がエドモンド・ハミルトンの「フェッセンデンの宇宙」(1937)に8年先駆けているという重要な指摘がある。… https://t.co/RGV6qe6hua
RT @khargush1969: 塩谷もも(2017)「野中葉 著『インドネシアのムスリムファッション――なぜイスラームの女性たちのヴェールはカラフルになったのか』福村出版 2015年 xiii+224頁」『東南アジア:歴史と文化』46: 43-46. https://t.c…
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
CiNii 論文 -  成人の通学行動の社会的諸要因に関する実証的研究--通学人口率の都道府県差の分析をもとに https://t.co/hHhgF7xFmO #CiNii こんなの書いたっけな。
そうそう、私、初めて紀要に掲載してもらったの書評というか紹介文だったんだけど、始めはパティキュラー(この区別も最近は怪しいけど)のハイパーカルヴィニズムやってたんだよね。いや、読まないでほしいくらい稚拙なんだけども、このトピックス… https://t.co/XTBybJdrCE
RT @ISHIZUKA_R: 内生的貨幣供給論については、とりあえず以下の吉田暁論文を参照されたい。いうまでもないことだが、吉田説はMMTとまったく同じというわけではない。しかし、内生説についての最低限度の知識として踏まえておくべきだろう。 https://t.co/MUiO…

2 2 2 0 OA 漢語英訳辞典

RT @LimgTW: 現に、辞書が変われば順番も変わる。例えば、昔の辞典を当たってみたが、1889年あたりの『漢語英訳辞典』だと、 【a carriage rut;road;track】の後に【correct course】が来てから【proper line of actio…
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 和田廣(1993)「ビザンツ史研究のデシデラータ: 宦官」『オリエント』36(1): 149-150. https://t.co/bYq7Im4wy2 短報だがビザンツ帝国国家・社会における宦官の位置付け・重要性や宦官に関する史料について知る…
RT @khargush1969: 和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだ…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @KE_mi: 地域別に晩夏~初秋のツバメの換羽状態について調べた論文です。T6(両端の一番長い尾羽)を換羽している個体もそこそこいる印象。 https://t.co/BrJhwoxdss
RT @myfavoritescene: 講演内容については「資本主義社会から開放主義社会へ」という本が近々三省堂から出るらしい。書影は紹介されたがまだ検索にかからない。ご主張はこの辺で分かるはず: https://t.co/L44aR2mVfH まあ大体こんなようなことを小…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの方が気になる。
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 和田廣(1993)「ビザンツ史研究のデシデラータ: 宦官」『オリエント』36(1): 149-150. https://t.co/bYq7Im4wy2 短報だがビザンツ帝国国家・社会における宦官の位置付け・重要性や宦官に関する史料について知る…
RT @khargush1969: 和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだ…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 和田廣(1993)「ビザンツ史研究のデシデラータ: 宦官」『オリエント』36(1): 149-150. https://t.co/bYq7Im4wy2 短報だがビザンツ帝国国家・社会における宦官の位置付け・重要性や宦官に関する史料について知る…
RT @khargush1969: 和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだ…
RT @_3___0: 朝ドラ、東映の話なんですね。で、労働組合の存在が消されていたと。はー ぜひこちらの論文を。 木村 智哉「商業アニメーション制作における「創造」と「労働」 : 東映動画株式会社の労使紛争から」 https://t.co/cfUUuT9huu
レストランぬのびき(京都府伊根町立本庄小学校) https://t.co/8WbSfO5VHO 熊本県女子師範学校附属小学校編『国民学校学校給食の原理と実践』1940 https://t.co/IyVbkleLpq 全文公開 風間… https://t.co/Zubb1N2uGE
RT @shiga_archives: エドワード8世が訪れた多景島には、大正15年(1926)に「誓の御柱」という記念碑が建立されています。県警察部長を務めた水上七郎が発案したもので、五箇条の御誓文の各文が刻まれています。詳しい建設経緯は、昨年西田彰一氏が本県の歴史的文書等を…
[RE][book] 橘川武郎(2007)「日本不動産業の史的研究とその成果ー『日本不動産業史:産業形成からポストバブル期まで』が明らかにしたもの」 (特集 日本不動産業の展開過程) https://t.co/UynBnlErjx… https://t.co/J7oAfeFViM
[RE] 加藤由利子(1986)「戦前の東京における土地家屋の所有状況について」 https://t.co/IhneTzC2Pl 橘川・粕谷編(2007)が参照。「戦前期の東京・大阪においては、借家に住む人の数が圧倒的に多かった。… https://t.co/IHGKlyY2RA
RT @hayakawa2600: 中生さんは『世界』2000年5月号に「<証言>オロチョン族をアヘン漬けにした日本軍:「満州国」少数民族宣撫工作の裏面」を寄稿しているようなので、いずれ取り寄せて読んでみたい。なお同著者の論文「植民地大学の人類学者:泉靖一論」にも、オロチョン族…
中生さんは『世界』2000年5月号に「<証言>オロチョン族をアヘン漬けにした日本軍:「満州国」少数民族宣撫工作の裏面」を寄稿しているようなので、いずれ取り寄せて読んでみたい。なお同著者の論文「植民地大学の人類学者:泉靖一論」にも、… https://t.co/ukVzoOtJIC
RT @trods_klods: CiNii 論文 -  非常事態にあるシュルレアリスム(あるいはバタイユによる詩の擁護) https://t.co/PXyq1cQY8J #CiNii
RT @tsundokulib: @ryosukenasa すでにお調べかもしれませんが、「大日本武徳会研究資料集成」が、国会図書館や体育系の大学で調べられるのではないかと。 機関誌『武徳』や「大日本武徳会武道専門学校一覧」が含まれており、卒業生や職員・会員の消息を追えるかもし…

