さかなのかげふみ (@Spia23Tc)

投稿一覧(最新100件)

GAO|Commercial Spent Nuclear Fuel https://t.co/01EoDqC5rk ユッカマウンテン:  https://t.co/abPpVeZgv6  https://t.co/pTcxXbuBqW  https://t.co/FuJJsit64p
温暖化で雨量11%増、昨年の台風19号 気象研など https://t.co/znzJ9PdK2c 気象研|近年の気温上昇が令和元年東日本台風の大雨に与えた影響 https://t.co/a43QgStNqs DOI:10.2151/sola.17A-002 https://t.co/PCU28TsJMM
東京電力福島第一原子力発電所事故後の水産業と汚染水に関する現状の課題 201907 https://t.co/s9yIRQgIKg 2019年3月実施 漁業流通事業者調査 消費者調査
JAEA|日仏ASTRID協力の成果を反映したナトリウム冷却高速炉の検討 2020年9月1日 https://t.co/5DtTwMBVES DOI:10.1299/mej.19-00489 https://t.co/nQb22VFmFP https://t.co/INpCfXcJkm
森林総研|最新のデータとモデルから森林内の放射性セシウムの動きを将来予測 ― 森林の中での動きが平衡状態に近づいている https://t.co/aXLmlqeHQ7 https://t.co/ua0IzDmJdL DOI:10.1038/s41598-019-56800-5 https://t.co/cyBGKNWGCG
震災後に生まれた子ども「発達に遅れも」https://t.co/9iVLjNl23n https://t.co/veeowloO0l 保護者の生活基盤の崩れとつながっている可能性があり、手厚く支援する必要がある 東日本大震災後に誕生した子どもとその家庭への縦断的支援研究  https://t.co/zBKVLQi47d  https://t.co/3pk3bRcFod
震災後に生まれた子ども「発達に遅れも」https://t.co/9iVLjNl23n https://t.co/veeowloO0l 保護者の生活基盤の崩れとつながっている可能性があり、手厚く支援する必要がある 東日本大震災後に誕生した子どもとその家庭への縦断的支援研究  https://t.co/zBKVLQi47d  https://t.co/3pk3bRcFod
福島第一原発港湾からの放射性セシウム137の推定流出量の変遷; ー 2011年4月 ~ 2018年6月までの7年間に渡る月間流出量の推定 https://t.co/MDGmieMa9v DOI:10.3327/taesj.J18.030
日本原子力学会 2019秋 [2C11] 燃料デブリ取り出し時における放射性ダスト飛散防止のためのゲル状充填材の開発 https://t.co/aX2582dXp0 https://t.co/97UJwNWN8r
関連 借上げ仮設を主体とした仮設住宅供与および災害ケースマネジメントの意義と論点 −東日本大震災の研究成果を応用した熊本市におけるアクションリサーチを中心に 2017.11 https://t.co/0MU3y1rZdu 鳥取県 2018 https://t.co/0E2Gf84gqB

2 0 0 0 OA 巻頭言

日本霊長類学会|霊長類研究 https://t.co/r5t3eCQtMm 巻頭言 https://t.co/zuxn86P2tv 環境省からは中・大型哺乳類をあらたにモニタリング対象動物に含めることはできないという回答 福島県から回答があった折にはHPに掲載予定

