著者
宮崎 忠昭
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.140, no.2, pp.62-65, 2012 (Released:2012-08-10)
参考文献数
11
被引用文献数
1 1

毎年,季節性インフルエンザが流行し,高齢者,乳幼児,妊婦,および慢性疾患患者がインフルエンザを発症した場合は,急性脳症や肺炎などを合併し死亡するケースも報告されている.さらに,今後,病原性の高いインフルエンザウイルスや薬剤耐性ウイルスが出現し,それらの感染拡大の可能性があるため,効果的なワクチンや治療薬を早急に開発する必要がある.生体で産生されるインターフェロンは抗ウイルス効果を有するが,我々は,これまでに,インフルエンザAウイルスのRNAポリメラーゼがIPS-1(interferon-beta promoter stimulator 1)に直接会合し,インターフェロンの産生誘導を阻害すること,また,RNAポリメラーゼのサブユニットであるPB2にSiva-1というアポトーシス誘導分子が会合し,カスパーゼの活性化を介してウイルスの増殖を制御することを明らかにした.今回,インフルエンザウイルスの増殖を阻害する物質を探索した結果,漢方薬である銀翹散(ぎんぎょうさん)と麻黄湯(まおうとう)の成分がインフルエンザウイルスのプラーク形成阻害作用を示し,“新型ウイルス”と報道されたA/Narita/1/2009株やA/Kadoma/2/2006株に対しても高い阻害効果を示すことを確認した.そこで,銀翹散のエチルアセテート抽出物をさらにメタノール/クロロホルムで抽出した後,シリカゲルカラムで分画した結果,非常に高いプラーク形成阻害活性を有する画分が認められた.また,麻黄湯に関しては,メタノール残渣成分に高い阻害活性が確認されたため,現在,活性成分の分画を進めている.今後,これらの分画成分に含まれる活性物質を分離精製しその構造と薬理活性を明らかにすれば,インフルエンザ治療薬の候補物質となる可能性がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 9 posts, 8 favorites)

インフルエンザの可能性があっても飲める漢方=銀翹散というのは、パッケージに書かれててエビデンスもきちんとあるようですが(https://t.co/2T6h02MIFJ)薬は症状による向き不向きや飲み合わせがあるので事前に薬剤師さん… https://t.co/Vaaef6MiW8
@mococo321 https://t.co/xNsl7wlWyS 商売っ気よりも有益な情報を発信して欲しいものです。
https://t.co/p4wB6ZzTJb
インフルエンザ罹ったと思ったら携帯してる麻黄湯と銀翹散飲むから接種し無いとか言ったらキチガイ扱いされたンゴ… 病院行くより余程早い初期状態で増殖抑えたら終わりやん これ見る限り作為的なデータを取ってるとしてもタミフルよりよく効く事… https://t.co/Kt58wIH75N
@poitaro893 マジでインフルっぽくてお金あるなら薬局で売ってる銀翹散飲も。インフルに有意に効果が有るって論文があったし。 https://t.co/WJbF3OkrSV
【時事:インフルエンザ】 先人の知恵も凄いんだよなぁ。 〉金銀花抽出成分によるインフルエンザの治療効果が評価され,アマンタジンやリバビリンに匹敵する効果を示したとの報告もある 引用:漢方薬成分によるインフルエンザウイルスの増殖抑制… https://t.co/eZG2ZngAcl

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: X-enon147
2017-02-03 12:25:54 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト