著者
山崎 浩司 木原 雅子 木原 正博
出版者
The Japanese Society for AIDS Research
雑誌
日本エイズ学会誌 (ISSN:13449478)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.121-130, 2005-05-20 (Released:2010-07-21)
参考文献数
23

目的: 若者に対するエイズ予防介入プロジェクトの一環として, 地方A県の女子高校生が, なぜ性交渉時にコンドームを使わないようになってしまうのかを質的研究法を用いて分析する.対象と方法: A県の女子高校生41名に対し, フォーカス・グループ・インタビューを8グループ実施した. 対象者として, 交際相手を有すると思われる友人同士6名前後を, スノーボール・サンプリングによりリクルートした. 分析は修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを使った.結果: 対象者は「治る性病より直らない妊娠」をより心配しているにも係わらず, 実際のコンドーム「使用は相手次第」であり, 結果的に膣内・膣外射精を繰り返し, それでも簡単には妊娠しないことを経験的に学習して「独自の避妊意識」を形成し, コンドーム不使用を定着させていた. また, 交際相手が社会人の場合は「妊娠してもかまわない」と考えたり, コンドーム購入を恥ずかしさ等による「購入阻害」要因により回避したり, 不快経験から「コンドーム嫌悪」に陥ったりして, 不使用に至っていた. さらに, 対象者が仮にSTDに関心を抱いても, 入手できる「予防学的情報の不足」から, コンドームを使わない「独自の予防認識」を形成し, やはり不使用に終っていた.結論: コンドーム不使用における相互作用プロセスを含む若者の多様な性文化の把握なしでは, 包括的なエイズ予防法を開発しがたい可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 4 favorites)

コンドームを使わない背景には何があるのかを分析した論文。 コンドームを使えない状況から、コンドームを使わない意識が形成されていく過程に焦点が当てられている。 J-STAGE Articles - 地方A県女子高校生のコンドーム不使用に関する相互作用プロセスの研究 https://t.co/gMASReThvd
刑法改正で不同意罪を作るなら、(女性が望まない)避妊しない性行為も不同意罪の構成要件に該当する可能性があるので、こういう基礎研究が(立法事実として)重要になるかも。 【地方A県女子高校生のコンドーム不使用に関する相互作用プロセスの研究】https://t.co/fjQngQIapJ
J-STAGE Articles - 地方A県女子高校生のコンドーム不使用に関する相互作用プロセスの研究 https://t.co/gMASReThvd
山崎浩司 関連  http://t.co/yb19pTmlB5  http://t.co/YM6aWBsc3o  >文献リスト「J」

収集済み URL リスト