2 0 0 0 OA 巻頭言

日本霊長類学会|霊長類研究 https://t.co/r5t3eCQtMm 巻頭言 https://t.co/zuxn86P2tv 環境省からは中・大型哺乳類をあらたにモニタリング対象動物に含めることはできないという回答 福島県から回答があった折にはHPに掲載予定
藻を使う汚染水処理を探る 福島・福島成蹊高校 自然科学部 https://t.co/u8sg6ZPKyh https://t.co/KDdOaYiZub https://t.co/1sg0t6Uvgc https://t.co/16PBfKlvRV 生徒の目線で考える藻類による放射性物質回収の基礎的研究 https://t.co/oGT7tDNuX2
九州電力、再エネ計4日の出力制御 停電回避へ「最後の手段」 https://t.co/bFisheVrC6 伊方2号出力調整運転試験 https://t.co/zEgZHc86A3 原子力発電所の負荷追従運転 https://t.co/vggA4PkIjz ベースロードの原子力 https://t.co/ldH5Rc6aLT
急増する使用済みの太陽光発電設備、日本で進められる対策と海外事例 https://t.co/oLmX4GCpRa 国立国会図書館|使⽤済太陽光発電設備をめぐる問題 20181004 https://t.co/bGtizmSZio
原子力学会 秋の大会2018 [1B_PL0104] トリチウム水の取扱いに関する議論の現状 https://t.co/3zzuHVUR0l [1B_PL0105]  論点と意見のまとめ https://t.co/12TsCUoobv *要パスワード(内容不明
原子力学会 秋の大会2018 [1B_PL0104] トリチウム水の取扱いに関する議論の現状 https://t.co/3zzuHVUR0l [1B_PL0105]  論点と意見のまとめ https://t.co/12TsCUoobv *要パスワード(内容不明
原発事故 風評被害考える https://t.co/JhLvRUWCDC  過去資料 2017.6|有賀健高著『原発事故と風評被害 −食品の放射能汚染に対する消費者意識−』 https://t.co/6jlgP9qpza https://t.co/bRtdZqbZlg 20130401 – 20160331 完了 2015年度
原発事故 風評被害考える https://t.co/JhLvRUWCDC  過去資料 2017.6|有賀健高著『原発事故と風評被害 −食品の放射能汚染に対する消費者意識−』 https://t.co/6jlgP9qpza https://t.co/bRtdZqbZlg 20130401 – 20160331 完了 2015年度
東京大学 大学院理学系研究科・理学部|福島原発事故において原子炉から飛散した放射性微粒子は加熱により放射性セシウムが脱離することを発見 https://t.co/7fyCqOsOsh DOI:10.1038/s41598-018-28087-5 https://t.co/BVPErMYsZY https://t.co/tL3YUtQxIM https://t.co/GcHK2FIzFy
東京大学 大学院理学系研究科・理学部|福島原発事故において原子炉から飛散した放射性微粒子は加熱により放射性セシウムが脱離することを発見 https://t.co/7fyCqOsOsh DOI:10.1038/s41598-018-28087-5 https://t.co/BVPErMYsZY https://t.co/tL3YUtQxIM https://t.co/GcHK2FIzFy
東京湾への放射性セシウム流入続く 河口付近の泥に集積 https://t.co/M9uXrsluV4 https://t.co/iKUrolw4HE 東日本大震災による東京湾の放射能汚染とそれをトレーサーに用いた物質動態の解明 https://t.co/DGEcXm5Xan 成果報告書 https://t.co/2f1pGBpT63
東京湾への放射性セシウム流入続く 河口付近の泥に集積 https://t.co/M9uXrsluV4 https://t.co/iKUrolw4HE 東日本大震災による東京湾の放射能汚染とそれをトレーサーに用いた物質動態の解明 https://t.co/DGEcXm5Xan 成果報告書 https://t.co/2f1pGBpT63
東日本大震災の復興活動に対する感情の地域差  ― 距離・被害程度・災害史の影響 https://t.co/zMF567SIyR 東日本大震災の発生から約1年後に,インターネット調査によって得たデータから
<災後に育つ>学校は背景見て対応を/岩手医大いわてこどもケアセンター副センター長 八木淳子さん https://t.co/qU2UzUi0zf 東日本大震災後の子どものケアにおける TF-CBT の実践 2016 八木 淳子  https://t.co/VpGj5DrShM
原子力学会 春の年会 2018| [3E07] 福島沿岸における放射性セシウムおよびトリチウムの長期挙動 青山 道夫(. 福島大環境放射能研究所) https://t.co/2BXk0R44GB
過去記事 20170117|池上通信機、放射線に強い画像センサー 原発事故時も内部撮影 https://t.co/AZbDpZ5ZxX https://t.co/S9YMQTSsUx 耐放射線性カメラ用撮像素子のガンマ線照射効果 原子力学会・2016春 https://t.co/I6RzbZAw9b 池上通信機 https://t.co/utRQmoPEqO
昭和シェル、食料と競合しない草・木からガソリン混合燃料の製造に成功 https://t.co/8MjBKRWycJ 昭和シェル|食糧と競合しないバイオマスを原料とした液体燃料の独自製造技術を開発 https://t.co/L2i7dpoykr DOI: https://t.co/fn5ZuInunn.
フッ化技術を用いた燃料デブリの安定化処理に関する研究開発 H25-H29 |日立GE https://t.co/WEuu7MEMws https://t.co/jLqlAAN7Yb https://t.co/7N2SSNshdO https://t.co/yIniuCLHcC
フッ化技術を用いた燃料デブリの安定化処理に関する研究開発 H25-H29 |日立GE https://t.co/WEuu7MEMws https://t.co/jLqlAAN7Yb https://t.co/7N2SSNshdO https://t.co/yIniuCLHcC
