著者
広田 喜一 藤井 庸祐
出版者
メディカル・サイエンス・インターナショナル
巻号頁・発行日
pp.858-862, 2020-08-01

SARS-CoV-2感染によって引き起こされるCOVID-19パンデミックがいまだ世界を席捲している。SARS-CoV-2によって誘発される過剰な炎症反応は,感染患者の重症度に相関する。その結果としての急性呼吸促迫症候群(ARDS)は死亡の主な原因となっている。 敗血症に併発する急性肺傷害またARDSは,LiSAの読者である麻酔科医・集中治療医にはなじみの深い病態であると思われるが,本稿では,ウイルス感染がサイトカイン放出症候群,サイトカインストームを経てARDSを引き起こす機序とSARS-CoV-2感染に特徴的な現象について解説してみたい1)。 なお,本稿執筆時点は2020年6月である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

PDFで読めるようになっていた » SARS-CoV-2感染と過剰炎症応答・サイトカインストーム—勝敗の帰趨を決めるものは何か? (LiSA 27巻8号) | 医書.jp https://t.co/1nWmPeJg7q

収集済み URL リスト