著者
安藤 元夫 寺川 政司 幸田 稔
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.63, no.513, pp.235-244, 1998-11-30 (Released:2017-02-02)
参考文献数
26
被引用文献数
2 2

The SHIMODERA-NITTO Improved Dwellings were built by a slum clearance program before World War II. They are the only buildings that still remain. The object of this study is first to place these dwellings as the historically important program in urban planning, and second to analyze the drastic changing of living space by extension, called "DASHIYA". This study made it clear that this dwellings were a model of housing policy in Osaka before the War, and that under the special restriction dwellers extended house for the purpose of improving the small house to adapt to changing of life style.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

ベランダとかに無理やり部屋を増築した、出し家の図面具体例

Twitter (314 users, 315 posts, 1215 favorites)

自分用メモー!!!!!!! 出し家論文凄い!!!!!!!素敵!!!!!!!ずっと見たかった!!!!!!!後でじっくり読もう!!!!!!! https://t.co/GOKmo1DlwT
矮小団地のベランダ等に出張るように作られた増築部分、いわゆる「出家(出し家)」の図面を載せた論文見つけた…!これずっと探していたんだ… 『廃坑の街』のコンクリート建築でよくみられる張り出しバラックはこれです。 https://t.co/yzflHS2amu https://t.co/5jmTVXpJZO
@junmishina 建築史における改良住宅の位置付けを解説する展示といったところでしょうか。近現代民家史の概説本で勉強して家屋の写真を並べればできそうです。とりあえず「改良住宅」や「不良住宅」で論文サイトを検索すると論文が色々出てきますね https://t.co/yJlxbSOtkJ https://t.co/jhm0tYI5uR

収集済み URL リスト