フッ化技術を用いた燃料デブリの安定化処理に関する研究開発 H25-H29 |日立GE https://t.co/WEuu7MEMws https://t.co/jLqlAAN7Yb https://t.co/7N2SSNshdO https://t.co/yIniuCLHcC
伊予灘̶別府湾地域の中央構造線の位置と第四紀テクトニクス,および伊方原発周辺の地震ポテンシャル|日本地質学会2016 https://t.co/UOcnuO0lSY https://t.co/QnJQpZS05u
福島第一原子力発電所事故により1号機から放出された放射性粒子の放射光マイクロビームX線分析を用いる化学性状の解明 https://t.co/3giAoIwo16
物理保健学会|東京電力福島第一原子力発電所事故復旧時の放射線管理の課題  水晶体の被ばく・生物影響の観点から 2017 https://t.co/jc9jxQncjI
わが国の水晶体被ばく線量測定及び評価方法の変遷 https://t.co/yQuoXwTOf4
新たな水晶体等価線量限度に関する放射線防護の課題 2013 https://t.co/9xQxJRfRL5
日本地球惑星科学連合大会 2017 福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態 https://t.co/nbslB2Mo5q SPMテープ濾紙より分離された放射性エアロゾルの放射光X線複合分析による化学・物理的性状解明 https://t.co/24qiolj1Ri
ゼオライトを用いたヨウ素・セシウム高除染性フィルターベントシステムの開発 https://t.co/8RIImFhO4t
新たな水晶体等価線量限度に関する放射線防護の課題 2013 https://t.co/9xQxJRfRL5 眼の水晶体の放射線影響評価と線量限度に関する最近の動向 2014 https://t.co/KpcTWDDiwk
試験焼却の安全性問う バグフィルターの放射性物質除去率/宮城 https://t.co/Cs7kKv7oNm https://t.co/1KuH89fxaF https://t.co/RBzl1gisxc
社会心理学研究|福島第一原発事故による放射線災害地域の食品に対する態度を規定する要因:4波パネル調査による検討 2016 https://t.co/HH5wRwsegH https://t.co/5EJvSDWtpr
社会心理学研究|福島第一原発事故による放射線災害地域の食品に対する態度を規定する要因:4波パネル調査による検討 2016 https://t.co/HH5wRwsegH https://t.co/5EJvSDWtpr
土木学会|東日本大震災における「避難」の諸問題にみる日本の防災対策の陥穽 2012 https://t.co/zH0dYbwXeG
JAEA|特異値分解を用いた放射性核種の摂取量推定 2016 https://t.co/ZZ0KVaSfo2
片岡正次郎氏 https://t.co/d27lSE9Zjq / #FFTV 片岡式を! https://t.co/IL2TRSsaNF
アメリカの第二次世界大戦参戦とヘンリー・スティムソン 2012 https://t.co/9yQYEzCuUw 核の支配 ―原爆投下に始まる核の政治的影響について― 2003 https://t.co/7H0L55XCha
アメリカの第二次世界大戦参戦とヘンリー・スティムソン 2012 https://t.co/9yQYEzCuUw 核の支配 ―原爆投下に始まる核の政治的影響について― 2003 https://t.co/7H0L55XCha
東日本大震災のリスクに深く関連した組織への信頼 2014 https://t.co/8JnzDa1LSw 本文 https://t.co/hLEa8sqQlp
東日本大震災のリスクに深く関連した組織への信頼 2014 https://t.co/8JnzDa1LSw 本文 https://t.co/hLEa8sqQlp
MEMO: リスク認知・判断の感情ヒューリスティックと言語表象 2012 https://t.co/qzcvjKHzZC
林床被覆の違いが土壌侵食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響 2015 https://t.co/qxy0itkrXB https://t.co/evrIgM9tfa
林床被覆の違いが土壌侵食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響 2015 https://t.co/qxy0itkrXB https://t.co/evrIgM9tfa
日本地球惑星科学連合 2016 年大会| [HDS19-12] 過小な日本海「最大クラス」津波断層モデルとその原因 島崎 邦彦 https://t.co/VjNw0xQ65R 関連 https://t.co/al5AehJu7z
甲状腺癌取扱い規約からベセスダ方式への移行 2014 https://t.co/xVCmMba6vP 甲状腺腫瘍病理診断の諸問題 2010 https://t.co/F9UAXzlMzr
MEMO: 米国の外国口座税務コンプライアンス法と我が国の対応 H27 https://t.co/OGr0kvnpmI 第9回OECD税務長官会議 2014 https://t.co/EINFLMyi2e 税務行政執行共助条約 https://t.co/uwesQL8zRe
MEMO: 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 Vol. 30 (2013) No. 4 小児甲状腺癌の病理組織学的特徴,  特にびまん性硬化型乳頭癌に着目して https://t.co/xUFTVoytfy
東日本大震災後の放射線と防護の基準をめぐる議論  ―福島第一原子力発電所の事故を受けて― 2012 https://t.co/CGUOHHCCX1
ナッシュ・レポート https://t.co/dyMsTQ0Z2s
ナッシュ・レポート https://t.co/dyMsTQ0Z2s
フリースタンディング使用済燃料ラックの開発 2006 https://t.co/i598aBSPlN フリースタンディングラックの実用化研究(耐震設計評価手法の高度化) 2015 https://t.co/TIRiHCUjgz
CTを中心とする医療放射線被ばくの発がんリスクについて https://t.co/dSf59ge4K8 CTの進歩とCT被ばく https://t.co/2iGzbPS8zW CTDI,DLPと実際の患者被ばくとの違い https://t.co/U0jPdjLBSp
人工知能学会|ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 201601 https://t.co/CgZubM62uR https://t.co/RHO6QIYSTt
