著者
若林 二郎 森 寿久 住田 侑 石井 一典 川太 徳夫 飯島 隆
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌 (ISSN:00047120)
巻号頁・発行日
vol.28, no.10, pp.913-923, 1986-10-30 (Released:2010-01-08)
参考文献数
12
被引用文献数
1 1

原子力発電所の運転形態を従来の基底負荷運転から負荷追従運転も含んだ形に拡大していく必要が高まりつつある。電力系統の負荷は季節変化,日変化,さらにより小さな時間スケールの変動成分よりなる複雑な変化を示し,それに対応して原子力発電所を運転するには新しい制御方策の導入と複数種の制御手段の有機的な統合利用が必要となる。本稿では,現在盛んに開発が進められているこの種技術の実情について、BWR,PWR,ATRの各炉型ごとに要約して紹介する

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 17 posts, 7 favorites)

@osawa58521 美浜3号機で実証試験の実績があります(伊方のLFと違って、チェルノブイリ原発事故前だったので、注目されなかったのだと思います)。 (参考資料) https://t.co/ddNavkzggv https://t.co/bJeswnxRtH
@u_acty まず、最初の国内で出力調整運転が導入されていない点についてですが、年代物の研究と指摘があったように、この研究が実施された当時は、ご紹介した資料https://t.co/bJeswnxRtHの”1.はじめに”にも記載あったとおり、電力会社によっては原子力発電の割合が発電能力で70%に達すると(続く)
@u_acty 美浜3号機の実証試験結果については、ネットで無料で拾える資料としては、こちらhttps://t.co/bJeswnxRtHもあります。本資料の図14を確認いただければ幸いです。
@ishisaka あくまでシミュレーションのようですが既設炉で負荷追従運転する方法を考察した論文 https://t.co/To7PUExkWR
@Premordia なるほどです。 ググってみました。 https://t.co/C9th93jakV 原子力発電の負荷追従運転。1986年から、すでにあったんですね。 これは存じませんでした。 勉強になります。
九州電力、再エネ計4日の出力制御 停電回避へ「最後の手段」 https://t.co/bFisheVrC6 伊方2号出力調整運転試験 https://t.co/zEgZHc86A3 原子力発電所の負荷追従運転 https://t.co/vggA4PkIjz ベースロードの原子力 https://t.co/ldH5Rc6aLT
@motokinoshita @ArrowsLibra @happysakiko1 1987~1988年に伊方2号機で実施したLF(Load Follow:日負荷追従運転)のことをおっしゃっていると思いますが,1984~1985年に美浜3号機でAFC/GF等の周波数制御運転の実証試験も実施しています。例えば,参考資料https://t.co/bJeswnxRtH図14を確認頂ければ幸いです。

収集済み URL リスト