みーゆ@リケニャ (@miakiza20100906)

投稿一覧(最新100件)

論文(無料,日本語): 自然環境下において放射性セシウム濃度が低いキノコの種類の推定 https://t.co/CqH7WikMe2  2017年、田上(放医研)ら。自然環境下で育てた43種類の野生キノコの137Cs濃度に着目し、放射性Cs濃度が低い種類を推定した。
論文(無料、日本語): 福島第一原子力発電所事故から5年を経過して農業面で何が分かってきたのか ― 東大大学院農学生命科学研究科の放射能汚染調査を中心に https://t.co/4vhHYtoj31  2017年、中西友子(東大)。
論文(無料,日本語): 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う福島の住民における人の分断 https://t.co/LPWpJp8Gh9  2013年、杉浦広幸(福島学院大学 短期大学部)。大震災直後からの貴重な記録。今まで見逃していた論文。
論文メモ。有料: 明治時代以降の辞典における「安全」と「安心」の語釈 https://t.co/L2ucAXJpYd  2016年、村上道夫(福島医大)。日本リスク研究学会誌。
論文(無料): 廃棄物埋立地における放射性セシウムに対する土壌吸脱着特性とその影響因子 https://t.co/krAktkEHTa  2017年、石森(国立環境研)ら。日本語。
論文(無料): コナラ落葉に含まれる放射性セシウムの空間分布に斜面方位と落葉量が与える影響 https://t.co/cx0pYsjft9  2017年、直江(森林総研)ら。2011~2年の茨城県北端のコナラ落葉について。京大、東京農工大の研究者らとの共同調査。日本語。
論文(無料): 東日本大震災後における生活習慣病のリスクがある避難者への電話支援による調査票への回答および医療機関受診の効果: 福島県県民健康調査 https://t.co/jZ7T5kEgha  2017年、堀越直子(福島医大)ら。本文も日本語。「県民健康調査」関連。
論文(無料): 福島周辺の家屋の内外におけるγ線スペクトルの評価 https://t.co/SvxOC8Mut3  2016年、谷村(JAEA)ら。JAEAと南相馬除染研究所の共同調査。室内外での Cs の直接線と散乱線の寄与割合について。2013年の南相馬市での調査。
論文(無料): 原子力事故直後における食品等の供給実態と課題について https://t.co/oOoL0IfJil  2017年、平川(三菱総研)ら。最終著者は鈴木元(国際医療福祉大学)。本文は英語。
東京電力株式会社福島第一原子力発電所及び広島に投下された原子爆弾から放出された放射性物質に関する試算値について◆経産省 https://t.co/9ZLBjziR2L  国会図書館のページより。この辺りの資料も、もう国会図書館にしかないのか。
あるいは、本職の専門家の論文がよろしければ、例えば無料のこれ https://t.co/ZOAQo7GB3m などいかがでしょうか。これら全ての資料に Bq/h もしくは Bq/時 という単位が出てきます。 @konamih
書き損じだろうけれど、1 https://t.co/GYZJENOF8H の「…95% 信頼区間の下限値が 0 Gy を含んでいたこと(つまり,しきい線量がないことを示していたこと)」は、「…しきい線量がない可能性を示していたこと」の間違いでしょう。
水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 4 https://t.co/FgvxVJq6K3 ,5 https://t.co/Nx9SpYqE3b ,6 https://t.co/CS7HD1GglD  すべて赤羽(放医研)ら。
水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 4 https://t.co/FgvxVJq6K3 ,5 https://t.co/Nx9SpYqE3b ,6 https://t.co/CS7HD1GglD  すべて赤羽(放医研)ら。
水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 4 https://t.co/FgvxVJq6K3 ,5 https://t.co/Nx9SpYqE3b ,6 https://t.co/CS7HD1GglD  すべて赤羽(放医研)ら。
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
RT @sinwanohate: 書評「開沼博著『「フクシマ」論―原子力ムラはなぜ生まれたのか』 https://t.co/o5upqZOfCe 「著者の調査論の根本的な問題。自分がもっていたものを裏切るようなデータに出くわし、そこから論を構成することもなく、演繹的にデータが…
論文(無料): 緊急作業従事期間中の被曝線量管理の見直し https://t.co/78hCR9qqPO  前田光哉(環境省)。正式出版前の原稿。
