著者
長谷川 範幸 田中 光 柳町 幸 丹藤 雄介 中村 光男
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.47, no.5, pp.433-436, 2010 (Released:2010-11-24)
参考文献数
24
被引用文献数
2 or 0

高齢者は非高齢者に比し低アルブミン血症をはじめとした低栄養状態を高率に認める.低アルブミン血症は,易感染性,難治性感染症,褥瘡の難治化,手術後の縫合不全や創傷治癒の遷延化などを引き起こす.このことからも,高齢者にとって栄養状態を良好に維持することは非常に重要である.われわれは高齢者の低アルブミン血症の原因を明らかにし,その治療法に関する検討を行った.その結果,高齢者では非高齢者に比し消化吸収能は低下しておらず,蛋白質摂取量の低下及び消化吸収率の良好な肉類の摂取量低下という摂取蛋白質の変化を認め,このことが高齢者の低アルブミン血症の主因であると考えられた.高齢者の低アルブミン血症を改善する方法として,プロテインスコアが良好で消化吸収率も高い鶏卵を摂取する方法が有効であった.高齢者診療においては低アルブミン血症を認めた場合,早期から積極的な介入を行うことが望ましい.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

60歳以上で、持病もなく健康上特に問題のない人は『人生の勝利者』です。 なぜなら、特に最近の日本人で問題視されている、生活習慣病にならずにここまで来れたわけですからね。この年齢になれば、もはや血中コレステロールや多少の肥満は問題ではありません。 肥満やコレステロールを気にかけねばならないのは、50代までの人であって、むしろこれから始まる高齢者の世界では、『ちょっと太目』(BMIが23~24くらい) ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト