著者
IWAO SUGITANI YOSHIHIDE FUJIMOTO
出版者
(社)日本内分泌学会
雑誌
Endocrine Journal (ISSN:09188959)
巻号頁・発行日
vol.46, no.1, pp.209-216, 1999 (Released:2006-11-25)
参考文献数
45
被引用文献数
69 or 0

Although the mortality rate associated with papillary microcarcinoma (PMC) of the thyroid generally is very low, some patients present with bulky nodal metastasis or distant metastasis and have an unfavorable prognosis. We retrospectively reviewed clinical aspects, surgical treatment and outcome of 178 patients with PMC in an attempt to determine the prognostic factors. The cause-specific 10-year survival rate was 96%. Three of four patients who showed signs of distant metastasis during the postsurgical period died of the disease, and another died of local recurrence. The most significant prognostic factors were the presence of clinically apparent lymph-node metastasis and hoarseness due to recurrent nerve palsy at the time of diagnosis. All distant metastases and cancer-specific deaths occurred in the 30 patients with symptomatic PMC who had either cervical lymphadenopathy, recurrent laryngeal nerve palsy or both. The 148 patients who had neither symptom had a distinctily favorable outcome. Total thyroidectomy followed by radioactive iodine treatment did not improve the final outcome in patients with symptomatic PMC. We conclude that patients with asymptomatic PMC can expect a truly favorable outcome, but some of those with symptomatic PMC may fall within a high-risk group of patients who do not benefit from aggressive treatment.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (31 users, 42 posts, 19 favorites)

?早期発見の有用性は文献で示されてますが。https://t.co/Iq4Nmi77dA … https://t.co/8d2aPibPqk  見過ごされて手遅れになる子が出たら、過剰診断論者に同調したたあなたも責任ありますから。 https://t.co/bJnzWB5WLJ
有症候性と無症候性の甲状腺微小癌の比較 https://t.co/DjXZEILFC3 微小癌でありながら症候性(リンパ節転移が著明なため有症状)という稀な非典型例はagressiveで当然予後が悪い。 無症候性のものは無論、予後がよい。
『甲状腺癌の早期発見のメリットを指摘した論文も存在 http://t.co/o2dVL8CED2 https://t.co/zoISiHFRbG リンパ節転移していない甲状腺癌のほうが予後がいい https://t.co/i6T5iABTcV 』 胃癌予防のため胃全摘とか。
『甲状腺癌の早期発見のメリットを指摘した論文も存在 http://t.co/o2dVL8CED2 https://t.co/zoISiHFRbG リンパ節転移していない甲状腺癌のほうが予後がいい https://t.co/i6T5iABTcV 』 risk&benefitは?
甲状腺癌の早期発見のメリットを指摘した論文も存在 http://t.co/8d2aPitqyo https://t.co/Iq4NmiXUBM  リンパ節転移していない甲状腺癌のほうが予後がいい https://t.co/YqQP2eTQlD
死亡例はみんな特殊なagressiveなものだから~っていってりゃ、そりゃ安心安全ですよね。 要するに見たくないデータは見ないってことですよ。あんたたちは。 https://t.co/Iq4NmipgrI agressiveなものじゃなきゃリンパ節転移も遠隔転移しないし。  
https://t.co/7AzfT5N0cs は読めません..(がん有明病院論文(1999)成人。症状が出てからの甲状腺癌の再発率は30%、死亡率は13%、症状がでていないものは、再発率3%、死亡率0%。検診で無症状の甲状腺癌を発見することは、明らかに死亡率を下げる。)
がん有明病院杉谷氏らの成人の追跡調査の論文(1999)では https://t.co/Iq4NmipgrI 症.. http://t.co/ZUCnxLow1z
例の論文。死亡例では原発巣が小さくともでかいリンパ節転移をきたして主訴を持って受診したのが主になっている。 50歳以下(38歳)の死亡は1例。 反回神経麻痺のみの51歳は7年後の気管壁への局所再発からdiffuseしたようだ。 https://t.co/vZ8RKPtVrj
卵アイコンの人が引用している論文だけど、https://t.co/vgMwWxZbPc 患者の平均年齢52歳(178名中50歳以上103名)、診断時期は1976年から1993年、超音波の性能が今より遥かに低い時期。このデータを今の小児甲状腺癌と比較するセンスがねぇ。
@karitoshi2011 いつも、ありがとうございます。論文全文のDLが出来るとのことです。お手数ですが、リンクを貼っていただけますでしょうか。恐縮ですが、お願い申し上げます。https://t.co/nUFZ0u46XG
@cyborg0012 はじめまして。この論文の全文ですが右上の"Full text links"のアイコンからフリーでアクセスできるように思われます。 https://t.co/EpNVjljSSt

収集済み URL リスト