若干、記憶が曖昧になってきているので読み直し。論文(無料)「防災指針における飲食物摂取制限指標の改定について」 https://t.co/3VNe2SMWKN  2000年、須賀新一、市川龍資。防災指針で仮定されている核種比(Sr-90/Cs-137 等)などについて。
論文(無料,重要): 福島第一原子力発電所事故により放射性テルルで汚染された白米の経口摂取による預託実効線量 https://t.co/AyiA2icbne  2016年、藤原(京大)ら。特に、半減期が比較的長い Te-127m と Te-129m による内部被ばくについて。
解説論文(無料): 走行サーベイによる環境放射線レベルの評価―青森県全域における調査概要 日本語 https://t.co/tmgFHgCpgU ,英語 https://t.co/CqoBXbptlb  2016年、細田(Hosoda.弘前大)ら。床次眞司ら参加。英語版はカラー。
解説論文(無料): 走行サーベイによる環境放射線レベルの評価―青森県全域における調査概要 日本語 https://t.co/tmgFHgCpgU ,英語 https://t.co/CqoBXbptlb  2016年、細田(Hosoda.弘前大)ら。床次眞司ら参加。英語版はカラー。
論文メモ。無料: 自然放射線のリスクはどれほどか https://t.co/8fPAf3NUtv  2016年、下(藤田保健衛生大)。『保健物理』誌の「話題」に出されたもの。Kendall(英国)らや Spycher(スイス)らの疫学調査の論文は引用していない。
論文メモ。有料。内容不明: 高エネルギー表面を反応場としたプルシアンブルー合成による放射性セシウム除去フィルターの開発 https://t.co/MSGTN2LjHx  2016年、吉田(首都大学東京)。日本家政学会誌。
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/wd7dHkr592 https://t.co/gJB7PVZaKi https://t.co/En4wy1iLbL https://t.co/sv4qcUQtSd @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @DonnieTheDutch @kikumaco
日本原子力学会誌の論文例(無料) https://t.co/nLVcmdBzCY https://t.co/1Wt8bR8sVf https://t.co/j87tTRJ2Ch https://t.co/9plsuPx56e @DonnieTheDutch @kikumaco
分化型甲状腺がんについて、ヨウ素リッチとヨウ素欠乏で、組織学上は違いが現れる https://t.co/jUNACalggf https://t.co/qyfygwIZLZ が、遺伝子変異には差が見られない? https://t.co/pCEh4qyQMe  本当?
解説論文(無料): RI 内用療法の将来展望と提言 https://t.co/EsNuVaKpe1  2016年、東達也(放医研)ら、異なる機関の6名。色々と勉強になりそう。 要旨の冒頭は「我が国では急激な甲状腺癌の増加やRI 内用療法施設の実稼働ベッド数の減少などから…」。
RT @y_morigucci: 理系ねこさんのTwで知った千葉県環境研究Cによる論文。https://t.co/apriIJwg4s 調査対象の手賀沼流域の調整池のうち2か所には何度か足を運びました。@net2ml さんらと交わしたTwのまとめは2012年2月。https:/…
甲状腺がんの組織型(普通の乳頭癌か、特殊な乳頭癌か)と被ばく量と天然ヨウ素の摂取状況。論文3つ。2008年 https://t.co/sKXrK5DgHG ,2014年 https://t.co/sG8haO26Xt ,2015年 https://t.co/YVrnB2SJlG
RT @tcv2catnap: 除本さんの論文こっちだ。 戦後日本の公害問題と福島原発事故 https://t.co/DQRFGfqBw6
RT @shigekzishihara: 三浦ほか(2015) 東日本大震災時のネガティブ感情反応表出─大規模データによる検討─,心理学研究, 86(2),102-111 https://t.co/gEP0FIoG8H Tay問題,twitterなのでこの研究のようにきめ細かく…
論文(無料): 福島県での甲状腺超音波検査のプロトコルとベースライン予備調査の結果 https://t.co/LZFZIbH3DM  2016年、Suzuki(福島医大)ら。鈴木眞一、山下俊一らによる。福島県「県民健康調査」甲状腺検査の一巡目について。
論文(無料): リンゴ園および果実における放射性セシウム濃度に及ぼす地表面管理の影響 https://t.co/v3HacQFH2i  2016年、草塲新之助(農研機構)ら。福島県などとの共同調査。本文は英語。
論文(無料): 福島第一原子力発電所事故に絡む環境アクチニド元素諸核種 https://t.co/jbdC7L27K3  2015年、山本政儀(金沢大)ら。プルトニウム、ウラン、アメリシウム、キュリウムについて。Pu-239,240/Cs-137 は 10^-7 程度など。