773 517 279 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
CiNii 論文 -  非常事態にあるシュルレアリスム(あるいはバタイユによる詩の擁護) https://t.co/PXyq1cQY8J #CiNii

19 19 19 0 OA 労務統計

RT @t_wak: 数字を拾いながら思ったのだが、昭和戦前期の生活に関して、この資料を活用した研究ってあるのだろうか。どのくらいの身分で給料をいくらもらっている鉄道員が、何畳で家賃いくらの家に住んでいるというデータなのだが。 『労務統計. 昭和7年10月10日現在 第2輯 家…
たとえば、この古川さんの論文:「戦間期オーストリアにおけるナショナルツーリズム : E. ピヒルの思想と活動から https://t.co/VdEZRiRx9Z

56 29 29 0 OA 白い子猫

RT @NIJL_collectors: 中島菊夫(文・画)『白い子猫』(昭和17) 国会デジコレhttps://t.co/NlSVakXiVi 白猫家族との心温まる絵物語。絵も文も、とても良い。 例えば、衰弱する猫「シロ」のため、病院に行く場面 「イツチ ニツ イツチ ニツ…
RT @tocoro: 精神疾患の新しいモデル ミクログリア仮説  | 日経サイエンス https://t.co/bRr6vKhpHh 論文PDF https://t.co/DjjPZH7xuk 初期仮説段階であることが強調されているが、様々なストレスがミクログリアを活性化する…
RT @Ms_Kisyo_GEO: 鉄道唱歌の本名が「地理教育鉄道唱歌」だったことを今日知りました。不覚。 https://t.co/Ndkd6Lg6e2
RT @tocoro: 精神疾患の新しいモデル ミクログリア仮説  | 日経サイエンス https://t.co/bRr6vKhpHh 論文PDF https://t.co/DjjPZH7xuk 初期仮説段階であることが強調されているが、様々なストレスがミクログリアを活性化する…