人工知能学会|ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 201601 https://t.co/CgZubM62uR https://t.co/RHO6QIYSTt
産総研|地質調査総合センターにおけるエアロゾル中の天然及び人工放射性核種の長期観測 (2011 年 – 2014 年) https://t.co/HEblpHFmsR https://t.co/SN1D1JW6Ti
産総研|地質調査総合センターにおけるエアロゾル中の天然及び人工放射性核種の長期観測 (2011 年 – 2014 年) https://t.co/HEblpHFmsR https://t.co/SN1D1JW6Ti
過去資料 2012.9|福島第一原発事故後の原発輸出支援策 https://t.co/sExbLOhB02
過去資料 2013|信用保証制度をめぐる現状と課題 https://t.co/WBkvp6KDon
東日本大震災時のネガティブ感情反応表出 ―大規模データによる検討―心理学研究 2015No2 https://t.co/sTZufUPr3z
原子力・核問題における特殊な日米関係の萌芽  トルーマン政権の対日原子力研究規制と緩和 1945-47 201303 https://t.co/AAH9SvjeSM
参考:134Cs/137Cs 放射能比を指標とした福島第一原子力発電所事故に由来する  放射性核種の放出原子炉別汚染評価 2013 https://t.co/27PrhwZlo3
134Cs/137Cs 放射能比を指標とした福島第一原子力発電所事故に由来する  放射性核種の放出原子炉別汚染評価 2013 https://t.co/27PrhwZlo3 事故初期の大気放出と局地的な大気拡散状況の再評価 http://t.co/WXC9Fv4p6p
子どもの内部被ばくなしと発表 福島など2700人 http://t.co/tkhDShKxmx https://t.co/FEoTDVeb7C
MEMO: 1970 年代の米国核不拡散政策と核燃料サイクル政策 https://t.co/O3yQdvCEE6
MEMO: トリチウムの生物影響の動向 1 http://t.co/BSMHna9ZMS 2 http://t.co/s8pXJq1EUw 3 http://t.co/zlVWlmjPx1
MEMO: トリチウムの生物影響の動向 1 http://t.co/BSMHna9ZMS 2 http://t.co/s8pXJq1EUw 3 http://t.co/zlVWlmjPx1
MEMO: 防衛省・自衛隊のメンタルヘルス対策 ―米軍の事例紹介を交えつつ― H27年1月 http://t.co/KLERcIZzzk
日本救急医学会|福島第一原発事故復旧作業に対する救急・災害医療支援 2012 https://t.co/0sk84iRtLE
日本海水学会誌|最新の海水の元素組成表 (1996年版) とその解説 https://t.co/YDVUobxHih
選択性吸着ディスクとNaIシンチレーションカウンターを用いた  表流水中放射性セシウムの迅速微量分析方法の確立と特性評価 https://t.co/HWbVCEnZzH
MEMO: デンマークのエネルギー政策について ―風力発電の導入政策を中心に― 201309 http://t.co/3X9qNoxTHE
原子力損害に対する民事責任の. 履行に関する法政策学的分析 http://t.co/kWGLkgAPst 米国原子力開発の停滞と再生可能性に関する法的考察 https://t.co/lzA7Ke5e4e
EGS5による地表面に広く分布した134Cs及び137Csの環境における個人線量計の評価 201211 https://t.co/UlAe83mTuj
米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)と我が国防災体制との比較 201205 http://t.co/NZvEZcF8t6
日米原子力研究協定の成立 : 日本側交渉過程の分析  2009-03  http://t.co/dGv8dT0LCv
ISDS 条項をめぐる議論 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 807(2013.11. 5.) http://t.co/myYI4Q45Tn
大規模カルデラ噴火の前兆現象 http://t.co/uoewA5cpv4  
MEMO: 集団的自衛権をめぐる動向 ―政府の憲法解釈とその見直しに向けた課題を中心に―  http://t.co/3nAljfbOSY
2年連続未検出 三春の小中生内部被ばく検査  |http://t.co/PwEtRRK7JS 食生活について聞いたところ、約6割が県産米、約2割が県産野菜を食べていると回答。「福島のコメは内部被ばくに影響していない」と説明。https://t.co/DbNWkFWLFc 
土質材料としての泥質堆積岩 http://t.co/GPeyjJNAye
国立国会図書館|諸外国における国家秘密の指定と解除 ― 特定秘密保護法案をめぐって― 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 806(2013.10.31.) http://t.co/g27lm06JNL
MEMO: 我が国の原子力損害賠償制度の概要 http://t.co/eu9JEh1PiN 東日本大震災後の原子力損害賠償制度をめぐる経緯と課題 http://t.co/pE73n6HIBB
MEMO: 国立国会図書館|諸外国における国家秘密の指定と解除  調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 806(2013.10.31.) http://t.co/g27llZOAzD
MEMO: 福島第一原発事故後の原発輸出支援策 http://t.co/WR9OGK1aIB
環太平洋経済連携協定(TPP)の概要 (2013.2.12) http://t.co/fSYsMDbR2n
MEMO: 「視えない核被害」マーシャル諸島米核実験被害の実態を踏まえて http://t.co/bD03SycGN3
MEMO: 原爆放射線の健康影響評価|重松逸造 http://t.co/vY77fUD34R
MEMO: 「低線量放射線影響に関する公開シンポジウム」印象記 http://t.co/ez5ANvN791
MEMO:環太平洋経済連携協定(TPP)の概要 http://t.co/LhUnhOiWHK