論文(無料): 森林から河川水系を移動する放射性セシウムの環境動態研究の現状 https://t.co/IuKrpSuHby  2015年、飯島和毅(JAEA福島環境安全センター)。本文は日本語。
論文(無料): 時系列式セジメントトラップによる原子力発電所事故由来の粒状態放射性核種の挙動に関する観測研究 https://t.co/iGQDOV9PXr  2015年、本多牧生(海洋研)。海の汚染の話。本文は日本語。
解説論文(無料): CTを中心とする医療放射線被ばくの発がんリスクについて https://t.co/PeLVGbHVZh  2015年、星野智祥(やまと在宅診療所登米)。Pearce(英 2012年)や Mathews(豪 2013年)らの疫学調査の論文も引用。
論文(無料): 2011年東北地方太平洋沖地震の津波シミュレーション解析: 津波波源モデルの違いによる福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所施設周辺に作用する津波波力の差異の評価 https://t.co/Q919rQDWB5  2015年、藤原了(伊藤忠TS)ら。日本語。
論文メモ。有料: 福島第一原発事故後の放射線環境におけるカラ類の蘚類を用いた巣の放射性セシウム濃度 https://t.co/rFuNG2E8z2  2015年、松井 晋(IRSN,立教大)ら。『日本鳥学会誌』。
論文メモ。有料: 福島市小鳥の森の2003年から10年間の鳥類相の変遷と各種鳥類の生態的特徴 https://t.co/Iy1PJoqnnL  2015年、五十嵐 悟(福島市小鳥の森)ら。『日本鳥学会誌』。
論文(有料): 福島第一原子力発電所事故後のスズメ目鳥類における生活史段階に応じた吸収線量率の評価 https://t.co/bZGG6YCT5p  2015年、Sternalski(IRSN)ら。立教大、筑波大の研究者らとの共同調査。ヤマガラ、スズメ、カワラヒワ、シジュウカラ。
無料の解説論文: 誤った直線閾値なしモデルの頑迷な適用による膨大な人的,社会的,経済的な損失 https://t.co/0YIGupNVC5  2015年、須藤鎮世。氏は SARI メンバー。参考文献が Doss、Tanooka、Cohen 等と実にくだらないので、読む必要なし。
論文(無料): 福島第一原子力発電所事故後のクワにおけるセシウム-137の部位別濃度とカリ液肥の樹体散布の影響 https://t.co/ihUH8F0E97  2015年、原田直樹(新潟大)ら。「…実用技術とするには不十分と判断された」。
論文(無料): 休眠期に放射性セシウム汚染されたモモおよびカキにおける高圧洗浄機を用いた樹皮除染の効果 https://t.co/V9eTSZF6cJ  2015年、佐藤(福島県農業総合センター果樹研究所)ら。東北大、東大、学習院大のグループとの共同調査。本文は英語。
解説論文(無料): 粘土鉱物とゼオライトにおけるセシウムの吸着挙動: 第一原理計算から見るその微視的機構 https://t.co/AgdIiBMZiJ  2013年、奥村(JAEA)ら。本文は日本語。
論文(無料): 除染された水田中の放射線セシウムに関する動解析 https://t.co/JadmKWlk8M  2015年、Shin(農研機構)ら。特に、灌漑水中のセシウムの状態とその影響について。
論文メモ。有料: 福島の現状と超電導磁気分離システムを利用した除染技術 https://t.co/uFrEd84tVb  2015年、西嶋茂宏(阪大)ら。『電気学会論文誌B』誌。
論文(無料): 福島原発事故後の牛肉の放射線モニタリング調査の効率について https://t.co/5xGdVkzVkA  2015年、Shimura(国立保健医療科学院)ら。 無料、英語。
論文メモ。無料、日本語: 放射性plume 軌跡のためのシミュレータ開発 https://t.co/6zBDTyX0Oe  2015年、青山智夫(筑波大)ら。講演論文。
論文(無料): 安定ヨウ素剤投与時期の131I甲状腺摂取率抑制効果の評価~体内動態モデルによる日本人を対象とした計算~ https://t.co/ZiF8wL9K71  2014年、谷(東大)ら。小佐古敏荘ら参加。安定ヨウ素剤の摂取時期と被ばく量の低減効果について。図が荒い…。
論文(無料): 日本人尿中ヨード排泄量の年代差 https://t.co/4J0jT5N4Rw  1994年、石突ら。「日本人のヨード必要量 200 μg/日以下の低値発現率は20才代に 63.6 %と多く,50才代の 19 %と最低値迄漸減…」
論文(無料): 福島第一原子力発電所事故後の食品中のストロンチウム90濃度実態の調査 https://t.co/R3XXTGphiV  2015年、鍋師(国立医薬品食品衛生研究所)ら。要旨のみ日本語版あり。本文は英語。調査品目は海水魚、淡水魚、米、穀類、マメ、牛肉、キノコなど。
論文(Commentary、無料): 2011地震・津波・原子力災害後の福島県北東部におけるメンタルヘルス危機 https://t.co/l1dlDmOlgY  2015年、Fukunaga(相馬総合病院)ら。相双地域での中長期的な医療支援の必要性について。

