著者
川口 朋子
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.76, no.666, pp.1509-1515, 2011-08-30 (Released:2012-01-13)

This study aims to investigate and clarify the procedure of building evacuation projects implemented in the Japanese cities toward the end of the WW II. First, before March 1945, the Japanese government's insufficient acknowledgement of the damages inflicted by air raids upon cities resulted in little progress in evacuating buildings anywhere in the country, except in Tokyo. Second, comparison between the Tokyo and Kyoto cases after the massive destruction by air attacks in March 1945 revealed a change in the purpose and method of evacuation. Consequently, after the change, the evacuation appeared to be almost an auto-destruction of urban areas.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

1943年12月に都市疎開実施要項が決定され、東京をはじめ港湾都市 軍事都市や重工業都市に指定された12都市が優先的対象とされました 建物は移動できませんが、工場内部の工具や設備一式が移転先の空き 建造物やトンネルなども利用されて移転されました サイパン島陥落以降は疎開も急がされ、疎開作業は終戦の間際まで 継続して行われていましたが燃料の枯渇や熟練労働者が第一線の戦闘 に供出されてしまい、女性 ...

Twitter (4 users, 4 posts, 6 favorites)

『戦争中の暮らしの記録』(https://t.co/qRXUigAWyB)の134ページには、建物疎開作業で建物を引き倒す九五式軽戦車の写真が掲載されている。出典は朝日新聞だが場所の記載はない。こちらのブログ(https://t.co/ninwH7yP2f)や論文(https://t.co/LbZDJuCJSx)によれば、東京や京都で事例があるようだ
川口朋子「戦時下建物疎開の執行目的と経過の変容 京都の疎開事業に関する考察」先ほど挙げた本の著者による論文。こちらが発展したのが本にあたるのかなと。 https://t.co/CMEf8QwFOq

収集済み URL リスト