フォロワー(3303ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @trods_klods: CiNii 図書 - Max Walter Svanberg : 1912-1994 https://t.co/eT4KqG1PVK #CiNii
RT @khargush1969: Atwood, C. 2006: Ulus Emirs, Keshig Elders, Signatures, and Marriage Partners: The Evolution of a Classic Mongol Institut…
多次元解析より数量化理論そして多次元尺度解析法へ / 飽戸 弘 https://t.co/Td8ryVr5MX
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
CiNii 図書 - Max Walter Svanberg : 1912-1994 https://t.co/eT4KqG1PVK #CiNii
RT @khargush1969: サファヴィー朝期のギルドに関する Keyvani, Mehdi 1982: Artisans and guild life in the later Safavid period https://t.co/WqaVbJQzfa のもとの博論…
J-STAGE Articles - 川崎寿彦著『鏡のマニエリスム-ルネッサンスの想像力の側面』, 研究社出版, 昭和53年, 227pp., \980 https://t.co/RgDaGkQSNy
RT @J_geiste: 早川氏が紹介してるこれ、書き出しからしてもうお腹いっぱいですな。 厚生研究会編『国民皆労 : 戦時下の労務動員』 https://t.co/ca1DD1xu9h https://t.co/8qMc4cRJ7H
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  謡曲における神 : 脇能にみるワキとシテ(神)の関係について(第八部会,<特集>第六十七回学術大会紀要) https://t.co/t2eODmOeQP #CiNii
RT @kamonomana: …この計画は残念ながら実現しませんでした。その顛末はまた書籍等でご紹介できればと思います。すぐ知りたい方は以下の紀要論文をご覧ください(日本語) https://t.co/saYGj4wNCq
通勤読書。 森本正巳(1988)「柳田社会科の成立について1」 名古屋女子大学紀要 34 https://t.co/GefjbXfZQ8
RT @washou3956: 引用は宇都宮啓吾「東寺観智院金剛蔵『天台血脈』について:付影印」(『大谷女子大学紀要』38、2004年、PDF公開)。https://t.co/ltd5ViirJr
RT @LGBTQA_Article: 【LG(B)/キリスト教】芳賀 力「同性愛を巡る組織神学者の見解」紀要 2巻 p.75-88 (1999-03-20) 東京神学大学 https://t.co/4DBS3Obqam [PDF][情提]
RT @hontuma: 仕組まれた〈セクシュアリティ〉―黒木香論の地平 から―著者 村瀬 ひろみ 雑誌名 現代生命論研究巻 9ページ 217-232 発行年 1996-01-31 https://t.co/zbzq4DS59i
RT @J_Steman: o0( 自分でなんとなく書いてから思ったけど、やはり「香害」というテーマは公的研究費でやるべきものなのだろうなぁ…市場の側で否定的結果を覚悟して分析するインセンティブが想像付かない。 科研費で検索したら一件だけあった。 https://t.co/qy…
RT @arishima_takeo: 佐々木基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」、『京都大学大学院教育学研究科紀要』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/qzZT0DojKc
RT @shiga_archives: 昨年7月、袁甲幸様に「三新法体制における府県「公権」の形成」(『史学雑誌』第127編第7号)で、本県の歴史的文書をご利用いただきました。本稿では、明治期の新聞記事の草稿を用いて、新庁舎の宣伝のために記事を書かせようとする、県庁の意向を明ら…
RT @contractio: 高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
RT @nanamubel: アパレルの労働搾取についてこの(↓)論文を流し読みしてみたんだけど、市場が要求する賃金を無理矢理引き上げればいいっていう単純な構造ではないっていうのはまあそうなるよね。一社だけの問題でもないんだと思うし。 https://t.co/HyhJMzr3…
高田 賢(1976)「柳田社会科教科書成立の背景」社会科教育研究 37, 1-10. / “柳田社会科教科書成立の背景” https://t.co/LF1JI58MFt #ルーマン解読 #社会科
ポーランド語における外国人名の格変化は本当にややこしいなと思って調べてみたら、渡辺克義先生のこういう論文があった。こういう補助的な論文は本当にありがたい。 CiNii 論文 -  ポーランド語テクストにおける日本関連事象・地名・… https://t.co/jE17KqU1nn
RT @Umm_aziz_wkmisr: A. ミハイル著『オスマン朝期エジプトにおける自然と帝国——環境の歴史』の書評(拙稿)もあります. https://t.co/yFFWP3iSmC