104 0 0 0 OA シンポジウム

講演要旨: 福島県における小児甲状腺癌治療の実際 https://t.co/bRZQDduvI8 (PDF) 中村泉,鈴木眞一(福島医大)ら。第27回日本内分泌外科学会総会(2015年5月)で公表されたもの。
論文(無料,日本語): 飯舘村除染圃場で試験栽培した水稲の放射性セシウム濃度 https://t.co/9tVC7ucAPc  2015年、伊井一夫(ふくしま再生の会)ら。東大グループなどとの共同調査。とくに、除染とカリウム施肥の効果について。
論文(無料,日本語): 甲状腺分化癌 高リスク群における甲状腺全摘術後の外来 I-131 内用療法の経験 https://t.co/nVMe4hZK8t  2015年、岩井(関西医科大学附属滝井病院)ら。同病院の 19 例についての報告。
論文(無料): GSJ におけるエアロゾル中放射性核種の2013年観測と再飛散に関する検討 https://t.co/yTdJJnYJel  2015年、金井豊(産総研)。日本語。『地質調査研究報告』。
論文(有料): 福島事故から学んだこと―被ばくのリスクと管理における主要な問題は何か https://t.co/U6kGWr4nZU  2014年、Kai(甲斐倫明。大分県立看護科学大学)。本文未確認。
論文(有料): 福島原発事故と細胞診 https://t.co/ebdGrDeKV4  2014年、坂本穆彦(福島医大)ら。“…原発事故に対してとりくまれている健康管理調査の中で甲状腺細胞診が果たしている役割について紹介する” とのこと。日本臨床細胞学会雑誌。有料…。
論文メモ。無料、日本語: 放射性Cs汚染地域におけるエネルギー作物生産およびガス化発電利用に関する基礎検討とケーススタディ https://t.co/6fCAmMi3Vy  2015年、松本(三菱重工)ら。
論文(無料): 環境γ線線量測定における宇宙線の寄与 https://t.co/7D1tq4pEOB  1996年、日本分析センター。
論文(無料): 小児と青年における甲状腺結節性病変の有病率 https://t.co/7xzdnCfOwW  2014年、Shimura(福島医大)ら。鈴木眞一、山下俊一ら参加。 福島県「県民健康調査」の調査結果(嚢胞、結節、がん)について。講演論文と思われる。
同論文集より: 被災地域住民及び隣接地域住民の甲状腺モニタリングのあり方について https://t.co/w9tlV70JH7  2011年、西澤邦秀(名古屋大),伊藤茂樹(熊本大)。 被ばく量の直接測定(喉元に線量計を当てる)について。
論文(無料): 連載講座のねらいと概要 https://t.co/QAS109Ozxi , 放射線防護で用いられる線量の意味と特徴 https://t.co/G4DEUuvtCj  2014年、斎藤公明(JAEA)ら。同じ解説シリーズの1と2。
論文(無料): 連載講座のねらいと概要 https://t.co/QAS109Ozxi , 放射線防護で用いられる線量の意味と特徴 https://t.co/G4DEUuvtCj  2014年、斎藤公明(JAEA)ら。同じ解説シリーズの1と2。
論文(無料,有用): 環境γ線の特徴と被ばく線量との関係 https://t.co/HUUMkrOudf  2014年、斎藤公明,遠藤章。JAEAの本職2人による解説。「空間線量率の測定値と被ばく線量の関係」など。
論文(無料): 超音波による幼児から青年までの甲状腺体積の測定―県民健康調査 https://t.co/6R9vMoz6Ec  2015年、Suzuki(福医大)。鈴木眞一、山下俊一ら参加。甲状腺被ばく量や癌リスクの推定でも重要になる甲状腺体積(と質量)の測定法と評価結果。重要。
流体力学の「簡単のため」 https://t.co/vcbWls1TMl (PDF), http://t.co/bgAYzax7Bm (PDF), http://t.co/ruVJclOMuL (PDF) こちらも、いたって普通に。
流体力学の「簡単のため」 https://t.co/vcbWls1TMl (PDF), http://t.co/bgAYzax7Bm (PDF), http://t.co/ruVJclOMuL (PDF) こちらも、いたって普通に。
Sr-90/Cs-137 = 0.1 と仮定。「防災指針における飲食物摂取制限指標の改定について」 https://t.co/fUZZFgfv7b (須賀ら,2000年)の 452~453 ページあたり。 @irukatodouro
論文(無料): 福島第一原子力発電所事故後の大気中放射性物質濃度測定結果に基づく線量の評価 東海村周辺住民を対象として https://t.co/8IkFryMGYm  2013年、竹安(JAEA)ら。 あり方会議「中間取りまとめ(案)」の参考文献 [20]。
科研費の 25257508 は、山下俊一さんらの「チェルノブイリ原発事故後の放射線発がんリスク分子疫学調査研究」 https://t.co/v2qqzl65wb  この研究の一環として出された論文。 @miakiza20100906
