著者
西村 勝治
出版者
南江堂
雑誌
臨床雑誌内科 (ISSN:00221961)
巻号頁・発行日
vol.112, no.1, pp.91-95, 2013-07-01

ステロイドは精神症状の発症リスクがもっとも高い薬剤の一つであり,自殺のリスクは7倍に上昇する.気分障害(躁病,うつ病,混合性の各エピソード),精神病性障害,せん妄,軽度認知障害など多彩な臨床症状を呈する.急速・高用量投与時には躁病エピソードが,長期投与ではうつ病エピソードが生じることが多い.ステロイド誘発性精神障害(CIPD)の発症は用量依存的であるため,治療の原則はステロイドの減量・中止である.対症療法として,躁病エピソードには抗精神病薬や気分安定薬が適応となる.うつ病エピソードには慎重に選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を用い,三環系抗うつ薬を使用しない.せん妄,精神病性障害には抗精神病薬を用いる.精神科医との連携が欠かせない.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 20 posts, 23 favorites)

@cssfkuWQito7Wbc ステロイド精神病みたいからさ 文章もちょっと変?というか「結局なにが言いたいの?」って感じだから病気のせいもあるのかもしれないよ 自分の世界に入っているのかもしれない 絡んでこなければ問題なかったんだけど https://t.co/LAGGXy8nSV
@yurumazu ステロイドは多彩な精神症状がでますよ。 急速、大量の使用時には精神科病床に強制的な入院が必要になるほどの精神症状が出るケースもあります。 トランプさん退院後の、大文字で民衆を発揚するような内容のツイート連発には違和感感じますよね。 https://t.co/8frd07nr8o
ステロイドは市販の軟膏、 ハンドクリームにも入っている商品が多く、 うつ病増加の一因にも。 ステロイド精神病 (臨床雑誌内科 112巻1号) | 医書.jp https://t.co/pRedhU6GVA ステロイドは 精神症状の発症リスクがもっとも高い薬剤の一つであり, 自殺のリスクは7 倍に上昇する
@cheru_cheru_mi @xxsmsmsmxx @misakism13 28 ステロイドは市販の軟膏、 ハンドクリームにも入っている商品が多く、 うつ病増加の一因にも。 ステロイドは 精神症状の発症リスクがもっとも高い薬剤の一つであり, 自殺のリスクは7 倍に上昇する ステロイド精神病 (臨床雑誌内科 112巻1号) | 医書.jp https://t.co/pRedhU6GVA
ステロイドは市販の軟膏、 ハンドクリームにも入っている商品が多く、 うつ病増加の一因にも。 ステロイドは精神症状の発症リスクがもっとも高い薬剤の一つであり, 自殺のリスクは7 倍に上昇する ステロイド精神病 (臨床雑誌内科 112巻1号) | 医書.jp https://t.co/pRedhU6GVA

収集済み URL リスト