著者
水漉 あまな 藤岡 洋保
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.63, no.503, pp.203-210, 1998-01-30 (Released:2017-02-02)
参考文献数
130

This Paper shows the kyoto's role in forming the Ancient Shrines and Temples Preservation Act(1897) was decisive. To help recover Kyoto's economy, since 1881 Kyoto had been trying to preserve old edifices in its shrines and temples as its symbols. But for lack of sufficient fund, Kyoto began to carry on a campaign to form a national law to preserve those old edifices; Kyoto even proposed a preservation bill referring to the ones abroad and ask other prefectures to join the campaign. Kyoto's propositions were introduced in some articles of the Act.
著者
北原 玲子 大月 敏雄
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.79, no.698, pp.873-882, 2014-04-30 (Released:2014-07-15)
参考文献数
21

In this study, by taking up the Bangladesh nationality foreign resident as an ethnic group's example, it has aimed to clarify the influence on living environment of Kita-ku, Tokyo from concentrated foreign residents, with a research on the tendency of foreign residents' concentrated area, the relationship of concentrated foreign residents and their housing, the measure of local government in a concentrated area, and the housing and living condition of foreign residents in Kita-ku, Tokyo. The Bangladesh nationality foreign residents have concentrated on public housing like UR rental housing in Kita-ku. At the same time, the expansion of living facilities based on food, clothing and religion culture of Bangladesh has taken place in the surrounding area. Since foreign residents' concentrated area may progress further from now on, the understanding and preemptive move to the foreign residents of local government and housing manager are needed in order to prevent the chain of the spatial and social segregation, which has happened at other receiving countries.
著者
矢部 恒彦 北原 理雄 徳山 郁芳
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.60, no.472, pp.111-122, 1995
被引用文献数
6 2

Every Japanese elementary school has an original school song, and its words have typical forms that show us the educational idea and the local landscape. The aim of this study is to pick out local landscape images ,of the elements ,from the words. As the first step, we sampled the nouns (noun phrases) which concretely shows things as landscape elements from school songs in 98 cities. Next we divided them into 12 categories, and we calculated appearance rates of the categories. Using the appearance rates, we classified 98 cities into 10 groups. Next we picked up typical city of each group, and drew its image map. As a result ,we made it clear that each image map present local landscape clearly.
著者
野中 勝利
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.75, no.650, pp.837-842, 2010-04-30 (Released:2010-06-14)
参考文献数
47
被引用文献数
1

This paper covers the reconstruction of three castle towers from the Warring States period, each at the summit of a steep precipice. In Gifu the reconstruction was done by a local historical preservation organization. It is a simple permanent structure built using scrap lumber. In spite of criticism, the foundation was also rebuilt. In Sumoto a modern ferroconcrete structure on pilings for the lower level was built as a rest area and observation platform. The reconstruction in Ueshi was privately financed by the Nanjo family. All three are simple structures that don't attempt to accurately reproduce the original castle towers.
著者
李 雪 黒田 乃生 藤川 昌樹 安藤 邦廣
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.82, no.732, pp.383-391, 2017 (Released:2017-02-28)
参考文献数
8

