著者
安藤 花恵 三浦 佳世
出版者
日本認知心理学会
巻号頁・発行日
pp.130-130, 2007 (Released:2007-10-01)

本研究では、質問紙調査により、演劇経験1年目、2年目、3・4年目、5年以上の俳優がどのような態度で演劇に取り組んでいるのかを検討した。目指す俳優像、脚本を読む際の態度、演技プランを立てる際の態度、演技中の態度について、それぞれ16~18の項目の評定をおこなった。その結果、経験1年目、2年目の俳優は、演技中になりきろうとしたり、役になりきることができる俳優を目指すなど、「なりきる」ということへの志向が強いことが明らかになった。経験2~4年目の俳優には、自分のセリフに線を引いたり、脚本を読む際にまず自分のセリフを探したり、自分の出るシーンを重点的に読むなど、自己中心的な傾向が見られた。経験が5年以上になると、そのようななりきることへの志向や自己中心的な傾向は消え、存在感のある俳優や華のある俳優を目指すなど、感性的に優れた俳優を目指すようになることが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 30 favorites)

役者にとって興味深い資料を見つけたぞ。 最初は「なりきる」事が良いと考え、だんだんと「自己中心的」な傾向になり、やがて自己中心的な傾向が消えて「感性的」な俳優を目指すようになるとのこと 『経験を積むことによる演劇俳優の態度の変容』 https://t.co/xOvfpkhGep

収集済み URL リスト