11 11 11 0 OA 明治英雄情史

浅葱色のダンダラ羽織が廃された後、新選組では黒装束が隊服となっていた説の典拠のひとつとしてよく挙がる『明治英雄情史』(大正3年)には、現在「加納惣三郎」として知られる微妙に実在のアヤしい隊士が「黒羅紗筒袖の陣羽織」で京の街を巡邏し… https://t.co/Q6FQ5D7rg8
RT @comgame2014: @librarian03 @linelinglink なお、ASDをはじめとする発達障害のある子どもや青年たちの余暇支援は、彼らの「生活の質(QOL)の向上」という点からも注目されています。 「ASD・余暇・TRPG・QOL」という観点では、…
RT @sabarya: Japan Consortium for Open Access Repository (JPCOAR) released Strategy for Fiscal 2019 to 2021. https://t.co/uys2egPerQ #opena…
RT @sabarya: Japan Consortium for Open Access Repository (JPCOAR) released Strategy for Fiscal 2019 to 2021. https://t.co/uys2egPerQ #opena…
RT @wrmtw: 美的労働(aesthetic labour)概念が提起するもの https://t.co/i1Jq9oiDDV 「労働市場で資本となりうる『美』はジェンダー、エスニシティ、階級、障害などによって不均等に配分されており、かつそれは組織的な統制・管理下にある」…
論文(書評)伊藤瞳(評)『パンと小麦,そして都市 : 19世紀オスマン帝国のイスタンブルにおける食糧供給問題』リポジトリあり。原題は Mevlüt CAMGÖZ, Ekmek, Buğday ve Şehir: 19.Yüzyıl… https://t.co/LNGo9MPF2L
論文 未入手です。吉田達矢「19世紀前半オスマン帝国の地方行政官の人事に関する一試論 : トゥルハラ県の事例を中心に」『明大アジア史論集』23 (2019/3), 263-287. CiNii 論文 https://t.co/gKdFAdj8Hv #CiNii
RT @comgame2014: @librarian03 @linelinglink なお、ASDをはじめとする発達障害のある子どもや青年たちの余暇支援は、彼らの「生活の質(QOL)の向上」という点からも注目されています。 「ASD・余暇・TRPG・QOL」という観点では、…
安智史さんが「日本近代文学」93集に書いている「丸山薫「物象詩」の展開」、丸山薫の「両球挿話(nonsense)」(1929)がエドモンド・ハミルトンの「フェッセンデンの宇宙」(1937)に8年先駆けているという重要な指摘がある。… https://t.co/RGV6qe6hua
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
そうそう、私、初めて紀要に掲載してもらったの書評というか紹介文だったんだけど、始めはパティキュラー(この区別も最近は怪しいけど)のハイパーカルヴィニズムやってたんだよね。いや、読まないでほしいくらい稚拙なんだけども、このトピックス… https://t.co/XTBybJdrCE
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @ISHIZUKA_R: 内生的貨幣供給論については、とりあえず以下の吉田暁論文を参照されたい。いうまでもないことだが、吉田説はMMTとまったく同じというわけではない。しかし、内生説についての最低限度の知識として踏まえておくべきだろう。 https://t.co/MUiO…

4 4 4 0 傳記文學

RT @KogachiRyuichi: 『伝記文学』のバックナンバー、東豊書店のどのあたりに置いてあったかな。ああいうのも、国内の所蔵は多くないのではないかな。 https://t.co/zboVlX2ZH7
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
@kounodanwawoma1 @Shimazono どんな感じですかね 「特派員の満州事変報告演説会は東日本で七十回開かれ,六十万人の聴衆が詰めかけ/満州事変のニュース映画を各地で上映する/活動もすさまじく,公開個所千五百一… https://t.co/5OGKQN6tAb
RT @yskmas_k_66: @Koji_hist 谷川稔先生の『十字架と三色旗』のあとがきの中に「帰化史学」云々というのがあります(279〜280頁)。当時の史料論に対しての一言だったようです。 1997年の単行本版ではきちんと書いてあったようですが、今手持ちの学術文庫版…
RT @eraitencho: あとは池内先生のグローバルジバードの変容 https://t.co/MwT31mPlX4
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…
RT @mmichi7469: 帰化史学…は聞いたことないかな >国際競争に血道を上げるあまり、我が国の史学的伝統をないがしろにしている 似たような文章は、見たことがある 「古代ギリシア」『史学雑誌 2008年の回顧と展望(2009) https://t.co/yjEprO5…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…
RT @HokkeTaso: 引用元明記します。 https://t.co/BxNsiLjDYq AED:心臓電気活動の計測と電気ショックによる 制御技術 田村悠悟*・秋 山 直 人**

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @KE_mi: 地域別に晩夏~初秋のツバメの換羽状態について調べた論文です。T6(両端の一番長い尾羽)を換羽している個体もそこそこいる印象。 https://t.co/BrJhwoxdss

