著者
坂井 文彦
出版者
医学書院
雑誌
神経研究の進歩 (ISSN:00018724)
巻号頁・発行日
vol.46, no.3, pp.343-349, 2002-06-10

国際頭痛学会分類の診断基準を使用した慢性頭痛の大規模な疫学調査が日本でも行われ,片頭痛の有病率は15歳以上の人口の8.4%と多いことが明らかにされた。片頭痛のために日常生活がかなり犠牲になっている人も多く,約74%の人がかなりの支障度に悩まされている。その割に,片頭痛に対する認識度は低く,定期的に医療機関を受診している人は全体の2.7%にすぎない。片頭痛により患者が大きな犠牲を強いられていることは社会にとっても大きな損失であり,経済的損失としても大きい。最近,片頭痛治療薬に大きな進歩がみられている。新しい薬剤を正しく使用するために,医療側,患者側いずれの認識も高まることが必要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 7 favorites)

#頭痛 の疫学と #医療経済学 坂井文彦先生 #片頭痛 患者が大きな犠牲を強いられていることは社会にとっても大きな損失 #経済的損失 としても大きい 最近,片頭痛治療薬に大きな進歩がみられ新薬剤を正しく使用するために医療側,患者側… https://t.co/AwnIWmci0Y
国際頭痛学会分類の診断基準を使用した #慢性頭痛 の大規模な疫学調査 #片頭痛 のために日常生活がかなり犠牲になっている人も多く約74%の人がかなりの支障度に悩まされている.その割に,片頭痛に対する認識度は低く,定期的に医療機関を… https://t.co/Mku8sF8oL8

収集済み URL リスト