著者
田坂 定孝
出版者
南江堂
雑誌
日新醫學 (ISSN:03694143)
巻号頁・発行日
vol.44, no.12, pp.633-638, 1957-12
著者
横倉誠次郎 著
出版者
南江堂
巻号頁・発行日
vol.1, 1943

4 0 0 0 OA 新撰精神病学

著者
石田昇 著
出版者
南江堂
巻号頁・発行日
1906
著者
桜井 なおみ
出版者
南江堂
雑誌
がん看護 (ISSN:13420569)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.369-372, 2016-03

2 0 0 0 OA 精神養生

著者
フォイヒテルスレーベン 著
出版者
南江堂
巻号頁・発行日
1900

2 0 0 0 OA 銃創論講義

著者
芳賀栄次郎 著
出版者
南江堂
巻号頁・発行日
1904
著者
三羽 邦久
出版者
南江堂
雑誌
臨床雑誌内科 (ISSN:00221961)
巻号頁・発行日
vol.119, no.2, pp.345-352, 2017-02-01

労作後の極度の消耗,遷延する疲労感を特徴とし,多彩な症状を呈する慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome:CFS)の原因として,2011年,筋痛性脳脊髄炎(myalgic encephalomyelitis:ME)による中枢神経系の機能調節障害が国際委員会(International Consensus Panel)より提唱された.本症の成因に循環器的異常が密接に関連することが,近年明らかにされた.本症患者にはsmall heart例が多い.すなわち,やせ型の若年女性に多く,低血圧や起立性低血圧をしばしば認め,胸部X線像上,心胸郭比は小さい.心エコー検査でも左室拡張末期径が小さく,1回拍出量,心拍出量は低値となる.左室収縮性の指標の低下は認めない.強度の疲労,めまい,集中力低下,身震い,悪心などの症状により立位維持困難を訴える起立不耐症(orthostatic intolerance:OI)は,CFS患者の立位時症状としてもよくみられ,QOL,労働能力を低下させ,生活機能障害を規定する最重要因子となっている.公表された診断基準には,心血管系症状としてOIが含まれた.OIの病態生理は,立位時の脳血流不足であり,交感神経系の高度緊張も症状に関わる.CFS患者では循環血液量の減少から前負荷の低下による低心拍出量状態を認めるにもかかわらず,血漿レニン活性の上昇はなく,血漿アルドステロン系および抗利尿ホルモン(ADH)濃度は健常人より低値である.OIの病態には,レニン-アルドステロン系およびADH系の活性化不全も関係しているようである.前負荷の低下による低心拍出量状態を十分認識することが,本症患者の診療の重要な手助けになるとともに,本症研究の進展のbreakthroughになるであろう.