The Chuandou System (pillars-and-transverse-tie-beams) wooden frame is wildly used in Miao people's houses in Qiandongnan region of Guizhou Province of China. The Chuandou System wooden frame is composed of vertical pillars and horizontal beams called "Fang". In this area, the house building is following a traditional production organization that the local carpenters design the house and process wooden components and the setting-up of the frame that is completed by joint work of villagers. By investigating the construction process of G house in Gongna Village, Qiandongnan region, this study has clarified that five types of the mortise and tenon joints are used in Chuandou-systerm wooden. The dimension characters of horizontal beams (Fang) were also clarified. In addition, the relationship between types of mortise and tenon joints, the dimension characters of horizontal beams (Fang), and the production organization of house building would be discussed in this study. In G house, the wooden frame could be separated into roof truss and framework. There are two types of mortise and tenon joints in roof trusses.. One of the joints that carpenters cult into a cavity in bottom of short pillar, and the cavity could be used as a mortise to put the short pillar on horizontal beam. Another type of the joints could be considered as a "haunched stob tenon joint", which is used to put horizontal beams(Fang) into short pillars. Also, there are three types of mortise and tenon joints in the frameworks. One type could be considered as a "pegged tenon joint". A haunched stob form tenon on the end of the beam inserts into the mortise. For strengthening the mortise and tenon, a peg is drived into one hole both through mortise and tenon. In another type of joints, tenon is in the middle of the horizontal beam (Fang) that could be passed across mortise and a key could be drived into horizontal beam (Fang) close to the pillar. The last type of mortise and tenon joints also could be considered as a "pegged tenon joint". Pair of horizontal symmetry beams come from two sides of the pillar, and two tenons on the end of beams are joint in one mortise. A peg also has been drvied into two tenons and one mortise to fix them. After the processing of wooden components, local villagers have to set up the Chuandou system frame by a very simple way in two days. They move horizontal beams (Fang) or vertical pillars to join mortises and tenons, and use wooden hammers to hit the beams to strengthen the connection of mortise and tenons. To provide an effectively setting-up construction, the local carpenters should devise the combination of mortise and tenon joints, and also process the horizontal beams (Fang) by different heights and widths in different positions even in the same beam as the shorter area can ensure the beams insert mortise smoothly. Therefore, relatively complicated process skill as well as a simple setting-up frame is developed in this region.
著者
李 雪 黒田 乃生 藤川 昌樹 安藤 邦廣
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.81, no.721, pp.603-612, 2016 (Released:2016-03-30)
参考文献数
14

In the region of Minority nationalities, Guizhou Province of China, houses are built by using traditional technology and local materials with the joint efforts of villagers. By investigating the construction process of G house in Gongna Village, this study has clarified that the participants mainly involved in the construction including house owner, the villagers and the experts such as carpenters, feng shui master, transportation supplier, sawmill and wood processing company. With the modernization of the rural life and the increasing of monetary economy, construction has been split into more divisions. The current result suggested that along with the introduction of electric tools and monetary economy, all of the construction process might tend to be more specific that could only be handled by professional staff. The old tradition of wooden technology and collaboration of villagers that have been inherited for many years might disappear.
著者
小野 啓子 安藤 徹哉
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.72, no.612, pp.177-184, 2007
被引用文献数
1

日本統治下ミクロネシア(旧南洋群島)の経済を牽引し、大量の移民とプランテーションタウンの形成を促したのは糖業であったが、その原点は日本が初めて植民地として領有した台湾にある。本論文は、ミクロネシアにおける日本型糖業プランテーションタウンの原型を台湾に求め、その成立過程や特性を文献、聞き取り調査、航空写真からの地図再現などによって解明している。強力な官民パートナーシップのもと、初めて台湾に進出した日本資本の製糖会社は台湾製糖株式会社である。その最初の製糖工場が高雄の北側・橋仔頭に設置されたのは1902年のことで、当初は治安不安定のため、工場の周辺に事務所や宿舎を集中して配置していた。1905年、山本悌二郎所長以下3名の技術者がハワイ視察に出向く。その際、現地で見たハワイ糖業の効率性や規模に感銘を受け、帰国後直ちに狭軌鉄道の導入やハワイ式工場の導入を進める。さらに二つ目の後壁林工場(1907年設立)の開設にあたっては、ハワイ視察に参加した技術者の1人で工場長となった草鹿砥祐吉(1875-1961)が農場や工場だけでなく、労働者のための宿舎区の計画もハワイを範として計画した。テニスコートのあるオープンスペースや社員クラブを中心に置き、職階に従って戸建て、二戸一、長屋建ての住宅などを周辺に配置している。こうした「社宅街」は続く屏東工場(1910年設立)ではさらに拡大された。1910年代に入ると多数の日本資本が台湾に進出し、30以上の製糖工場が建設されたが、並木のあるグリッド状街区に整然と建物が並び、購買部からレクリエーション設備まで備えた社宅街は台湾における糖業プランテーションに欠かせない象徴的な景観となった。やがて台湾における製糖業の成長の限界が認識され、新高製糖の専務であった松江春次が1920年代に南洋群島への進出を目論んだ際には、こうした台湾での経験を生かし、短期間で事業を成功に導くことができたのである。
著者
田中 康裕 鈴木 毅
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.73, no.632, pp.2107-2115, 2008-10-30 (Released:2009-10-28)
参考文献数
41
被引用文献数
2