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

RT @mak_goto: 概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの…

19 19 6 0 OA 科学技術指標2019

概要pdf https://t.co/MG0g9BTS05 博士号取得者減少は7ページ。ただ、個人的には次のページのアメリカでの日本人自然科学系院生数の激しい減少とか、「日本の科学知識が日本の技術に十分に活用されていない可能性がある」(11p)とかの方が気になる。
https://t.co/YIooQIC9ps 審査委員がすごい。藤田、森田、蟻川諸先生
RT @khargush1969: 紺谷由紀(2016)「ローマ法における去勢:ユスティニアヌス一世の法典編纂事業をめぐって」『史学雑誌』125(6): 1-36. https://t.co/2E7O9OS6cY これはイスラーム法の去勢観(辻大地さんの論文にあり)と比較すると…
RT @khargush1969: 和田廣(1993)「ビザンツ史研究のデシデラータ: 宦官」『オリエント』36(1): 149-150. https://t.co/bYq7Im4wy2 短報だがビザンツ帝国国家・社会における宦官の位置付け・重要性や宦官に関する史料について知る…
RT @khargush1969: 和田廣(2004)「宦官—資格不要の職業:「闇の去勢」禁止令をめぐって」『地中海研究所紀要』2: 77-91. https://t.co/g5yPjzliHE 禁止令が出されるほど身分(自由人/奴隷、庶民/貴族)を問わない去勢の広がりを生んだ…
RT @_3___0: 朝ドラ、東映の話なんですね。で、労働組合の存在が消されていたと。はー ぜひこちらの論文を。 木村 智哉「商業アニメーション制作における「創造」と「労働」 : 東映動画株式会社の労使紛争から」 https://t.co/cfUUuT9huu
レストランぬのびき(京都府伊根町立本庄小学校) https://t.co/8WbSfO5VHO 熊本県女子師範学校附属小学校編『国民学校学校給食の原理と実践』1940 https://t.co/IyVbkleLpq 全文公開 風間… https://t.co/Zubb1N2uGE
RT @yskmas_k_66: ちなみに戦後、ベルヴェは実証的な仕事に戻りました。特に僭主研究(https://t.co/SYE94M2yq9)のような手堅く、基本文献として重宝されるような成果を残しましたし、アレクサンドロス関連の人名研究(https://t.co/w1Il…
RT @yskmas_k_66: ちなみに戦後、ベルヴェは実証的な仕事に戻りました。特に僭主研究(https://t.co/SYE94M2yq9)のような手堅く、基本文献として重宝されるような成果を残しましたし、アレクサンドロス関連の人名研究(https://t.co/w1Il…
RT @kyslog: ヒートアイランドについては、涼しい海風が内陸を冷やすのを湾岸の高層ビル群がブロックしているという研究が増えてる印象。 https://t.co/Lj82swBqpQ https://t.co/uhZRFCxNaN https://t.co/Do3bpAN…
RT @shiga_archives: エドワード8世が訪れた多景島には、大正15年(1926)に「誓の御柱」という記念碑が建立されています。県警察部長を務めた水上七郎が発案したもので、五箇条の御誓文の各文が刻まれています。詳しい建設経緯は、昨年西田彰一氏が本県の歴史的文書等を…
RT @miharu_office: 【HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション公開】占領期北海道の総合雑誌(一)/水溜真由美/『北海道大学文学研究院紀要』第158号 https://t.co/ZLOM43ZPwA
[RE][book] 橘川武郎(2007)「日本不動産業の史的研究とその成果ー『日本不動産業史:産業形成からポストバブル期まで』が明らかにしたもの」 (特集 日本不動産業の展開過程) https://t.co/UynBnlErjx… https://t.co/J7oAfeFViM
[RE] 加藤由利子(1986)「戦前の東京における土地家屋の所有状況について」 https://t.co/IhneTzC2Pl 橘川・粕谷編(2007)が参照。「戦前期の東京・大阪においては、借家に住む人の数が圧倒的に多かった。… https://t.co/IHGKlyY2RA
感染症と言えば大阪はやっぱり桃山病院のお話。 今の大阪市総合ね。 さくらホールのエントランスに資料展示がありました。 https://t.co/Wrlc10F7FK https://t.co/DbVzQHUVTw
RT @hayakawa2600: 中生さんは『世界』2000年5月号に「<証言>オロチョン族をアヘン漬けにした日本軍:「満州国」少数民族宣撫工作の裏面」を寄稿しているようなので、いずれ取り寄せて読んでみたい。なお同著者の論文「植民地大学の人類学者:泉靖一論」にも、オロチョン族…
RT @hayakawa2600: 中生さんは『世界』2000年5月号に「<証言>オロチョン族をアヘン漬けにした日本軍:「満州国」少数民族宣撫工作の裏面」を寄稿しているようなので、いずれ取り寄せて読んでみたい。なお同著者の論文「植民地大学の人類学者:泉靖一論」にも、オロチョン族…