…TSH-suppressive therapy receiving or not Calcium-D3 supplementation https://t.co/Logi3J3Vpy  2014年、Leonova ら。ベラルーシ・長崎大原研・ドイツの共同調査。
論文(無料): 避難地域住民の白血球・好中球・リンパ球カウント―福島県「県民健康調査」 https://t.co/5fU74hmJ9u  2014年、Sakai(福島医大)ら。2011年6月~2012年3月の血液検査の結果について。対象は浪江、川俣、飯舘などの20歳以上。
論文(有料): 電離放射線と血液がん https://t.co/tBkTk4E1Cg  2014年、坂井晃(福島県立医科大学 医学部放射線生命科学講座)。 有料かつ要旨未掲載のため、内容分からず。
論文(無料,日本語): 高選択性吸着剤と高汚染水の除染 https://t.co/OzkntQ18Ep  2014年、三村均(東北大)。ゼオライトを主体とした選択性吸着剤の除染特性と高機能化について。 日本イオン交換学会の功績賞受賞記念論文とのこと。
総説論文(無料): 甲状腺乳頭癌の静的・動的予後因子 https://t.co/ym3L4F7IMz  2014年、Ito(隈病院)ら。 静的因子は年齢、腫瘍サイズ、転移など。動的因子は血清サイログロブリン値やサイログロブリン抗体値の変化。
論文(無料,日本語): 福島第一原子力発電所事故による放射性物質漏えいに係わる都内環境放射能測定及び被ばく線量測定 https://t.co/4ZxWbCwhkh  2011年、永川ら。産業技術研究センターによる事故直後からの大気浮遊塵測定など。これにもテルル等のデータ有り。
論文(無料): 東京湾における放射性セシウムの現状解析 https://t.co/0H1UXYo0Jf  2013年、亭島ら。日本語。
論文メモ。残念ながら有料: 放射性ヨード治療後に未分化転化再発した甲状腺乳頭癌例 https://t.co/jozCIFx2ge  2013年、平賀幸弘(山梨県立中央病院)ら。
メンテナンスのお知らせ [Server Maintenance Notice] https://t.co/Dtspzt0Jtt  J-STAGE がメンテナンス中で使えない…。
講演論文(無料): 福島原発事故と県民健康管理調査―地球規模の放射能汚染と情報汚染 https://t.co/L9MVEwaChR  2014年、山下俊一。 日本語。講演の書き起こしの模様。
ラドン温泉のホルミシス効果は、今のところ「証拠なし」 http://t.co/EBpaHzKqwE , https://t.co/vVjqlvne7n  集められた症例数が少なくて、あまり何かが言えそうな感じはしないけれど。 @ran0879
関連する論文(無料): 東日本大震災による人口移動が日本の将来の男女人口分布に与える影響 https://t.co/I319gmsVc2  2014年、濱松 由莉(東大 人類生態学教室)。
解説(無料): 米国保健物理学会 第58回年次大会参加報告 https://t.co/4vXQUEISOf (PDF) 荻野晴之(電中研),大葉隆(福島医大)。MELODI、LNT、米国100万人作業者調査など、興味深い話題が多い模様。
RT @ytkhamaoka: 保健物理12月号 無料公開「米国保健物理学会第 58 回年次大会参加報告」 https://t.co/zjm1PAdkSe 「科学的証拠がない中で,リスクを否定することや少なくみせることは,放射線防護コミュニティの信 頼性にダメージを与える」等
論文(無料,日本語): 周辺地域の汚染状況に関する詳細調査 https://t.co/2F7NNqVYvK  2011年、斎藤公明(JAEA)。福島県とその周辺の土壌調査と走行サーベイについて。著者は、この論文 https://t.co/tQ3DebbmrV の第一著者。
論文(無料,日本語): 放射性ヨウ素吸入時の甲状腺被曝線量と安定ヨウ素剤投与効果の感度解析 https://t.co/yqJc6pasqj  2001年、松永(原研)ら。放射性ヨウ素の粒子サイズなどまでを考慮した解析。
論文(無料,日本語): 放射性ヨウ素の摂取に関する日本人の内部被曝線量換算係数の試算 https://t.co/ViM6RyLKg9  1992年、外川(原研)。日本人の代謝特性を考慮した換算係数の導出。基本、モデル計算。
この Uchiyama らの論文を引用する論文等 4つ https://t.co/ViM6RyLKg9 https://t.co/yqJc6pasqj http://t.co/gst6UjUOR5 http://t.co/tjM9KCONqo  最後の論文以外は無料。
この Uchiyama らの論文を引用する論文等 4つ https://t.co/ViM6RyLKg9 https://t.co/yqJc6pasqj http://t.co/gst6UjUOR5 http://t.co/tjM9KCONqo  最後の論文以外は無料。

