著者
目崎 高広
出版者
日本神経学会
雑誌
臨床神経学 (ISSN:0009918X)
巻号頁・発行日
vol.51, no.7, pp.465-470, 2011 (Released:2011-07-21)
参考文献数
38
被引用文献数
3 3

ジストニアは,中枢性の持続的な筋緊張を特徴とする運動異常症の一症候群である.その臨床特徴として,定型性,動作特異性,感覚トリック,オーバーフロー現象,早朝効果,フリップフロップ現象,共収縮,陰性ジストニア(仮称)などがあり,これらを参考に診断する.通常,局所性ジストニアの治療はボツリヌス毒素の筋肉内注射が第一選択である.一次性ジストニアで,より広範な身体部位を侵すばあいには,定位脳手術を考慮する.二次性ジストニアにおける定位脳手術の成績は一般に劣るが,遅発性ジストニアでは効果が高い.内服治療は,有効率が通常低く,一方,副作用の頻度は高いため,特殊な病型以外では補助療法としての位置づけに留まる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 6 posts, 10 favorites)

#ジストニア #早朝効果 起床時に症状が軽いという現象 数十秒から数時間と持続時間には個人差が大きい.昼寝をしても改善しないことが多いため,睡眠の影響とはいえない 顕著な例 起床直後のみ独力で手洗いへ行くことができた.自室に戻っ… https://t.co/Wmr7eWmAkf
#ジストニア 患者さんの声 「診察で #感覚トリック と #早朝効果 を問診してくれたら #誤診 でたらい回しされ辛い思いする患者が減ると思う」 #感覚トリック 例 #攣縮性斜頸 手で頬を触れると症状が改善 利用して頭位を正常に… https://t.co/xoAuxbdlJK
#ジストニア 国外では、#DYTジストニア の一部は「 #ジストニアプラス症候群」 「 #遺伝性神経変性疾患に伴うジストニア」などの別枠、或は #二次性ジストニア としての分類が提唱されている 引用元… https://t.co/ndr5BCQRzJ
wikiより具体的で参考になった https://t.co/aSDR6FTetN

収集済み URL リスト