773 517 279 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
メモ_φ(・_・ 柳田國男 【「イタカ」および「サンカ」】 pdf有り https://t.co/ERwO7SdjLJ
RT @trods_klods: CiNii 論文 -  非常事態にあるシュルレアリスム(あるいはバタイユによる詩の擁護) https://t.co/PXyq1cQY8J #CiNii
RT @tsundokulib: @ryosukenasa すでにお調べかもしれませんが、「大日本武徳会研究資料集成」が、国会図書館や体育系の大学で調べられるのではないかと。 機関誌『武徳』や「大日本武徳会武道専門学校一覧」が含まれており、卒業生や職員・会員の消息を追えるかもし…

773 517 279 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…

773 517 279 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…

773 517 279 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
CiNii 論文 -  非常事態にあるシュルレアリスム(あるいはバタイユによる詩の擁護) https://t.co/PXyq1cQY8J #CiNii

19 19 19 0 OA 労務統計

RT @t_wak: 数字を拾いながら思ったのだが、昭和戦前期の生活に関して、この資料を活用した研究ってあるのだろうか。どのくらいの身分で給料をいくらもらっている鉄道員が、何畳で家賃いくらの家に住んでいるというデータなのだが。 『労務統計. 昭和7年10月10日現在 第2輯 家…
たとえば、この古川さんの論文:「戦間期オーストリアにおけるナショナルツーリズム : E. ピヒルの思想と活動から https://t.co/VdEZRiRx9Z

56 29 29 0 OA 白い子猫

RT @NIJL_collectors: 中島菊夫(文・画)『白い子猫』(昭和17) 国会デジコレhttps://t.co/NlSVakXiVi 白猫家族との心温まる絵物語。絵も文も、とても良い。 例えば、衰弱する猫「シロ」のため、病院に行く場面 「イツチ ニツ イツチ ニツ…
@yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t.co/qh8NfnBVac
@yabadabadoo00 ジャポニカ米はインディカ米と比較してアミロース含量が少なく粘り気が強いせいで米粉や米麺を作っても美味しくない様なので、それが原因の一つだと思われます。 https://t.co/M8KlOKDySs https://t.co/qh8NfnBVac
RT @Ms_Kisyo_GEO: 鉄道唱歌の本名が「地理教育鉄道唱歌」だったことを今日知りました。不覚。 https://t.co/Ndkd6Lg6e2
RT @tocoro: 精神疾患の新しいモデル ミクログリア仮説  | 日経サイエンス https://t.co/bRr6vKhpHh 論文PDF https://t.co/DjjPZH7xuk 初期仮説段階であることが強調されているが、様々なストレスがミクログリアを活性化する…
CiNii 論文 -  第三回教育改革シンポジウム講演記録 地域と大学―人口減少時代の高大接続・高大連携を考える https://t.co/Jlv0nlProp #CiNii
CiNii 論文 -  大学の研究生産とガバナンス https://t.co/O1WZ11Ytxe #CiNii
CiNii 論文 -  学長のリーダーシップとその能力養成 https://t.co/WfN5gafnzj #CiNii
CiNii 論文 -  イギリス・オランダ・日本における大学のガバナンス : NPM手法による改革後の大学自治とシェアド・ガバナンス https://t.co/LkqOc4es0r #CiNii
CiNii 論文 -  法的擬制としての「最終的決定権」 : 学校教育法における大学学長の権限規定の法解釈問題の検討を通じて https://t.co/VXNYAKJfrY #CiNii
CiNii 論文 -  私立大学における学長の属性と影響力 : 上級管理職調査から https://t.co/FdcZkHiLoj #CiNii
CiNii 論文 -  高等教育の質保証と教授の自由 : ドイツ連邦憲法裁判所のアクレディテーション決定を素材として https://t.co/uN7FnExZmk #CiNii
CiNii 論文 -  東京大学等における学融合研究の経緯と、学融合研究の意義 : 柳田辰雄VS東京大学 「学問の自由」侵害裁判に関する意見書 https://t.co/zmAi0OPMaT #CiNii
CiNii 論文 -  優れた教員の確保・養成と教授会自治 : 松山大学の再生と発展 https://t.co/f8hVMAWqIA #CiNii
CiNii 論文 -  学校教育法・国立大学法人法一部改正法(平成二六年法律八八号)の問題点 (菅原彬州先生古稀記念論文集) https://t.co/rAMTubSXG2 #CiNii
CiNii 論文 -  「教授会自治」の変容と認証評価 : 2014年学校教育法改正を基軸として (特集 改正学校教育法と高等教育 : 課題と問題点) https://t.co/S8x5zZWghN #CiNii
CiNii 論文 -  新自由主義と日本の大学 : 2014年学校教育法改正をめぐって https://t.co/5wI7lgAMew #CiNii