It is important that we associate with those who are not intimate with us. To clarify where contacts with these people take place, we paid attention to acquaintances of different generation for children and youth. The purpose of this article is to clarify where children and youth contact with acquaintances of different generation. The survey of this article is questionnaire to university students. This article clarified following things. Many people whom children and youth contact are considered to be "hosts of the place", who are always at the place, who cherish the place, and who play some role there. Because "hosts of the place" are always at particular place, if children and youth want to meet them, they can go there. And even if children and youth don't intend to meet them, they meet them inevitably when they go there. And many contacts with acquaintances of different generation take place not at public places but at semi-public places.
著者
中村 豪 宇於崎 勝也 根上 彰生 小嶋 勝衛
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.73, no.634, pp.2803-2804, 2008-12-30

I am apologize that our study included a non-appropriate part. I will carry on a correction sentence in this paper.
著者
上 なつき
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.80, no.716, pp.2355-2363, 2015 (Released:2015-11-11)

The order is to show the role on which women carry out a residence by reading ceremonious factor from the banquet of Yuan Xiao Jie of the annual event in “Jin Ping Mei”. Regarding the banquet of this annual event as a series of ceremonious acts by women in the each space in the residence, the series of ceremonious acts is a ceremony to pray a year's happiness. By completing this ceremony, women support the success of XimenQing and his family.
著者
川添 善行
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.79, no.701, pp.1577-1582, 2014-07-30 (Released:2014-09-30)
参考文献数
13

The aim of this paper is to clarify the spatial structure of the symbol grave and the burial grave in villages with the double grave system. This paper is composed of three main chapters. 1) Analyzing the location of the symbol grave and the relationship between its location and distance was clarified. 2) Analyzing the location of the burial grave in a village and the relationship between its location and spatial axis was clarified. 3) Analyzing the location of the burial grave and the symbol grave, and the space model of villages with the double grave system was clarified.
著者
和田 康由 寺内 信
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.62, no.499, pp.155-162, 1997
被引用文献数
1

This paper deals with the role of housing development by estate campanies, through the case of Kansai Tochi Co. Ltd., which were founded in the middle of Taisho era. Tomosaburo TAKEHARA, the President of Kansai Tochi Co. Ltd., former a stock broker, was actively engaged in the housing enterprises by merging many estate companies, and the way of his housing management was to speculate in the housing estates as if they had been the stocks. He not only took over the business of merged estate companies but employed excellent managers and architects. Especially, Ohmino Den-en Toshi which had been developed by Kansai Tochi Co. Ltd. and MORISHOUJI District in Osaka City which was the project of a land readjustment system, were developed into the residential areas with excellent quality. But the company was in financial difficulties because it owned too many housing estates and a balance between supply and demand couldn't be kept during the war. It disappeared unexpectedly after the war in spite of developing land remarkably.
著者
藤井 さやか 大澤 昭彦 小泉 秀樹 中井 検裕 中西 正彦
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.73, no.634, pp.2801-2802, 2008-12-30

There are two published refereed papers on Height Limitation of Building by Highest Limited Height Control Zone. Your paper contains many similarities with these papers. The similarities are not only same writings but also analytical flames and tables that those papers investigated. The question is raised why these papers are not listed as references on your paper.
著者
鳥海 基樹
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.78, no.692, pp.2143-2152, 2013-10-30 (Released:2014-07-10)
参考文献数
21

The president of the French Republic declared in 2007 to put its capital region planning in his control with a name of <Grand Paris>. Thus the construction of a railway loop line with some particular clusters (CDT) was legislated in 2010. For the governance of this large area, an opinion exchange platform (Paris Metropole) was created in 2009 by the initiative of the Mayor of Paris in place of a merger. The project initially including a research cluster on the plateau de Saclay is today extended to Le Havre to connect the capital with its main port (Seine Gateway).
著者
安 道永
出版者
Architectural Institute of Japan
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.77, no.678, pp.1991-1996, 2012

The purpose of this study is to clarify the taste of painter's residence in the suburbs in Kyoto at the late Edo period.<br>There were about ninety painters, who lived in the suburbs by the directory published in Kyoto at the late Edo period.<br>This study researched on the transition of address, activities of execution, etc., about the painters who proved at that time, Ikeno Taiga, Hara Zaityu, Ganku, Tanaka Totugen, Nakabayashi Tikudo, and Hine Taizan.<br>The painter's residence in the suburbs was clarified. In short, it had the elements:<br>(1) Lead a full work<br>(2) Retirement's place<br>(3) Health resort
著者
トモリ アキラ 鈴木 宏隆 浦山 益郎
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.70, no.598, pp.87-94, 2005
被引用文献数
1 1

1.研究の背景・目的 ため池は灌漑用に築造された農業用施設である。都市化に伴い、多くのため池は灌漑用水としての利水機能を失いつつある。しかし、利水機能だけでなく治水機能、オープンスペース機能、余暇のための空間提供機能、動植物生息機能など多面的な機能をもっており、都市環境の質的向上に資する可能性をもっている。ため池に関する研究としては、灌漑施設としての水管理に関するもの、老朽ため池の整備に関するもの、ため池の分布や都市化によるため池の改廃に関するものが多い^<2)〜6)>。ため池を都市の環境資源としてみた研究は、中山^<7)>、浦山ら^<1)>、客野ら^<8)>など少ない。また、ため池の水辺における使われ方を分析したものは森ら^<9)>程度であり、都市環境資源としてため池を活用するための設計指針は少ない。そこで、本研究ではため池を活用した公園整備のための知見を得ることを目的に、ため池のある公園とない公園の利用実態を調査し、特にため池の水辺で行われる余暇活動の特徴について明らかにしようとしたものである。2.研究の方法 名古屋市内のため池のある細口池公園とため池のない植田中央公園(図1)を対象に、2004年10月の平日と休日に観察調査とインタビュー方式のアンケート調査を行った(表1・2)。細口池公園は地区公園、植田中央公園は近隣公園に指定されているが、住宅地と中学校が隣接しており、遊歩道、プレイグラウンド、プレイフィールドなど同様の施設をもっていること、両ため池とも近隣からの利用者が多いことなど類似性が高い。相違点としては、公園の規模、ため池の有無である。3.両公園における余暇活動 1)余暇活動の種類 両公園の利用実態を把握するため、散歩、動的活動(ジョギング・スポーツ・友達と遊ぶ・子供と遊ぶ・虫取り)、静的活動(休憩、食事・ピクニック・読書・おしやべり・デート昼寝・緑を眺める・花を眺める・池を眺める・鳥を眺める・動物を眺める・虫を眺める)の3種類に分けて、午前6時から午後5時40分の間、20分ごとに活動位置を地図上にプロットした。細口池公園では休日に延べ4463、平日に延べ1607、植田中央公園では休日に延べ3040、平日に延べ1768の活動が観察できた。両公園ともに休日の利用が多い。また、ため池のある細口池公園では散歩が多いことがわかった。2)余暇活動の種類別に見た空間特性図6のようにゾーンごとに余暇活動を集計した結果、プレイフィールドとプレイグラウンドでは、両公園とも動的行為が集中していた。両公園の違いは、遊歩道を含む堤防エリアにみられた。細口池公園の堤防(水辺空間)では散歩や静的活動、動的活動が多様に行われていた。また、散歩の活動数は植田中央公園周辺の堤防エリアに比べると約3倍もあり、ため池の水辺には利用者が多いこと、利用時間が長いことを示している。4.余暇活動の類型化とその特徴 1)両公園における活動 公園の利用内容を把握するために、表2の選択肢を用意して、インタビュー方式によって複数選択の回答を求めた。両公園の相違点は、細口池公園に散歩および景観を享受する行為である緑を眺める、花を眺める、池を眺める、鳥を眺める等の静的活動が多いことである。一方、植田中央公園では、広いプレイフィールドがあることからスポーツと子供と遊ぶという利用内容が多かった。2)活動の類型化 利用内容21項目をクラスター分析した結果、表3のように7つに類型化できた。類型1(散歩)と類型2(スポーツ)は単一目的の活動類型である。類型3は、散歩+花を眺める、類型4散歩+緑+池を眺める、類型5は散歩+緑+花+池+鳥を眺める、類型6は散歩+おしゃべりのように、複数の活動を行っている類型である。類型7はその他である。類型3〜5(散歩しながら周囲を眺める行為)は、ため池のある細口池公園に特化した余暇活動であることが注目される。3)類型別に見た活動の特徴 活動類型別に利用者属性をみた(表4)。類型1と類型3〜6は、50才代・60才代の中高年齢層が毎日あるいは週に数回、一人で行う日課的な余暇活動であり、細口池公園に多い類型である。一方、類型2と7は若い層が多く、週に数回あるいは月に数回訪れるような余暇活動であり、植田中央公園に多い活動類型であった。4)類型別に見た公園を利用する理由 細口池公園に多い類型1および類型3〜6には、「周辺に緑が多いから」や「鳥や花があるから」を選択するものが多く、散歩できる機能と同時にため池の景観機能を求めてやって来る類型ということができる。5.結論 1)公園内に設けられた施設(プレイフィールドとプレイグラウンド)は動的目的の活動に利用されている。2)ため池周辺の水辺空間は散歩によく使われている。同時に静的活動にも動的活動にも多様に利用されている。3)公園の使われ方を活動の組み合わせによって類型化すると単一目的2つ、多目的の利用5つの合計7つに類型化できた。4)類型1、類型2、類型6と類型7は両公園でみられたが、散歩しながら周辺を眺める活動である類型3〜5はため池のある細口池公園に特化した利用であった。5)類型3〜5の利用理由は、「周辺に緑が多いから」、「花や鳥があるから」と「水面があるから」などため池のもつ特性を享受しようとしたものである。6)以上のことから、ため池を活かした公園整備をするということは、これらため池のもつ便益を享受できるような利用を可能にすることということができる。
著者
田中 康裕 鈴木 毅 松原 茂樹 奥 俊信 木多 道宏
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.72, no.614, pp.113-120, 2007
被引用文献数
6 7