お気に入り一覧(最新100件)

白眉と言った論文は具体的にはこちら。 CiNii 論文 -  水俣病発生地域における差別と抑圧の論理--新潟水俣病を中心に https://t.co/srm1q5l4ea #CiNii
書評「開沼博著『「フクシマ」論―原子力ムラはなぜ生まれたのか』 https://t.co/o5upqZOfCe 「著者の調査論の根本的な問題。自分がもっていたものを裏切るようなデータに出くわし、そこから論を構成することもなく、演繹的にデータが取捨選択されて実証されている。」ww
理系ねこさんのTwで知った千葉県環境研究Cによる論文。https://t.co/apriIJwg4s 調査対象の手賀沼流域の調整池のうち2か所には何度か足を運びました。@net2ml さんらと交わしたTwのまとめは2012年2月。https://t.co/ShgFwQRMsR
除本さんの論文こっちだ。 戦後日本の公害問題と福島原発事故 https://t.co/DQRFGfqBw6
三浦ほか(2015) 東日本大震災時のネガティブ感情反応表出─大規模データによる検討─,心理学研究, 86(2),102-111 https://t.co/gEP0FIoG8H Tay問題,twitterなのでこの研究のようにきめ細かくツイートのムードを読み取ればよかったのに
保健物理12月号 無料公開「米国保健物理学会第 58 回年次大会参加報告」 https://t.co/zjm1PAdkSe 「科学的証拠がない中で,リスクを否定することや少なくみせることは,放射線防護コミュニティの信 頼性にダメージを与える」等
ご遺体の灰化調査から人体のカリウム、セシウム、ルビジウムの分布を調査した研究。http://t.co/8ducYa6B 巷に言われるKとCsの分布は等しいとは言えない。(著者はクラブの大先輩) http://t.co/Mw86yFLG