お気に入り一覧(最新100件)

「セシウムは年々土壌に固定され稲に吸収されにくくなる」 ふくしま再生の会と東大農学部で地道に続けてきた研究の成果が論文公開されました。 https://t.co/m3UH5HY3X5
.@kashi_pong さんと人工知能学会誌に レクチャーシリーズ:「人工知能の今」〔第5 回〕機械学習分野の俯瞰と展望 の記事を執筆しました.人工知能学会会員は無料で読めます. https://t.co/MmSZ2Dc2fS
@atsushimiyahara こちらですね。https://t.co/GWmTo7YjT2 2017年4月1日から研究期間が始まっている以上、2018年3月末日までに初年度の実績報告書を提出しなければならないことになっているはずですが、なぜかまだ公表されていないのが不思議です。
#統計 赤池さんの1980年の論説は次の場所で読めます。 https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について(1980) 赤池弘次 こういう話を学生時代に聴きたかった。あと次も面白い。 https://t.co/0XWLnhwq6V
#統計 話が変わりますが、20世紀の統計に関する考え方については、赤池弘次さんの次の論説が非常に参考になりました。 https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について(1980) 赤池弘次 こういう話を学生時代に聴きたかった。あと次も面白い。 https://t.co/0XWLnhwq6V
論文(無料,日本語): 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う福島の住民における人の分断 https://t.co/LPWpJp8Gh9  2013年、杉浦広幸(福島学院大学 短期大学部)。大震災直後からの貴重な記録。今まで見逃していた論文。
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
関連論文(無料): 水晶体の放射線防護に関する専門研究会中間報告書 1 https://t.co/GYZJENOF8H ,2 https://t.co/8zcJGpf9KR ,3 https://t.co/sLbLizCd1x
論文(無料,重要): 福島第一原子力発電所事故により放射性テルルで汚染された白米の経口摂取による預託実効線量 https://t.co/AyiA2icbne  2016年、藤原(京大)ら。特に、半減期が比較的長い Te-127m と Te-129m による内部被ばくについて。
査読論文でも明記された→ 「新聞等で,『個人線量計の表示が周辺線量当量に比べて4割も低い』ことが取り上げられて問題となったことがあるが,これは誤解に基づくもの」 個人の外部被ばく線量評価の現状と課題 https://t.co/ic67ugmvcS のp.97
メモ:最新の海水の元素組成表 (1996年版) とその解説 →https://t.co/EeUjpQF9qh
論文(無料): 連載講座のねらいと概要 https://t.co/QAS109Ozxi , 放射線防護で用いられる線量の意味と特徴 https://t.co/G4DEUuvtCj  2014年、斎藤公明(JAEA)ら。同じ解説シリーズの1と2。
論文(無料): 連載講座のねらいと概要 https://t.co/QAS109Ozxi , 放射線防護で用いられる線量の意味と特徴 https://t.co/G4DEUuvtCj  2014年、斎藤公明(JAEA)ら。同じ解説シリーズの1と2。
論文(無料,有用): 環境γ線の特徴と被ばく線量との関係 https://t.co/HUUMkrOudf  2014年、斎藤公明,遠藤章。JAEAの本職2人による解説。「空間線量率の測定値と被ばく線量の関係」など。
植物の採集および押し葉標本の作成方法。日本語で詳しく書かれております。http://t.co/UJft7WDhlc
元物理学の研究者だった円城塔さんが芥川賞を受賞された。物理学会誌に掲載された円城氏の「ポスドクからポストポスドクへ」 http://t.co/oozeOJdp (PDFファイル一般無料公開)は高等教育や研究に関与する人にとって必読文書である。