This article studies the openness of Community-Cafes by means of analysis of the narratives described by 3 masters. In this article, the openness of the place is defined as follows: It is a place where people can enter freely, but also can be and interact with other people if they want. This article clarifies 10 aspects of the openness of Community-Cafe. 3 managers have their own thought about the management, relationship and interaction. But there are many common aspects in their thought. And the relationships that the manager has formed with people enable some aspects of the openness to appear.
著者
井澗 裕 角 幸博
出版者
Architectural Institute of Japan
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.68, no.571, pp.121-128, 2003-09-30 (Released:2017-02-09)
参考文献数
17

ユジノ-サハリンスク市は、1905年から1945年までは豊原と呼ばれ、日木統治下の南サハリンにおける中心都市であった。そのため、市内には当時の建造物が数多く残されている。その現存状況については1996年から予備的調査を実施し、72件の建造物(群)については日本建築学会技術報告集第5号にも報告したが、短期間での調査のために未調査地域や誤謬も多かった。そのような事情を踏まえて、第1回小渕フェローシップにおける派遣研究活動および文部科学省科学研究費基盤研究(B)(2)「南サハリンにおける日本統治期(1905-1947)の建造物に関する広域実態調査」の一環として、ユジノ-サハリンスク全市域を対象とした建造物状況の再調査を2001年度に実施し、43の建築物群、総数93件の日本期建造物についてその状況を把握した。本稿はその概要を報告するものである。サハリンでの建造物調査においては日本の建造物を判別する方法が難しく、前回の調査ではこれを確立できなかったが、ここでは以下に挙げる3つのうち、いずれかを満たすものを日本期建造物と判断した。1)当時の地図・図版や写真から日本期建造物と判断されるもの、2)日本期建造物を特徴付けるような、ロシア建築には見られない部材や構造的特徴をもつもの、3)旧豊原市の居住者やユジノ-サハリンスク居住歴の長いロシア人の知識人など、日本期建造物に関して知識を有している人物から複数の証言が得られたもの。判明した43の日本期建造物(群)は、便宜上旧建築用途によって官庁建築・産業施設・商業建築・宗教建築・上木建造物と記念碑の5つに分類して概説した。日本期の官庁建築には日ソ交替期にソ連軍に接収され、現在あるいは近年まで軍事施設として利用されているものが多く、管理や修繕が比較的行き届いたものが多い。とりわけ樺太庁技師貝塚良雄の設計による旧樺太庁中央試験所本館(P-5, 1933年)・同温室(P-6,1934年)・旧樺太庁会議室(P-8, 1935年)・旧樺太庁博物館(P-9, 1937年)などは、全体的なプロポーション細部意匠の巧みさや施工精度の高さで注目すべき存在である。産業施設群にはサハリンにおける近代工場の嚆矢である旧樺太庁豊原乾溜工場(I-1, 1911年)のほか、旧王子製紙豊原工場(I-3, 1917年)、旧樺太製糖豊原工場(I-4, 1931年)などサハリンの近代化を語る上で無視できないものが多い。ただいずれの工場も軍事施設、機械修理工場、製菓工場に転用されており、日本期の状態を回復することは難しい。商業建築の中では旧北海道拓殖銀行豊原支店(C-1, 1931年)が白眉であり、現在はユジノ-サハリンスク美術館に転用されているが、この他にもあわせて3件の店舗・店蔵の現存が確認された。