フォロー(267ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

桜島では1984~1985 年にかけて降灰による停電が頻発。湿った火山灰粒子が碍子に付着すると絶縁特性が低下し,漏電が発生したためであると考え(略)降灰経験のない地域でどの程度の対策がとられているかは把握できていない… https://t.co/AIAJw5lSqI
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…

フォロワー(3892ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Misoji_Kurou: @AKT_TR 出張で何度か使いましたが、そういえばそうでした… 軽く調べてみましたがあまり議論されてないようで意外です。下の記事ぐらいでしょうか。 https://t.co/O73yDmqqND 仰っていた駅名を入れる改善案も最後の方にあり…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ロシア帝国と広東貿易 : 19世紀初頭の東アジア海域におけるロシアの貿易構想(中村 朋美),2017 https://t.co/vAALMa4qNc
RT @hatano1113: 鳩山由紀夫元首相の1979年の論文。セイバーメトリクスへの貢献は大。四球は単打0.83本分,本塁打は単打2.25本分に相当などの興味深い知見も。鳩山(1979)「野球のOR」『オペレーションズ・リサーチ』24(4):203-212 https:/…

7 2 2 2 OA 国史大系

RT @HisadomeK: 大洗磯前神社に関して、『日本文徳天皇実録』斉衡三年十二月戊戌https://t.co/61G3ayfBFLに、神が顕現した記事が見えます。「鹿嶋郡大洗磯前有神新降。初郡民有煮海為塩者。夜半望海。光耀属天。明日有両怪石。(中略)時神憑人云。我是大奈母…
RT @sinwanohate: HPVvの症例報告:15歳女性、関節痛、全身の筋痛等。核タンパク・DNAに対する抗体が上昇、自己免疫性の全身性エリテマトーデスと診断。HPVvと自己免疫疾患の関係に注意を呼びかけています。 https://t.co/ks8wvGYNmm (PD…
RT @1031kentakai: おお、ワシが編集委員長になってからの日本微生物生態学会和文誌の公開が始まったな。「ワイの編集後記も公開せいや!星也!聖夜!」と言ったらホンマに公開されとるwww。冗談だったのにwww。 https://t.co/OIVR7ntY5L
RT @Q_geo: あす10日は参院選です。私たちの先生は,現在はボーダースタディーズや地政学を専門とされていますが,約20年前に「選挙の地理学的研究」という題目で博士論文を書かれています。だからというわけではないですが,なおさら投票に行きましょう。 https://t.co…

2 2 2 0 OA 救民妙薬

RT @TAMA6SI: 穂積甫庵『救民妙薬』(元禄6年/西暦1693年) https://t.co/4Cbj7I0HUf (国立国会図書館デジタルコレクション) “[六十]胸虫薬 (略) [又]童子の大便ほし。粉にして丸じ生姜汁にて用よし” https://t.co/X0u…
新規有害化学物質「合成香料」によるヒトおよび生態系の汚染とリスク評価に関する研究 https://t.co/LRxcjgYqpl https://t.co/ROYmMtTaWW
RT @nerodondon: 研究代表者 實政 勲 熊本大学, 自然科学研究科, 教授 研究分担者 中田 晴彦 熊本大学, 自然科学研究科, 准教授 堺 温哉 横浜市立大学, 医学部, 助教 https://t.co/fN8SbsQ5Ki
茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy
RT @Johannes0908: 温水洗浄便座のノズルで穿孔し経肛門的小腸脱出をきたした直腸脱の1例  https://t.co/AfOlEqJfHB マジかよ、わけわからん……お食事中の方はご注意ください
RT @HisadomeK: 『天草軍記:実説双紙』挿絵の森宗意軒 https://t.co/pAMbc828CD
RT @ktgis: 明治43年『利根川汽船航路案内』明治10年に利根川を妻沼まで浚渫して汽船を運航したとあるが,明治43年には栗橋から渡良瀬川,巴波川方面のみのようだ。付属の地図はよく読み取れない。 https://t.co/a69OfYWbzN https://t.co/F…
桜島では1984~1985 年にかけて降灰による停電が頻発。湿った火山灰粒子が碍子に付着すると絶縁特性が低下し,漏電が発生したためであると考え(略)降灰経験のない地域でどの程度の対策がとられているかは把握できていない… https://t.co/AIAJw5lSqI
RT @milmilk6: 安倍政権、日本会議の改憲プロパガンダに騙されない! ドイツでは "政党の資産公開義務、動物愛護" といった日本では法律レベルの規定内容も、憲法に規定。 更に、連邦と州との権限を頻繁に見直ししていることにより改正が多くなっている模様。 https://…
茨城県東海村(福島第一原発から南約115 km )で2011年3月~2012年9月に採取された降下じんの放射性物質濃度の推移、永岡ほか、保健物理 https://t.co/bWTxnnBU6H https://t.co/q1vr9tMGSy
後に報告された放射性プルームのシミュレーション 結果を支持する実測データとなった。論文発表当時は福 島事故関連の内容で論文を出すことは,被災者の心情を 考えたら罷り通らぬといったような雰囲気さえあった https://t.co/IYAx7FEv5M
https://t.co/ALom2yP5N3 子宮頸がんワクチン関連の神経症候とその病態 池田修一 接種時に高度な疼痛を伴う子宮頸がんワクチンを小学6年生から何故強制的に接種するか私自身は疑問であるが、厚生労働省の見解は性行為の若年化が本邦で進んでいるからだそうである。