フォロー(107ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

この本の書評 孫昊. (2020). 金明哲 (監修) 財津亘 (著)(2019)『犯罪捜査のためのテキストマイニング―文章の指紋を探り, サイバー犯罪に挑む計量的文体分析の手法―』 共立出版. 計量国語学, 32(4), 228-233. https://t.co/apdN3smQHd
RT @daichizu: #ブラタモリ が石垣島だったとのことで、 論文を紹介!   「へき地における小規模な小中併設校のもつ意義と課題  ―沖縄県石垣市および竹富町の事例を中心に―」 https://t.co/Tc9bes1Fed 石垣市は市街地と北部・東部とで学校規模に…
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】吉田英嗣・須貝俊彦・坂口 一 2005.利根川・吾妻川合流点付近の河川地形発達に及ぼす前橋泥流イベントの影響,地理学評論78,649-660.https://t.co/IBicph59LU
RT @umaruyama: Coxさんが亡くなったと聞いて,甘利先生の「情報幾何の生い立ち」を思い出しました。 https://t.co/HARPczW7HS https://t.co/sIeNx1VRRR
RT @annnagatsuki: なんかRTされたので書いておくと、たとえば第一巻 https://t.co/7J8IJ5wENi は「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」なので、今でも近くの図書館に行くと読めます(この前はランダウ・リフシッツ『電磁気学』が読めることを確…

8 8 8 0 OA 鉄道信号

RT @tamrono157: 鉄道信号 https://t.co/5Vo9r1JyVb https://t.co/dN3voLxMh1
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
RT @RuNoE_nanoda: @Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii
RT @g9e1o7: さっそくJ-STAGEに公開されていたので報告です 『東日本大震災での高速交通機関の補完関係と復興期における動向』(季刊地理学73-3) https://t.co/g24jj3f6o6
@otagaki こちらですね。 https://t.co/dxPsFRcja0
RT @rikizomisono: 「火山 空振 津波」でググると 地 球 を 巡 る 火 山 爆 発 の 衝 撃 波*田 中 康 裕* (気象 研究所地 震火 山研 究 部 )という論文が出てきた その序文..144字では無理なんで写真で貼ります。 まさにこれですね。知らなか…
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】Esau, R. L. 2004. International Migration from Tonga, South Pacific, Geog. Rev. of Japan 77: 352-367.https://t.co/ni…

