著者
Keisuke SASAKI Masayuki HAYASHI Takumi NARITA Michiyo MOTOYAMA Mika OE Koichi OJIMA Ikuyo NAKAJIMA Susumu MUROYA Koichi CHIKUNI Katsuhiro AIKAWA Yasuyuki IDE Naoto NAKANISHI Nobuaki SUZUKI Shigeru SHIOYA Akio TAKENAKA
出版者
(社)日本農芸化学会
雑誌
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (ISSN:09168451)
巻号頁・発行日
(Released:2012-08-07)
被引用文献数
0 or 7

This study examined the accumulation and tissue distribution of radioactive cesium nuclides in Japanese Black beef heifers raised on roughage contaminated with radioactive fallout due to the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station on March 2011. Radiocesium feeding increased both 134Cs and 137Cs levels in all tissues tested. The kidney had the highest level and subcutaneous adipose had the lowest of radioactive cesium in the tissues. Different radioactive cesium levels were not found among parts of the muscles. These results indicate that radiocesium accumulated highly in the kidney and homogenously in the skeletal muscles in the heifers.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (131 users, 180 posts, 120 favorites)

被災ウシの体内の放射性セシウム分布の先行論文には東北大福本研(和文)http://t.co/RLzUr6ToIB や農研機構畜産草地研究所(英文)http://t.co/HIEkib2QBF 今回の岩手大論文http://t.co/hljL3BooBM の本文を見て比較したい
東北大福本グループ以外にも、農研機構(農業・食品産業技術総合研究機構)がセシウムで汚染された牧草を黒毛和牛に与えて体内のセシウム分布を調べた論文https://t.co/Al3a5soW を出していま.. http://t.co/AlvfKKij
農研機構の論文 https://t.co/k2fS5cU8 にも少しだけそんな話が書かれてますね。Short-term…の箇所。 RT @sitesirius: @み 摂取後の時間経過で137Csの分布が変化する、というのを見たことがあります。→マウスの場合 #NUKEjp
統計処理にものすごい不安が… https://t.co/msVtCXfJ
132mTeが高濃縮?! #NUKEjp QT @miakiza20100906: 骨格筋、心臓、腎臓のCs濃度比率が思い切り矛盾してるように見える2つ https://t.co/hbticak5 http://t.co/ywNb0ckT  両調査で牛のCs汚染度が大きく違…
骨格筋、心臓、腎臓のCs濃度比率が思い切り矛盾してるように見える2つ https://t.co/k2fS5cU8 http://t.co/vFvWfezE  両調査で牛のCs汚染度が大きく違うから、単純比較はできないか。
@Jem0211 https://t.co/dNtgvqzL ぼくが見ていたのはこちらです。
放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響?: 農研機構による黒毛和牛の放射性セシウム分布では腎臓へ顕著な蓄積-> http://t.co/3TOTYpPC バンダジェフスキー博士論文は批判もあるが、突然死の 89%が腎臓破壊-> http://t.co/RDTa16Bh
論文(無料!): 黒毛和牛(雌牛)の組織中の放射性セシウム分布 http://t.co/a9ZN8rLW  農研機構による。最も高濃度のCsが検出された組織は腎臓(筋肉の約2倍)、次が心臓(筋肉の1.3倍前後)。筋肉にはほぼ一様に分布し、皮下脂肪では低濃度だった。 #hibaku

収集済み URL リスト