著者
佐野 雪子 巽 あさみ
出版者
一般社団法人 日本地域看護学会
雑誌
日本地域看護学会誌 (ISSN:13469657)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.15-24, 2019 (Released:2020-04-20)
参考文献数
27

目的:アルコール依存症者が断酒と就業を両立するプロセスを明らにし,支援方法を検討する.方法:A県断酒会員に所属し就労しているアルコール依存症者9人に,半構造化面接にて断酒と就業継続に関する質問を行い,修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによって分析した.結果:【酒に操られている自分】が【崖っぷちの決断】で入院治療を決意し【孤独を溶かす断酒会】につながり【職場復帰時の困苦】を感じつつも【復職あと押し職場】で【再飲酒ストップの自己起動】を稼働させながら【生まれ変わった自分】となり,【大事にしたい家族】のために【自分らしい働き方】をするプロセスであった.また,【再飲酒ストップの自己起動】はプロセスの中心となるカテゴリーであった.考察:アルコール依存症者は,職場・家族・断酒会との社会的相互作用から【再飲酒ストップの自己起動】の稼働や【自分らしい働き方】が可能となり,断酒と就業を両立していることが明らかになった.支援においては,<魔法の薬>としてアルコールを使用していた背景や心理を十分に理解すること,<再飲酒への不安>軽減のため安定期後も継続して関わることの重要性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

@coloneria @r4KTm2414XGkgvV @Tanyao_pon アルコール依存症については、この論文の中に男性人口の1%、女性人口の0.2%という記述があります。 https://t.co/4gtnDnSB0M
AAや断酒会はスリップからの休職を減らせると期待してる。 でも、それらグループへの参加が肌にあわないと感じるアルコール依存症社員は少なくない。 スリップから立ちなおる機会を職場内の人間関係で作れればいいんだけど、なかなか、、、ね。 https://t.co/Pvu4NnWc1n https://t.co/zUggPua6Sa

収集済み URL リスト