2 2 2 0 OA 古事記傳

RT @HisadomeK: @gishigaku 伊邪那美神や大国主神も。 https://t.co/0X0jAbsd0K https://t.co/S7VfEjPdyT

2 2 2 0 OA 古事記傳

RT @HisadomeK: @gishigaku 伊邪那美神や大国主神も。 https://t.co/0X0jAbsd0K https://t.co/S7VfEjPdyT
RT @tarouzaemondayo: 『我々は,2013–15年に当科に入院した自己免疫性脳症を解析した2).症例は,橋本脳症(19例),子宮頸がんワクチン関連脳症(24例),その他の自己免疫性脳症(20例)の合計63 例である.その結果,その3つのグループで,…』 htt…
https://t.co/QkZFj50vlO 「本特集でも取り上げた子宮頸がんワクチンと関連している神経症状を呈する患者も心因性と一時はされたが、私どもも含めた池田班では自己免疫性脳症およびsmall fiberの抹消神経障害という結論」 /村中、Wedgeで反論でもしろ
RT @honest_kuroki: 被曝者を使って人体実験をした都築正男は、the National Research Council "in" Japan(学術研究会議"日本支部"‼)の人間だった➡https://t.co/BOL8wWzQeK 本部は英国‼➡p64 htt…
RT @ttfukushima: 新聞の選挙情勢報道の分析 https://t.co/teBHICIOVM 衆議院選挙2017の政党公約を比較 https://t.co/ULdIFSYNDf 「政治の闇の深さを痛感した」松田公太氏が見つめる政局、そして #衆院選 https:/…
RT @bokassa_1er: @dig_nkt_v2 こんなんありました。 世襲議員の実証分析 https://t.co/DQgBqGAo4E
RT @oldblue2012: GWのサービスエリアのトイレの入口で、洗った手を乾かす機械、ハンドドライヤが設置され、使ってる人がいて迷惑だった。水滴が飛散していた。 ハンドドライヤが汚いって知らないのかな 病院における手指温風乾燥機とトイレ環境の細菌汚染調査 https:…
非常 に寿命 の短い放射性分裂片よ り放 出され る即発 γ線の平均エ ネル ギーは2.5MeV 寿命 の長 い核分裂生成物 より放 出され る遅発 γ線の平均 エ ネルギ ーは0.7MeVであり, その発生率は25:75で ある https://t.co/SuhQdqZn3L
末梢 リンパ球染色体異常発生率の生物学的線量計測への応用 https://t.co/l1SJXviWv7 300細 胞検査で ±30ラ ド, 1000細 胞検査 で ±10ラ ドの誤差 を もつ もの と思われ る ラド=10ミリグレイ
RT @ktgis: 明治43年『利根川汽船航路案内』明治10年に利根川を妻沼まで浚渫して汽船を運航したとあるが,明治43年には栗橋から渡良瀬川,巴波川方面のみのようだ。付属の地図はよく読み取れない。 https://t.co/a69OfYWbzN https://t.co/F…
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…