サハリン全域でも商業建築の現存例はほとんどないため貴重である。ユジノ-サハリンスクの日本期住宅は製紙工場・製糖工場の社宅群や樺太庁官舎群など数の上では多くの建造物が現存するが、いくつかの例外を除けば良好な状態とはいえない。また、外壁・開口部・屋根部材のいずれもがロシア風の部材に改変されているため、古い木造住宅はソ連時代のものとの識別が大変に難しい。しかしながら、サハリン各地にある全半壊した日本期住宅群を調査する限り、主要な柱や基礎部分にはほとんど改変が見られないため、同様の手法で改変されたと見られる木造住宅群をここではロシア化された日本期建築(Russianized Japanese Buildings)として調査対象に加えた。住宅建築の中では旧樺太庁部長官舎(H-3)や旧樺太庁拓殖学校校長官舎(H-10)の現存状態が良好であることが注目される。宗教建築についてはSamarin, I. A.の研究があり、校倉造に似せたコンクリート造の旧樺太神社宝物殿(R-5, 1940年?)と権現造の旧招魂社本殿基礎(R-4)が歴史的建造物として知られている。また、サハリン各地に現存している奉安殿がユジノ-サハリンスク市内には1件も存在しないことも特徴的である。土木建造物としては、コンクリート造の橋が2件現存している(M-1, M-2)。また、旧師範学校寄宿舎(S3)、旧樺太庁鉄道事務所職員官舎群(S-2)など日本期建造物群の可能眩か高い5件の建造物(群)については、確証を得られなかった建造物群(suspected Japanese buildings)として別記した。これらの確認は今後の課題としたい。ユジノ-サハリンスク市内にはあわせて90件以上の日本期建造物の現存が明らかになったが、この数字の評価は難しい。なぜなら、中国東北部や朝鮮半島、台湾といった他の旧海外植民地と比較するなら大きな数字ではないが、都市の起源・発展経緯・人口・規模において類似点の多い、稚内(2件)・北見(6件)・釧路(1件)・根室(6件)といった北海道北部あるいは東部の諸都市に比べて、むしろ恵まれた部類に属する。とりわけ、サハリンスカヤ通(旧真岡通)を中心とした旧市街地北部には、旧樺太守備隊の建築群や旧王子製紙工場施設群を中心として日本期建造物が集中しており、歴史的建築物群としての価値も十分に有している。しかしながら、現在のロシアではこうした建造物群に対する法的保護を図ることは難しい。ユジノ-サハリンスク市内で歴史的建造物として認知されているものは、旧樺太庁博物館や旧北海道拓殖銀行豊原支店などわずか6件のみである。しかしながら、ロシア側と日本側が協力体制を深めてこれら日本期建造物の保護に努めることは、両国の友好関係や相互理解の深化にとっても有効な方策であろう。
著者
山崎 幹泰
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.65, no.535, pp.239-245, 2000-09-30 (Released:2017-02-03)
参考文献数
41
被引用文献数
1 1

The Restration of Todai-ji Daibutsu-den in the Meiji Era began in 1891 and was completed in 1913. The design of restoration changed many times, but the last they designed "Katetsutyu", it put steels into wooden pillars and fasten steel truss. This paper introduces these designs, and analyzes the last plan based on 1) the plan of wooden truss designed by Suketaro Kagotani and others, and 2) the hoop-iron construction it was also known as Tsumakishiki-koho. It is the transitional technique in the first stage of introducing steel structures to Japan.