著者
金原 清之
出版者
公益財団法人大原記念労働科学研究所
雑誌
労働科学 (ISSN:0022443X)
巻号頁・発行日
vol.95, no.5-6, pp.150-162, 2019 (Released:2021-10-10)
参考文献数
35

奈良・東大寺の廬舎那仏像(いわゆる奈良・大仏)は,鋳了後,5か年を要して金メッキが施された。このメッキ法は,金アマルガムを鋳造像の表面に塗り,これを加熱して水銀を蒸発させ,表面に金を残す「アマルガム法」であった。このとき蒸発させた水銀蒸気により,多数の職人が水銀中毒にり患したと言われている。しかしながら,中毒が発生したとする根拠は明らかにされていない。そこで,本報では,金メッキ作業従事者の水銀中毒発生の可能性をリスクアセスメントにおけるリスク評価の方法を用いて検討した。その結果,作業は危険な状況で,多数の作業者が中毒したと判断された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 16 posts, 34 favorites)

研究の一例 https://t.co/49wLoZLusV https://t.co/35YxBpkEaH https://t.co/W0hOXo4LtI https://t.co/dAGWpGcnml
@fushunia 銀色なら金属水銀なんで無機水銀ですね。 ただ毒性は無いわけではなく、蒸気を長期間継続して吸うと中毒になります。 むかしの水銀アマルガムメッキをしていた時代は職人に水銀中毒が出たと言われています https://t.co/rlTc9xMAgf

収集済み URL リスト