著者
菅原 道夫
出版者
日本比較生理生化学会
雑誌
比較生理生化学 (ISSN:09163786)
巻号頁・発行日
vol.30, no.1, pp.11-17, 2013-03-01 (Released:2013-04-02)
参考文献数
26
被引用文献数
1

キンリョウヘン(Cymbidium floribundum)の花に,ニホンミツバチ(Apis cerana japonica)の働きバチだけでなく,オバチも女王バチもさらには分蜂群や逃亡群までもが誘引されることが知られている。この誘引物質が,3-hydroxyoctanoic acid(3-HOAA)と10-hydroxy-(E)-2-decenoic acid(10-HDA)の混合物であることを明らかにすることができた。ニホンミツバチは,大顎腺に3-HOAAと10-HDAを持っていると報告されている。まだ確証はないが,この混合物は集合フェロモンとして機能していると思われる。これらは混合物としてはじめて機能し,単独では誘引力がない。キンリョウヘンは,ハチの大顎腺から分泌されるフェロモンを擬態しニホンミツバチを誘引していると考えている。 これまで,日本では,ニホンミツバチを使った伝統的な養蜂において,分蜂群を捕獲するためにキンリョウヘンが利用されてきた。この誘引物質の発見は,キンリョウヘンの代わりになる分蜂群を捕獲するルアーの作成に道を開く。さらに,これらの成分に ニホンミツバチと同様に誘引される22)トウヨウミツバチ(A. carina)の他の亜種を使った東南アジアにおける伝統的な養蜂の技術革新に貢献できると思われる。加えて,ジャワからのトウヨウミツバチの侵入がセイヨウミツバチ(A. mellifera)による養蜂の脅威となっているオーストラリアにおいて,トウヨウミツバチの効果的な捕獲法の開発を可能にするであろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 10 favorites)

ネットで調べまくれば、たいていのことは分かるんだけど、最近限界を感じたことがあって。 ニホンミツバチの誘因に3-HOAAと10-HDAの混合物が有効で、ルアーとして売られてるんだけど、これを自分で作れないか文献漁った結果、無理!ってなったw https://t.co/O0nk4se1G5
キンリョウヘンがニホンミツバチを誘引する物質の解明 https://t.co/OpuBYotFiq
@bluetittit 照葉樹林のランでトウヨウミツバチを特異的に受粉に使う種類があるんですよ https://t.co/XMQeED8dyt さいきんこのランが逸出して神社なんかの大木に着生しているのをしばしば見かけるようになってきました。ニホンミツバチが居るからなんですね。

収集済み URL リスト