フォロワー(745ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: PDFあり。昭和6年に法政大学の航空研究会が複葉プロペラ機で行った東京からローマまで約1万4000キロの訪欧飛行についての"60ページ"にもわたる詳細なドキュメント。確かに読み応えがある。図版多数。 ⇒宮永 孝 「法政の単発機ローマへ飛ぶ」 『…
RT @alchmistonpuku: @a_iijimaa1 @kobo_umuki 戦後に椿ブームがきたり、江戸時代に品種改良ブームがあったり、色々楽しいんですよね、椿。そんな資料がこちらに… https://t.co/TrDg5Pc63d
RT @daichizu: #ブラタモリ が石垣島だったとのことで、 論文を紹介!   「へき地における小規模な小中併設校のもつ意義と課題  ―沖縄県石垣市および竹富町の事例を中心に―」 https://t.co/Tc9bes1Fed 石垣市は市街地と北部・東部とで学校規模に…
RT @reijikan: 大森房吉 (1907) 千八百八十三年クラカトア大破裂に件へる津波に就きて, 地学雑誌, 19 巻, 4 号, p. 251-257. https://t.co/DbvE2mWIz3
RT @jun_makino: https://t.co/TzlEFSckNh 「沈黙を余儀なくされてきた」東電甲状腺がん訴訟で弁護団が会見 27日に提訴へ--この問題についての私の主張は「学術の動向」に書いた https://t.co/EWchsspQV0「ただちに健康に影響…
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】吉田英嗣・須貝俊彦・坂口 一 2005.利根川・吾妻川合流点付近の河川地形発達に及ぼす前橋泥流イベントの影響,地理学評論78,649-660.https://t.co/IBicph59LU
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
RT @hotaka_tsukada: 「パワースポット」ブームについては、ブームの最中でちょっと書いたことがあって、CiNii「パワースポット」検索でも引っかかるのですが、なかなか参照されることはないですよね…。オープンアクセスでないと、なかったことにされるのかしら。 htt…
RT @jun_makino: https://t.co/TzlEFSckNh 「沈黙を余儀なくされてきた」東電甲状腺がん訴訟で弁護団が会見 27日に提訴へ--この問題についての私の主張は「学術の動向」に書いた https://t.co/EWchsspQV0「ただちに健康に影響…
RT @jun_makino: https://t.co/TzlEFSckNh 「沈黙を余儀なくされてきた」東電甲状腺がん訴訟で弁護団が会見 27日に提訴へ--この問題についての私の主張は「学術の動向」に書いた https://t.co/EWchsspQV0「ただちに健康に影響…
RT @musashimutsuko: 東海村の原子力開発史に関する研究論文を建築学会に発表しました。 原産が,東海村の都市計画に介入して,村全体を原子力開発に差し出させた,その目論見と経緯を明らかにした論文です。 議員さんや市民はどんどん最新の知見を学んで,活動に利用してほし…
RT @musashimutsuko: 東海村の原子力開発史に関する研究論文を建築学会に発表しました。 原産が,東海村の都市計画に介入して,村全体を原子力開発に差し出させた,その目論見と経緯を明らかにした論文です。 議員さんや市民はどんどん最新の知見を学んで,活動に利用してほし…

8 8 8 0 OA 鉄道信号

RT @tamrono157: 鉄道信号 https://t.co/5Vo9r1JyVb https://t.co/dN3voLxMh1
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公害病否定の社会学的考察--カドミウム腎症を事例に https://t.co/yie4Cq2GsG #CiNii コロナ禍の未来はこうなる。渡辺が執筆した時点ではカドミ腎症は公害病と認めていなかった。この後、加害企業と…
RT @RuNoE_nanoda: @Otowa_Simu この解説記事おもしろいですよ。 CiNii 論文 - 地理学におけるジェンダー研究-空間に潜むジェンダー関係への着目- https://t.co/oUjEHQqM74 #CiNii

101 27 6 2 OA 民主政治読本

RT @OzakiYukioBot: マサムネの名刀は,名人が使えば活人剣となり狂人が使えば殺人剣となる.…明治憲法をさえ満足に使いこなせなかった日本国民に,果してそれ以上の新憲法を正しく使って,日本更生の活人剣たらしめる能力があるだろうかを疑い,ぜひその能力をもってほしいと祈…
こんな論文があるということは、衝撃波とソリトン(非線形波動)とはまた違うってことですか。なかなか奥がありそうだ。 「気泡流中を伝播する圧力波は衝撃波とソリトンのどちらに発展するのか (特集 非線形超音波技術の最新動向(2))」https://t.co/a7Mles6lO5
RT @nagata_k1: 大気ラム波が津波を起こすのではなく、津波が大気ラム波をおこすらしい。 https://t.co/8aUCDQBcht

101 27 6 2 OA 民主政治読本

RT @OzakiYukioBot: 人智ようやく進んで,人はめいめいその命と財産の持主であることを自覚するようになれば,いかに“力”で押えようとしても,押え切れない“道理”が,あたまをもち上げて来る.この“道理”が“力”に代って世の中を支配するようになれば,封建制度は亡びてこ…
RT @g9e1o7: さっそくJ-STAGEに公開されていたので報告です 『東日本大震災での高速交通機関の補完関係と復興期における動向』(季刊地理学73-3) https://t.co/g24jj3f6o6
RT @jnsgsec: @nihmiu 1997年から 大学入試センターは数学②で情報関係基礎を出題してきました。 大学入試センター試験とプログラミング言語, 情報処理, Vol.50, No.10, pp.1013-1016 (2009). https://t.co/Dx…
RT @yatsukeiko: @murimuri_u_gai カプセルではなく、シクロデキストリンとセルロースを組み合わせている可能性もありますよね。そんな研究出てきました。こんな架橋剤を使ってたら、身体に悪そー。 https://t.co/IjqshkaBy3
@xzruLnOPQuxlse6 1950年代の水爆実験に伴う、衝撃波の大気内伝搬については、日本人の研究も出ていました。 Yamamoto, R.さんのご研究、この資料の3本です。 このリスト自体は https://t.co/cTq9NB8USF からです。 https://t.co/Cg2z3izRvP
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】Esau, R. L. 2004. International Migration from Tonga, South Pacific, Geog. Rev. of Japan 77: 352-367.https://t.co/ni…
RT @0kEt8YDnF0bv2my: タイ米ネズミ混入流言の理論構造 https://t.co/EdTpnHjDcc

27 11 10 0 OA 論語と算盤

RT @biac_ac: @Jockey723 「論語と算盤と私」なんて本を出して稼いでる人に言われてもなw - 画像: 論語と算盤 https://t.co/JcV2XmIs0r ※論語はもちろん漢文だし、「論語と算盤」も現代国語だけでは読めない https://t.co/…
@vuou651nOfOjjhe @ibuki_teika @usk_kato @fukuchin6666 @doranekonyan3 @hanageClimber @stern10jp @buhikun 私は、アームズ 魂さん達のお考えに概ね賛成ですし、前ツイートでURLを貼った中京大学の長尾英彦氏の論説https://t.co/ei9y1kDr9Oや、先ほど画像も貼った上智大学の永野仁美氏の判例研究https://t.co/jCLddqtIwHの主張に同意します。ですが、実際の裁判所の判断は、とてもじゃないですが外国籍のかたの

27 11 10 0 OA 論語と算盤

RT @biac_ac: @Jockey723 「論語と算盤と私」なんて本を出して稼いでる人に言われてもなw - 画像: 論語と算盤 https://t.co/JcV2XmIs0r ※論語はもちろん漢文だし、「論語と算盤」も現代国語だけでは読めない https://t.co/…
RT @mkatolithos: この機会に再読する 三雲健「大地震,津波,火山大爆発などから発生した気圧波」(地震学会地震2011) https://t.co/6ctRJlnKLF
@vuou651nOfOjjhe @ibuki_teika @usk_kato @fukuchin6666 @doranekonyan3 @hanageClimber @stern10jp @buhikun この神戸の弁護士さんは、一般論で話してもナンセンスだと捉えたという事ですね。私は、一理あるとも思いました。 総論賛成、でも判例を見ると各論で否定というか、“却下を不合理とは言えない”とか何とか言って、外国籍の原告の訴えを認めない判決が幾つもある↓ので…。 https://t.co/ei9y1kDr9O
RT @oh__muku: 朝日:噴火による潮位上昇、津波と言えない? 気象庁も困惑する未知の現象 https://t.co/okcAiIC27Q …未知は言いすぎかもね #ss954  > https://t.co/0LjZ1TEzwT  https://t.co/vCWa7…